FC2ブログ

58、55、45cm カラフトマス撃沈! 北海道・斜里町 / 知床半島 (1日目)





灼熱の関西を離れ降り立ったそこは午後13時でも気温はなんと16℃ ♪


空港から外に出た瞬間、心地良いそよ風が吹いてきて半袖でいるとちょこっと
ヒンヤリする最高の環境!わたくしめの地元からだと普段は羽田空港か
新千歳空港を経由しないと辿り着けない女満別空港も毎年8月1日から
2ヵ月間だけ直行便が運航されてて超~便利。早速今年もこの便に乗って
「北海道」はオホーツク海を望む道東エリアまでやって参りましたっ。

現在日本の南海上には台風13号が発生しており、9日の朝には東京エリア、
そして翌10日には今わたくしめが居る道東エリアにも来襲する予報にある
ものの、今のところ帰還予定は9日の朝ですのでよほどスピードアップしない
限りおそらくお天気は穏やかなまま持ってくれそ~な感じ、、、今回の遠征は
タイミング的にも非常に恵まれてるよ~に思えます ♪


昨日は先に買い出しておきたい釣具アイテムがあったり、すでに送ってあった
荷物の整理他、結局移動と準備などで1日を費やした形となり、日付が変わって
午前2時半にSurFreyja“よっしー”と待ち合わせていざ戦場へ!





この日の為に買い揃えてあったタックル、カーディフ・モンスターリミテッド
DP93MLとNEWステラ3000MHGと共に寒い中、陣地を確保しつつ
夜明けをひたすら待ちます。

信じられないかもしれませんが、昨夜は日が暮れたと同時に気温は一気に10℃
近くまで下がり、車内でフリース&ブランケットまで被って更には暖房まで
一時付けたくらい!?真夏の8月とは思えない程の寒さになっております。


次第に明けてきた午前3時45分、攻撃開始!


1年ぶり、、、それも昨年から始めてこの作戦自体は2回しかできなかった
のもありど~やって狙うんだったっけ~?状態ですが、冬の間に管理釣り場に
通って特訓をしてきた感覚を思い出しつつスプーンを水面から約10~15cm
下というのを意識して一定速度でリトリーブ、、、

まだ微妙にキャップライトが無いと手元が見えない時間帯ですから当然ラインも
常に目視できず、手に伝わってくる水の抵抗を受けてブルブル動くスプーンの
感覚だけを頼りにキャストし続けていると突然、


ガクン!?


ジイイイ~ッ


何かに体当たりされたかのよ~な重量と共に竿がグンニャリ曲がります!





55cm カラフトマス撃沈。


今シーズン初ゲットでございます ♪

カラフトマスってこんな銀ピカだったかなぁ!?と驚いてしまうくらいギラギラ
シルバーに輝く個体は足元で暴れてウロコがボロボロ剥がれ落ちています。
春に撃沈したサクラマスみたいなイメージ ♪

よっしーに聞けば、シーズン初期の個体はどれも銀ピカで時間の経過と共に
遡上を控え何度も河口付近を行ったり来たりしていくうちにウロコは剥がれて
背中の部分が緑?薄い抹茶色っぽくなってくるとのこと。更にオスは背中に
デカいコブができてセッパリマスと呼ばれる典型的なフォルムになるそ~な。

ちなみにFISH DINNER的観点から見れば、まさに今の接岸したての
銀ピカな個体が脂がたくさん乗って非常に美味らしく、お味に関しても
時間の経過と共に落ちていくよう。


やっと数匹定置網に入ったという情報から始まり、実際によっしーがルアーで
毎朝出勤前に接岸状況をチェック 釣果が出た!という合図と共にやって
来てますので間違いなく今が最も綺麗な個体が多いはず!


また、よほど大量に群れが居ない限り朝マズメの短時間のみ食いが立つパターン
みたいですので撃沈後スケールと並べて写真を撮ってる暇など無く即打ち返し。

着水直前にベールを戻して糸フケを最小限に抑えながらスルスルスル~と
スローリトリーブ、、、まもなく回収って距離でいきなり、


グイイイッ!?


強烈な締め込み!





45cm カラフトマス


これくらいがアベレージサイズでしょうか?群れによってやや大きめな個体も
混じってはいるものの基本トラウト類の中では小ぶり、そこまで大きくならない
種がカラフトマス。当然、サイズによって引きの強さが異なってはきますが、
今戦っているゴロタメインの戦場の場合掛ける位置によってもやりとりの
難しさが大きく異なってきます。

特に波打ち際近くだと水深が全くありませんのでフッキングと共に魚は横走りを
する事が多く、大小様々なゴロタの間を縫うようにして暴走する為、不意に
ラインが岩で擦れる恐れもあれば逆にあまり強引にやりとりしてしまうと口が
柔らかいカラフトマスはすぐに口が切れて外れてしまう、、、正直難しいです!


なのでタックルチョイスが一概に反発力が強い硬いものが良いとも言えなければ
、逆に柔らか過ぎるのもトルクが半端じゃないのでのされ続けてしまい微妙
、、、ちょ~ど中間点をチョイスし後は人間側のやりとり技術でカバーする
、、、よっしーからそうアドバイスをもらうも、

なかなか実践するには経験が必要ですねっ。(笑)





「知床半島」


さすが世界遺産登録地だけあっていつ来ても壮大な景色が広がっております。

結局朝マズメは2匹撃沈し、もう1匹掛けるも波打ち際のやりとりでバラして
しまいました、、、毎年カラフトマス~アキアジシーズンまでの数ヵ月間、
キャンピングカーなどで来られ住み込んでやっておられる常連さんらも
今朝はバラシ続発で食いが浅いとのことでした。


彼は大体朝マズメの数時間だけ戦って一旦基地へ戻られまたお昼前に2回戦で
やって来られるみたく午前7時までにほとんどが撤収されてゆきました。
そしてよっしーも出勤しないといけないのでそれから30分後くらいに撤収
、、、JCAはもう少しだけ居残り特訓でございます!(爆)


なんせ1年ぶりのカラフトマス作戦な上、まだまだ感覚が思い出せない?って
ゆ~より掴めないのでひたすら打ち返してキャスト~リトリーブ~回収に至る
までの一連の操作をもっとスムーズにかつ思い通りにできるよう特訓が必要。

午前8時半を回るとわたくしめ以外誰も居なくなりどこへでも投げ放題の環境
にはなるものの、同時にクマが出ないか心配になってきます!?ここらは
鳥獣保護区に指定されているので普通に野生のヒグマが出没するんです。







と言いながらも太陽も昇って気温も暖かくなり超~気持ちいいので岩に
腰掛けての~んびりリラックスモード ♪

着込んでた厚手のウェアを脱いで半袖Tシャツ&モスシールドのスパッタ
メッシュジャケットのスタイルでちょ~どいいくらいの気温。18℃前後
でしょうか?わたくしめの地元、関西圏では今日も朝から余裕で30℃超え
みたいでまさにここは天国と言えますわ~!


ただ、、、アタリも完全に遠退いてしまい跳ねやモジリといった群れが居て
そ~な兆候すら見られませんねぇ。特訓をしたくても魚自体が近くにおらず、
ましてやフッキングができなければやりとりに慣れる事もできません。

最後にバラした1匹はあと数メートルでランディングってとこでしたし悔しくて
たまらないので、とりあえず今日の目標としてはあと1匹キープできたら
終了にしよ~と決めて頑張りましょう!





再び気合いを入れて攻撃開始。


同じ場所でず~っと打ち返しててもその先に魚が居ないと絶対釣れませんので
偏光サングラスをかけて水面の変化を見つつランガン。ほぼベタ凪に近い
コンディションですから何か変化があれば慣れないJCAでも察知できるはず?

1時間程ランガンしていると突如目の前に波紋が幾つか出ているのに気付き
すかさずその少し向こうへキャスト&スプーンをユラユラさせながら表層を
引いてくると、ガツン!とアタックしてきたと思えば、


バシャバシャッ!


魚が跳ねてその後ドラグが急回転!?


竿の反発力を生かしつつ、ある一定以上の重みが掛かるとドラグによりライン
が出てゆきを数回繰り返しながら魚に負荷が掛かり過ぎないよ~にして
慎重にやりとり ランディング成功!





今日最大の58cm カラフトマス撃沈 ♪


おもいっきりメタボな美味しそうな個体じゃないですかぁ!

足で魚を抑えながらナイフで締めている間もあちこちに銀色の細かいウロコが
飛び散ってほんとサクラマスを思い出します。


確実にあの波紋は1匹ではなかったのでまだ何匹か近くに泳いでいるはずと
即打ち返して探っているとすぐアタックしてくるも一瞬重みが伝わった直後
バラシ、、、食いが浅いとゆ~事であきらめるべきなのか?それとも単に
フッキングまでさせれないわたくしめの腕が悪すぎるのか?あはは、自分自身
では後者のよ~にも思えますがその後はどこへ投げても反応が消えてしまった
ので午前10時潔く初日は終了。

戦い方自体、まだ試行錯誤中ながらも今日の戦いからJCAが今使っている
タックルに合ったドラグ設定は少し分かったよ~な気がしますから明日は
それを実践しつつ少しずつスキルアップできればなぁ~と考えております。





これから斜里町中心部にあるクロネコセンターまで走って新鮮な魚を自宅へ
発送してからお風呂 昼食 寝不足なので仮眠をして夕方よっしーと
待ち合わせて飲みに行く予定でございます ♪




使用タックル&仕掛け

■ ロッド: シマノ・カーディフ モンスターリミテッド DP93ML
■ リール: シマノ・'18ステラ 3000MHG
■ ライン: シマノ・ピットブル12 1.2号
■ リーダー: サンライン・システムショックリーダーナイロン 25lb.
■ ルアー: アングラーズシステム・BUX 6.5g CZ(G)


「カラフトマスや!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR