FC2ブログ

ホウボウのお造り ♪


黄緑色に水色の斑点が散りばめられた羽根のよ~な大きなヒレが特徴の
ホウボウ、いつもその美しさには一瞬見惚れてしまうものです。

基本は水深がタップリある深場で頻繁に顔を見せてくれる魚ではあるものの、
時に浅場へも入ってくるみたく今回のマゴチ作戦でも40cmを超える大型が
塩イワシを丸呑みしてきましたっ!





海底にへばり付くよ~にして生活している魚がゆえ他のフラット系の魚と同様、
スカリにほ~り込んでいたらずっと元気に?と思って針を外したら即スカリに
投入するも、デリケートなのか?環境に対応できず結構早いうちから
グロッキーに、、、なかなか難しいものです。

あっ、全然関係ありませんけど、フロートを4個から8個仕様にしたスカリ
、、、マゴチ2匹にヒラメ、ホウボウを入れても全く沈む事なく強い浮力を
維持して浮いておりましたよぉ ♪


ホウボウってこれまで狙って撃沈、、、とゆ~よりたまたま外道として掛かって
きた事ばかりで、チビちゃんが多いのもありほとんどがリリース。過去に
ちょこっと大きめな個体が釣れた時に持ち帰り、焼き魚やお吸い物の具材として
入れてみた事はあるものの、お造りは一度も試した事が無かったので
超~ワクワクしながら調理開始!





見た目だけでは頭周りは甲羅の如く硬く、ヒレ以外に足まであったりで
捌くのが難しい魚?ってなイメージがありましたけど全然!マゴチを捌く
感じで解体して後はちゃちゃっと三枚おろしでございます。

これまたマゴチに似て胴体部が平面が少なく、大きなカーブを描く曲線主体
だった為、皮引きもやり辛いんだろうなぁ~って思い込んでましたが実際に
やってみると簡単に綺麗に引けてビックリ、、、ってゆ~か、後で調べてみて
分かったんですけどこのホウボウってコチ科の魚なんですね~っ。
どうりでいろんな部分でマゴチに被るわけですわ。(笑)


早速盛り付けて頂いてみましょう!





ホウボウのお造り ♪


産卵期が3~5月らしくそれに備え栄養を取りまくっている冬がこの魚の旬の
よ~ですので夏の今は時期外れ!?あはは、だけど冬に運良くこんなサイズが
釣れてくれたらいいものの、そう思うよ~にはいきませんから気にせず
頂きま~っす。同じコチ科でもマゴチとは全く異なる身の印象!

んっ、でも、写真だけじゃマゴチの身に似てるとも言える?個人的には
サバなど青物系に少し似ているとも思えたんですけどねっ。


お造りで食べるってのは比較的新しい発想みたく、特にアラの部分からいい出汁
が出るので昔から煮物や汁物にされるのが定番として親しまれてきているよう。









皮を引いた後のこのシルバーのギラつき感、やっぱ青物系に似てますよね。
皮は非常にしっかりしているのに対し身は柔らかくアンバランス、、、
何とも不思議な魚です。(笑)


醤油、ポン酢と両方で頂いてみましたが、ホウボウはオーソドックスなワサビ
醤油の方が合ってるように思えました。

お味はマゴチとは全く異なりハッキリした独特のクセ?もちろん悪い意味のクセ
ではなく、ほのかな甘さに加え噛めば噛むほど濃厚とも言えるまろやかさ、、、
高級白身魚として扱われる意味が分かるよ~な気がします。

でもやっぱ、お味も白身魚ではあまり無い微妙な魚の香りが漂うところなど
どこか青物系に似てますわ~ ♪

しめ鯖みたいにアレンジすると超~美味しいかも。





産卵後の今でも脂がかなり乗って濃厚テイストでしたので、これが旬の冬に
なるとどんな感じになるんだろう?ってめちゃくちゃ興味津々になっちゃった
JCA、もしその時期に撃沈する機会に恵まれたら必ずまたお造りで
試してみたいと思います。




「狙って釣れれば」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR