FC2ブログ

47cm マコガレイが複数匹 ♪ 青森県・六ヶ所村 / むつ小川原港 (1日目)


午前11時過ぎ、青森空港横のレンタカーステーションを出発し、市内まで
下りたら青森道に乗って みちのく有料道路に入った辺りが雪のピーク!?
視界がすぐそこしか見えないよ~な猛吹雪の中、安全運転に細心の注意を払い
ながら進むも、いかんせん果てしなく山道が続いているので凍結している部分で
スリップしないかドキドキ&ヒヤヒヤでした。

ラッキーにも野辺地町に着く頃には小康状態となりクロネコセンターで荷物を
受け取ってる間に太陽も覗いて快晴になってきました ♪ 助手席では空港
出発直後からず~っとビールを片手に上機嫌の“マダイ師匠”、実は前回
O本先生と来た際の釣果を電話で話していると俺も久しぶりに行きたいなぁ
その場で急遽決定 即、航空券&レンタカーを手配して再び訪れる事に
なりました。今シーズンは他にもやりたい作戦があるので青森遠征は1回で
いいかな?と考えていたんですが、まっ、良しとしましょう。(笑)


今日は日曜日とゆ~のもあり急いでも今の時間だとまず場所なんぞ空いてない
だろうとのんびりペースで「六ヶ所村」入りし、先にスーパーで買い出しを
してから戦場へ、、、到着した途端、ギョエエエ~!何これっ!?広い護岸に
ずら~~~っと三脚が所狭しと並んでおり空いてるスペースがありません!


予想以上の激混み戦場をとりあえず見て回り、最後に角の部分で竿を出して
らっしゃった方に声を掛けてあれこれ状況を聞いていると、JCAさんの事
知ってますよ~!自分は夕方には帰るからその後ここに入ってくださいと
言って頂きましたっ ♪ ありがたや、ありがたや、、、お礼を言ってしばらく
車内でぼ~っとするも、夕方まで結構時間がありする事が無くなってきた
ので近くの日帰り温泉に行って温まってくることに。









午後16時前に戻ってくるとすでに竿数を減らして片付けモードに入って
おられたので邪魔にならない空いてるスペースを利用して少しずつ戦闘準備に
入らせて頂き、1本だけファイヤ~して車内でダラダラ、、、

潮はすでに下げに切り替わっておりもの凄い勢いで引いていってる中、
約40分後?くらいにさっき投げた1本を回収してみると早速重量感が
伝わってきて41cm マコガレイが付いておりました。

時刻はまもなく午後17時半、話してるうちに先客の方と仲良くなり連絡先を
交換してお見送り すでに日本酒1本まで空けられ爆睡中だった
マダイ師匠を起こしていざ攻撃開始でございます!


前回同様夕マズメからバタバタ連発してくるかな?と期待するもマダイ師匠に
ここでは小ぶりの32cmが1匹釣れたのみで日が暮れ、真っ暗に。


明るいうちは7m前後入ってた北西風もピタリと止んで無風状態。


こ~ゆ~時っておもいっきり冷え込んだりする事が多く、今朝の青森市内みたく
急に吹雪になったらどうしよう!?と不安になるも、今のところそこまで寒くも
なく薄手のフリース1枚羽織ってるだけで十分なくらい。青森県は日本海側は
豪雪地帯、太平洋側にかけては基本雪は少なめの傾向にはあるものの、
ここまで違っているのには驚かされます。


ズッシリ!?


午後20時、ついに時合いが訪れてくれたよう!?





42cm マコガレイとギリギリ40cm満たないここでのアベレージサイズの
ダブル!デルナー天秤でおもいっきり遠投してた仕掛けにアタってきました。

魚のかたまっている位置をある程度把握できるまで必ず足下直下も忘れず
遠近投げ分け探ってゆきますが、ど~やら今回の時合いでは遠投に分がある
よ~でデルナーや先オモリタイプで飛距離を出していた物ばかりに魚が付いて
います。逆に中~近投域では定番のお邪魔者、クリガニが活発みたくエサが
真ん中付近でチョッキンされたり小型ヌマガレイが付いてたりと面白いくらいに
距離で反応が異なっております。

マダイ師匠の方も一緒で遠投してる仕掛けばかりに本命が付いて手前はイマイチ
or サイズがあからさまに小さいのばかりとのこと、、、


まだ時合いに突入したばかりのはずですし、ここで全ての仕掛けを遠投に特化
した仕様にチェンジして打ち返し 食いが立っている時は下手すれば着底後
5分もしないうちにアタってくる時もある為、通常の40~60分インターバルを
30分に縮めてアラーム設定し暖房のきいた車内と外を行き来してると、









今度は45cm マコガレイと36cmのダブル撃沈!


一般的にデルナー天秤はキスの引き釣りなどで愛用され、微弱なキスのアタリを
明確に伝えれるようアームも柔らかく細めのタイプになっているのでこの大きさ
のマコガレイをダブル掛けたままぶり抜くと即グンニャリ曲がってしまいます。

それならデルナー天秤の時だけ毎回タモを入れればいいやん!ってなるんです
けど、これまた超~横着なJCA、、、ついつい手の届く範囲にタモが無かったり
すると面倒臭くなってしまいぶり抜いてしまってます。もちろん上から見て
これはゴーマル!?と思えるよ~な個体が来ればタモ入れするんでしょ~けど
今のところまだ一度も使っておりません。(笑)

前回のデーターを見るとダントツ蛍光&ケイムラカラーのマシュマロボールに
アタリが多かったので、本遠征ではこれらの付いた仕掛けを積極的に導入して
おります。普通のエッグボールと異なり全く吸水しないタイプのマシュマロ
ボールは軽量かつ浮力も安定してて潮流のある場所などではいい働きを
してくれる?わたくしめはそう信じております。(爆)


午後22時までの2時間は遠投すれば必ず魚が掛かるといったハーレム状態が
続き、マダイ師匠とウハウハモードで集中砲火しておりましたが、何が引き金に
なっているのか?突然どこへ投げてもドンコばかりが付いてくるよ~になって
しまい時合い終了、、、ほんとピタッと止まってしまいます。







「むつ小川原港」


微妙な時間帯は粘ってもいい事無いしさっさと見切りを付けた方がいいやろ~!
マダイ師匠に一声でそう決まって一応新しいエサに交換&ファイヤ~した
しばらく車内に戻って放置プレイ。

初日の夜からいつも鍋を作るものの、魚はまだ捌いてない状態ですから
スーパーで買い出してきた鶏やカニのすり身などをメイン食材に野菜と一緒に
入れて作りましょう。何やら地元のお酒を大量に仕入れて来られたみたく
アツアツの鍋と共に一杯やればもう外に出たくない気分、、、結局いろんな話で
盛り上がってるうちに日付が変わってしまいました。(笑)

わたくしめも20分程度うたた寝をしてたみたいですが、なんとか起きて
ウェアを羽織って外に出る準備、、、マダイ師匠は再び爆睡中。


気合いを入れて車のドアを開けると極寒!?


さすがに丑三つ時になると放射冷却なんかもあり相当冷え込んできますねぇ
、、、とはいえ、かなりの時間仕掛けを放置してありますからこのままでは
いけません。右から順に竿を上げていくと、1本目にはドンコがダブルで
付いてましたが、2本目、3本目はいずれも、


グイグイグイ~ッ!


ググッ、グッ、ググッ!


強い締め込みを見せながら足下近くになってやっと水面に浮いて、









47、43cm マコガレイが居食いしてましたぁ ♪


今夜は潮回りも大きめで潮流が速くなった時に底ウネリらしきものが生じてた
よ~で複数の仕掛けがグチャグチャにっ!?

この戦場は巨大タンカーが入港できるよう航路筋が深くえぐられているのと、
その筋自体がそこまで広くないもあり外海が荒れた時のみならず潮流の強さに
よってはこのよ~な底ウネリが時々発生する特徴があるんですよね~。簡単な
絡み程度なら解けばいいものの、底ウネリの絡みは半端じゃないのでハサミで
カットして即新しい仕掛けに交換するのがベスト!時間の節約にもなります。


全ての仕掛けを打ち返し、魚を締めたら寒いのでまた車に逃げ込もうと運転席の
ドアの前まで駆け足でGO&ふと一番最初に打ち返した竿に目をやると竿先が
何度も叩かれているじゃないですかぁ!

打ち返してまだ間もないのに、、、と思いつつ、アワセを入れてリーリングを
開始してると隣の竿までゴンゴンとノックしだす始末。







45、44cm マコガレイを立て続けに撃沈 ♪


おおっ!これって今、絶対デカい群れが食ってきてる時間に間違いないと確信し
、超特急でこやつらがアタってきたピンポイント目掛けて打ち返し 未だ
爆睡中だったマダイ師匠を起こして、今集中しないと時合いを逃しちゃい
ますよ~!デカいという言葉には即反応される方でございます。(爆)


同じく放置プレイしてあったマダイ師匠の仕掛けにも数匹のドンコと本命が
居食いしてましたが、それより底ウネリの影響をモロに受けたのか?片っ端から
仕掛けがグルグルに絡みまくってて少々ご機嫌斜め、、、

あれだけ日本酒を飲んでおられたので、これでもう今夜はストップかと思いきや
またまたビールをグビグビ飲みながら仕掛け交換&打ち返しをされてます。
まさにアルコールが彼のエネルギー源なんでしょう!(爆)









わたくしめの方も遠投域のみならずちょい投げエリアでも高活性となり、
こちらはMAX40cm止まりですがアベレージ38~39cmの数釣りに。


そんな中、ピンポインを狙っておもいっきり遠投してた2本の竿にまずは
47cm マコガレイが飛び出し、もう1本にも大物?いや、ゴミか何かが
掛かった?カレイのよ~には動かない、、、

ドッシリ重たい重量感と共にスローペースで浮いてきたのは、







特大のミズタコ


前回含め今シーズンの青森遠征で初めてタモを入れました。(爆)

タコの中でもめちゃくちゃ大きくなる種のミズタコは重量ももの凄く、
ランディングの際にタモ枠が壊れそ~な気がしましたわ~。

クーラーにも入りきらないのでポイするかど~しようか?悩んでいたら、
マダイ師匠がこれは美味そうや~!と持参されてた出刃包丁でブスリと一突き&
あっという間に解体されて彼のクーラーの中に消えてゆきました。(爆)


こんな熱い高活性タイムはいつまで続く?


あはは、やっぱりいつまでも続く事はなく午前3時までには完全に止まって
静寂の海に、、、その後、車内に戻って寝ないよ~にとブラックコーヒーを
飲んだとこまでは覚えているものの、

次に目覚めた時には夜明けが近付いてきてました。(笑)





いつも通り午前7時に初日分の釣果として一旦締めよ~と思ってたので、
それまで2回程打ち返しをしましたがアベレージサイズが1匹釣れたのみで
フェードアウト、、、どのカレイ作戦において最も食いが立ちそうな時間帯の
朝マズメが渋いなんて、、、ここは他の戦場とは全く性質が異なってますよね。


またまたおやすみ中のマダイ師匠を車内に残し、少し暖かくなってきた午前7時
キッカリにクーラーから初日の釣果を取り出してカシャっと ♪

40cmオーバー8匹含めマコガレイ25匹にアイナメ1匹、今回も初日から
いいスタートが切れてますが、なかなか48cmの壁が超えられませんねぇ、、、







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・'03パワーエアロ
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け、先オモリ遠投仕掛け
■ モトス: サンライン・トルネードSV-I 8号、東レ・銀鱗 16号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 5号
■ ハリス: クレハ・シーガーグランドマックス 5号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 15号
■ エサ: アオイソメ、塩イソメ


「ゴーマルかぁ、、、」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR