FC2ブログ

近場でマコガレイ狙い ♪ 兵庫県・明石市 / 東二見


午前0時20分、、、未だに待ち合わせ場所にいらっしゃらないので相方に
電話を入れてみると、悪い!寝過ごしてしまってさっき出たばかりやわ~。
飛ばして行くから待っててくれや~と。(爆)

あはは、JCA自身は夜明けから作戦開始でいいんちゃう?と思ってたので、
全然大丈夫ですからゆっくり気を付けて来て下さいね~ ♪ と伝え、
フラットにした後部座席に移動してそのまま爆睡モード。

その約1時間後に相方の“マダイ師匠”から到着した旨、電話が入り起床&
当初夜戦も兼ねて予定していた戦場は時間的に微妙とゆ~ことで適当に
アクセスし易い場所へGO。案の定、誰も釣り人はおらずまずはタックルを
組んでから再びわたくしめは車内で仮眠することに、、、マダイ師匠はちょっと
投げてみるわ~とおっしゃってましたが、午前5時に目が覚めるとご自身の車内
で爆睡されてました!ど~やら極細のアナゴしか釣れなかったよう。(爆)


想像以上に冷え込む戦場に戻り、しばらくの間ぼ~っとしてましたが、東の空が
徐々にオレンジに明るく染まり始めた頃に攻撃開始!


全ての仕掛けを投げ終えて、最初に投げた仕掛けを回収してみると素バリ、、、
やはりまだ11月になってない今、水温も温かくエサ取り全開のよう、、、
たま~に何か掛かってるなと思うと密かに夜戦で期待してたキスちゃんではなく
極細アナゴ、、、こやつもまぁ、この界隈の夜じゃ定番中の定番外道ですから
税金と思って対処するしかありません。


ジイイイ~ッ!?


突如、打ち返したばかりの竿からスピード感のあるドラグ音!





一体何が掛かった!?本命で無い事は確かなので、あとはエイみたいな
厄介者でない事を祈りつつ巻いていくと55cm スズキでした。

ここらじゃそこまでデカい河川も無いし初期のアキアジの如く銀ピカな個体
ですからお土産にキープすることにして血抜き。スズキを釣るのも久しぶりなら
食べるのもほんと久しぶりになりますからお造り?いわゆる洗いで頂いて
みようかと一瞬思うも、洗いの場合、活〆にして死後硬直する前に処理しないと
いけないのとスズキは場所によっては独特の臭みを持ってる個体もいますから
結局火を通して頂くのが無難かな?とゆ~結論に。(笑)

思い出してみると過去にも何度か50cmあるか無いかのハネ?クラスの個体を
ここで撃沈しており、毎回キープして持ち帰るも誰かにお裾分けしたりして
ましたわ~。なので今回はちゃんとわたくしめ自身で食べましょう ♪


エイじゃなくて良かった~なんて思ってたらパチャ~ンと少し向こうで
トビエイが跳ねてビックリ!?アカエイはちょくちょく目撃するも最近じゃ
トビエイまでウロついてるんですね、、、どちらかと言うとトビエイは外洋性の
生き物で温かい海域を好む習性のはず。温暖化によって海の中も確実に
変わってきているのが窺えます。


ジイイイッ!!!


また!?もしかするとさっきのトビエイかも。


恐る恐るリーリングを開始するも、エイ特有の動き&重量感は無くグイグイ
何度か締め込むもこちらに寄ってきてタモでフィニッシュしたのは、





65cm スズキ


今朝はスズキの群れが入ってきてるんですかねぇ?

何はともあれトビエイでなくて良かった、、、エイは寄せて来るのも面倒なら
足下から上げるのもこれまた面倒ですからねぇ、、、


キャップライトも不要になり、そろそろアナゴも消えてくれるだろうって頃、
テクテク散歩にやってきたおじいちゃんが話しかけてこられ、ここは週末
のみならず毎日必ず誰かが竿を並べてるからもう魚は残っとらんで~!

じゃあ昨日も誰か居たのか聞いてみると、昨日は日曜日な上、特に人が多く
あっちもこっちもビッチリと、、、むむむ、やはり激戦区と言われるだけある
エリア、、、マダイ師匠とやっぱ凄いなぁ~と話しながらしばしすぐ近くに
住んでいるという話好きなおじいちゃんと雑談。(笑)







「東二見」


空は青く快晴で太陽が昇ると気温もポカポカして気持ちいい~ ♪

おじいちゃんが帰った後、即全ての仕掛けをチェック → 見事にエサ取りに
やられて素バリ or チモトからプッツンされておりフグが混じっている事が
分かります。ここからはマシンガンキャストしかないのでひたすら
ローテーションを組んで打ち返してゆきます。

マダイ師匠はエサ取りが酷すぎるから休憩や~とビールを何本か飲み干された後
、波止の上でそのままゴロンと、、、JCAも同じよ~に寝転がってうたた寝
したかったんですが、実は朝マズメ頃からまだヤブ蚊が飛んでおり警戒態勢に
あるわたくしめにとって無防備に寝るなんて到底無理でした!(爆)


エサもみるみる無くなってゆくものの、変にケチった付け方などはせず
全力投球して全て無くなったら潔く撤収しようと必死に投げ返していると、
午前8時前に少しサビいてみた竿に少し重い?よ~な重量感がっ。





26cmと小ぶりながらもやたら肉厚なマコガレイ


これで一応ボウズ逃れ?な~んて思いつつ、もしかすると時合いに入ってる
かもしれないので急いで他の竿のエサをチェック 一向に止む気配の無い
エサ取りの嵐と真っ向勝負を掛けます。


何回かローテーションをしていくうちについに持参した500gのアオイソメを
全て使い果たし、残りは塩マムシのみに。塩マムシも硬いうちはエサ取りに
強いけど、柔らかくなっていくにつれ瞬殺されちゃうので残量からしても
できてあと1時間程度ってとこでしょうか?

竿数を減らしつつ身の回りの整理整頓&打ち返す頻度はそのままに戦っていると
、たまたま目をやった一番右のプロサーフの竿先が、


ク~~~ッ、クククッ


弱々しいながらもいかにも本命らしいアタリの出方!





あはは、さっきのと似たよ~なサイズのマコガレイちゃんが水揚げされて
きましたよぉ ♪ こやつもサイズのわりには肉厚で、さすが乗っ込みシーズン
の個体!とうなずいてしまうよ~な印象。

潮も上げに切り替わっていい感じで流れ始めてますし、エサ取りだけ我慢して
粘ったらあともう1匹くらい出るかもという雰囲気ではありましたが、その為
にはエサを調達して来ないといけません、、、ちょ~ど目覚められた
マダイ師匠にどうしようか?伺ってみると、もうやめよ~や~!と。(爆)


→ はいっ、ってなわけで午前9時40分終了でございます。







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・プロサーフ425BX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ サーフリーダーSD CI4+35
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・レッドファイター 8号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 4号
■ ハリス: サンライン・トルネードSV-I 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: アオイソメ、塩マムシ


「エサ取りかぁ、、、」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR