FC2ブログ

カワハギの昆布締め ♪





仕事の関係?か何かで富山県に行ってる友人から写メが届いて、ますのすしが
売ってたよ~と!あはは、彼には以前サクラマスで作ったますのすしをお裾分け
し、それ以来気に入ったみたくまた食べたいと言っておりました。

彼は釣りは全くしないので市販されてたこのますのすしを大量に購入してきた
よ~ですが、わたくしめ的にはやっぱり自宅で作ったのがお味の微調整も
ききますし好きかな?自分で撃沈してきたサクラマスで作るのがまた格別!

また来年も春をメインにサクラマス作戦を展開できればいいなぁ~なんて
今からワクワクモードのJCAでございます。


話のネタが冒頭から逸れちゃいましたが、昨日に引き続き今夜もカワハギを
FISH DINNERとして堪能しましょう。





全部まとめて捌いてしまった昨日、お寿司用に昆布締めをする際に一緒に
別口で小ぶりな個体の切り身ほとんども昆布締め~。

利尻昆布を水とお酒1:1の割合で混ぜたものにあらかじめ浸け込んでおき、
水分をしっかり拭き取った後、軽く塩を振った切り身を並べてサンドイッチ。


こちらはお寿司みたく短時間ではなく一晩じっくり寝かせてから、個々の身
が小さい上にサイズもバラつきがあった為、食べ易くかつ一口分を統一
するべく細長くスライスして糸造りにしてもらいました。





カワハギの昆布締め ♪


昨夜1匹、そして今夜1匹と最も大きかった個体2匹をそれぞれに使って
姿造りに~。特にカワハギは捌くのが簡単な部類に入りますから姿造りに
しても全然手間が掛からずあっという間に作れちゃうのが嬉しいところ。

もちろんお皿には1匹以上の身が盛り付けられているわけですが、糸造りで
頂くとなると最低でもこれくらいボリュームあった方がいいですよねっ。

昆布締めにする事により浸透圧で余計な水分が抜け、代わりに昆布の風味が
身に染み込んでネットリ感溢れる絶妙な仕上がりになっております。


白身魚の代表格の1つとも言えるカワハギもカレイと一緒で個性が強すぎない
ので醤油でもポン酢でも相性が良い上品なお味!個人的には肝が無い場合や
昆布締めで頂く時はポン酢でサッパリ頂く方が好きかな?









あっ、落ちギスの糸造りでも使いましたが、もみじおろしのみならず梅肉も
ベストマッチでめちゃくちゃ美味しく頂けますよ~ ♪

またすぐに食べたくなるお味です!




「絶対美味いよねっ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR