FC2ブログ

肝炊き味噌アンコウ鍋 ♪


先月頭の宇和海遠征ではまさかのアンコウが釣れました。(笑)

容姿はカジカにそっくりなので同じよ~に自宅で簡単に捌けるんちゃうかな?と
思いつつも、一応ネットで捌き方などを調べていると何やらフックに吊るして
捌くなどちょこっとややこしそう!?そんなわけで近くの顔馴染みの魚屋で
ヒラマサを捌いてもらうついでにお願いしてみると無料でちゃちゃっと鍋用に
やってくれましたっ ♪







あの時はヒラマサを含め他にお造りやお寿司で頂きたい魚が結構あった為、
アンコウに関してはそのまま真空パックに入れて冷凍。ようやく今になって
FISH DINNERになる機会が訪れました。

もちろん作ってもらうのは鍋になるんですが、やっぱり超~有名なだけあって
レシピも様々。検索するといろんな物が出てきてかなり迷うも、本場茨城風の
味!と書かれたのに目が留まりコレでいこ~と。


まず肝に料理酒を振って約30分ほど置いた後、水気を拭き取ってから
フライパンの上で溶けてくるまで弱火で炒めます。













そこへ料理酒、味噌を加え引き続き弱火で混ぜ合わせながらお味が全体に
馴染むまで加熱。これで鍋の味付け役となる味噌仕立ての肝ペーストが完成
となります。レシピによっては肝も身と同様に一口サイズにカットして鍋の具材
として入れてしまう物が多く見られましたが、わたくしめがチョイスした
今回のは肝と味噌でベースとなる出汁を作るタイプ。

先に切り身の方に熱湯をかけた後に流水で洗い、水気をしっかり拭き取ったら
白菜を始めとする野菜類と焼き豆腐と共に鍋に入れて準備完了。

最後にさっき作った肝&味噌味のドロドロ出汁を注いてフタをして加熱して
ゆきましょう!沸騰する頃には白菜など野菜から水分が出て出汁をちょ~ど
いい感じに仕立ててくれます。


あまり強い火力を維持したままですと出汁が通常の鍋よりは少なめな為、
煮詰めてしまってもいけないので沸騰すると同時に中火から弱火に切り換えて
約15分、、、アンコウの身が火が通ったらできあがり~!





肝炊き味噌アンコウ鍋 ♪


肝のおかげで味噌が更に濃厚かつコクが加わって本当に美味しいっ。

出汁から具材までアンコウの全てを堪能できる鍋と言っても過言では
ありません!水分が抜けていい意味でクタクタに柔らかくなった野菜も味噌が
絡んで浸透して最高 ♪ いくらでも食べれちゃう旨さでございます。


レシピを読んでいる段階では野菜だけでほんとにここまでの水分が出てくる
のか?ちょこっと不安なところがありましたが、作ってみるとちゃ~んと
できるもんですねぇ。具材の量に足してベストバランス量の出汁になってて
驚かされましたわ~。(笑)

いや~~~、お恥ずかしながら生まれて初めてアンコウ鍋なるものを
頂きましたが、クセの無い美味しさの白身でコラーゲンがタップリ&プルン
プルンな食感は鍋と相性がいいですねぇ。生の状態だと身が若干ブヨブヨな
印象があったんですけど、加熱する事によって少し締まっていい感じですわ。





グロテスクな魚ほど美味って言われるのは間違いありませんねっ。(笑)




「提灯はいずこへ!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR