FC2ブログ

78、76、73cm ハマフエフキ撃沈! 高知県・大月町 / 柏島


わたくしめの仕事の関係もあり、午前10時過ぎにようやくフリーに → それに
合わせて自宅まで来て頂いた“マダイ師匠”と即渡船乗り場まで向かうとゆ~
超強行スケジュールの今回、、、、やはり距離がおもいっきりあるので
現地到着は午後17時前になってしまいましたっ。

まっ、あらかじめ船頭さんに電話してこれくらいの時間になるけど大丈夫?と
了解を得た上でしたから気分的に楽だったものの、いつ来てもここは遠いですわ
、、、同じくらいの距離&時間が掛かる宇和海方面の方がまだ楽かも?なんせ
下道に降りずほぼ終点まで高速で行けるよ~になったのでねぇ。


戦場上陸後、直ちに攻撃準備に入り、完了したらマダイ師匠は持参された新鮮な
イカを短冊に~&そしてJCAは陣地周りを蚊取り線香包囲陣でシールドして
午後18時半、攻撃開始となりました。







「柏島」


できれば夜間はまだ涼しかった6月半ばまでに訪れたかったのですが、
台風などのイレギュラー続きで結局月末に、、、


天気予報をチェックしながら今夜は絶対蒸し暑いなぁ~と思いつつも、ここまで
来たからには攻めのスタイルで戦わないと!と自分自身に言い聞かせて
クーラー内でいい具合に半解凍になってたヒイカをファイヤ~していきます。

6月に入ってからはヒイカの水揚げを気にして時々毎年取り扱いのある鮮魚店
などを見てきてはおりますが、今年は全然で一度だけ近くのイオンモールの
鮮魚コーナーで発見するもど~見ても鮮度が悪い個体ばかりだったので断念
、、、そんなわけで昨年にまとめ買いして小分けに真空パック冷凍してた物
オンリーで今回は戦おうと考えております。


真っ暗になってすぐマダイ師匠の竿に2回荒っぽいアタリが連発するもいずれも
エサを咥えて走り その後離してしまったのか?針掛かりせず、、、JCAの
方はずっと静まり返っております。やっぱ鮮度のいいイカの短冊も持参すべき
だったかも?と後悔しても手遅れ、、、それに残念ながら今回は買い出しに行く
時間すら無かったのでしゃ~ないですわ。

沈黙の時間はマダイ師匠と雑談しながら過ごし、そ~いえば今日はまだウツボを
1匹も見てませんよね~と話してた午後20時過ぎ、ようやくマダイ師匠に
63cmの本命が来てタモ入れ、

こちら側にも群れが回って来てくれる事を祈っていると、


ガシャ~~~ン!!!


いきなりスピンパワーXXXが一脚上でシーソー状態になりましたぁ!







78cm ハマフエフキ現る!


半端じゃないパワーで何度も締め込んでたので間違いなく80cmは超えている
だろうと超~期待してましたが、2cm足りず、、、抱卵してお腹がパンパンな
分厚い個体だったのでおもいっきり重量感があったんでしょうねぇ。それでも
1匹目から満足のいくサイズです!

時間を空けず立て続けにアタってきた事からおそらく一緒の群れで行動していた
個体かな?いや、これくらいのサイズになると単独で捕食活動に出ている個体
の方が多いし、、、と時間と潮の動きを照らし合わせながら忘れないうちに
データーチェック。こまめに記録してると今後役立ちますのでねぇ。


ランディング後は観念したのか?おとなしくなった魚の傍にスケールを置いて
写真を撮り、さっさと血抜きをしておこうとナイフを取ろうとした瞬間、真横に
あったもう1本の竿尻が浮いた!

と思えば同時に、


ジャリ~~~ン!!!


尻手ロープにセットしてある鈴が痛々しい悲鳴を上げましたっ!







キタ~~~ ♪

76cm ハマフエフキ撃沈!


今度こそ80cmオーバーと信じて格闘するも、あははさっきのから2cm
サイズアップではなく2cmサイズダウンしちゃいました。(爆)


マダイ師匠の63cmから始まり、ほぼ同時多発テロと言ってもおかしくない
インターバルで合計3匹!確実にアベレージサイズの大きい群れが回って
きていたに違いありません。

まだまだアタリが続く可能性もあるので何よりも先に打ち返しを優先し、即
新しいハリスに交換&アタリが出た付近目掛けて仕掛けを投入と2人共
集中モード。この辺はまさに機械の如く呼吸が揃っててちょこっとおかしく
なっちゃいましたっ ♪ なんせ、わたくしめが大物投げ釣りにハマってすぐ
マダイ師匠と出会いマダイ作戦のいろはは彼から叩き込まれたよ~なもの
ですから今もなお無意識に一緒の動きをしちゃってます。(笑)

しかし、あれだけヒートアップしてた緊張の時間はこれっきり止まってしまい
再び沈黙、、、定期的に欠かす事なくエサのチェックもするも小魚に齧られた
のか?イカの足の部分だけボロボロになっているかそのまんま、、、


でもまぁ、早い時間帯で本命を撃沈する事ができてますから心に少し余裕は
できました ♪ 相当数のビールを飲み干されてるマダイ師匠の横でわたくしめ
、ひたすらスパークリングウォーター。なんせアルコール分を体内に摂取して
しまうと大嫌いな蚊が寄って来やすくなりますのでね。(笑)







2時間が経過しても反応無し、、、


更に1時間、2時間、、、とみるみる時間だけが過ぎてゆき日付が変わって
午前1時台に突入。ちょこっと前からマダイ師匠は磯の上に寝転がって寝息を
立てられておりますしさすがにわたくしめも睡魔に襲われてきました。

あっ、それでもちゃんとエサ交換だけは時間でローテーションを組んで
おこなってきておりますよん!


午前2時半を回り起きてこられたマダイ師匠ともう今夜はこれでおしまいかも?
な~んて言いながら次の遠征予定について話していると何度か竿先にカンカン
とアタリらしき反応が出てる旨、竿の傍に行かれたマダイ師匠、、、その次の
瞬間、けたたましく竿が吹っ飛び、





ファイティング開始!


デカいですかぁ!?というわたくしめの問いかけに、まあまあありそ~やけど
タモ要らんわ~、、、そうこう言ってるうちに上がってきたのは良型のフエダイ
でした。外道とはいえウツボよりよっぽどマシやわとクーラーに入れられると、
またマダイ師匠の竿にアタリが出て似たよ~なサイズのフエダイ、、、
フエダイの群れが回ってきたんでしょうか?

前半戦のパターンだと続いてわたくしめの方にアタリが出て、、、密かにお土産
フエダイのアタリを期待するも、あはは、さすがに今回はこちら側のエサには
見向きもしてくれませんでした。(爆)


30分くらい経った頃でしょうか?JCAの両方のスピンパワーの竿先にさっきの
カンカンという感じではないフ~ワフ~ワ、コンコンコン、、、ってなどこかで
見た覚えのあるアタリが同時に、、、

うわっ、めっちゃ嫌な予感!上げたくないなぁ~。







いつまで経ってもゴソゴソやってるのが止まないので覚悟を決めて2本共上げて
みると最初の竿には案の定ウツボ、、、

が、しかし!もう1本には56cm ハマフエフキが付いてました!?まさかの
居食い、、、最初からデカいサイズが飛び出してたのもあってか?56cmが
やけに小さく見えてしまいます。


ウツボがついに登場したって事は他の竿にもアタリが出だすかもしれません
から、よ~く竿先の動きをチェックしながらあと2時間戦わないといけません。

過去のここでの戦いを思い返してみると、日が暮れ前後から日付が変わる頃
までの前半戦で大体結果が出ているよ~な傾向がある為、おそらく今夜はもう
ドラマは起きないだろうと予想&また眠気も限度に来てたのも重なり少々気を
抜き気味で戦ってた午前4時13分、、、ちょ~どスマホで時間を確認した直後
だったので正確な時間を覚えてました。

何の前触れも無く急に左側のスピンパワーが吹っ飛んで、


ジャリ~~~ン!


静寂を切り裂く音ってまさにこの事を言うんでしょうねぇ。





73cm ハマフエフキ撃沈 ♪


完全に大型個体の来襲はあきらめていた中のアタリにビックリしました。

う~~~ん、やっぱり最後の最後まで気は抜けないわ~と改めて思いつつ、
時間的にもこれがラストキャストと打ち返しますが、こやつは単発だったみたく
後は反応無いまま午前4時半に、、、


片付けたりする時間を考えるとこの時間がデッドラインとなり終了。


今年のハマフエフキ作戦はかなり出遅れた感がありましたが、何とか初戦から
満足できる釣果が出てくれてホッとしました ♪







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425XXX
■ リール: シマノ・ブルズアイXT 遠投 9120
■ 道糸: モーリス・バリバス バーマックス石鯛VA-G 24号
■ 仕掛け: 捨てオモリ仕掛け
■ ハリス: サンライン・大物ハリス 40号
■ 針: がまかつ・タマンスペシャル 24号
■ エサ: ヒイカ


「熱い夜、、、」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR