FC2ブログ

60cm枠のラバーコーティングネット


やりかけているうちに一気に最後までやっておかないと、JCAの事ですから
絶対いつの間にか忘れてしまいギリギリになって慌てるパターンなので
早速いつもの釣具量販店に行って選んで参りました。


選ぶって何を?


ですよね~。





タカ産業「ラバーコーティングネット替網 60cm」


そうですよ!最近ちょこちょこアップしてきてるルアーフィッシング用の
ランディングネットのまさにネット部でございます。(笑)


前の記事で書いてましたよ~にフレームと一緒のメーカー、昌栄からリリース
されている替網は60cm枠からはテグス16号で作られておりかなりゴワゴワ
して嵩張るんです。今回の場合はランガンする事も想定しておかないといけない
為、嵩張る物はまず避けたい、、、そんな希望から店頭で幾つかのネットを
実際に質感など見比べて考えようと。

ヒント?とゆ~か、選考サンプルになってくれたのが普段エリアトラウトで
使っているランディングネットで、あれみたくネット自体がとてもソフトな
触り心地でかつ丸洗いできて水切れも非常に良い ♪ 似たよ~な感じの
ネットがあればいいなぁ~と思っていると、

あはは、即行種類ほど発見致しました。







フレームが60cm枠ですのでそれに対応する60cmのネットとなるとこの
タカ産業の物と、もう1つベルモントからリリースされている2つとなり、
いずれもソフトな軽量ラバーやPVCといったテグスではない素材を使った物。

これらが異なっている点はタカ産業のネットは目が細かく深さは45cm、これに
対してベルモントの方は目が大きく深さはなんと70cm!?同じ径60cmでも
深さがこれだけ違うと全く別物と言ってもいいくらいの差があります。

ど~考えてもわたくしめにとっては深さ45cmがほぼ一般的なサイズで、
70cmとなるとそれこそメーターオーバーのカジキやオオニベ捕獲用!?と
思っちゃうので迷わずタカ産業のネットをチョイスしました。(笑)


ラバーコーティングが施されたネットは魚を傷付けず、また耐久性と搬用性に
優れた軽量すり鉢形状が特徴!


早速、ウルトラフレーム極に取り付けてみましょう ♪







ご覧のよ~に十分に余裕を持ってフレームが通る部分が作られているので
ス~イスイっとセットする事ができ、サイズもウルトラフレームにジャスト
フィット ♪ ほら、たまにメーカーによって同じ60cm枠用でもやたら
余ったり、逆にカツカツフィット、、、みたいな時もありますからねぇ。

そして何よりもお気に入りな点はナイロンテグス製と異なりゴワゴワ膨らまない
事で、常にダラ~ンとしてて持ち運び時にもコンパクト感があります。


ブラックが基調のランディングシャフトにフレックスアームとフレームの
金属パーツ類だけゴールド、そしてネットには再びブラックが来る事で
かなり大人っぽい?シックなイメージに仕上がりましたぁ。





むむむ、これで全てが揃ったよ~に思えるも、


何かが足りないよ~な、、、




「あっ、分かった!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR