FC2ブログ

知床産アキアジのイクラ醤油漬け ♪


せっかくメスをたくさん撃沈したからには獲れたてピチピチな状態のまま
イクラの醤油漬けを作りたいので、筋子に関しては戦場で取り出し
発泡スチロールの箱に保管&そのままわたくしめと共に空輸して
大阪まで持ち帰って参りましたっ。

鮮度が命ですから帰還後すぐ出撃前にスタンバイさせておいたイクラほぐし網を
使ってパラパラと筋子を解体&塩水で何度も綺麗に洗い、その後昨年教えて
もらった浜の味!こと地元で愛されているレシピで作った醤油ベースダレに
漬け込んで約40分、、、











1時間寝かすとやや濃いめの味付けになるので素材の味を前面に出した
仕上がりにしたかったJCAは40分キッカリです!


わたくしめもずっと同様にしてたんですが、クックパッドなどネットで紹介
されているイクラの醤油漬けの作り方ではみなさん最初にお湯を使って筋子の
膜を取り除く方法をとられております。しかしながら現地の職人さんからすれば
これはNGらしく水、お湯は絶対使わないのが鉄則と聞き、教えて頂いた
昨年よりイクラほぐし網&冷えた塩水のみで下処理をしております。

まっ、お湯で処理する方が遥かに簡単かつスピーディーなんですけど、最高の物
を作りたいので少々手間が掛かってもこだわらないとねっ。







漬け込んだ後は素早く木製の大型ザルに乗せてここからは冷蔵庫内で約半日
水切り作業となります。毎回一応下に受け皿を敷いてはいるものの、不思議と
そんなにタレは出ないんですよね~、、、これがプラスチックのザルを使うと
結構出るんですがっ。おそらく木が余分な水分をある程度吸い取ってくれる
からと思われますねぇ ♪ 何もかも教えてもらった通りの手順です。


今回はメス6匹分の筋子を漬け込んだのでおそらく3kg近くあるんじゃない
かな?これらを小分けにしてすぐに食べる分は冷蔵庫、保存する分は業務用
フリーザーに入れてマイナス60℃で急速冷凍をかければ終了!

これで来シーズンまでのストックは十分に確保できたかも!?(笑)





とはいえ、昨年も何だかんだ友人にお裾分けしたりしてるうちにみるみる
ストックが減っていったので、今シーズンは可能ならもう少し作っておきたい
なぁ~と考えております。クラブの仲間や他、友人からもアキアジを送って
欲しいという注文も入っておりますしやっぱりサケは日本人が最も大好きな
魚の1つですよねっ ♪

あはは、でも漬物用の特大のバケツを使わないと一回で作れない量って改めて
思うと相当贅沢じゃありません?アキアジ釣りを始める前までは北海道へ旅行
などで行った際や地元関西のデパートなどで時々開催されている北海道物産展
で高いお金払って少量を購入してましたし、、、(笑)


北海道から帰還した昨日の夜のうちに漬け込み、今朝できあがったイクラの
醤油漬けはお昼から早速頂きたかったものの、会社の同僚とランチをする約束が
入っていた為に夜までおあずけとなりやっとこさ先程食卓に登場でございます!







知床産アキアジのイクラ丼 ♪


炊き立てのご飯を普通かやや少なめに盛って上にドバっと山ができるくらいに
惜しげもなくイクラの醤油漬けをかけてできあがり~。

タレに漬け込んでる段階で念の為に何度も味見をしつつ、味付けをしたので
想像通りの絶妙なテイストに仕上がりました!これだけは文章で表現するのは
難しいところがあるんですが、イクラそのものにまろやかな旨味をメインに
ほのかに特製醤油ベースダレが絡んでいるって感じ。市販されている
醤油漬けより遥かに薄味になっております。

昨年何回か漬け込み時間を変えて作り、どれだけでどんな味に仕上がるか?
しっかりデーター取りしてあったのが役立ちましたわ~!その時は頭の中で
覚えていても1年もすればやはり忘れてしまう事も多々あるので常に何でも
データー化するよ~に癖付けるのがベストですよねっ。


口の中で弾ける1粒、1粒から馴染み深い甘く濃厚なイクラのお味が広がり
至福のひと時を過ごさせて頂きました ♪




「めちゃくちゃ贅沢」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR