FC2ブログ

フラッシュイエローの遠投用石鯛ライン


高知県からの帰り道はずっとマダイ師匠が運転して下さり午後13時過ぎには
わたくしめ宅に帰還&解散後、覚えてるうちに補充しておきたかった物があり
そのままいつもの釣具量販店へGO。ハマフエフキ作戦用の備品とゆ~ことで
石鯛コーナーを物色していると、、、あれっ!?こんな色のラインって今まで
あったっけ~?と気になったボビンがありました。

ラベル自体のデザインはいつも愛用している物とほぼ一緒なんですが、商品名に
遠投という文字が追加されているのと背景色がレッド調ではなくゴールデン
イエローといった感じで微妙に違うんですわ~。







モーリス「VARIVAS バーマックス石鯛遠投VA-G 22号」


その場で延々に立ち読み、、、じゃなく立ち見しててもなんですし、ちょ~ど
4個のみ在庫がありましたので全て買い物カゴにほ~り込んでお買い上げ~。

VARIVAS独自の高密度分子結合製法(VA-G)により、1ランク上の
強度を実現した石鯛用遠投ライン。更に遠投時の感度低下を軽減する為に
同号数の通常ナイロンラインに比べ約5%低伸度化し、これにより遠投釣りの
根掛かり時、止むを得ず糸を切らなければならないケースでの糸切りの
しやすさも兼備。ラインカラーには遠投時の軌道が分かりやすいフラッシュ
イエローを採用。強度・感度・視認性にこだわった石鯛用遠投ラインが、
新たな釣域へと誘います。

商品説明を読んでると超~いい感じじゃないですかぁ ♪


裏面のラベルに書かれてますが、号数設定は16、18、20、22号の4種類で
遠投モデルと謳ってるだけあってか?さすがに24号設定まで無いようですね。
まぁ、これらのどの号数でも全然大丈夫ですが、とりあえず中では最も太い
号数の22号をセレクトして参りましたよぉ。







そして、お店で何と言っても真っ先に目を引いたのはこの超~ビビッドな蛍光
イエロー、フラッシュイエローカラーで石鯛ラインでは今までありそ~で無い
非常に視認性の高く美しいカラー。

巻き癖を限りなく解消する平行巻きはもちろん、染色もただ単に従来の物の
色を変えただけ~って感じではなくそれ専用にしっかり、かつムラの無い
きめ細かな仕上がりになっております。これは実際に触ってみると一目瞭然!
派生バージョンとはいえ、やはりユーザーがすぐその違いを実感できてこそ
NEWモデルとも言えますよねっ。

いつの間にリリースされていたのだろう!?と早速メーカーのHPでチェック
してみると今年の5月9日に発売となってました ♪

でも、せっかく魅力的な物を見つけたのに、、、


今シーズンはまさに終了したばかりでもう使う機会が無いかも!?(爆)


ショッピングの後、帰宅してからはすぐ撃沈してきたばかりのハマフエフキと
アカハタを捌いてそれぞれディッシュ用にアレンジ。

どちらもお造りで頂く場合、最低一晩は寝かせた方がより旨味が増す事で
有名な魚ですからお造り分はサクにまでして冷蔵庫へ、、、そしてお昼を食べて
いなかったせいかちょこっと小腹が空いたので、ハマフエフキのサクの端っこ
部分を使って超~スピーディーレシピを、





ハマフエフキの即席漬け丼 ♪


時間が無い時、または今すぐに頂きたい時によくやるレシピなんですが、まず
卵の卵黄のみを1つボウルに入れて、そこへ醤油小さじ2、みりん小さじ1を
加えてよ~く混ぜ合わせるだけで準備完了!

あとはその中へ1人分の切り身を入れて混ぜ混ぜしながら全ての切り身にタレを
絡め、最後に冷蔵庫にて約10~15分寝かせてできあがり~。炊き立てのご飯
があれば言うまでもなく格別ですし、サトウのご飯みたく電子レンジでチンした
即席ご飯に乗せてもオッケー ♪


お手軽に作れちゃうのに本格的な漬け丼に近いお味を堪能できるのが魅力。





ごちそうさま~が済めば、今度は気合いを入れて出撃させたタックルから
磯クール他、全てを綺麗に洗わなければっ!




「ほんとに今季終了?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR