FC2ブログ

59、58cm カラフトマス含め4匹 ♪ 北海道・斜里町 / 知床半島 (2日目)





昨夜は“よっしー”とサクッと夕食に出て早めに就寝。

本当はアルコールありで乾杯~といきたかったものの、お互い仕事の疲れが
溜まっているのもありここで飲んでしまうと絶対朝起きれないだろうとなり
あえて我慢してノンアルコールで!その分、ご飯はしっかり食べようと
サクラマスの焼き魚定食を頼んで北海道の味を満喫しました ♪


同じ日本と言えども緯度的に午前3時半にもなれば薄明るくなってきますので
戦場までの移動時間も考えると起床は午前2時前、、、そんでもって日暮れ時刻
は関西と変わらず午後19時頃ですからほんと短い夜と言えますよね。

午前1時45分から5分おきに数回設定したアラームで何とか起床&超~
冷え込んだ車内を暖房で暖めながら出撃準備を整え待ち合わせ場所へGO!
すでによっしーは到着していたのにはビックリで、シーズン中は仕事があるにも
関わらず毎日このよ~な釣り三昧生活をしている彼に脱帽でございます。(爆)





一応、下弦の月なんですが、、、写真で撮るとど~もイマイチ分かり辛いです
ねっ。特に夜間の月明りのみで写すこ~いった撮影はコンパクトデジカメだと
なかなか上手く撮れません!だからといって一眼レフにしてしまうと嵩張るし
、、、薄型、防水、タッチパネル他いろいろ求めてしまうがゆえ未だにずっと
同じデジカメを使い続けているJCAです。


今朝も午前3時45分頃によっしーの開始~の号令と共に一斉放火となりますが
、珍しくよっしーにも全くアタリが無い激渋な環境下、10分もしないうちに
1匹掛けるもやりとり中にバラシ!更にもう1回アタリがあるもスレだった
みたく即行外れてアウト、、、めちゃくちゃ悔しい思いのまま朝マズメは
終わりを告げて魚の群れもどこかへ行ってしまいました、、、(泣)

今朝は群れは居るのに昨日より更に渋く、また食いも非常に浅いよ~で
常連さん含めほとんどがボウズのまま午前7時撤収。

わたくしめはよっしーが出勤した後も少し居残り特訓をしていたものの
ド干潮タイムと重なってしまい潮があり得ない程引いて魚の気配すら
感じれられなければ釣れそ~な雰囲気も無かったので早々にあきらめて
気分転換兼ねて少々遠いんですが、お気に入りの道の駅へ~ ♪





まずは併設している綺麗な日帰り温泉で汗を流してからレストランで地元の鶏
&野菜をふんだんに使った人気のスープカレーを頂いてマッタリ。

アキアジ・シーズンだと午前中のうちにそれなりの釣果に恵まれる事が多かった
為、ここからは買い物したり車内で仮眠したりと1日ダラダラ過ごす事ができる
んですが、今日は別でよっしーが午後14時頃から3時間もお昼休憩があるシフト
だったみたく朝のリベンジに行きませんか?とのお誘いを受けてたんです!

ですので、昼食後は即出発となり午前14時ジャストによっしーと合流&
再び戦場へ向かう事に。


戦場に到着するとやはり常連さんらも朝がおもいっきり渋かっただけに
何としても釣ろうと勢揃いしており平日の昼下がりとは思えないよ~な
混雑風景!?潮位もだいぶ上がってきて雰囲気的にはいい感じです。





「知床半島」


デイタイムはそれなりに気温も上昇しますのでこれで十分!とよっしーは
超~ラフな格好で釣りをしてますねぇ。ウェーダーも履かずにズボンの裾を
まくっただけ&クロックスで苔がたくさん付いたゴロタ場へ入っていく
のですから強者ですわ。(爆)

しかし、よっしーが再び仕事へ戻る午後17時までみっちり3時間頑張るも
誰1人釣果を出せないままタイムアップ!先に来られていた常連さんらは
今日は魚自体がほとんど居ないわ~と言いながら1時間程前に全員撤収されて
ますしよっしーが居なくなるとわたくしめ一人になってしまいました、、、


さてと、あとどれだけ粘るべきか?


暗くなってくるとこれまたヒグマがよく出没する時間帯に突入しますし、
やれてもあと1時程度かな?と思いながら頻繁に背後を警戒しながら
キャスト&リトリーブを繰り返し、たま~に息抜きがてらに岩に座り込んで
ぼ~~っと水面を眺めます。

2日目は見事にボウズ決定やなぁ~と思いつつお茶を飲んでると、ちょこっと
沖目にはなりますが一瞬ボワッと魚らしき黒い影が見えたよ~な!?







ここからだと届かないので急いで水の中へ入り、影が見えた周辺をじ~っと
観察してると水面にモヤモヤモヤ~っといわゆるモジリが出たんです!

すかさずその方向へ目掛けておもいっきり軽量スプーンをフルキャストして
スローリトリーブしてくると案の定魚の群れに当たったよ~でコツンコツンと
2回くらい魚が当たった?みたいな感覚が伝わってきた後に、


ガツン!!!


グイイイッ!


アタックしてきましたよぉ ♪





58cm カラフトマス撃沈!


午後17時40分、ようやく1匹目をランディングする事ができましたぁ。

管理釣り場でもよくあるパターンなんですけど、多くの釣り人によりずっと
掛かってたプレッシャーが人が少なくなる事により和らぎ再び魚の群れが
戻ってくる、、、もしかするとカラフトマスも同じパターンでプレッシャーが
掛かっていたのかもしれません。


影が見えたのは1匹では無かったので即同じ方向へ打ち返すと今度は何の前触れ
も無くドスン!と重量が加わったかと思えば一気にこちらへ向けて走り出した
のか?フワッと軽くなったよ~に思えるも高速リーリングをすると次第に重量感
が伝わってきて足下からあと5~10mの距離で強烈な横走り!


ジイイイ~~~ッ!!!


ここまで来るともう無我夢中で、下手に走らせるより少々強引なやり取りで
頭をこちらに向かせてランディング!





59cm カラフトマス撃沈 ♪


背中部が微妙に盛り上がり始めている立派なオスでもっと大きいかと思って
ましたが、スケールに置いてみると60cm未満、、、やはり最大でも65cm
までと言われているトラウトだけあって弩級サイズはそう簡単には出ませんね。


いつの間にか太陽も傾き始めてオレンジ色になりつつあったのでこの戦場に
おいてはマズメ時に絶大な実績を誇るカラーにスプーンチェンジするも反応が
無くなってしまいました、、、

変にアタってるカラーからチェンジしなかった方がいいのか?急にそう思い始め
数投した後、再度さっきまで投げていたゴールド調に赤&オレンジのヤマメ
カラーに戻してキャストしてみると即アタックしてきて、







50cm、45cm カラフトマス撃沈!?


こんなドラマのよ~な連発劇ってどんな釣りにおいても滅多に起きるよ~なもの
じゃありませんし、JCAもただただ唖然としてしまいました。

あとどれだけ魚が近くに居るのか分からないものの、最初のヒットから2匹目、
3匹目へと徐々に岸寄りしている事が窺えたので時間が許す限り重点的に攻めて
この夢のよ~なタイミングを無駄にしたくない!と頑張りましたが、さすがに
5匹目と言うのは贅沢な話だったのか先に太陽が水平線に沈んでしまい終了。

これ以上一人で戦い続けるのは危険ですのでねぇ!


2日目は粘り勝ちって結果になりましたっ。(笑)







使用タックル&仕掛け

■ ロッド: シマノ・カーディフ モンスターリミテッド DP93ML
■ リール: シマノ・'18ステラ 3000MHG
■ ライン: シマノ・ピットブル12 1.2号
■ リーダー: サンライン・システムショックリーダーナイロン 25lb.
■ ルアー: アングラーズシステム・BUX 5.1g PL(G)


「ドラマが起きたね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR