FC2ブログ

あっという間にゴールデンウィーク終了





以前にも掲載した事があるよ~な気がするんですが、これら3つの船ハリス
、、、いずれもピンクカラーを特徴&売りにしているハリスで左からサンライン
のトルネードSVI、赤船ハリス、そしてダイワの船ハリス真鯛。


個々に見えてるとどれもピンクで大差は無いよ~に思えますし、またラベル
デザインだけで言えばおそらく赤船ハリスが最も濃いカラーっぽく感じてしまう
んじゃないでしょうか?これって面白い事にラインが巻いてあるスプール自体の
カラーでも見え方が異なってくるもので、トルネードSVIと船ハリス真鯛は
ブラック or 限りなくブラックに近いスプールに巻かれているのに対し、
赤船ハリスは白っぽさが強調されたクリアースプールに巻かれております。

でも実は最もピンクが強いのは3つの中でダントツ高価なトルネードSVIでして
、商品説明にもピンクハリスは魚から見えにくい波長を科学的に解明して緻密な
研究データー&実釣での釣果データーを根拠に作り上げたカラーと書かれて
おります。当然ながら他の2つに関しても同様の効果を期待できるよ~な
ニュアンスでのピンクカラーだとJCAは思っておりますがよ~く見比べてみると
ここまで違うもんなんだなぁ~と思っちゃいました。





同じサンライン製品もあってかトルネードSVIと赤船ハリスはピンクのベース
はほぼ一緒でSVIの方が濃く、赤船ハリスは薄い、、、それに対しダイワの方
はご覧になってもお分かりのよ~に少々パープル味が掛かっております。


正直、海底に仕掛けを這わした状態で魚を狙い撃つ大物投げ釣りにおいては
これら3つがカラーの違いにおいて差が生じるというのはまずこれまで無かった
上、理論的にも無いと考えております。

と、言いますのもこれらを船釣りで使用されておられる方々のインプレなど拝見
しているとやはりピンクカラーがその威力を発揮するのは濁り潮の時で茶系色に
なった潮の時はダントツ釣果に差が出るみたいですが、逆に美しいまでにブルー
で透き通る澄み潮時にはマイナスとなり釣果が落ちる傾向にあるそ~な、、、
そんな時はやはりクリアーハリスがベストになるよう。

これらの事を参考に考えると投げ釣りにおいては仕掛けが底に這った状態にある
以上、そこまでカラーによる釣果の差は出ないのかなぁ~と。ただ、ブラック
やそれこそ先日アップしてました砂色なるブラウン系カラーのハリスは海底の
砂泥色と同化できるのも然りでピンク、クリアー系よりはカラーの点においては
効果が期待できるカラーなのかな?とも思ってます。





あはは、でもまぁ、毎回最終的に書いてますけど、結局のところチモトの装飾
なんかと一緒でこれら全ては人間側の思い込みの範疇に過ぎず実際は魚に
聞いてみないと分からないんですけどねっ。(笑)

常にハリスが中層に漂う形で差し込む光の反射などにも影響される船釣りや
上物釣りに比べると遥かにシビアにカラーセレクトしなくても大丈夫な投げ釣り
、、、ただ、こんな事を考えながら対象魚に応じてハリスを使い分けていく
のも面白味の1つですし、たま~にこ~やって自宅にある同系色のハリスを比較
してど~ゆ~風に仕掛けに盛り込んでいこうか?考えるのも楽しいなぁ~と。


しかし同じ号数設定でもコーティングの違いなどで直線強度は大差無くとも
摩耗強度という点においてはハリスによってかなり異なってきますから
とりあえずこれら3つのピンクハリスは自身が感じた強度別に使い分けて
みたいと。4~5号のピンク・フロロカーボンハリスは主にカレイ作戦に導入中
ですのでトルネードSVIは一発大物を視野に入れてる事が多い遠征メイン、
そしてコストパフォーマンスに優れた残りの2つは数釣り目的の遠征 or
近場用かな?これプラス、針もしっかりコンディションに応じた形状の物を
セレクトして組み合わせてゆく、、、

まっ、これまでもず~っと同じスタンスなんですけどねっ。





そんなわけで仕事の合間?でもないけど空いた時間を利用して今日は新考案の
近場用仕掛けを試作してみております ♪


気付けばもう5月5日!?明日いっぱいでGWも終わりですねぇ~。


そろそろ各地でUターンラッシュが始まっている頃かな?

日本全国の高速から空の便まで何もかも混雑してそうですね、、、わたくしめが
仕事から解放された時にはすでに全てが平常に戻っているでしょ~から
気にしなくていいんですけど、今年のGWもあっという間でした。(笑)




「渋滞凄いよ~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR