FC2ブログ

日暮れ直前に食った! 北海道・斜里町 / 知床半島 (1日目)





北の大地、いかにも北海道らしい風景が目に飛び込んでくると、あ~~~また
やって来たとしみなぁ~としみじみ、、、特にこちら道東方面はこ~いった感じ
の畑がどこまでも続いててわたくしめにとっては好きな風景の1つ ♪

高層ビルなどが連立する大阪市中心部近郊に住んでる上、仕事でも都心との
行き来が多く自然に包まれる機会って釣りの時くらいしかありませんからねぇ。


関空からの直行便で女満別空港に降り立ち、人間の食料に続いて魚のエサも
少々仕入れて向かった先はいつもの戦場!

8月に訪れてた頃は日の入り時刻も午後19時前と日が長かったのにたった
2週間程度?でもう午後17時45分に、、、関西だと10月の終わりくらいに
ならないと秋の訪れもほとんど感じられないのに、ここ「北海道」は毎年
夏から秋への移り変わりがとても早い。

預かってもらってる荷物を受け取り出撃準備を整えると午後15時40分に
なっており、日暮れまであと2時間しかないやん!?と焦りながら戦場へ。





「知床半島」


戦場エリアも蒸し暑く気温は30℃近くあるものの、そこそこ風があったので
日が陰ると肌寒くなるかも?とレインウェアを羽織って突入。

事前情報ではお昼頃まではベタ凪だったと伺ってたのに入ってみると大きな
ウネリを伴った波が次々と押し寄せてるコンディション、、、先客は若い
お兄ちゃんが5人おり、状況を伺ってみるとウネリが強すぎて釣りにならない
とのこと!どうやら少し前に常連さんらも来られたよ~ですが、すぐに
ウネリが出始めて全員撤収していかれたとのこと。

ちょっとやそっとのウネリなら根性で戦おうと思えるも、さすがにここまで
断続的に大波が押し寄せてくると軽量スプーンは波に飲まれて&揉まれて即
波打ち際の変な位置へ打ち上げられる、、、不安になりながら試しに数投して
みるも、案の定、着水&リトリーブを開始した途端波に飲まれてコントロール
不能、、、こりゃ参ったなぁ。


しばらくするとお兄ちゃんたちも、もう諦めますと撤収していかれ戦場はJCA
一人だけに。最近クマが頻繁に出没してるよ~なのでちょくちょく背後を警戒
しながら波の周期に合わせながらキャスト&可能な範囲だけでもリトリーブ
して頑張りますが、アタリも皆無ならすぐ次の波に飲まれてしまいます。
はっきり言って釣りがまともに成立しない状態、、、


明日からが本番だし潔く諦めるべきか?


そう思いにつつ時計を見るともう午後17時になろうとしてますし、あと45分
で日暮れならダメ元で適当に投げておこうと攻撃続投してると突然風が
真逆に変わって波が一気に落ちてきたんです!





それと同時に目の前に波紋と左へ向かって動く背びれを発見。急いでその
進行方向へファイヤ~してみるとゴツン、ゴツンとボディタッチらしき?感覚が
伝わってくるも食ってはくれません、、、まだ背びれが見えてるのでもう一度
チャレンジ!と超絶スローで魚の目の前をリトリーブすると、


ゴゴン、グイイイ~ッ!


食った!





55cm カラフトマス撃沈 ♪


なんと超~嬉しいまだ銀色のウロコが残っているお腹パンパンのメス!シーズン
終盤になってくるとほとんどの個体が遡上間近となりウロコは剥げ落ちて
ヌメヌメ真っ茶っちゃ~になるのにラッキ~でございますわ。

みるみるうちに太陽がオレンジ色になって西の水平線に沈もうとする中、まだ
群れは確認できますし暗くなる寸前までラストスパートをかけましょう!


ゴツンゴツン、、、ゴン、ゴゴン、、、身体のどこに当たってのか?それとも
頭で頭突きをしてきてるのか?分かりませんけど同じよ~な小突きだけで
再び口を使ってくれません。

そこで派手めのピンクカラーからブラック基調の地味系スプーンにチェンジして
誘ってみると、数回ゴツンゴツンの後、


ググググ~ッ!





60cm カラフトマス撃沈。


チェンジして1投目からあっさりバイトですし、こ~ゆ~経験をするとやっぱり
カラーローテーションの重要性を改めて感じさせられますよね。

同じメーカー、丸っきり同じフォルム&ウエイトのスプーンなので泳ぎは一緒の
はずですし違うのは唯一カラーだけ!ピンク系であれだけしつこく誘うも一切
口を使わないのがブラックに替えて1投目ですから魚にそこにはとってどんな
違いがあるのか?めちゃくちゃ興味津々になっちゃいます。

そしてすぐに打ち返すと、また即アタってきておもいっきりドラグを鳴らして
走りまくるも、サイズは大きめでもブナ中のブナオス!背中がポッコリ突き出て
ネトネト真っ茶っちゃだったのでさすがにこれは、、、元気なうちにリリース。


さて、そろそろ手元が若干見えにくくなってきたけどまだ数投はできそうなどと
アタリがあるがゆえ、粘ってしまうわたくしめ、、、ふとキャストする前に
後ろを振り返ってみると2m以上はある黒く動く物体がっ!?


ギョエ~~~!!!クマでございます。


腰にスタンバイしてあるカウンターアソールトを確認するより先に、よっしーに
教えてもらったクマを追っ払う声を出しながら魚を持ってゆっくりとした歩調で
撤収、、、幸いクマも声を聞くとビクッ!?と反応して急ぎ足で山を登って
逃げて行ってくれたのでホッと、、、助かりました。





日暮れまでの2時間で何とか本命を2匹。ほんと夕マズメにかけて波が治まって
くれたので釣れたよ~なもんですわ!あのままずっとウネってたらアウト。


キープした個体は両方とも綺麗でしたし、まだ結構な量の群れが波が
盛り上がった際などに確認できましたから本遠征まではカラフトマス作戦
でしょうか?いろんな意味で汗をかいたので日帰り温泉に行ってサッパリして
から仕事を終えたSurFreyja“よっしー”と合流して今回はパスタが
美味しいバーではなく、前からお気に入りの焼き鳥居酒屋へ ♪

乾杯の後は今日の状況を報告して、よっしーが釣友らから仕入れてくれた
状況と照らし合わせながら明日からの作戦について詳しく話し合うのでした。







使用タックル&仕掛け

■ ロッド: シマノ・カーディフ モンスターリミテッド DP93ML
■ リール: シマノ・'18ステラ 3000MHG
■ ライン: シマノ・ピットブル12 1.2号
■ リーダー: モーリス・VARIVAS VEPショックリーダー 22lb.
■ フック: ハヤブサ・フカセ 16号
■ ルアー: アングラーズシステム・BUX 6.5g


「野生のクマは怖え~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR