絶品の一言 ♪ ヒラメの活き造り





前回のマゴチ同様、活かしバッカンに入れて持ち帰ってきた元気なヒラメは
まな板上でバタバタ暴れて仕方がないので神経締めをして動きを止めてから
素早くおろす作業に。

ネットで魚の活き造りという定義を検索してみると、まず客が食べたいものを
注文したのち、生簀から釣り上げ活け締めはやらずに手早くおろす。暴れると
旨味成分が減るため包丁の背で魚の頭を叩いて失神状態にした後、目を布巾など
で覆って暴れないようにする。うろこは取らない。そうしたのち、内臓を
傷つけないように気を付けながら包丁を入れる。

と書かれており、その全ての工程を経た物だけが活き造りとなるのであれば
確実にこのヒラメは単なるお造りになっちゃうんですが、とりあえず捌く直前
まで生きてた魚ですから鮮度は抜群かと ♪


神経締めをした後、ヌメリで滑るのが気になるので軽く大雑把にウロコを取って
から包丁を入れて五枚おろしに。エラや内臓は定義にある通りそのまま
傷付けないよ~に捌きましたっ。





ヒラメの活き造り ♪


ほんとはお皿までこだわりたかったものの、残念ながら思ってる色の大皿が
無かった為、今回は自宅にあった物に盛り付け~。どんなささいな事でも
こだわりだすと気になってしまう性格ですのである程度って所で置いて
おかないとねっ、、、と言いながらすでにポチっとしちゃってたりして!(爆)


お腹が真っ白の天然ヒラメでサクをスライスする際にちょこっと味見~と
つまんでみましたが、やっぱヒラメは格別ですよね!おそらく誰もが美味しいと
表現できるしっかりとした甘み溢れる特有のお味を持っております。

1匹丸々お造りメインで食べるつもりでしたから普段よりやや分厚め?に
スライスしながら盛り付けてゆきましたっ。









最も甘味が強いエンガワも見るからに弾力アリアリ&頬張ると口の中で溶けて
ゆくかの如くまろやかで改めて贅沢な魚だなぁ~って思っちゃいます。

せっかくボリュームがありますからワサビ醤油のみならず当然、ポン酢に薬味
&もみじおろしなども用意して様々なアクセントを楽しみながら頂かないと
損ですよねっ!カワハギなど淡泊 非常にフラットテイストな魚を頂く際に
登場する事が多いもみじおろしですが、個人的に独特なピリ辛アクセントが
大好きなので結構いろんなお造りに使っていますよ~。


ワサビ醤油と交互に付けて堪能していると飽きが来ず、美味し過ぎるヒラメの
身は果てしなく食べられちゃう、、、そんな気分になります。(笑)

顔をアップで見てみるとめちゃくちゃ獰猛な印象があるんですけどね~っ。







撃沈してきたフィッシュイーターをフィッシュイーターの人間が食べる、、、
想像するとちょこっと複雑な気持ちになるものの、ここまで新鮮なヒラメは
魚を活かす水槽のある料亭など限られた場所に行かない限りなかなか
堪能できませんからやめられませんわ~ ♪




「贅沢やねぇ~ ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR