FC2ブログ

62、46cm サクラマス撃沈 ♪ 北海道・稚内市 / 日本海 (2日目)


ノシャップ岬から海岸線を少し南へ行った所にある日帰り温泉施設は非常に綺麗
で周辺のイメージからは想像できない程遅くまで多くのお客さんで賑わって
ました。なんせ道中いきなり人間よりデカい野生のシカが悠々と道路を横切って
いくのが3回も!?正直驚きましたわ~。(爆)

今時期の北海道は日暮れも本州と同じくらいまで日が長いのに夜明けは午前4時
前とめちゃくちゃ早く、夜明け30分前までには戦場に入っておきたいと思うと
起床は午前2時過ぎになってきますから初日の夜は久しぶりに車中泊。





念の為に昨夜のうちにコンビニで朝からお昼までの食料を調達しておき、
起床と同時に戦場へ!そ~いえば稚内市ってコンビニはセイコーマートしか
無いんでしょうかねぇ?他のコンビニは一切見なかったよ~な、、、

日付が変わった頃から小雨が降り始めて攻撃開始後しばらくパラパラ降って
ましたが、夜明けと共に止んだので特に海のコンディションに影響は無さそう
かな?昨日下見した時に数人のルアーマンが固まってた一級ポイントらしき
位置に入って数回キャストしてるうちに一気に周りに人が増えてきました。


ここでみなさんの戦い方を勉強しとかないとと思いリトリーブ中に周囲を観察
していると、やはり昨日地元の釣具店で教えてもらった通りちょうどサンドバー
になってる少し沖へルアーを投入して足元ギリギリまで探っているよ~な感じ。
人によっては近投に徹しておられる方もいます。

そうこうしてるうちに近くの方がアベレージサイズを1匹ゲット!おそらく
サンドバーより手前の近投範囲でアタってたようなので、お~~~、やっぱ
こんな手前におるんや~と驚きながらわたくしめもジグミノーを投げて同じ
よ~な距離帯を探るも反応無し、、、結局午前8時になってほとんど方が
帰られるまで何もドラマは起きませんでした。

ちなみに今朝周囲で上がったのはあの1匹のみ。







「日本海」


午前9時になるとわたくしめ含めて3人のみとなり、お隣さんと話をしながら
いろいろこのエリアの特徴や攻め方を教えて頂きながらひたすらキャスト&
リトリーブを続けますが、状況変わらず、、、それでもみなさんこの位置に
こだわられるのはやはり一級ポイントだからだそうです。

最近ではピンク系を基調にしたフラッシュ系がいいとの事でそれを意識しながら
ルアーのカラーローテーションしランガンでサーフを丹念に探るも1時間、
そして2時間経っても反応無し。


気付けば残りのお二人も帰られてわたくしめのみ。(笑)


もう午前10時を回っちゃってるしこのままやってても何となく釣れそ~な
感じがしないので、一旦車に戻って朝食を頬張った後、気分転換兼ねて
話をしてた方々から教えてもらった他の戦場も見に行ってみることに。

オホーツク海側を3ヶ所程見て回るもどこもウネリと濁りが酷くて魚が居るって
イメージが全く無く、結局見て回るだけにして朝の戦場に戻ってきました。


正午過ぎ、戻って来たと同時に水滴が落ち始めて、





土砂降りに、、、


北海道全域にかけて低気圧が次々と通過していってる状態ですので大気の状態が
常に不安定でこんな急変も仕方ないんですけど、、、よりによって今降るか!?
と突っ込みたくなります。まず今は外に出たくありませんから車内でシートを
倒してしばし休憩 いつの間に深い眠りに落ちてしまってました。


午後15時前、ようやく雨が上がり外に出る事ができました ♪


今日は暗くなるまで頑張って投げまくるぞ~と睡眠を取った事でテンションが
回復傾向にあるJCA、ウェーダーを履いて再び浜に降りてみると今度は斜め前
からの爆風!?雨が上がると次にやって来るのは風、、、と容易に想像できる
もののこんなすぐになるかなぁ~ってまたまた突っ込みながら作戦再開。

こちらへ来る前に地図だけ見ながらだとこの風が吹いたらこっち側に逃げれるし
、逆にこ~ゆ~風向きならこちらが凪になる、、、などエリア的に全天候側と
楽観視してましたが、実際には地形から風が舞ったり、また凪でも濁りが
おもいっきり入ったりとなかなか簡単じゃありませんでした。


やや濁り気味でかつ空は薄暗く斜め前からの爆風というコンディションに対応
すべく、今回持参しているルアーの中でアピール力が強く飛距離が稼げる
昨日と同じこのアカキンがベストかな?と、、、ってゆ~よりこれしか選択肢が
無かったんですけどねっ。もっと揃えないと!(爆)







写真で見てる限り無風&ベタ凪っぽいのですけど、これが顔が痛くなるくらい
断続的に風が吹いており、またそれによって砂塵が舞ってバチバチバチ~と
うっとおしいのなんの!青森県の六ヶ所村を思い出しましたわ~。

駐車スペース前で数投した後、また今朝の一級ポイント付近までランガンして
行こうか?悩むも昨日1匹撃沈できたのは真逆方向でしたし、ど~せなら昨日と
同じ位置でやってみようとキャスト繰り返しながら時間をかけて移動。


ワンキャストでできるだけ広範囲を探りたいので、投げ方もまさに普段やってる
投げ釣りと一緒になって力の限りおもいっきり遠投&水面直下を意識して常に
ファストリトリーブで戦っていると昨日とほぼ同じ位置にやって来た頃に、


ガツン!?


いきなりひったくるよ~にアタって続いて白っぽい物体が跳ねたんです!







46cm サクラマス撃沈!


跳ねた瞬間に間違いなく本命と確信したのでそこからはドキドキ。

なんせ元気いっぱいな個体でリーリング最中にテンションが強くかかると
一気に横へ突進したり跳ねたりと大変!管理釣り場で大型のニジマスを掛けた時
と雰囲気がそっくりです。とにかく落ち着いて今回はバーブレスフックじゃない
し~と自分自身に言い聞かせつつ慎重にランディング。

サクラマスは唇がとても柔らかく強引なやりとりをしてるとバラしてしまう事が
多いと事前に聞いてたのでホッとしました。


これで2日間ボウズ逃れ!あきらめずにやって来た甲斐がありました。


超特急で魚を締めて再びアタった付近目掛けてフルキャスト!

サクラマスのみならず基本、マス類は群れで行動する魚なので1匹居たら必ず
近くに数匹居ると信じて1投ごとにわずかに投点をズラしながら一帯を掃除
するかの如く探っていると、30分も経たないうちに今度は着水&リトリーブを
開始した途端にもの凄い勢いで、


ドスン!!!


締め込むトルクが半端じゃなかったのでこやつはデカイのでは!?


手前まではパワー勝負感が強くロッドの反発力を活かしていい感じで寄せて
来れたのに波打ち際寸前のあと10m前後という所で急に暴れだして左へ突進&
キツめに設定してたドラグがいとも簡単に出されてゆきます、、、

テンションを保ったまま弱らせてから最後に波のタイミングを見計らって
何とか無事にランディング成功!







丸々肥えた立派な個体!


62m サクラマス撃沈 ♪


暴れる度に銀ピカの細かいウロコがボロボロ剥がれて昨年撃沈した鮭児みたいで
非常に美しくかなり感動モンでございます。

いつの日か60mオーバーを撃沈する事ができたらなぁ~って夢見ていたので
早々に叶ったのは感無量です、、、改めて道北エリアのポテンシャルの高さを
実感しつつ、しばらく貫禄ある姿に見とれてしまいましたっ。


戦場によっては魚が回ってくると頻繁に跳ねたり、水面に背びれが見えたり
モジリによって波紋ができたりと何かしら変化をキャッチできるものですが、
今回はそ~いったのは一度も見られずひたすら同じ風景の大海原へキャストを
繰り返してたって感じ、、、でも釣れてくれました ♪


夕マズメに突入するとまた雨が降り出して即本降りに。


真上から降ってくるのに関してはレインウェアのフードがありますから
気にならないのに、斜め前から爆風に乗って叩き付けてこられると最悪!

それでも負けずにしばらく粘るも完全に反応が無くなってしまい終了。





上出来過ぎる釣果でございます ♪




使用タックル&仕掛け

■ ロッド: ダイワ・モアザンAGS 121XH カムイトゥクシー
■ リール: シマノ・'14ステラ 4000HG
■ ライン: シマノ・ピットブル8 2号
■ リーダー: サンライン・システムショックリーダーナイロン 35lb.
■ ルアー: 岡クラフト・岡ジグ LT-35 サケ稚魚アカキン


「ビギナーズラック!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR