4色分けのナイロンライン6号?


そ~いえばここ数年、何色飛んだやら何色ラインでアタってきた、、、ってな
表現、ほとんどしてませんねぇ、、、

夏にキスの引き釣りをする時はさすがにアタってきた距離を把握する為にも常に
4色分けされたラインのカラーをチェックしながら戦ってますが、ど~しても
大物投げ釣りでとなるとPEを使う時は着水が確認された時点の放出カラー
くらいはチェックするものの、そこから始まる送り込み作業以降に関しては水深
が相当あったり、またある程度通い慣れた戦場ではカケアガリやアタってくる
部分はこの辺り!って感覚が先行してしまい、いつになっても適当戦術な
わたくしめとしてはある程度までで、それ以上シビアにはカラーチェックをする
事は無いのが事実かも?(爆)

カラーチェックをもっと頻繁にすることにより更に釣果アップや効率の良い戦い
が可能になるのかもしれませんが、あはは、ついつい戦場に立つとそれより
何より無我夢中になってしまってまして、、、まだまだ未熟者ですわ。


さて、その4色に色分けされたラインなんですが、今回ちょこっとした理由?
いや、事前にアドバイスを頂いたのもあり早速仕入れてみました。





SUNLINE「スーパーキャスト6号」


昔から定番としてある投げ釣り用ナイロンライン、それも6号ですわ!?

これを何の作戦に組み込むか?ってのはお楽しみとして、一応メインラインは
アトミックスライダー8号でいこ~と考えており、あくまでこの6号に関しては
大きく掘れ込んだカケアガリ帯の距離&位置を正確に把握する為に
+アルファ的感覚で2個のスプールのみに導入予定。

あはは、実は笑っちゃう事に敵の射程範囲は100m以内!?とゆ~のと、
仕掛けの形状的に見てもそれ以上の遠投はJCAの腕では限りなく不可能に
近いので無駄に200mキッチリ巻くよりど~せすぐ巻き替えるのもあり必要分
のみにしましょう!経済的でしょ?(爆)

ただ、この6号ラインを漠然と5号や8号スプールなんぞに100mのみ巻いて
しまうとスプールエッジからラインまでの深さの差がおもいっきり出てしまい
飛距離もイマイチになるので、バランスを取る為に必殺の業!?





あはは、3号スプールに6号ラインを100mとしてみました!

なんせ3号のナイロンラインをちょ~ど200m巻ける設定の3号スプール
ですので、6号ラインとなればラインの太さはその倍!要するにその半分の
100mでピッタリとバランス良く巻けるはず???

と、ひらめき早速巻いてみましたが、、、


はっきり言って微妙、、、(爆)


まっ、他に予備スプールも用意しますのでとりあえずこれでOKとしましょ。




「ほんま適当やね!」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは!

お疲れさまです!! 今度はどこに行く予定でライン整備してるんですか~っ?笑 6号ナイロンで投げ釣りで‘‘大物‘‘狙いですよね
は~て?なんだろう~!

なんでしょう???

小樽のまさおさん、こんばんわ!

あはは、何でしょうか?気になるでしょ、、、かなりまさおさんの
近くに来てるかもです。(笑)
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR