FC2ブログ

まさにマジック!? 兵庫県・猪名川町 / 北田原ます釣り場


午前6時半を回ると車内で待機されていたみなさんが次々と外に出てきて防寒着
を着たりと突入準備が始まります。JCAも場所確保した後、少し休憩しようと
車内に入るも10分もしないうちに車も増え、そしてみなさん突入準備に
入られますから気持ち的に忙しなく、結局つられて戦場へ突入。(笑)

突入時はまだキャップライトが無いと手元が見えづらい状態でしたが、15分も
すれば明るくなって不要に。竿を継いでガイドにラインを通し、スナップ&
ルアーを付け終える頃には開始時刻、午前7時になりました。









今まで竿はいつも1本のみしか持参しておらず、ベテランの方々が常に複数本
持参しているのを見てていろんな面で使い分けをされてるんだなぁ~と思って
おりましたが、食い渋る状況になった際に導入しよ~としているルアーは機敏な
アクションを演出する為にできる限りティップが硬めな竿でラインは高感度の
PEがお勧めとあり今回から2本持参致しました。

ナイロンとPE、これまでエリアトラウトでも両方使い比べてみるもスプーンを
メインにやりたいわたくしめにとってはナイロンの方がトータル面において
やりやすいと感じており、PEを投入するのは久しぶり。

まっ、ほんとはその日の気象および戦場コンディションに応じても使い分け
するのがベストなんでしょ~けどねぇ。


朝マズメから放流後1~2時間は基本、魚の活性が高くなるはずなのでまずは
いつも通りのメインタックル、イエローカラーのナイロンライン&スプーンの
組み合わせで攻撃開始。


フワッ、ジリリリ~ッ!


数投目でリトリーブ中の一瞬ラインが弛んだと思えばフッキング。





放流前の活性はその日によって食う時とあまり食わない時があるものの、やはり
朝マズメとゆ~のはどんな魚にとっても捕食タイムなのかフッキングまで
至らなくても興味だけは高確率で示してきますねぇ。

何度か咥えた直後に離すといったバラシも起きるも退屈しない程度にヒットして
くれてお待ちかねの放流タイムとなりました ♪


毎朝一度だけ行われる放流、エリアの何ヶ所かでドバ~~~ッと魚が入れられ、
その動きを観察してると最初は群れを成したまま近くを警戒するかのよ~に
ウロウロしてますが、急にスイッチが入ったかの如く狂ったよ~にルアーを
追い掛け始めます!


ジイイイッ


ジリリリリリッ


ゴツン、、、ゴン、ジリリリ~~~ッ!









教科書通り放流直後はゴールドやシルバーといった派手系のアピールカラーに
次々とアタックしてきて、キャストして着水&フォール中にすでにアタって
きてるなど激アツタイムが続きます!

もちろんいつまでも続くわけがなく、徐々に魚がルアーを見切ったりして食いが
落ちてくるので飽きさせないよ~に頻繁にカラーローテーションをしながら
できるだけ長く魚の興味を惹いていかなくてはなりません。

今朝は結構長続きしてくれるも、やはり午前9時までには完全に一段落ついて
マンダムタイムに、、、


ほんと面白いくらいピタリと止まってしまい、さっきまでの活性がウソだった
かのよ~に思えてしまいます。シャローエリアでは魚が群れて泳いでいるのが
見える為、その周辺をレンジを変えたりしつつスプーンを通してみるも目の前を
通過しても一切見向きもしてくれないんですよね~、、、(泣)

お隣の方ともずっと話をしながらやってきてますが、急に止まってうんとも
すんとも言いませんねぇ~と。ミノーにクランクベイト他、様々なルアーを
投入されて探っておられますが、たま~に追い掛けては来るもののバイト
まで至らないよう。





そんな激渋コンディションと化した中、いよいよ例のルアーの出番です。


前回こんな感じでマンダムタイムに突入した後はスプーンをただリトリーブ
してるいわゆる横の釣りには全く反応が無くなってしまい、試行錯誤する中で
ピョンピョンと同じ位置で跳ねさせるなど縦釣りの要素をちょこっと加えて
やる事により魚が興味を示しだしたのがきっかけで購入してみたダートマジック
、、、果たして効果はあるのでしょうか?

ドキドキしながら初キャスト ボトムまで完全に沈めてからリズミカルに
トゥイッチを加えながら不規則に跳ねるダートを演出してゆきます。


ジリリリッ!?


なんと1投目からすぐ魚の白いお腹のシルエットが見えたと思えばヒット!





こんな簡単に釣れちゃっていいの~?と思いつつも、まぐれという可能性も
ありますから引き続き集中しながらトゥイッチ、トゥイッチ、、、一連の動作の
中で生まれる糸フケを少しずつ取りながらリズミカルに、、、そして時々
そのリズムをわざと崩してみたりすると、

魚が何度がゴツン、ゴツンと頭突きでしょうか?とにかく興味を示して
アタックしてきている振動が手に伝わってきます。


だんだん手首の動かし方にも慣れてくるとそれに呼応するかのよ~に、アタリが
一気に増えて放流直後と変わらないくらい頻繁に魚がヒット!









ピョン、ピョンと小刻みに跳ねさせながら時折ピタッと止めて、少し間合いを
置いてから再び動かすなど不規則な動きに非常に反応が良く、跳ねてから
フォールしてる間、またはボトムから跳ね上がる瞬間にアタックしてるパターン
がほとんどですねぇ ♪

発売からもう何年も経っておりある意味メジャーなルアーなのかもしれませんが
、実績ルアーだけあって今もなお食い渋る状況下においては効果抜群!しっかり
魚の興味を惹いてくれましたっ。

アクションが少し異なるだけなのにここまで魚の反応が顕著に違うなんて、、、
改めてルアーフィッシングもめちゃくちゃ奥が深いと感じさせられました。
あはは、ってゆ~か置き竿スタイルの大物投げ釣りと比べると確実に個々の
技術が求められるルアーの方が奥が深く難しいんでしょうけどねっ。(爆)


午前11時、そろそろ撤収しようかと考えながら辺りを見回してみるといつの間
にか閑散と、、、早朝は平日にも関わらずビッシリ釣り人が並んでましたが、
マンダムタイムに突入して以来、1人、また1人と撤収されてゆかれました。







「北田原ます釣り場」


週末になると遠方からもたくさん来られ、関西圏以外のナンバーも含め2ヶ所
ある広い駐車場はビッシリ状態になるココ、、、ラッキーにもわたくしめの家
からだと早朝なら30分前後、昼間でもどれだけ混雑してても1時間掛かり
ませんから非常にアクセスが良いエリア。

今もなお中国からの輸入規制だの何だので大物投げ釣りのメインエサの1つでも
あるマムシが無い状況下、ネイティブトラウト作戦開幕に向けてのちょ~どいい
練習になっております ♪

昨シーズンより今シーズンは更にいい釣果を出したいっ!と望む限り、技術面も
少しずつ高めていかないと進展はありませんからねぇ。


正午キッカリに終了し、午後13時にはすでに近所の方々がお裾分けを取りに
来られている感じとなりました。ニジマスも超~美味しい魚で人気があるので
、毎回即行無くなってしまいます。





釣果の半分以上が激渋タイムになってから撃沈したもの ♪




使用タックル&仕掛け

■ ロッド: シマノ・カーディフ エリアリミテッド S62UL-F
■ リール: シマノ・'14ステラ C2000HGS
■ ライン: ヤマトヨ・ファメル トラウトPEエリア 3lb.
■ リーダー: ヤマトヨ・ファメル フロロショックリーダー 4lb.
■ ルアー: ジャクソン・ダートマジック DM3


「ダートマジック!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR