昨年の悪夢再来、、、 北海道・せたな町 / 瀬棚東沖防波堤 (1日目)


本遠征計画が持ち上がったのが3月半ば、、、当然、その時点で当日の天気など
全く読めるわけがない状態、、、だけど決行予定日はすでに4月になってますし
荒れてもそこまで酷くはならんやろ~と余裕をかまして準備して参りましたが、
当日が近付いてくるにつれ、、、これって結構酷いんちゃうん!?と。

相方、SurFreyja“よっしー”が札幌近郊に住んでいたのなら日にちを
ズラして仕切り直しって案も採れましたが、残念ながら彼はオホーツク海に
面した道東エリア在住で、今回たまたま野暮用で札幌へ出てきてたタイミングと
ゆ~ことで滅多に無いチャンスですから荒れても強行しようとなりました。

当初の予定では初日に積丹半島方面をよっしーに案内してもらい、2日目は
瀬棚の沖堤に渡ってカレイ作戦となってたものの、船頭さんに電話してみると
5日は風速10m、波3m以上の予報が入っておりおそらく出船自体が厳しいと
、、、4日か6日ならなんとか出れそうと伺い急遽予定を入れ替えて初日に
瀬棚、2日目を積丹半島に!


そんなわけで昨日は札幌でよっしーと合流した後、釣具店を回ってから岩内経由
で海岸線を走って「せたな町」へ。地元の居酒屋で一杯引っ掛けてから車内で
仮眠 午前3時に起床&1時間後の1番船に乗って戦場入りでございます。





ブリーフィングのタイトルでも書いてましたよ~に今日は午後から本州を北上
してきた大型低気圧が北海道に接近&明日にかけて直撃するルートにあり
正午まででとなりました。

今朝はJCAら含めて合計4人でお二方は沖堤内側、我らは上陸時は風が微風
だったので外側狙いで上段へ。この選択が数時間後に悪夢をもたらすなんて
想像もしないまま陣地を設営し攻撃開始。


船頭さんから先端部付近は最近サメやカニの猛攻が凄い旨、伺っており最初は
手前付近で投げてみるもどこへ投げてもそれらの外道らしき反応が見受けられ
ないのでキャップライトが必要なうちに先端部へ移動&小型のギスカジカを数匹
水揚げしたとこで夜明けを迎えます。


コンコンコンッ!?


急に複数本の竿先に似たよ~なアタリが出て、







ホッケの群れに遭遇。


唯一、上の写真の個体だけが38cmとまともなサイズで、あとはほとんどが
ローソクホッケと呼ばれる細長い小型ばかり、、、近年はホッケが超~不漁で
なかなか釣れないとみなさん悩んでおられたイメージがありますが、今年に
入っての釣果情報を見てると好調?と言っていいのか分かりませんけど
とりあえずいろんな戦場で結構釣れているみたいですね ♪

ローソクホッケの数はいらないかな~と最初のうちはリリースしてる中、
よっしーがお子さんの離乳食の食材に使いたいから全部貰いますとなり
JCAも途中からキープすることに。(笑)

わたくしめらはコマセなど使っていない為、群れが回ってきても通過してゆくと
いった感じになりますが、下で内側を攻めてらっしゃるお二人はコマセを
ガンガン打たれて群れを足止め 好調に釣られます!

特にホッケは撒き餌に敏感に反応する魚ですしねっ。


午前8時になりそろそろカレイ類の食いが立ち始めてもいいのでは?と
期待しつつ誘いを掛けたり強くアピールをしてるとようやくよっしーにマイクロ
サイズのソウハチカレイがアタり、続いてわたくしめにもほぼ同サイズの
マガレイ、、、さすがにチビちゃん過ぎるのはリリースし、針を飲み込んで
アウトな個体のみ2匹キープ。









「瀬棚東沖防波堤」


もう少しサイズアップして欲しいなぁ~と話してるといきなり突風が吹いた!?
と思えば、めちゃくちゃ危険そ~なグレーカラーをした雲の塊が来襲&一気に
周囲の視界が悪くなり 爆風が襲い掛かってきたんです!

それはまさに異常とも呼ぶべき急変で風速は軽く10m超え&後で調べた事に
なりますが最大瞬間風速は17m近くを記録しており、まさに昨年の今時期に
訪れた時と一緒の最悪コンディション、、、一時立っているのも辛いくらい。

どうしようか悩んだ挙句、昨年の教訓を生かして無理をするより風の当たらない
位置へ大移動することに、、、


一旦全部片付けて?と思うも残された時間もあまり無かったので仕掛けが海に
入ってる時間を1秒でも長くできるのを最優先して、数回の往復で移動。


ク~~~ッ、クククッ


最後の荷物を運んで来ると1本の竿先に典型的なアタリがっ!







偶然一ヶ所に数匹かたまってたのか?立て続けに40cm クロガシラカレイ
34cm マガレイが水揚げされてきました ♪

ただ、アタリが連発した投点近くには高確率で根掛かりが発生する部分がある
みたく、その後は数回ラインブレイク、、、過去に一度も投げた事の無い位置
からなのでまずは海底ストラクチャーの把握から、、、と思ってるうちに
あっという間に午前11時となり、またお迎えの船も正午より15分近く早く
来ちゃったのでここで終了となりました。

初日の今日は丸1日カレイ作戦に集中して明日は積丹半島で他の作戦とコラボ?
いや、もう1つの作戦をメインで~となってたのに気象状況の急変により
これまたイレギュラー発生となり午前中のみでの撤収、、、


さあ、これからどうしましょうか?


渡船乗り場で天気予報と実際の海の状況を見ていたよっしーから1つ提案が
出てきて、午後から夕マズメ近くまで明日の予行練習でもしますかぁ~と!







「島牧村」


とりあえず車に乗って積丹半島を目指す形で海岸線を北上 1時間ちょこっと
走った後、先行するよっしーの車が急に左指示器を出してとある駐車帯にイン。

あはは、投げ釣りタックルは車内放置したままロッドケース内に忍ばせてあった
モアザン・カムイトゥクシー&ステラ4000HGコンビ、そしてウェーダーを
履いて目の前に広がるウネリが入って荒れ始めてるサーフへ、、、


実は本遠征はカレイ作戦のみならず、ルアーで通称・海サクラ、海アメと
呼ばれるサクラマス、アメマスといったトラウト作戦も半分占めていたん
です!とはいえJCAにとってネイティブを狙うのは今回がお初だったので
過去にたくさんこれらの魚種を釣り上げているよっしーに案内&狙い方の
基礎をいろいろレクチャーしてもらおうと ♪


先にセイコーマートに寄り道してお昼休憩を取ってからでしたので攻撃開始は
午後15時前くらいから!すでに波が高くなりつつあるサーフからランガンして
ジグを投げますが、時間の経過と共にあからさまにウネリは大きく&波は更に
高く大荒れ状態へと向かっているのが分かります。







投げても投げても反応無し。


戦場入りした頃には4~5人ルアーマンの姿がありましたが、1~2時間以内に
全員撤収され最終的には広大なサーフに我ら2人のみ、、、

まっ、今日はあくまで予行練習ですから釣果より群れが回遊してそうな部分の
見つけ方、コンディションに応じたルアーの使い分けやリトリーブ法など知識を
ゲットするのが目的、、、と自分に言い聞かせるものの、でもやっぱ1回くらい
アタリが出て欲しいっす!(爆)

大波がザパ~ン、ザパ~ン打ち付けても気合いで日暮れまでキャストを繰り返し
ましたが、結局手に伝わってきたのはラインが波に叩かれている小刻みな振動
のみで魚からのアプローチは感じられないまま午後の部も終了。


午前中の釣果も寂しいものですわ~。(笑)







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・'03パワーエアロ
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 先オモリ遠投仕掛け
■ モトス: 東レ・銀鱗 16号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 5号
■ ハリス: クレハ・シーガーグランドマックス 5号
■ 針: まふるじ・シーフォースサーフ 13号
■ エサ: アオイソメ、塩イソメ


「あの時と一緒だ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです。

大久保です、お久しぶりです。
仕事の事情で一時期釣りを引退しておりましたが
最近、また投げ釣りを復活しました。
北海道遠征の時はまたご一緒出来ればと思ってます。
今後、益々のご活躍を期待しております。

お久しぶりです!

大久保さん、ご連絡ありがとうございます!

ほんとお久しぶりですねぇ。お元気にされてましたでしょうか?
投げ釣り復活いいですね~。(笑)

以前とこちらは連絡先変わってないと思いますが、よろしければ
以下のメアドまでご一報頂ければ幸いです。

またご一緒しましょう!

info@jca.secret.jp

No title

こんばんは、大久保です。
お忙しい所、ご連絡して頂き有難う御座います。
先程、下記のアドレスにメール致しましたので、
宜しければご一報宜しくお願い致します。

先程は、

大久保さん、先程は早速熱い話題で
盛り上がれてお腹が痛くなりました。(爆)

ぜひ近いうちに更に盛り上がりましょう!
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR