FC2ブログ

大漁のイトヨリダイを使ってさつま揚げ~ ♪







予想以上に大漁だったイトヨリダイ。今回こやつらを使ってちょこっと作って
みたかったディッシュがありまして、それを最優先にして自宅で仕分け
結果、本命のマダイ、アカアマダイ、シロアマダイは鮮魚店にお願いして
最も雑に捌いてもオッケーだった?イトヨリダイは超特急で三枚おろし&
お造りにする要領でサクに。

この魚だけで15匹前後もおりましたから数匹は後日、他のディッシュで頂こう
と丁寧に処理して冷蔵庫へ収納。


多少の小骨くらい残ってても全然大丈夫なんですが、変なところでこだわって
しまう性格がゆえしっかり骨が無い事を確認してからフードプロセッサーに
入れて粒子がおもいっきり細かく?ネットリするまでブ~~~ンと ♪











数年前に小さなマハゼを使ってつみれを作ろうと思いゲットしたフード
プロセッサー、数回使った後、頭の中から忘れ去られてしまい最近になって
よ~やく思い出したって感じですわ。(笑)

ご存知の方もいらっしゃるよ~にイトヨリダイってエソと並んでかまぼこの
代表する原材料!個人的にエソだけはたくさん釣れても持ち帰りたくないので
、もしイトヨリダイが数釣れたらすり身にしてみよ~と思ってたんです。


このすり身に調味料を混ぜてシンプルにつみれ?とも考えましたが、数が
あったのもあり大量消費ができて保存がきく物にしよ~と。







まずはすり身と木綿豆腐、卵をボウルの中でよ~く混ぜ合わせからそこへ
みじん切りにしたニンジン、玉ねぎ、むき枝豆&片栗粉、塩を加え、更に
混ぜ合わせてゆきます。

それぞれの分量目安はすり身100gに対し、木綿豆腐50g、ニンジン30g
、玉ねぎ30g、むき枝豆30g、卵1個、塩一つまみ、片栗粉大1.5で
後はできたすり身の量に対して掛けてゆけばいいかと。

ちなみに今回すり身だけで1100gもできちゃいましたわ~!?(爆)





あとは170℃に設定した油で揚げてゆくだけ。


一口サイズならスプーンですくってポチャンと入れ、はんぺんのよ~にする場合
は少々生地が柔らかいのである程度手で楕円形に形成して油の中に入れ、
その後カス揚げなどで軽く底で押してやればいい感じになります。

表面がこんがりキツネ色になるまで揚げて完成~!


はんぺん状にした方は分厚さにもよりますが、あまり早く上げると芯まで火が
通りきってない場合がたま~にあるので最初にちょこっと味見兼てどんな感じに
なってるか?確かめた上で揚げる時間を調整したらいいと思います。まっ、
よほど分厚くしない限り表面に色が付いてきたらオッケーですけどねっ。







イトヨリダイのさつま揚げ ♪


すり身だけで作るよりこ~やって野菜をたくさん混ぜ合わせた方がヘルシー
かつより美味しく頂けます。

さつま揚げは冷凍保存ができますからすぐに食べない物は小分けにして
真空パック冷凍し、まずは一口サイズの方を今夜のFISH DINNERで
頂きましょう!できたてのアツアツ状態で頬張るともうヤバイっす ♪


混ぜ合わせる具材もお好みに応じて好きなよ~に変えてれて市販されている
さつま揚げとはまた異なるバラエティー豊かなディッシュに。淡泊な白身が
特徴で蒸し物などがよく合う優しいお味のイトヨリダイも、こ~やってすり身に
すると旨味が一気に引き立つ?というか印象がガラッと変わります。







めちゃくちゃ美味しいです!


はんぺん状のさつま揚げはそのまま食べるのも良し、他の具材と調理するのも
良しで様々な料理に使えるのでGOOD。作るのにちょこっと時間を要する
ディッシュではありますから今回みたく一度にたくさん作って冷凍保存
しておくのが得策かも?

せっかく多機能のフードプロセッサーがあることですし今後も積極的に活用
していきたいと考えておりますよぉ。




「さつま揚げかぁ~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR