FC2ブログ

カラフトマスのハラス焼き ♪


アキアジと比べると最大でも65cm前後までとやや小さめなトラウト、
カラフトマス、、、それゆえハラスこと腹の部分の身も薄く小さくはなります
が、脂と旨味の乗りは他のどこの部位よりもダントツ!なんせマグロで例えると
トロ、大トロに当たる部分ですからぜひとも味わいたいですよねっ。

スーパーなどで市販されているサケの切り身などは縦にスライスしているので
部分によってはハラスがどちらかのサイドに少し付いていたりしますけど、
せっかく魚が1匹丸ごとあるんですから北海道の居酒屋で見かけるよ~に、
贅沢にハラスだけを切り取って堪能しようと思い早速捌いてみました。





アキアジなら基本肉厚なので腹骨を削ぎ取ってもまだタップリ身の部分が残る
ものの、さすがにカラフトマスは薄く腹骨はそのままの状態で調理することに。

ど~せ焼きますから全く問題無いけど、興味本位でアニサキスが居ないか?
よ~く隅から隅までチェックしてみるも皆無 ♪ やはり撃沈直後にエラから
内臓まで全て取り除いてから配送しているので身に移動するリスクも最小限に
抑えられているんだと思います。サバ、ホッケなどと同様にトラウト&サーモン
もアニサキスがよく寄生している魚ですから釣り人としてはついつい
気になってしまいますよねっ。(笑)


シンプルに塩のみで味付けして頂く為、少し高級なお気に入り岩塩を振って
しばし冷蔵庫内で寝かせてからグリルへ。







加熱すると共に脂が浮き出てきて超~美味しそう ♪


薄い身になるのと脂をたくさん含んでますから焦げないよ~に十分注意しながら
時間を掛けて弱火でじっくり焼き上げるのがコツ。

とはいえ、他の部位よりは遥かに早く焼き上がりある意味ファーストフード!?
あはは、これがアキアジになるともっと時間が掛かるんでしょ~けど、それは
それで更に細長くスライスしたりと工夫すればいい事で後は目で見てちょ~ど
いい焼き具合になればできあがり~。


大根おろしも添えてちょっぴり醤油でも掛けて食べたらGOODかなぁ~?と
思ってましたが、塩だけで十分なお味に仕上がってました。





カラフトマスのハラス焼き ♪


以前の記事に同じタイトルでハラス焼きをアップしてましたけど、あの時は
腹周りを含めてスライスしたいわゆるサケの切り身状態で焼いてました。
しかし今回は本当にハラスのみ!これぞまさにハラス焼きでございます。

身全体に風味豊かな脂分が凝縮されててカラフトマスの他の部位では絶対
味わえない超~濃厚なテイスト ♪


1本、1本腹骨を取り除きながら食べるのではなく小骨は一切ありませんし
骨ごとパクリとかぶりついてス~ッ、ス~ッと口から出していく、、、骨付き
カルビ?いや、スイカを食べる時のよ~に?って感じかな。(爆)







お酒のアテとしても最高ですし、この濃厚テイストは非常にご飯が欲しくなる
のでガッツリ食べたい時にももってこい!ハラスは1匹から少ししか取れない
部位ですからこんなたくさん頂けちゃうなんてほんと贅沢ですよね。

次回にアップするハラスはアキアジになるかな?あっ、その為にはまず
アキアジを釣ってこないといけませんわ。(爆)




「脂でコッテリ ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR