もう1本!? シマノ「カーディフ エリアリミテッド S62UL-F」





あれれっ!?この竿は少し前に見たよ~な、、、

あはは、それもそのはず!なんせ丸っきり一緒の竿をもう1本仕入れてきたので
ロッドケースから他、ほとんどが一緒で当然。(爆)


実はエリアトラウト専用に導入したステラC2000Sのハイギア仕様とノーマル
ギア仕様それぞれのリールをセットして比較すべく竿も同時に2本注文したと
書いておりましたが、先にS62SUL-Fが入荷し今回ようやくもう1本の
“S62UL-F”が揃いました。

そう、竿は同じモデルでも硬さを異なる2本を注文してたんですわ~。投げ竿で
言うとスピンパワー425のAXとBXを1本ずつ揃えたって思って頂ければ
分かり易いでしょうかねぇ?







シマノ「カーディフ エリアリミテッド S62UL-F」


このS62UL-Fの“UL”ってのは竿の硬さ表記で、ウルトラライトの略と
なっております。一般的にエリアではSUL スーパーウルトラライト辺りが
基本の硬さですのでULは若干硬め設定でミノーなどを使って機敏な動きを演出
するのに適していると伺い、先にゲットしたSULを主にスプーニング用、そして
このULをミノー&対大型用と位置付けて揃えてみました。


シマノのHPによる説明では、1.5g~6g程のスプーンやプラグに特に適し
、掛けにいく性能とルアーの操作性を追求したロッドでベリーに張りがあるので
アタリに対して瞬時にフッキングでき、操作性が良いのでトップウォーター・
ミノー・ボトムの釣りにも適応しているとの事。そしてティップにはしなやかな
ソフチューブトップを採用しているので、バイトを弾きにくく、初期掛かりする
確率が向上。また、バットにはパワーを持たせており大型のトラウトが相手でも
短時間で寄せることが可能。

更にこれはULのみならず全てのエリアリミテッドで共通で新型のカーボン
モノコックグリップと進化したエアフェクトシートCI4+を組み合わせる
ことで、高感度を実現。







“S62UL-F”は掛け調子だけど、ティップ乗せの要素を加えた釣れる掛け調子
ロッドです、、、なんとまぁ、美味しいとこ取りした表現方法ですよね。(爆)

同等のラインナップが他にも出ていればスピンパワーとプロサーフみたくモデル
を変えた2本で試してみるのも面白かったかもしれませんけど、いかんせん
シマノからリリースされているエリアトラウトロッドではこのエリアリミテッド
が最高峰となってますのでそれならば同じモデルで硬さを変えてシーンによって
使い分けていこ~かと。それに全く同じモデルの方が操作性の面含め共通点が
多いので楽なのは確かですしねっ。


先に購入したS62SUL-Fと並べてみるとほらっ、







丸っきり一緒で下手するとどっちがどっちのブランクスか分からなくなっちゃい
そうでしょ?まぁ、ULの方がロッド自体が若干太めになってますからよ~く
見ると異なってるんですけど。(笑)

ティップ部を持って曲げてみるとあからさまに別の曲線を描いてそれぞれ曲がり
ますから実際に釣り場で使い比べるとかなり違ったインプレが得れる事と思い
ます。レンジキープを基軸にスプーンを操作するSULに、トゥイッチやジャーク
など硬めのティップを生かしたアクションを積極的に織り交ぜて攻めるUL、
しっかり使いこなして適材適所な導入ができるよ~に早くなりたいです!


当分はSULにステラのノーマルギア仕様、ULの方にハイギア仕様をセット
して常に2本エリアへ持ち込んで使い比べていきたいと思います。







「微妙な違いかも」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR