FC2ブログ

7月から延期続きだった作戦、 高知県・宿毛市 / 鵜来島


午後14時40分、渡船屋前に到着してみるとお局社長のおばあさんが
渡船の前でお待ちかねで、挨拶するや否や第一声から、


“風が強くなる予報だからココとココしか行けないけどどないする?”


ええっ!?じゃあ、ここやらあそこは?と入りたかった磯名を挙げてみると全て
風が当たるから無理と、、、最悪や~、前日の電話確認でも大丈夫そうか?
確認してたのに当日急にこんな展開になるとは、、、と全員で嘆いていると
他にも同じくタマミ狙いで大阪方面からいらっしゃってる4人組がいるらしく
JCAら5人がキャンセルするなら向こうも断らないといけなくなるかも
しれないし、、、みたく言われてしまうと、

こちらとしては答えは行きます!としか言えない状況やん。(爆)


そして超~偶然にもその4人組の方々は昨年もここでお会いした釣友御一行様
でした!1年ぶりにまた全く同じ日に会うなんて~とお互い大笑いしながら
磯については今ここで何を言っても埒が明かないので出船してから船頭さんに
交渉しようとなり、まずは荷物を積み込み午後15時過ぎ出船。







あれっ!よく見てみると見た事の無い船頭さんが舵を握っており、今までの
方は?と聞いてみるとどうやら最近辞められたらしく新人船長さんとのこと
、、、磯について交渉するも大丈夫とは思うけど社長が、、、社長が、、、と
結局はなってしまい最初に指定された2ヶ所のみとなってしまいました。

それでも1つの方はハマフエフキが濃い事でよく知られておりわたくしめも
過去に数回上がった事のあるエリア。が、しかしもう一方はこの手の作戦では
あまり聞かない?そこまで人気の無いエリアですが、JCAらSurFreyja
メンバー4人、“しゅうさん”“高ちゃん”“AKBさん”にゲスト参加の
“マダイ師匠”含めた5人はAKBさんが磯投げ自体ほぼお初だったのもあり
二手に分かれて一ヶ所の方は3人で上がれてやれそうな広さがある上、足場が
まだ安全な所希望となると後者のエリアとなってしまい同じ海域だしどこも
一緒だろうとそちらをチョイスすることに~。


うむむ、確かに広いものの磯自体が完全に斜めっておりフラットな部分が無い
磯、、、まずは段差を見つけて荷物が滑り落ちないよ~に固定してから
セッティング開始となりました。





「鵜来島」


海に向かって左端と右端のみ足下付近から落ち込んでおり中央一帯は
相当向こうまで浅瀬が張り出しててこのラインシステムじゃ魚を掛けても
まずその瀬に食われてしまい上げれないのは明白な状況、、、まだ低めかつ
足下から何も無く釣り易い左端に全てがお初のAKBさんに入ってもらい
マダイ師匠とわたくしめは右端でミックス。

どんな作業をするにあたっても常に足下が斜面なので暗くなっても行動範囲に
障害物が無いよ~にセッティングし午後18時過ぎ攻撃開始となりました。


仕掛けを投げ終えた後、急いで忘れていた蚊取り線香包囲陣を設営してると
ウツボにしてもやや乱暴な竿先を叩くアタリが数回、


ゴンゴン、、、ゴンゴン、ゴン!





32cm アカハタさんでした。(笑)


どうやらこの一帯はアカハタがかなり濃いみたくこの1匹を皮切りにマダイ師匠
がアカハタを3匹連発させたかと思うとAKBさんにも念願の磯魚第1号となる
アカハタがっ ♪ こやつは食べても超~美味しい高級魚ですから攻撃開始
早々からみなお土産確保で笑みがこぼれます。

この夕マズメのアカハタ時合いが終わると同時に日は暮れて真っ暗な夜に、、、
月は出てるはずなんですが分厚い雲に覆われてて見えず、その代わりに東の空で
何度も何度もほとばしっている稲光が不気味に一帯を明るくしております。


そして始まったウツボの嵐、、、


どこへ投げても即典型的なウツボのアタリが出て、すぐ上げても竿先が揺れる
のが止まるまで待って上げてもほぼ百発百中でウツボが掛かってきます!でも
今日はAKBさんが釣られたウツボは全部下さいとお願いされてたのもあり、
いつもなら撃沈 即ポイとなるはずが、撃沈 はい、ど~ぞ~ ♪
という流れに、、、これだと一晩でウツボだけでクーラーが満タンに!?(爆)

マダイ師匠からプレゼントされた極太ウツボをハンマーでバシバシ叩いて気絶
させてたAKBさんの背後で彼の竿が急に吹っ飛び、ようやく本命来襲か!?と
人生初のゴリ巻きファイトを見守っていると、





モンツキこと大型のクロホシフエダイ撃沈!

おめでとうございます ♪ と感動で手が震えているAKBさんをカシャっと
記念撮影し、本命と違えどいよいよウツボ以外の魚っ気が出てきたかなと
期待&新鮮なエサに交換して回遊を待ちます。


今回は毎年開催しているクラブのイベントでもあり対象魚はハマフエフキ!
一晩で釣ったハマフエフキの合計長寸で競うルールとなっている為、他の魚が
たくさん釣れても勝算は無いんですよね~、、、今のところ少し離れた位置で
戦っておられるしゅうさんと高ちゃんコンビの方もウツボの嵐オンリーみたい。

そ~いえば来る時に船頭さんが今シーズンは台風だらけで出船自体ができず
運航できた日数は例年の半分以下と言ってたのでウツボも抜かれずゴッソリ
そこらじゅうに居るんでしょうねぇ!?







おばあさん社長が言ってた15mを超える強風予報も気になるので定期的に
気象予報をチェックするも、依然変わらず明朝まで風速2m以下の予報&海は
ベタ凪でこれなら渡りたかった磯へ絶対行けたよね~とみな不満大放出
していると何の前触れも無しにわたくしめの竿が吹っ飛びました!?


バシュッ!


これは本命っぽい ♪ と喜ぶもすんなり寄ってくるんですよね~。





52cm ハマフエフキ撃沈。


やっぱりね~、、、そんなに大きくないサイズだったのでスピンパワーXXX
&ブルズアイXTのゴリ巻きの前、抵抗できずあっさり上がってきました。


気付けばもう日付も変わって午前1時半じゃないですかぁ!?


やっとこさ本命の回遊が始まった!と誰しもが次なる激震を待ちわびるも、、、
ど~やら単発だったみたく後に続かず竿先を揺らしてくるのはAKBさんゆきの
ウツボのみ。数えてませんがもう結構な数がクーラーには入ってるはず!


長過ぎるウツボ&マンダムタイムでついにAKBさんは力尽きて竿を1本上げた
ままでグッタリとアナザーワールドへ、、、マダイ師匠も器用に斜面の上で
クーラーをストッパー代わりにして爆睡しております。わたくしめも何度も
睡魔に襲われて落ちそうになるも腰掛けているクーラー自体がかなり
斜めっておりたえずどこかに力を入れて踏ん張ってないといけない状況で
少し寝たくてもなかなか寝付けません。

ど~もがいても寝れないので根性で立ち上がってひたすらウツボ退治をしてると
何回目かの打ち返し時に着底と共にひったくっていくよ~なアタリが出て、





もう1匹、36cm アカハタ追加。


午前4時を回るとあれだけうるさかったウツボすらアタらなくなりそのまま
フェードアウト。片付けないといけない時刻になっちゃいました。


お迎えが来てみなさんの釣果を伺うと岬を回り込んだ東面で戦ってらっしゃった
4人組のみなさんは渋いながらもハマフエフキの回遊あったみたく1匹ずつ
お持ちだったのに対し、こちらのサイドはわたくしめの1匹のみで他は全員
アカハタ他、お土産魚のみ、、、いや~、本当に渋い夜となりました。

帰りに船頭さんに昨夜は全く風も吹かなかったですよ~と話してると、やはり
そうでしたか、、、でも社長が、、、と同じ応答。まだ慣れない船頭さんみたく
他の渡船屋さんの船頭が先生役として便乗してましたし今後こちら方面に来る
際はよく考えて来ないといけないね~とみんなで話しながら帰還となりました。





これにて今年のハマフエフキ作戦は終了かな?


来年からは時期的にも他にやりたい作戦と被ったりしますから、それぞれを
よ~く吟味しながら優先順位を決めて計画を立てたい思います。




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425XXX
■ リール: シマノ・ブルズアイXT 遠投 9120
■ 道糸: モーリス・バリバス バーマックス石鯛VA-G 24号
■ 仕掛け: 捨てオモリ仕掛け
■ ハリス: サンライン・大物ハリス 40号
■ 針: がまかつ・タマンスペシャル 24号
■ エサ: ヒイカ


「船頭変わったんや」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR