FC2ブログ

コブダイの味噌ちゃんこ鍋 ♪


長期保存の可能な魚専用フリーザーなんかに入れてしまうと絶対即忘れ去って
しまい気付けば1年経ってしまってた、、、いや、この魚だと下手すると2年、
3年放置したまま結局もう食べれないわ~となってポイとなる可能性も大!?

そうならない為にもできる限り早くに頂いてしまおうと冷凍庫内の目に付く所に
仕舞ってあったコブダイの切り身とアラ。正直1つ1つのパーツが巨大なのも
あって場所を取って仕方がない 邪魔になってきつつありましたから
思い立ってるうちにいざFISH DINNERにしてもらうことに。(笑)

すでに何のディッシュにして頂くかも決めていたので準備もスムーズで、冷蔵庫
に残ってた野菜と他、少々をスーパーで買い出してきて一緒に鍋に入れるだけ。


えっ、一体何の魚かって?







はいっ、初釣りで撃沈してきたコブダイでございます。

巨大過ぎて自宅で捌けず、巨大魚の解体に慣れておられるマダイ師匠に
お願いして捌いてもらったわけですが、お裾分けして先に頂かれたという
マダイ師匠からのインプレも決して不味くはないけどしっかり味を付けた
料理じゃないとイマイチかもなぁ~、、、と微妙な感じ。

要するに素材そのものにはあまり特徴が無い!?ただ一応、コブの部分含め
身の至る所にコラーゲンをタップリ含んだ脂質層があるよ~なので
その食感は楽しめるとのこと。(爆)

むむむ、ネットのお魚図鑑とかでも究極の美味で大きい個体ほど旨味が増すと
書かれてたんですがねぇ、、、実際、わたくしめも相当昔に何かの機会で頂いた
事がありますが、残念ながら美味しかったという印象は残っておりません。


とにかく大量のアラで出汁を取った後、野菜類と身のお味が物足りなかった時の
事を考えてカラフトマスのすり身で作ったつくね団子もコラボさせましょう。









マダイ師匠からは鍋にするならアッサリ系スープではなくキムチ鍋みたいな
パンチのきいた味付け、また他の釣友らからはコチジャンを絡めた中華風で
炒めるやら味噌漬けで通常より長い間熟成させてから焼くなどとにかく濃い
味付けがお勧めという共通点がありましたから、今回の鍋も味噌を主体に
味付けしていこ~と思います。(笑)

コブダイのアラと昆布、更にかつお節のミックスからベース出汁を取り、そこへ
お酒、味噌を混ぜて濃いめの出汁を作ってつくね団子に野菜、油揚げ、豆腐、
コブダイの切り身を加えてゆきじっくりお味が素材に浸透するまで煮て
ゆけば完成でございます。


冬の定番でもある鍋料理、、、今夜のは超ボリューミーです。







コブダイの味噌ちゃんこ鍋 ♪


つくね団子と味噌が絡み合って非常にコクのある濃厚味噌スープに仕上がって
おり、味見段階から身体が温まる感じ。

また油揚げも濃厚テイストにする為に一躍買っており、野菜と一緒に頬張ると
何とも言えないジューシーな鍋具材でほっこり温まります。


そして忘れてはならないは、この鍋の主役でもあるコブダイちゃん!


写真をご覧になってもすぐ分かるよ~に、身自体は脂分が皆無に等しいサパッと
したシンプルな白身ですが、皮との間にゼリー状に近いまでのコラーゲンの
分厚い層があり、頬張った途端にプルンプルンな食感が印象的!







ただ、アマダイやイトヨリダイみたくこの皮下の層に上品な旨味成分などは
感じられず、ただコラーゲンたっぷりといった印象だけ!?

なるほど、、、だからみなさん濃いスープや調味料などでしっかり味付けして
頂いた方がいいよと口を揃えて言ってたんだぁ~、、、実際に身を頬張ってみて
ようやくその言葉の意味を理解できたよ~な気がします。

確かに決して不味くはないし嫌味も無い淡泊な白身魚、、、食感もプルンプルン
で心地良いけど、、、あはは、素材自体の味が乏しい。一緒に食べた家族からの
コメントもブヨブヨしてるだけで魚に味がほとんど無い!

はいっ、みなさん正直でございます。(爆)


ってなわけで今夜は濃厚な味噌ちゃんこスープのお味を堪能できましたっ ♪




「際どいインプレ!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR