FC2ブログ

44、43、40cm マコガレイ! 青森県・六ヶ所村 / むつ小川原港 (1日目)







午後14時20分、戦場到着~。


青森空港に到着したのが午前10時25分だったので結構時間掛かってしまい
ました!?途中、吹雪いており思ってたよりスピードが出せなかったのも
ありますが、それよりクロネコセンターや前々から気になってたドライブイン
での昼食、スーパーでの買い出しなどで時間を要してしまったのが最大の原因
かもしれません。まっ、何はともあれ無事辿り着けましたっ!(笑)

ブリーフィングでも待ち合わせの場所へと書いておりましたよ~に、実は
1日早い昨日から“マダイ師匠”が先に入られて戦っておられたんです ♪
なので場所も確保済ですからゆ~っくり焦らず来る事ができたってわけ。
時期が時期だけにめ~っちゃ寒いで~と伺っておりましたが、確かに日中も
マイナス2℃前後と氷点下のままで戦場一帯も真っ白でございます。


到着早々、まずはタックルを組んで攻撃態勢を整えてしまってから車内を
あれこれオーガナイズ、、、なんせ24時間ぶっ通しで釣るスタイルがゆえ
今日から数日間レンタカーが宿代わり!?それに案の定、わたくしめが到着した
時間帯はアタリが超~渋くどれだけ打ち返そ~が一切エサすら取られない
無の世界が続いております。

夜が明けると午前中はポツリポツリと釣れても午後になると一気に活性が下がる
、、、まぁ、例外も当然あったりしますが、ここの典型的パターンと言えます。


グイグイグイグイッ!


日が暮れた直後にようやく本命と確信できる重量感がっ。







おおっ、いきなり連チャンですわ~ ♪


写真でもご覧になれるよ~にここではMarufuji社とコラボプロデュースさせて
頂いた2種類の市販カレイ仕掛けがとても相性いいんです!

主に遊動式L型天秤にセットする吹き流し段差バリ仕掛けは近~中投範囲に、
そして華麗なる先オモリ遠投仕掛けはその名の通り完全遠投仕様でございます。
この2種類の仕掛けがあれば全てカバーできるので最強かな?ちなみに
吹き流しには生のアオイソメ、先オモリには塩イソメと仕掛けによってエサも
使い分けておりますよぉ。


普段はマダイ作戦一筋のマダイ師匠も数年前に一度お誘いして以来、
ここだけはお気に入りになられたよ~でまた行きたいなぁ~とおっしゃって
おりました。午後20時頃には時合いに入ったみたくコンスタントに釣れ始め
、2人して極寒環境なのも忘れて一生懸命回収&打ち返し。こ~やって止まらず
体を動かしているとたとえマイナスでもポカポカ暖かく感じられますよね。







「むつ小川原港」


JCAの中では、数は望めないけどゴーマルに迫るよ~な型物一発狙いができる
のは2月後半から3月頭まででそれ以降は数が釣れるものの、飛び抜けて
デカい個体は少なくなるイメージがあり今回は当然、数より型狙いで訪れて
いるつもり、、、でもさっきから数は出ててもまず最初の壁となる40cm
オーバーの個体すらまだ見ておりません。

年回りもあるでしょ~し、ここのみならず温暖化や異常気象の影響でパターン
化された釣期にも少しずつ変化?ズレが出始めてる可能性も否めません、、、
あはは、とはいえまだ攻撃開始から6~7時間しか経っておりませんから
何とも言えませんけどねっ。(笑)


カレイ作戦全般的によくあるパターンなんですが、今日は特定方向ばかりで
アタリが多く出て、そのピンポイントを外すとど~もイマイチっぽい、、、
群れがこの一方向に固まっているよ~な感じです。遠投というよりむしろ
中投から手前にかけてでアタリが集中している為、多少風が強くなっても
気にせず楽に戦えます ♪

足元直下は干潮に向かっているのもあり水が無いので境界線だけ気にしながら
軽く投げて放置プレイ!正直、ず~っと外でアタリを待ってれる気温ではなく
打ち返したら即車内で待機ってのがメインスタイルになります。

約1時間後に竿先が動いてるのが見えたので回収に出てみると、


グゥ~~~ッ!


ゴンゴンゴン、、、グイイイッ


心地良い締め込みと共に肉厚のカレイが水揚げされてきます ♪









ようやく43cm マコガレイが1匹混じってくれましたぁ。


1時間おきにセットした携帯アラームを目安にエサ交換タイムを設け、日付が
変わる頃までに結構な数を撃沈!しかしながらこれまでの釣果ではさっきの
43cmが唯一40cmオーバーとなり他はほとんど35cmは超えているものの
40cmには届かないんです、、、

まっ、いわゆるアベレージサイズになるんでしょうか。


海外出張帰り翌日から即という強行遠征もあり、午後21時を回ったくらいから
急に何度も睡魔に襲われるよ~になってきたJCA、、、体内時計における
時差の修正が最も大きな影響を与えているのでパタンと寝てしまえば次起きた時
にはスッキリなんですが、下手すると朝になってしまうのでそうもできません!
エナジードリンク片手に車内でDVDを見ながら頑張っていると、

さっきまでお隣の車内でビールを飲みながら何か食べてはるなぁ~と思ってた
マダイ師匠の姿が無い!?よ~く観察してみるとルームライトを点けたまま
すでに眠りに落ちてらっしゃいましたっ。(爆)





マダイ師匠にとっては2晩目となるので疲れが出て当然ですよね。

それを考えると明日、明後日の夜戦が思いやられますが、昼間のうちに
できるだけ仮眠を取って夜に備えれば何とかなるかな。


眠くなったらまだ定時のアラームが鳴っていなくても外に出て寒さに目を
覚ましてもらって打ち返し&あまりにも前の打ち返しからインターバルが
短すぎると何も掛かってませんし、運が良ければカレイちゃんが掛かってる
、、、ちょこっと運試しみたくてドキドキしちゃいます ♪

どれだけ外でゴソゴソしてよ~が全く起きてこられる気配すらないマダイ師匠
なので、彼の竿はそのままにして回収&打ち返し。


クククッ、ゴンゴンゴン!?


早い時にはキャスト後、糸フケを取った途端に竿先にアタリ!







40cm マコガレイが1匹混じってました。(笑)


そんなに引かないけどやたら重いと思ってると40cmに少し足りない
ギスカジカまで掛かっており、そ~いえばここは少し遠投した一部分に大きな
シモリがあってその周辺に仕掛けを投入すると高確率でカジカやソイなど
根魚が掛かってくるのを思い出しました。

昨年訪れた時にも似たよ~なサイズのカジカをゲットし鍋にして食べたので
お土産確保でもしよ~と先オモリ仕掛けの1本をおもいっきりフルスイングして
シモリ際へ投入&急に雪が降り出した為、撃沈した魚は血抜きをした後、
そのまま雪の上に放置して車内へ。時刻はもう午前3時半です、、、


そして1時間後の午前4時半過ぎに仕掛け回収に出ると、予想通りシモリ際に
投げてた竿を持つと大きなゴミでも掛かったかに思える重量感!全然引きは
しないもののリールを巻けばゆ~っくりこちらへ寄ってくるので、

おそらく奴だ!と期待して巻くと、









43cm ギスカジカ登場 ♪


狙って釣れてくれると嬉しいものですよね。

こ~やって記事を書きながらギスカジカって、、、あはは、北海道では
あの外道中の外道!小型の黄色いツマグロカジカをギスカジカって
呼ぶので何度書いてもやっぱり違和感があります。(爆)

1時間前に放置したままにしてた魚は凍ってはいないものの、いい具合に冷気で
硬直してますしここでまとめてクーラーにほ~り込んでキープ。これはまた
明日にでも詳しく書こうと思いますが、活かし用にと持参したブクブクは
結局メイン導入される事なく終わりそ~です。


夜明け時刻が午前6時過ぎ、、、それまでの数回根性で寝ずに過ごして
初日から数釣りを堪能して夜戦終了。







朝マズメに44cm マコガレイを撃沈!


一般的にカレイ作戦となるとマズメ時期は狙い目という感覚があるものの、
ここでは例年通りイマイチパッとしませんねぇ。

朝日を浴びてようやくマダイ師匠も長い眠りから目覚められ、早速ご自身の
仕掛けを回収されるも、不思議な事に全て素バリで魚は掛かっておりません
でした。昨夜の釣れ具合からすれば複数本竿を出しているのでどれかには
絶対付いているはずなのに、、、

もしかすると長時間放置状態だったので掛かって外れてしまったか?それとも
早いうちから素バリになってしまってたか?でもまぁ、グッスリおやすみになれ
気分爽快みたいですので良かったと思います ♪


ここで一旦一区切りにしましょう!初日の釣果は、







マコガレイが24匹、うち40cmオーバーが4匹&ギスカジカが2匹とシーズン
初期にも関わらず数が釣れてくれましたぁ。そ~いえば昨夜はちょくちょく
見かけるドンコは1匹も姿を見ませんでした、、、もう少し暖かくなって
こないと現れないのかも?基本、ドンコはキープしない外道なのでこのまま
最終日まで現れないで欲しいですねぇ。(爆)




「ドンコはいらん!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR