FC2ブログ

マダイの鯛茶漬け&兜煮 ♪





マダイの兜煮ことカマの煮付けがやたら美味しすぎるので今回の2匹のカマも
当然ながら兜煮に。以前はカマを更に半分に割ってから作っておりましたが、
60cmくらいまでの個体ならそのまま煮付けても全然普通にできますので
余計な作業は省いていきましょ。

一見高さがあるよ~に思えるカマも落しブタをしてじっくり時間をかけて煮て
ゆきますから、最初に入れる煮汁用の水+日本酒もカマが半分程度浸かる
までで十分できちゃいます。


さて、昨夜はカルパッチョで頂き、残りを冷蔵庫で眠らせてあったお造り用の
サクは今夜のメインディッシュで全て使っちゃいましょう。

最近サイズはともかくマダイのお土産が多いのもあり、お造りにお寿司、更に
愛媛県南予地方名物のひゅうが飯にもしてもらいましたから、今夜は何が
いいかな?考えてるうちにわたくしめのお気に入りディッシュの存在を
思い出し、早速それをリクエスト!





お造りにする要領でサクをスライスしたら、練りゴマペースト大3、濃口醤油
大2、みりん大1、お酒小1を混ぜ合わせて作った漬けダレに入れてよ~く
身に絡めてゆきます。


このディッシュでは漬け丼みたくしばらく冷蔵庫内で漬け込む時間は必要
ありませんので、絡めてる間に出汁を沸かして沸騰直前で止めて、
はいっ!いつでも召し上がれ~。(笑)

出汁は水、ダシの素、濃口醤油、みりんなどで作ってもオッケーですし、
単純に水にほんの少し白だしを入れるだけでもオッケー、ちなみに
わたくしめはお気に入りのだし茶漬け店のオリジナル出汁が自宅に
ありますのでコレを使っております。





マダイの鯛茶漬け&兜煮 ♪


ご飯の上に刻み海苔を敷き、その上に切り身を乗せてお好みであられや三つ葉
なんかをトッピングしてやれば後は熱々の出汁をかけてお茶漬けで頂きます。

写真では分かり易いよ~にあえて身には出汁をかけてはおりませんけど、
出汁をかけると身はホロホロのレア状態になりこれがまた最高!トロっとした
練りゴマベースの漬けダレは超~濃厚なお味でめちゃくちゃ食が進みます。


ひゅうが飯と見た目的には被ってる?感じがあるも、あちらは切り身を漬けダレ
に漬け込み味をそれなりに浸透させた上でご飯と共に頂くのに対し、鯛茶漬け
は漬けダレ自体はもっと濃いめのお味になっており、ご飯の上から注ぐ出汁に
溶け込んで旨さが発揮される物なので逆に言えば出汁が無いとパンチが
きき過ぎて微妙、、、どんなディッシュもちゃんとバランスが取れるよ~に
考えられていますよね~。







う~ん、ゴマと醤油のお味がマダイの旨味と絡み合って超~美味しいっ。

お茶漬けなのであっさり感もありサラサラ~っと流し込めるよ~に頂けるのも
嬉しいところ。出汁と一体になった漬けダレは非常にまろやかなどこか
優しさのある上品なお味に感じられます。

魚介類を使っただし茶漬けって質素だけど、おもいっきり和食ってイメージが
食べてる時も感じられてわたくしめは大好きでございます ♪


最後に忘れてならないのが今夜も豪快にできあがった兜煮!

甘辛い煮汁をタップリ吸収した身は程良い弾力があって食べ応えも抜群。特に
頬周辺に詰まった身がたまらないんですわ~。マダイだけで満腹です!







「鯛茶漬け、最高~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR