FC2ブログ

マコガレイのクリームソース煮 ♪


美味しい魚はすぐ無くなるもので、昨年の乗っ込みシーズンに地元で撃沈&
真空パック冷凍してあった抱卵マコガレイの切り身も今回で最後となります。
サクラマスやアマダイみたくある程度の量をストックする事ができていたのなら
もう少し長い間楽しめたのかもしれませんが、残念ながらマコガレイに関しては
そんなにたくさん無かったのでちょこちょこ食べているとあっという間。





寒い時期に身体温まるディッシュと言えば鍋!、、、ですけど洋風で言えば
シチューなどホワイトクリームソースがやっぱり思い浮かびますよね。

フライパンの上にバターを敷いてあらかじめ塩コショウをしておいたマコガレイ
の切り身を中火で両面に焼き色が付くまで焼いたら一旦取り出します。そこへ
今度は薄切りにしたタマネギとほぐしたしめじを入れて炒め、しんなりしてきた
タイミングで再び切り身を戻して、白ワイン50ml、水50ml、コンソメ顆粒
小1を加えて煮てゆきます。


この時点でと~っても美味しそうな香りが漂ってきてますねぇ ♪











ある程度煮詰まって水分が無くなってきたら生クリームと塩コショウを入れて、
ここからはフタをして弱火でじっくりグツグツと。

煮立ってくると次第に生クリームがとろみを帯びてきますので、後は火を止めて
盛り付けてやるだけ~。刻みパセリとパプリカパウダーをトッピングしたら
完成でございます。今回も想像してた以上に簡単レシピ!

ほんと近年はネットが普及して手元のスマホであらゆるレシピが検索できるので
超~便利!逆に以前は主流だった料理のレシピ本なんかは売れなくなって
そ~ですよね、、、まっ、永久保存版みたいな本もありそ~ですけどっ。


基本、クリームソースはどんな白身魚とも、いや魚介類全般と非常によく
合いますから冬のFISH DINNERには欠かせないレシピですよね。





マコガレイのクリームソース煮 ♪


生クリームと白ワイン、そしてお味の調整には塩コショウのみとなっている
ものの、とても濃厚でコクのあるクリームソース仕上がっており、淡泊な
マコガレイの白身に絡んでめちゃウマ!

それに淡泊とはいえ明石の乗っ込みシーズンの個体は他とは異なり、鮮度が高い
なら絶対お造りにしたいくらい絶品!身自体に独特な旨味を含んでる上、速い
潮流に揉まれてしっかり締まっているのもあり食べ応えも抜群でございます。


クリームソースと一体になったタマネギにしめじもマコガレイを引き立てるのに
いい仕事をしており、洋風ディッシュならではのバターがベースにある甘くて
濃厚な味わいが存分に堪能できます。

これから始まる戻りシーズンは産卵を終えて体力を回復させるべく荒食いする
個体がメインとなる為、身についてもやや水っぽい?のが多くなります。なので
お造りなんかにする場合は身の状態の良い物を選ぶ必要がありますが、この手の
ディッシュなら全然気にせずいけそ~ですよねっ。

また戻りカレイで頂きたいなぁ~と思えるクリームソース煮でした。









「絶対美味いよね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR