FC2ブログ

Now Field「オーブン燻製機」


ネイティブトラウト作戦にハマって3年目に突入した今、これらを使った
FISH DINNERもルイベからお寿司、定番の焼き物他、和洋様々な
ディッシュをこれまで堪能し、更にこれからももっとレパートリーを
増やしていきたいと考えているJCAでございます。

そんな中、前々からいつか挑戦してみたいと思っていたスモークサーモンを
実現すべくこんなアイテムを導入してみました。





Now Field「オーブン燻製機」


見た目は大きな鍋!?のよ~ですが、これはれっきとしたスモーカー!いわゆる
燻製を作る物で世界初となるヘラ絞り加工による大型オーブン燻製機。

スモークサーモン作りには必須となる30℃以下で燻す冷燻、120℃のBBQ
燻製、高出力の瞬間燻製、サーモ制御による長時間燻製、熱乾燥可能オーブン
機能搭載でこれで“燻せぬものは無し!”と謳う最強スモーカー。


スモーカーって段ボールでできた安価な物から鉄製の筒状の物まで近くの
ホームセンターなどでも時々見かけたりしますが、どれも30℃以下の温度を
キープしたまま燻す冷燻が難しい、、、いや、寒い地方や冬場限定では可能
となるモデルもあったりしますけど1年中好きな時に冷燻となるとかなり厳しい
んです。まっ、やり方によってはある程度工夫のしようはあるんですけどっ。

わたくしめも勉強するまで全く知識が無かった燻製、、、どれも一緒の燻し方
に見えて実は大きく分けて冷燻、温燻、熱燻と3種類も方法があるんです!
名前の通り違いは燻す温度で肉類の燻製からハム、ベーコンを始め、ナッツ、
チーズ、サーモン他素材によって燻製方法を変えないといけません。

これら全てを1台で網羅できるこのオーブン燻製機は当然ながら他のスモーカー
に比べて少なくともゼロが1つ多いくらいの値段差はあるものの、やりたい事が
全てできるなら買っておいて損は無いかなぁ~と。(笑)







原材料はステンレスSUS304-t1.5で、ヘラ絞り技術を用いて一つ一つを
加工されており外寸Φ330×H220、バイメタル温度計取付穴Φ10-1、
煙抜け&サーモスタット用センサー穴Φ6-3、溶接、リベット加工は一切無し。
あらゆる燻製に対応するべく、剛性、耐久性、保守性を極限迄追求した燻製機
で製造に時間は要するも精度の高い高品質に仕上がっております。

熱源はガス、電熱器、IH対応とオールマイティーかつ、お手入れに関しても
つけおき洗いが可能で市販のどんな洗剤でも使える上、鉄製のタワシから
他なんでも気にせずゴシゴシ使用できちゃう程の強靭ボディ。


サーモ制御ができる温度計も付属しており業務用としても広く流通している
まさにプロ仕様!なんと高出力の煙で最速5分以下で燻香を付ける事が
できるんですから驚異的ですよねっ。





燻製作り愛好家たちの間では非常に人気のあるモデルみたく、わたくしめ
のよ~にスモークサーモンを作りたい!だけではなく幅広い料理において
用いられ家庭ユースでも重宝する1台のよう。

そんな満足の声を読んでいると、JCAも早く使ってみたくなってきましたわ!




「何か作ってみたら?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR