FC2ブログ

ざらめ糖が決め手 ♪ ニジマスの甘露煮


前回初めて甘露煮なるディッシュにチャレンジしてみましたが、参考にした
レシピはややあっさりめ?なバージョンだったみたく甘露煮というよりは煮付け
に近いよ~な仕上がりになりました。まっ、甘露煮と煮付けって使ってる
調味料も含めほとんど一緒と言えば一緒なんですけどねっ。(笑)

どちらにしてもお味は程良い甘辛さで非常に美味しかった上、圧力鍋を使って
作った事から半端じゃないくらいに柔らかくなり骨から丸ごと食べれちゃうのが
魅力で我が家全員、ハマってしまいました。


そんな中、再びホームグラウンドに行って新鮮なニジマスを仕入れてきました
から今回もまた甘露煮を作ろうとレシピを検索。スーパーなんかで売られている
サンマやイワシなどの甘露煮を見てみるとどちらかと言うと煮汁が完全に
浸み込んで黒っぽくなった佃煮っぽいイメージがあったのでそれを目標に
作ってみることに~。





コレいいんちゃう!?と目に留まったレシピで使われていたのはこのざらめ糖
で、これが今回より理想形に近付ける為の決め手になる素材となりそう。

ざらめ糖とは糖度が高い高純度の砂糖で上品な甘味があり、結晶が大きく透明で
ゆっくり溶けることから果実酒やお菓子、清涼飲料などによく使われてます。
そして、今回使う黄褐色をした中ざら糖は結晶がグラニュー糖より大きい砂糖で
表面にカラメルをかけているので独特の風味とコクを持っているのが特徴。特に
煮物やつゆなどに使われるとありますから甘露煮には最適ですね。


作り方は簡単過ぎる為、サラッと書きますが、ぶつ切りにしたニジマスを
圧力鍋の中に入れてお酒150cc、醤油150cc、みりん75cc、ざらめ糖大
10にスライスしたショウガを加えたらフタをして強火で圧力を掛け、
圧が掛かったら弱火に落として5分。













一旦自然に圧が抜けるまで待ち、中のニジマスを上下逆さにしてから少量の
塩昆布を加えて再びフタをして加熱。先と同様に圧が掛かったら弱火に落として
約10分程じっくり煮詰めてやればできあがりです。

今回は見るからに煮汁が浸透して表面がややトロ~~~っとした印象!色も
市販されている甘露煮や佃煮と一緒のよ~になっておりますわ~。


2回目に圧を掛けて煮込んでから粗熱が取れて自然に圧が抜けるまで
トータルするとそこそこ時間が掛かってしまうけど、せっかく作るなら
本格的な仕上がりにしたいですしねぇ。







ニジマスの甘露煮 ♪


おお~~~っ、満足でございます。(笑)

まさにわたくしめの頭の中で描いてたイメージ通りにできてます!盛り付ける際
にもそ~っと持ち上げたつもりなのにポロっと身の塊が取れてホロホロ ♪


ざらめ糖をタップリ使った濃いめの煮汁は醤油に溶け込んでまるでカラメル
ソースのよう!?煮付けでも定番の甘辛いお味を作り出す醤油、お酒、みりん
コンビネーションが主軸にざらめ糖が複雑に絡み付いてるかのよ~なお味は
間違いなくご飯が進みます。

甘露煮のレシピではよく梅や昆布を一緒入れられてる事が多く、前回は梅を、
そして今回は塩昆布を入れてみましたが、、、どちらも魚と一体化してるかの
如くさりげなくマッチしてていい感じになります。

次回からは両方入れる事にしよっと!(笑)







「う・ま・そっ ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR