FC2ブログ

カラフトマスの香味野菜つくね ♪


昨シーズンからカラフトマスのすり身を使ったつくね作りが大ヒット中のJCA
でございます。一度に大量の身を消費できるのとレシピも豊富でどれも
めちゃくちゃ美味しいときたらもう病みつきでしょ~ ♪

調味料もシンプルに魚そのもののお味を堪能するつみれとは異なり、つくねは
野菜を始め様々な素材と混ぜ合わせて作るレシピが多いのでカラフトマス
のみならずアキアジの切り身でもお味に大差無く十分楽しめそうな気がします。





まっ、今あるストックが無くなったらアキアジに切り換えていくとして、、、
まだありますので今日も解凍したカラフトマスの切り身を使って
フードプロセッサーでウィ~~~ン!


3種類目のつくねチャレンジとなる今回は薬味などで重宝される幾つかの野菜を
使ったレシピで、まず魚1匹分のすり身に梅肉大1、片栗粉大1を入れてまんべん
なく練り込んでから続いて長ネギ、ミョウガ、大葉をいずれもみじん切りにして
加えよ~く混ぜ合わせてゆきます。

そして最後に適当な大きさに成形して加熱準備オッケ~!一見難しそうなのに
実は超~簡単かつ短時間で作れちゃうのがつくねの嬉しいところ。













上の写真では入れる順番が分かり易いよ~に梅肉と片栗粉はそのままの状態で
上から野菜類を乗せてますが、先にこれら2種類をしっかりすり身に練り込んで
おく方が断然お味にムラが無く整ったお味に仕上がります。

焼く時は熱したフライパンにごま油を敷いて中火で表面がキツネ色になるまで
焼き、その後裏返して同様に焼いてゆきます。つくねの分厚さにもよりますが、
念の為、両面にほんのり焦げ目が付いた時点で弱火に落としてフタをして
数分間蒸し焼きにしてやると芯まで火が通るのでいいかと。

火が通って完全に焼けてきたらここへ2倍濃縮のめんつゆ大2、みりん大1を
注いでタレがつくねに馴染むまで引き続き弱火でジュ~~~っと。焼き過ぎても
イマイチでるからある程度したら火は消して予熱で馴染ませるのもアリです。


つくねと言えば串がトレードマークみたいなものですが、焼く前から刺して
おくとフライパンの大きさによっては串が邪魔になる時があるのと、焼き
上がってからの方が断然刺し易いので盛り付け段階で刺してゆきます。







カラフトマスの香味野菜つくね ♪


タレはつくねの定番のコッテリ甘~いテイストなのに頬張ってみるととても
爽やか!?たっぷり練り込まれた香味野菜と梅肉のアクセントがきいて
たくさん食べても飽きの来ない美味しさ。

あと、これは過去に作ったつくね含め全てに言える事ですが、魚肉をメインに
作ったつくねがこんなに美味しいとは今まで気付きませんでしたっ。前回も
書きましたけど、混ぜ合わせる素材や調味料を変えるだけでガラッと印象の
異なる仕上がりになりますしまだまだ興味津々なディッシュです。


甘辛いタレだけでも十分ですが、これに卵黄まで絡めてやると本格的なお店で
頂くつくねと何ら変わりありません!焼き鳥屋などでよくタレにしますか?
塩にしますか?と聞かれるつくね、、、

香味野菜の入ったバージョンは迷わずタレ!ですね。(笑)







「タレで~!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR