FC2ブログ

カラフトマスのちアキアジ ♪ 北海道・斜里町 / 知床半島 (2日目)


焼き鳥居酒屋で今朝の作戦について入念に話し合った結果、“よっしー”から
過渡期真っ只中な今、ただでさえ魚の少ないカラフトマスがいつ終わりに
なるか?また逆にいつアキアジが本格的に接岸し始めるか?全く読めず
もしかするとたった数時間で海の状況がガラッと変わる可能性もあるので
今朝は両方の作戦ができるよう2種類のタックルを準備しましょうと決定。

昨夜はほろ酔いになりながらも睡魔にやられる前に気合いを入れてアキアジ作戦
の準備を整えてから就寝。そして午前3時過ぎにはよっしーと合流して戦場入り
でございます、、、あはは、ちゃんと寝れたのってほんの3時間程度かも!?





今回、アキアジ用の竿には随分前に海アメ用に購入したモンスターリミテッド
110Pを導入してみましたよぉ。

まだネイティブトラウト作戦にハマって間もない頃でしたのでどの魚が人気で、
どの魚が美味しいのか?などあまり分かりませんでしたが、それぞれ狙っていく
うちに結局今のところ海アメは、、、となり、ちょ~ど遠投もでき、適合ルアー
ウエイトから他の仕様までアキアジ作戦にピッタリだったのでもう1つの
サーモンプレミアムと共に活躍させよ~と。

後から次々とやって来られる常連さんらはほとんどがウキフカセなので、
太いラインを使用してカラフトマスでもアキアジでも何でも来いの両刀使い!
とりあえずわたくしめら2人はまだカラフトマスの方が確率が高い?と思い
そちら専用タックルで狙ってみることに。


実はまさに昨日、随分向こうにはなりますがこの戦場への通り道に入ってた
カラフトマス漁の定置網が終了&撤去される日だったみたく、毎年この日を境に
今まで接岸を懸念してたアキアジの群れが寄ってくる傾向にあるという。ただ、
それがすぐに来るのか?しばらく経ってからなのか?ここが過渡期で読めない
という最大のポイントだったよう。

釣り人全員がカラフトマス一色の時は暗いうちは魚があまり見えてないのもあり
、薄明るくなるまで待ってから一斉スタートとなっていたものの、アキアジも
居るかも?となるとみなさんタックルを組んだら真っ暗な中、即ファイヤ~
されておられます。


午前4時20分、まだかなり暗いけど群れが散ってしまう前に我らも攻撃開始!


予想通りカラフトマスの群れはまだ居るよ~で、20分近く沈黙してたのが急に
ゴツン、ゴツンと例のボディタッチ開始&手返し良く打ち返してるとようやく、


グゥ~!ジリリリ~~~ッ





60cm カラフトマス撃沈!


ラッキ~にもまた銀ピカ ♪

同じタイミングで2人隣のウキフカセのおじいちゃんにもカラフトマスが
掛かるもこちらは真っ茶っちゃのブナ個体でどうやら大きなブナの群れの
中に銀ピカがちょこちょこ混じってるよ~な感じかな?

波が盛り上がった時によ~く目を凝らしてみるとわたくしめらの真正面には
黄土色より白っぽい魚の方が多く群れてるのが見えたのでこれはチャンス!と
こまめにカラーチェンジしながら食い気のある個体を探しているとまたっ、


ジイイイッ、バシャバシャ





62cm カラフトマス


空もいい具合に明るくなってきて朝マズメもまもなく終了という時にもう1匹
メスを追加 これを機に前回同様の流れでピタリと一切口を使わなくなって
しまいました、、、まさに超~短い時合いといった感じでしょうか?群れは
まだ波の中に見えているのにどれだけあの手この手とアプローチしても
音信不通、、、ここぞとばかりに黒アワビカラーなども試すもダメ、、、

みなさんイマイチのよ~で早々に撤収していかれる人もいれば、ゴロタ岩の
上に腰掛けて雑談をされてる人もいたりと戦場全体がしばしダラけモード。


そんな時にウキ流されていた常連さんの竿が突然グンニャリ曲がってカラフト
マスとは思えないよ~なファイト!?そして上がってきたのはマスより遥かに
大きいアキアジ!同時期に同じくウキフカセのおじいちゃんがカラフトマスを
掛けたのでもしかしてまた口を使うようになった?マッタリしてた我らも集中
モードに切り替えて再びスプーンをファイヤ~です。





「知床半島」


超~滑らかな巻き心地のステラの回転を堪能しながらスルスルスル~っと
リトリーブをしてると、急にドスン!?と締め込みが入り強い引きと共に右へ
突進、、、あと少しで波打ち際ってとこで軽くなってピュ~~~ン!と
スプーンが吹っ飛んで戻ってきました。

バラシ?でもあれだけやりとりできてたのでフッキングが浅かったとは思えない
んだけど、、、気になって針を見てみるとフトコロの部分が広がって伸びてる
じゃありませんかぁ!?

よっしーにも似たよ~なアタリが出て、あっ!と叫んだ瞬間にスプーンを
取り付けているスイベルの結び目上からプッツン、、、これはおそらくアキアジ
の仕業かも?気になってよっしーは即座にアキアジタックルに持ち替えて
ウキルアー仕掛けでトレースしますがアタリが出ないみたい、、、


それから30分程マンダムタイムとなり、今朝の時合いはこれで全て終わった
か?と考えるとまた口を使い出しカラフトマスをもう1匹追加 ♪ 更に同じ
位置へスプーンを流していると、


ガンッ!?


ジイイイ~~~ッ!


また物凄い重量感と共にアタリが出て強烈な締め込みがっ。





75cm アキアジ登場!


相当ラインを引っ張り出しながら横走りしたものの、無理をせず時間を掛けて
ランディングを試みると成功!やっぱり全てが細いカラフトマスタックルだと
ヒヤヒヤさせられますわ。(汗)

シーズン初期のアキアジは他のトラウト同様銀ピカに艶光してる個体がメインで
見るからにフレッシュ ♪ よっしー曰く、同じエリア内でもすでにアキアジが
本格化してる所もあるものの、ここではまぐれでポツリと混じる時は数回あった
と聞くもまとまって群れが寄りだしたのはおそらく今日くらいからと。

仕事の出勤時刻が迫ってくるよっしーもほんの少しだけ延長してアキアジメイン
に狙っているとついにフッキング!そのやりとりを見てるうちにわたくしめも
パワフルな引きを味わいたくなってここでアキアジタックルにチェンジ
昨日購入してきた塩カツオを針に付けてファイヤ~です!


ついさっきまでハイギアのリールを使ってたのを急にパワーギア仕様に替えると
結構な違和感。まっ、ステラSWはステラに比べると強靭な分だけ自重が
ありますから当然になんですけどねっ。


ゴゴンって何かが触れたよ~な怪しい気配が1回あったのみでマンダム、、、
よっしーも出勤してゆきわたくしめは居残り特訓でございます。ただ、夜明け前
からず~っと立ちっぱなしで竿を振ってるせいか?さすがに手がちょこっと
ダル~~~くなってきたので、アタリも無いことだしここらで一旦休憩を
挟もうか?悩み始めた矢先に、


コツッ、コツッ、コツッ、、、


グイイイッ!!!


これぞ典型的なアキアジのアタリ ♪







82cm アキアジ撃沈。


ってゆ~か、馬鹿力の持ち主やなぁ~と思ってると80cmオーバーの
いわゆる5年魚、6年魚と呼ばれる個体でした。この手のオスは多少
ブナかかってたとしても身は非常に鮮やかなサーモンピンクらしく
脂も乗って超~美味しいとのこと ♪

魚を締めてから新しいエサに交換し、いざアタリの出た付近へ打ち返し~と
構えた時に狙ってた位置よりもっと沖で魚がバシャっと!?おおっ、跳ねて
くれたおかげで群れの居場所が分かったわ~と喜びつつ早速そこより
更に沖へ遠投&デッドスローでリトリーブ、、、


ガガガン、ガン


グゥ~~~ッ!


すぐにアタってきましたぁ ♪





73cm アキアジ撃沈。


お次は筋子でお腹がパンパンなメス~。

カラフトマスの鱒子に加え筋子までゲットとはありがたや、ありがたや ♪
魚は選んで釣る事は不可能ですから日によってはオスばっかり釣れて
なかなかメスが釣れてくれない時もよくあったりするもの。

アキアジに関して言えばほとんどのみなさんがメスの筋子目的で頑張って
らっしゃると言っても過言でありませんし今朝は当たりかも?(笑)


釣り人が投げて届く範囲に徐々に群れが入りつつある段階がゆえ、ずっと近く
に居座って回遊するといった感じにまではまだなってなく一瞬食いが立ちまた
すぐに居なくなるの繰り返しっぽい。例年みたく頻繁にアタリが出る状況になる
まではもう1潮は掛かりそうな印象です。

あと魚自体も食い気のスイッチが入ってる時と入ってない時が顕著で、
たとえ仕掛けが魚の居る目の前に来ても一切反応せず素通りパターンも
多々、、、最盛期ならバイトまではいかなくても小突きなど何かしら
ちょっかいを掛けてきますからねぇ。





午前10時過ぎ、今朝はカラフトマスにアキアジと両方釣る事ができましたし
釣果的にはもう十分ですから、そろそろ撤収しようかな?さっき見えてた
群れもとっくに投げても届かない沖へ移動してゆきましたのでまたしばらくは
沈黙のよ~な気もしますし。

一度タックルを置いて、先にカラフトマスタックルの片付け。いつもより
持ち込んでる荷物が多い為、整理整頓もしとかないと帰りはこれに魚まで
持たないといけませんし、朝食のパンを頬張りながら時々海を見つつ撤収準備。


ある程度片付いてきてあとはいつ見切りを付けるかの状態の中、いきなり
真横のおじさんが魚を掛けて魚が水面で暴れたと思えばバラシ、、、波紋などは
見えなかったけど魚がまた射程範囲内に回ってきたのかもしれません。超特急で
バラシが起きた付近をトレースしますが、反応無し、、、

それならば!とカラーをチェンジしてみるも反応無し、、、では逆にウエイトを
変えてかつ動きの全く異なるスプーンに試してみると?


ドン!バシャバシャバシャ





メス~ ♪


アキアジって他のトラウト類に比べると魚の目の前にさえ仕掛けを通す事が
できれば簡単に釣れる魚と思ってましたけど、こ~ゆ~時もあるんですね。
群れ自体もまだ小さい気がします。


これでもう満足 ♪ 1時間くらい前からシトシト雨が降りだして時間を追う
ごとに激しくなってきてますから今日は予定してたカラフトマス午後の部は中止
&雨の様子を見ながらあとはゆっくり過ごしたいと思います。

釣果写真は魚種別に並べてカシャっと!









使用タックル&仕掛け

■ ロッド: シマノ・カーディフ モンスターリミテッド 110P
■ リール: シマノ・'13ステラSW 5000PG
■ ライン: シマノ・ミッションコンプリート 2号
■ リーダー: サンライン・システムショックリーダーナイロン 35lb.
■ フック: ハヤブサ・デラックスサーモン
■ ルアー: ルアーズケミスト・サーモンスプーン 45g


「明日からアキアジね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR