FC2ブログ

50cm アカアマダイ撃沈 ♪ 愛媛県・八幡浜市 / 宇和海 (1日目)





あれ~~~っ、おっかしいなぁ~、、、前回は朝マズメ1投目から本命が釣れて
、更に良型イトヨリダイとめちゃくちゃ活性が高かったのに今朝はサッパリ!?
うんともすんとも言いません、、、まぁ、自然界の事ですから必ずしも毎回
朝マズメにアタリが出るわけはないんですが、ここまでシ~~~ンと静まり
返ってしまうと何だか不安になってきます。

ってゆ~か、新規開拓で初めてここに入ってみた前回があまりにも上出来な1日
で、その印象のみしか頭の中に残ってなかったのでついつい期待しまくって
ましたが、冬の大物投げ釣りってこんなもんですよね。(笑)


変に期待しまくるのはやめようと自分自身に言い聞かせいつも通りのスタイルで
攻撃続投&一方向については潮流の向きによって牽引ロープか何か?に
掛かってしまうケースが頻発するので、そこを避けるよ~にしながら時折
誘いを掛けたりしてると、


ジイイイッ!?





リアクションバイトしてきたイラん魚、イラにドキッとさせられました。(爆)

もう分かったからさっさと海に帰ってくれ!と言いつつ即ポイして再び
気を取り直してファイヤ~。ほんとこやつだけはドラグ音もおもいっきり
けたたましい上、引きもマダイやアマダイに似てる所があるので超~紛らわしい
、、、やる気満々の朝イチから最も現れて欲しくない外道ですわ。

でもまぁ、エソよりはマシか、、、いや、どっちもどっちやなぁ~と独り言を
言いつつ朝食のパンを頬張りながらしばらく放置プレイ。


戦場で立っている時には結構せっせとサビいてみたり、打ち返してみたりと
忙しなく動いているのに、一旦何かに腰掛けてしまうとこれがまた立ち上がる
のが億劫になっちゃうわたくしめ、、、ぼ~っと辺りを見回しながらスマホを
いじっているとあっという間に30分以上経ってしまいました。

だけどあれからドラグ音も一切鳴ってなければ竿先にもな~んの変化も
出てなかったのできっとエサもそのまんま残っているだろうと思いながら
一応、確認の為に仕掛けを1つ回収してみると、


素バリ!


マジっすか!?

慌てて他の仕掛けを回収してみると見事全てのエサがかすめ取られており、
代わりに足跡を残すかの如く白い繊維が針にこびり付いております、、、
これはもう何奴に仕業か即行見当が付きますよねっ。

だからと言って小バリ仕掛けにチェンジしてお土産確保モードに入るつもりも
一切無く、それなら気合いでマシンガンキャストで対抗でございます!


モゾモゾ、、、モゾモゾ


ツンツンやら、コンコンやら、モゾモゾと竿先のみに微弱なアタリが連発。

しつこく突かれて反応が消えると確実に素バリになってるはずなので、その前に
ギュネイ・ガスのよ~に、ええいっ、ファンネルたち!一番熱量の高いミサイル
だ、、、当たれえ~~~!!!とツンツンアタリからアワセを入れていくと、







小さめなカワハギがスレ掛かりしてきたり、カサゴの唇の皮1枚の所で掛かって
きたりとエサ取り連中が次々と姿を現してきます。あと、これ以外にトラギスも
2~3匹スレ掛かり含め水揚げされてきましたわ~。(笑)

こんな感じでエサ取りの洗練を受けながら食べれそ~なサイズのカサゴだけ
キープ&他はポイ!そして気付けば午前10時までに1日分として持ってきた
エサの約3分の2を使い果たしてしまい、このままじゃ午後まで持たないと
クーラーに忍ばせてあった塩マムシも併用しながら攻撃続投です。

どれだけカワハギが多い海域でも必ずアタリが遠退く時間帯があるはず
ですからそれが訪れるのを期待しつつ、あまり仕掛けも動かさないよ~にして
じ~~~っと、、、結局再び放置プレイとなってしまいました。


今日のお天気は早朝はどんより曇り空でしたが、お昼前になると非常に弱い
ものの太陽の光も差し込んできて晴れ?とまでは言い難い微妙な晴れ。







「宇和海」


晴れとは言い難い微妙な晴れって一体どんなんよ~!?って突っ込まれちゃい
そ~ですけど想像して頂ける方もいらっしゃるかも?とはいえ、雲自体多め
なので曇りと言ってしまえば手っ取り早いんですがね~、、、ど~しても
その奥に青空が見え隠れしてるのでこだわってしまう。(爆)


話は変わりますが、

やっぱりフリーゲンSDはよく飛びますねぇ ♪ スーパーエアロの流れを
組んでるだけあってパワーエアロに比べるとかなり軽量設計でキャストフィール
もめちゃくちゃ軽い!ここんとこパワーエアロ系のリールばかり使っていたので
久しぶりに触ると軽さが顕著に分かります。唯一、ドラグ機構に関してだけは
個人的にツインドラグの方が長年使い慣れててしっくりきてるってくらいかな。


午後13時半になっても一向にエサ取りの活性は衰えず生エサを付けた針は
5分も持たずに素バリ、、、

ただ塩マムシの方はそこまで硬く締めてはいないけど残ってくる確率が高い
んです!それでもやはり生エサに勝る物は絶対無いはずですから併用比率は
半々を保ちながらエサが尽きるまで戦うことに。


クッ、クッ、クッ


ジ~~~イイイッ!?


ゆっくりめな助走から次第にスピードアップするドラグ音!







やっと来てくれましたぁ ♪


50cm アカアマダイ撃沈。


時間&エサの残量的にも今日はダメかなぁ~と思い始めた矢先に本命の登場
なんて、もう嬉しくてたまらないですわ~ ♪

初釣りから新規開拓大成功と大喜びしてたのが一変してマンダムのち、エサ取り
地獄となってたのであの時偶然釣れただけか?なんてガッカリしつつある中、
こやつが出てくれたとなれば話は別ですねっ。毎回、、、と言ってもまだ2回目
にはなりますけど今のところ確実に本命の姿を1匹は見れてます。


ちなみにエサは塩マムシに食ってきてました。


JCAは遠征 or 近場問わず、結構予備エサとして塩マムシ、または塩イソメ
などを戦場に応じて少量持参してはいるんですが、最後まで出番が無く終了~
ってなパターンが多いんですよね~、、、そんな中、たまにこ~ゆ~ケースが
出てくると塩エサも忍ばせておく価値アリと実感します ♪


マダイやイトヨリダイなどとは異なり自分の縄張りからそんなに遠くまで
移動せず捕食活動を行うアマダイはエサの鮮度も確かに重要ではあるものの、
何よりその行動範囲内にエサを落としてやる事が最優先。そりゃ分かってるん
だけど、、、あはは、理論を書くのは簡単でも実際にドン深の海域で海底の
ピンポイントに仕掛けを置くのは超~難しいっ!

アマダイ作戦はどれだけやっても奥が深すぎて迷ってしまいます。(爆)





あ~~~、それにしても釣れてくれて良かった、、、




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'12スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ フリーゲンSD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 1本針仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 7号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 16号
■ エサ: マムシ、塩マムシ、アオイソメ


「ポテンシャル高いね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR