FC2ブログ

朝マズメでアキアジ13匹 ♪ 北海道・斜里町 / 知床半島 (3日目)


シーズン中に必ず1回は行く定番の焼き鳥居酒屋で昨夜は“よっしー”と乾杯&
来月にかけて最盛期を迎えるアキアジ作戦について綿密なスケジュール合わせ
や他投げ釣りネタで閉店近くまで盛り上がっておりましたっ ♪

普段は翌朝も早いので結構早めにお開きにする事が多いんですが、ラッキーにも
明日、明後日とオフが取れたというよっしー、、、それならゆっくり飲める
よね~って感じですわ。(笑)


でも起床時間は一切変わりませんので結局2人とも少々寝不足&微妙にお酒が
抜けきれないままの出撃でございます。





あ~~~眠いなぁ~と話しながら戦場に入ってみると足元にはカラフトマスの
残骸がっ!?産卵直前にやられたのか?お腹の卵が散乱してる上、まだ
襲われて時間がそんなに経って無い感じ!恐る恐る近くを照らしてみると濡れた
足跡があちこちに残っており、こりゃ、近くにクマが居るかも!?

おかげで一気に酔いも眠気も覚めました。(爆)


キャップライトで広範囲を照らしながらクマが居ないか?チェックするも
その気配は感じられずいつものよ~に攻撃準備 &整い次第即ファイヤ~となり
3日目の戦いの幕が切って落とされました。

最終日となる今日はわたくしめの飛行機が女満別空港から正午出発となって
いる為、レンタカーの返却時刻は午前11時。それまでに荷物を片付け、
クロネコセンターに行ってから空港のある大空町まで走らないといけないので
どれだけやれても午前8時までの勝負!1分1秒でも大切に使いたいところ。

そしてその想いがアキアジちゃんに通じたのか!?攻撃開始直後からすぐ
典型的な前アタリ ドスンと来るアタリが連発して、







80cmを筆頭にアキアジがほぼ入れ食い状態に ♪


辺りはまだ真っ暗な時間帯ではあるものの月明りが煌々と水面を照らして
おり、よ~く目を凝らしてみるとポチャ~ン、ポチャ~ンとアキアジが勢い
よく跳ねているのが見えます!

昨日まではガヤが非常にうるさく本命より先にエサをかすめ取られてしまう
ケースが多発してたのになぜか今朝はアタリが出れば高確率でアキアジ!
もしかすると相当食いが立っていてエサ取りのガヤより先にアタックしてきてる
って事も考えられますよね~。


よっしーも撃沈してはナイフでワイルドに締めて、スカリにほ~り込んだら即
打ち返しと慣れた手付きで一連の動作をこなしております。





初日はオスの割合が多く、2日目の昨日は大半がメス、、、そんでもって今朝は
またオスの割合が多いよ~に思えますしアキアジの群れって一体どんな感じで
構成されているのか?めちゃくちゃ気になりません?

またアタリをコンスタントに出させる為に同じタイプのルアーでも時々カラー
ローテーションをしてやることがアキアジ作戦においても結構重要、他の
トラウト作戦同様プラス要素として働く事が分かりました。たまたま写真では
ブルピン系にアタっているショットが多いものの、実際にはオレンジ、レッド他
幾つかのカラーを使い分けながらこの3日間戦ってきております。


こまめに写真を撮っている暇もなく次々とアタってくる魚を何事もなく無事
ランディングさせる事ができる時もあればリーリング途中に、または波打ち際で
不覚にもバラしてしまう事も起き、午前6時頃までは嬉しさと悔しさが
入り乱れる超~忙しい時間帯となりました。

食いが立ってるとはいえ全部の全部がガッツリ食ってくるのではなく、たまに
食いが浅い個体もいたり、また薄皮一枚に針掛かりしてたりとなかなか難しい
もの、、、早急に導入する針の形状を再考する必要があると感じました。







「知床半島」


突然背後からピィ~、ピィ~と聞き慣れない甲高い鳴き声がして、ドキッと
振り返ってみると離れた所でシカが一生懸命鳴いておりました。(爆)

ヒグマにキタキツネ、シカにシマフクロウなど見慣れた動物からレアな動物
まで何でも出て来る可能性を秘めた場所がゆえ例え鳴き声が全く違っても
必ず一瞬ドキッとしてしまいます!


午前7時を回り、タイムリミットはあと1時間ってとこでピタリとアタリが
止まってしまいマンダムタイム到来、、、と思いきや、今まで結構遠投した
遠めの位置でコンスタントにアタリが出てたのが手前に寄って来たよ~で
近~中投域でアタってくるよ~に ♪

このままでも大丈夫とは思いますが、リトリーブできる距離が短くなるのと
あくまでスローリトリーブにこだわりたいのでルアーのウエイトを10g
落として水面すぐ下をユラユラ漂うイメージで狙ってみると、









再び入れ食い状態になりましたぁ ♪


アキアジのアプローチって噛みついてくるだけでなくルアーを違和感?邪魔な物
と見なして尾っぽでバシッと叩く時もある事で有名!今朝も上の写真にあります
よ~に尾っぽ部近くにスレ掛かりして暴走しまくられて大変な場面もっ。(爆)

その姿からはまず想像できないよ~などこか可愛らしい微弱な前アタリから
始まり 一気に食い込み トルク感溢れるエキサイティングな抵抗を
堪能してるうちにあっという間に時間は過ぎ去り気付けば午前8時3分!?

3分も超過しちゃっており急いで終了となりましたっ。





釣果を並べてみると13匹も撃沈してましたわ~!


今朝の感じだともっと粘っていればもっと数を稼ぐ事ができたよ~に思えます
が、帰らないといけないので仕方ありません!まさに後ろ髪を引かれる思いで
戦場離脱するJCAでした、、、




使用タックル&仕掛け

■ ロッド: シマノ・カーディフ サーモンプレミアム 120H
■ リール: シマノ・'13ステラSW 5000PG
■ ライン: シマノ・ミッションコンプリート 2号
■ リーダー: サンライン・システムショックリーダーナイロン 35lb.
■ ルアー: リセント・ぐるぐるサーモン 35g / シルバーブルーピンク


「知床半島、熱いねぇ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR