FC2ブログ

PROX「タモホルダーV3 アジャスタブル」


ランディングシャフトにフレックスアーム、ウルトラフレーム極、60cmラバー
コーティングネットの4点が揃った今、ランガンスタイルがメインとなる
ルアーフィッシングにおいてもいつでも磯場や波止から魚を掬う事ができる
体制となり後は出撃を待つだけ ♪


ではあるものの、


できればもう1つ揃えておきたいアイテムがあり、ネットで各メーカーから発売
されている幾つかの商品を比較 最終的に機能&デザインのいずれの面に
おいても良さげに思えた物をポチっと!

ルアーフィッシング用品は投げ釣りとは違い、どれもよく売れるのか?どこも
在庫をしっかり持っているよ~で即行送られてきましたよぉ。







PROX「タモホルダーV3 アジャスタブル」


特にランガンスタイルのルアーマンにとっては必需品とも言えるのがこのタモ
ホルダーで、簡単に言えばランディングシャフトにこのホルダーを装着させて
フック部をベルトや他、様々な部分に引っ掛けて形態できるというアイテム。

ルアーフィッシングを真剣に始めるまでは、隣にやって来てルアーを投げている
身軽なお兄ちゃんを見ながらあの短いタモはど~やって引っ掛けてるんだろう?
と思ったりしてましたがよ~やくその謎が解けました!(爆)


取り付けに関しても中央部でパカっと2つに分かれる仕組みになってるホルダー
を付属のビスとレンチを使ってランディングシャフトごとサンドイッチ固定
する超~シンプル設計。









遠目ではブラックに見えますが、光の下でよ~く見るとほらっ ♪


カラーは5種類リリースされており、JCAがゲットしたカーボンブラックは
他のカラーより500円お高いものの落ち着いた高級感がある事でルアーマン
の間で最も人気モデルの1つのよう。

確かにカーボン質感が溢れるカラーリングでブラックが基調のわたくしめの
OCEA・ランディングシャフトともベストマッチしそう ♪ ってゆ~か、
基本こ~いったカーボン調のはどんな物にもフィットしてくれますよねっ。


早速、ランディングシャフトに取り付けてみましょう。







以前のモデルから進化してアジャスタブル機構(フックハンガーの角度及び長さ
調整)採用で、ホルダーのみならずタテ置きステーや手玉などに変化させる
事も可能でユーザーの一番ベストなポジションでのセッティングに
バリエーションが持てるようになったみたい。

玉の柄を浮かせた状態で置くとランディングシャフトが若干浮いた状態になり、
素早いランディングが可能な上、玉の柄も傷付きにくいと!

これはまさに、


“タモホルダーレボリューション!”


と、メーカーのHPに書かれておりました。(爆)




「レボリューション!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR