FC2ブログ

96cm コブダイ来襲! 愛媛県・宇和島市 / 宇和海 (1日目)





午前4時には戦場に到着してたものの想像以上に外気温は低く、なかなか突入
する気になれず暖房のきいた車内でしばし仮眠をしてから夜明け時刻約1時間前
に突入&1投目をする頃には東の空がオレンジ色に染まってきておりました。


新年早々、それも初釣りからいつかの年末みたく青物のお土産があったから
ド貧果にはならなくて良かった、、、ってな悲しいパターンにはなりたくない
のと今年の運を試す為にも本遠征はあえて活アジは持参せず虫エサのみで
戦う事にします。それに青物はもう十分以上ストックがありますからねぇ。

今回はやろうと思えば3日間はいけたんですが、とにかくお天気が安定してる
のは今日までで明日から一気に下り坂、、、明後日は全国的に終日大雨&爆風の
大荒れ予報が入っており、この界隈も例外ではなく!?いや、風だけでも15m
とかになってましたから断念 2日間集中して戦いたいと思います。


グ~~~ッ、グッ、


ジイイイッ!


最初に2回大きく竿先が押さえ込まれた後、心地良いドラグ音。





45cm マダイがおはよ~っと ♪


上から見てる時は50cmは超えてる?と思って念のためにタモ入れしたけど、
計測してみると5cmも足らずにガックリ。この個体はボディが縦ワイドな
ずんぐりむっくり体型で目の錯覚を引き起こしてくれたよう。(笑)

とりあえず今年の目標として鯛系の魚を意識していくというのを掲げている
JCAですから、サイズはともかく初っ端からマダイ撃沈とはいい出だしかな?

群れが回っているならまだアタってくる可能性はあるので即打ち返しをして
朝マズメを集中しますが、超~微弱なアタリが竿先に出てると思ってアワせて
回収してみると特大ウミケムシの連発、、、この悪の枢軸とも言えるウミケムシ
はいっちょ前に竿先にアタリを出してくるので驚きですよねっ。


本日の戦場は以前いい思いをした事があり一時期好んで入っておりましたが、
その後追い求めるターゲットが異なってきたりでしばらく足が遠退いてた
小場所。久しぶりに来てみるとこのウミケムシの量ですからもしかすると
底のコンディションが大きく変わっちゃったのかもしれませんねぇ。

まっ、ウミケムシの活動に関しては潮の加減によっても大きく左右する
ところがありますからこれだけは何とも言えませんけど、、、


クッ、クッ、クッ、クククッ


ひたすら竿先を押さえるだけで走らないアタリに鋭くアワセを入れると、





47cm イトヨリダイ


ほんまどこにでもおるな~と突っ込みながらも良型ですからキッチリ締めて
クーラーへ。こやつだけは数より型の良いのが釣れてくれる方が個人的には
重宝するので、まだ釣れてくるなら似たよ~なサイズであって欲しいなぁ~
、、、そう勝手にアタリが連発するのを想定してたJCAでしたが、これっきり
アタリは止まってしまいマンダム。


イトヨリダイもこの海域じゃどこでも顔を見せてはくれるけど、やっぱり特に
魚影が濃いエリアってゆ~のはありますよね。

出撃前の時点で、今回は初釣りですし丸ボウズだけは何としても回避したい
、、、そんな事を思う一方、少しでもオカズ釣りを意識してしまうとど~しても
ベタな戦場チョイスになってしまい一発大物の確率が低くなる、、、め~っちゃ
悩み&葛藤した結果、大物投げ釣り師たるものボウズ覚悟の一発当てで
いっとかねばとゆ~よ~な気持ちになり今日明日の戦場に決めました。

要するにアタリが出れば本命の確率が高いものの、元々他の魚を含め魚影自体
は薄い方に属する戦場なのである意味朝イチからマダイとイトヨリダイが
釣れてるだけでもまだ今日は魚っ気がある方なのかも!?


美しい朝焼けと共に1日がスタートしたはずなので、初日だけは絶対釣り日和に
なってくれるものだと思ってたのに、なぜか時間が経過するにつれグレーの雲が
空一面に広がってお昼前にはなっても薄暗いお天気、、、







「宇和海」


まっ、冬の宇和海に絶好の釣り日和を求める方がむしろ野暮で、ちょこっと
雨雲が通っただけですぐ北西から爆風が吹いたりと読めない事から最初から
GOODコンディションは期待できないと思っておく方が賢明ですよねっ。

気合いだけは十分入れてきたつもりですから、たとえどれだけマンダムで
あっても日暮れ時刻までは粘り続けましょう。

空はどんより曇っていても、幸い無風&ベタ凪に近いコンディションなので
簡易チェアーに腰掛けてうたた寝しながら戦う事ができます。少しでもドラグ
音が鳴ったらハッと必ずすぐ目が覚めるJCAなので不意な大アタリが出ても
きっと大丈夫だろうと自信満々で目を閉じて夢の中に落ちるも、1時間経っても
音沙汰無し、、、更に2時間、3時間、、、静かすぎる、、、


午後になってからはアタリとゆ~アタリは一切出ず、リーリング中に時々違和感
があると思えばウミケムシ。ただ、時間帯によっては全く姿すら見なかったり
しましたから、ここのウミケムシにもそれなりに時合いってもんがあるみたい。


午後16時40分を回り夕マズメが近付いてくると、ただでさえ終日薄暗かった
のがもっと暗くなって下手するとあと30分以内にキャップライトが必要に
なってくるかも?まで思えるよ~に、、、これ以上粘っても釣れなさそうな
気がするけど、夕マズメが終わるまでは粘ると決めてますし、とりあえず
即撤収できるよ~に身の回りの整頓から開始~。


ジャアアア~~~~~~ッ!!!


何の前触れもなく突如ドラグが猛スピードで悲鳴を上げます!?


急いで竿を持ってアワせてみるとブリクラスの青物かと思えるよ~な重量感と
引き込むパワー。ただ、スピード的には最初のドラグ音を鳴らした時がピーク
でその後はそこまで速くないけど締め込む力だけはメーター級のエイかサメが
掛かったかの如くズッシリ重たくこまめにドラグを駆使しないと竿ごと引きずり
込まれそうになります。

底にへばり付く感じの抵抗もあり、わたくしめ的にはきっとこれは巨大エイ
だろうと決めつけ適当にやりとり&弱らせて浮かせてくると、


ピンク色混じりの白っぽい魚影がうっすら見えてきました。







96cm コブダイ!?


完全に水面に浮かび上がるまではマダイかもと期待するもでっかいコブ付きの
個体が上がってきてガックリ、、、そ~いえば昨年?いや、年が変わったので
一昨年になるかな?12月の納竿出撃でも90cmオーバーのコブダイが来て
ガックリしたのを覚えているのにまたコブダイかぁ、、、

でも、あからさまに前回よりサイズが大きく見えたので計測してみると実寸で
96cmもありビックリ!?ガックリに続いてこのビックリはちょこっと
大物投げ釣り師としては嬉しいビックリでした ♪ (爆)

それにしてもタモのフレームが折れそうになる中、よく波止の上まで上げれた
もんですわ~。なんせ尾っぽ周りの最も細くなってる部分でも超~極太で両手で
やっとこさ握れてズルズル引きずって移動させるよ~な感じですから。


水中でかなり弱らせておいたのでランディング後はおとなしくなりリリース
できそうになかったのと、この個体だけは記念に魚拓でも取ってもらおう
かなと思い持って帰ることに!





ってゆ~か車載クーラーも35Lのスペーザでしたから当然そのまま入らず体を
無理矢理折り曲げて上蓋も閉めれない状態のままGO、、、あはは、まさか
こんな外道がヒットするなんて夢にも思ってませんからホエールクラスの
クーラーなんて持ってきてませんしねぇ。


超~重たくなったクーラーを先に車まで根性で運んでいくうちに時間も時間
だっただけに本格的に暗くなってきてまもなく日暮れ、、、本遠征はデイタイム
作戦のみと考えている為、ここで打ち切って真っ暗になる前に片付けて撤収。

やや微妙ながらも鯛系の魚が初日から揃いつつある?いやっ、コブダイは
タイってあってもベラ科の魚でした。(爆)









使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ フリーゲンSD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 1本針仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 7号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 16号
■ エサ: マムシ、アオイソメ


「デカ~~~ッ!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR