FC2ブログ

青森産・マコガレイのとろろ昆布締め ♪


抱卵している乗っ込みシーズンのカレイは基本身もしっかり締まっていて非常に
弾力があるものの、産卵後体力を回復すべく荒食いモードに入る戻りシーズン
の個体は薄っぺらいのが多く、また卵、白子の抜けた身は少々水っぽい感じ
になっちゃう傾向があります。

身の具合いだけで言えばやはりオスの方がまだマシかな?


そんなのもあり戻りの個体を生で頂く際には、当然個体によってはそのまま
いける時もありますけど、軽く昆布で締めるなどして頂く事が多いJCA。
青森で撃沈してきたマコガレイも大半がやや水っぽいイメージがあったので
早速昆布締めにしてみました。







昆布締めと言ってもいつもみたく普通の出汁昆布でサンドイッチするのではなく
、今回はとろろ昆布を使ってやってみることに!

作り方はネットなどでも幾つかレシピが掲載されているのでそれを参考に?
いや、そんな大そうなものでもなくただ単にサク取りした身をとろろ昆布で
包んで可能な限り密封状態で半日~1晩くらい寝かすだけ、、、普段作る
昆布締めと何ら変わりありません。(笑)

一応、レシピ集にはマダイなどを使ってるサンプルが多く、作り方も大きく
分けて2種類ありサクのままでサンドイッチ サランラップなどで包んで
寝かすパターンと、先に身をスライスしてお造りにしてからとろろ昆布を全体に
まぶして少し置いて頂くパターンで、わたくしめは前者の方が美味しそうに
思えたのでサクのままサンドイッチしました。


昨夜のうちに仕込んでおいた物をそ~っとスライスしてお皿に盛り付ければ
見栄えも新鮮なディッシュのできあがり~。





マコガレイのとろろ昆布締め ♪


カレイのお造りはポン酢+もみじおろしのコンビネーションで頂くのが最高
ですから飾りも兼ねて刻みネギを散らしてみましたっ。

どうです?これが昆布締めなの、、、ってゆ~くらい新鮮な印象を受けません?
身から出てきた水分を吸ったとろろ昆布は粘りっ気が増してサクを包み込む
かのよ~に付着して綺麗な膜になってます。


普段、昆布シートでサンドイッチして作る昆布締めとの大きな違いはとろろ昆布
を使うとたとえ長時間寝かせてたとしてもある一定値までしか吸水せず程良く
締めた感じに仕上がるのが特徴かな?

昆布シートで作る場合は寝かせる時間に比例して身の色が変色するまで昆布の
風味が染み渡り、表面もやや乾燥して端っこがカピカピになるくらいまで進行
しますが、とろろ昆布の方では決してそこまでにはなりません。まっ、ご自身で
お好みの締め具合いになるまで微調整したい場合は絶対昆布シートを使った
方がいいですねっ。わたくしめも今回興味津々で試してみましたが、







こちらの方が更に美味しいかも!?


と言いますのも身に付着したとろろ昆布は剥がさずそのまま一緒に頂けるわけで
、身自体にはほんのりしか昆布の風味が浸透していない分、表面のとろろ昆布が
いい仕事をしてくれて食べ応え満点 ♪ また昆布シートみたくポイする必要も
無く全て頂けちゃうのも嬉しい所ですし、お値段からしても経済的?(笑)

もし身にもしっかり昆布のお味を付けたい時はスライスしてからまぶせばより
濃厚テイストに仕上がりそ~ですし、いろいろ試してみるのも面白そう!
ちなみにJCA的には今回みたくサクの状態まま締めたくらいのお味がベストに
思えましたねぇ。昆布締め特有の粘りっ気も程良くあって身もちゃんと
締まってる、、、なんでもっと早くにこの作り方に気付かなかったんだろう!?
とちょこっと後悔しちゃいましたわ~。


見栄えもお味も新鮮です ♪




「とろろ、いいやん ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR