FC2ブログ

セッパリが混じり始めた!? 北海道・斜里町 / 知床半島 (1日目)


掛けた瞬間に遠くでバシャバシャっと水面で暴れるのが見えて即バラシ、または
頑張って足下近くまで寄せるもあともうちょこっととゆ~ところでバラシ、、、
これらをバラシをど~すれば少なくできるか?

今、わたくしめの中にある重要な課題の1つでございます。


ちなみにいろいろ聞いたり調べてくうちに最初の重量が伝わってきてフッキング
した!と思った後すぐにバレるのはど~やら魚の口に針が掛かっているのでは
なくスプーンに噛みついて違和感を感じ即離すというスプーンで狙うトラウト
作戦でよく見られるバラシっぽく、これだけはどれだけエキスパートな方に
とってもある事で仕方ないらしい、、、でも、やっぱり悔しいですよねっ。

それならもう1つのランディング直前でバラシてしまう、、、ってゆ~のに
関しては、魚に過度の力が掛かってしまい口が柔らかいカラフトマスの場合は
裂けてしまってバラしている 対策としてショックを極限まで吸収し魚に
ダイレクト過ぎる負荷を与えないナイロンラインを用いて戦うのもありかも?
など考えたりしてましたが、すぐにランディングさせようとせずドラグを駆使
してタイミングを見計らってやればPEラインでももう少しバラす回数を
減らす事はできるんじゃないか?


とにかく今すぐにでも実践したくてたまらないJCA、


女満別空港でレンタカーを受け取り戦場に直行し、午後15時には戦場に
立ってモンスターリミテッドを継いでおりましたっ!(笑)





「知床半島」


どんな釣りをしても投げ釣り的観点で物を見てしまう為、こ~ゆ~時に三脚が
あったらめちゃくちゃ便利なんだけどなぁ、、、って思ってしまいます。

なら簡易三脚でも持ち込めばいいんじゃない?となるものの、正直場所に
よっては岩場をよじ登って進入しないといけない所もあったり、群れが移動
したらそれに合わせてランガンってゆ~時も多々あるので機動性を最優先
するとど~しても邪魔になってしまうんですよね~。


今日は前回同様、日暮れ時刻までの約3時間程度しか作戦ができないのもあり
1秒でも無駄にしたくないわたくしめ。いつもみたく嬉しそうに戦場の風景写真
をたくさん撮っている余裕もなくタックルを組んだら即スプーンをファイヤー。

ちょ~ど投げる直前にお隣でウキフカセ釣りをしていたおじいちゃんが1匹
掛けてましたから今、絶対近くに群れが居るはず!スローリトリーブしながら
水面に変化が無いか?じ~っと観察しつつキャストを繰り返してると、

攻撃開始から5投目くらいで、


ドスン!?


ジイイイ~~~ッ


アタってきましたぁ~ ♪





55cm カラフトマス撃沈。


最も神経を集中させないといけない波打ち際で案の定、最後の抵抗を見せて
横走りする魚を無理に静止しよ~とせずドラグで走らせながら、スピードを
緩めた所で一気に竿の反発力を使って頭をこちらへ向かせてランディング。

何とか頭の中でシミュレーションしていた感じにやりとりができたかな?


まだまだ経験が必要なので急いで打ち返し&同じ群れから似たよ~なサイズを
2匹追加した後、アタリが止まってしまいました。これらの2匹はどちらかと
言うとおとなしめで変に暴れる事もなくすんなり水揚げされてきたので
ラッキ~なのはラッキ~なんですが、課題に対する練習とゆ~点においては
あんまり?いやいや、毎回毎回暴走する魚ばかりだとかなり疲れますし、
第一に魚を釣る事が目的ですから容易にランディングできるのはありがたい
事でございますわ~。(爆)

マンダムタイムに突入してしばらく経った頃、いきなり後ろからお疲れ様
で~っす ♪ という超~元気な掛け声と共にお馴染み、こちら地元在住の
SurFreyja会員“よっしー”が登場!





出勤前に釣りをして、昼休みがある時はその数時間でも釣りに出て、その後
夜遅くまで仕事をした後、翌朝も早起きして朝マズメ目掛けて釣りと彼の体力と
釣りに対する情熱には毎回驚かされております!?

まさにクワトロ・バジーナ大尉風に言えば、これが若さか、、、


早速彼と並んでワイワイ盛り上がりながら攻撃続投していると、再び大きな
群れが回ってきたみたくよっしーにスレ掛かりが起き、続いてわたくしめの竿も
急にひん曲がりトラウト特有の強烈な締め込みとトルクで突進!


ジリリリリリ、グゥ~!


ガンガンガン!バシャバシャ







60cm カラフトマスから始まり3連発 ♪


今日は珍しくメスが多く混じっているよ~に思えますねぇ。また美味しい鱒子の
醤油漬けが食べれると思うと超~幸せっ。(笑)

シーズン終盤に近付いてくるとアキアジと一緒で遡上を控えブナになる個体が
目立ってくるらしいのですが、たまたまいい群れに当たったのか?ランディング
した途端銀色の細かいウロコがたくさん飛び散る銀ピカ個体も結構います。


カラフトマスは青マスやらセッパリマスと呼ばれたりしており、後者のセッパリ
というのはブナ掛かってくるとウロコはほとんど剥げ落ち、オスは顔がワニ
っぽく変わって背中部に大きなコブができる事から名付けられているそ~で
背中が変形した個体が増えてくるとシーズン終盤という兆候、、、

時期的にもそろそろ終盤なはずなのに今年は帰ってくる魚の量が多いのか?
まだいけそ~な感じがするねぇ~と話してた矢先に波打ち際近くに出た波紋を
叩いてたよっしーの竿に、





セ、セッパリ!?


あはは、見事にブナの特徴を全て網羅した魚が水揚げ~。(爆)

それでもこれはまだブナ初期のマシな方で更に時間が経つと背中部のカラーが
緑系から黄土色に変わって恐竜のよ~になるそ~な、、、ちなみにブナ掛かった
個体はアキアジと一緒であまり美味しくないらしく、撃沈したよっしーは汚い!
汚い!と連呼しながらわたくしめが写真を撮った後即リリースしておりました。


それを見ながら大笑いしていたJCAにもその時は訪れてしまい、


5分もしないうちに凄まじいトルクと共に大型なオスが来たと思えばよっしーが
撃沈したのと同じよ~なセッパリ様の洗礼!幸いまだ幾分銀色のウロコも残り
背中面もグリーン&コブも小さかった為、これなら味も変わらず食べれますよ~
とアドバイスをもらいキープしましたが、ど~やら確実にシーズン終盤に突入
しているよう。ちょこっと興味本位に黄土色の恐竜?ドラゴンみたいになった
個体も一度は釣ってみたいよ~な気もします、、、

ブナになるとなかなか口を使わないようになる傾向にあり、今日も最後の方は
ゴツン、ゴツンと突いてるよ~な感触はあるものの、バイトには至らず
日も傾いてきたので終了しよっか~となりました。







使用タックル&仕掛け

■ ロッド: シマノ・カーディフ モンスターリミテッド DP93ML
■ リール: シマノ・'18ステラ 3000MHG
■ ライン: シマノ・ピットブル12 1.2号
■ リーダー: サンライン・システムショックリーダーナイロン 25lb.
■ ルアー: アングラーズシステム・BUX 6.5g CPO(G)


「セッパリマス!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR