サーフ三脚のアーム先端部





上の写真、、、2つとも同じ三脚なんですが1ヶ所異なっている所があります。


あはは、記事のタイトルがタイトルだけに見た瞬間、即行お分かりになられた方
も多いかもしれませんが、え~~~っ!どこが違うん?ってなっちゃった方に
更に分かり易いヒントでございます。

これで分からなければもうアウト、、、これ以上ヒントの出しよ~がありません
ので記事を読んで頂いて気付いてって頂ければと。








そ~なんです!これらの三脚、、、片方のアームの先には黒色のゴムキャップ
が付いており、もう一方のはゴムキャップが無くなりアルミが剥き出し状態に
なっているんです。見りゃ分かるって?(爆)

このJCAが愛用している第一精工のサーフ三脚シリーズではほとんどのアームが
こんな感じになっておりシリーズをお使いの方なら一度は同じよ~なトラブルを
経験されてるのではないでしょうか?まっ、俺は全くそんなとこまで気にしない
で~って方も多々いらっしゃるでしょ~し、


正直、わたくしめもそんなに気にしない方でございます。


ただ、自分では気にしないと思ってはいても向こうからアプローチ?気にせざる
を得なくなる場合もあったりします、、、それは実際に触られると納得できるん
ですけど、このゴムキャップを外した先端部って結構鋭くカットされており
不意に当たったりすると痛いんですわ~!







わたくしめの釣友には瞬間で引っ掻いてしまい切れて血が出たやら、他には
たまたま擦ってしまったと思えばレインウェアにギザギザの細かい穴が開いて
しまったとゆ~よ~なケースも聞いてますから、大丈夫やろ~と思ってても
どこに落とし穴が待ち構えてるか分かりません。

ちょ~どJCAは出撃後、自宅で三脚をまとめて水洗いしてるとその部分が
目に留まり、気になって他の三脚もチェックしてみるといつの間にか
ゴムキャップが無くなってる物が多数あったんです!


普段からこ~ゆ~部分をおもいっきり気にされる釣友らはホームセンターの
電気用品コーナーなどで売ってる絶縁パイプを流用したり、初めは液体で硬化
するとシリコンラバーになる超~マニアックな素材を使われていたりと
いろいろ工夫されているのも見かけます。

JCAもど~しよ~かな~?と思いつつ、まずは近くのホームセンターに行って
あれこれコーナーを物色してると、おっ ♪ これっておもいっきり理想的な
パーツちゃうん!?と見つけたのがコレ、





「ねじ先端キャップ」


その名の通りねじの先端を保護する為のゴムキャップでサイズは“M6”用。

写真を見てもらえば一目瞭然!まるっきり一緒の物ちゃうん?と思えるくらい
大きさも何から何までそっくり ♪ だけど、よ~く観察してみると異なってる
点があり、まずねじ先端キャップの方がゴムが若干分厚く触った感じ
ハードな仕上がりになっております。


そして最も注目すべき特徴はキャップの内側がねじ切構造で抜けにくくなって
いる事!元々、ネジに対するキャップ製品ですから当然ながらこ~いった
構造の方がよりしっかり固定できますが、これが今回の流用にもまぁ~見事に
ベストマッチしてくれたんですわ~ ♪







取り付けてみるとこんな感じになります ♪


下の方がねじ先端キャップで、ほんの少しだけ分厚いのが写真からも分かります
よね?大きく見えても内径はジャストフィットか少々窮屈な仕様になっており、
はめ込み時に力を要しますが、元から付属しているキャップとは比べ物に
ならない程カッチリ固定されて驚いちゃいました!?

実際に取り付けるまでは中に瞬間接着剤を垂らしてからはめ込んで固定とも
考えていたのに試しにはめ込んでみたらなかなか抜けなくなってしまい困った
くらい!ここまで完璧な流用品が見つかるのってなかなかありませんし、非常に
安価な物ですので在庫があるうちに買い溜めしておこうかな?


気になってらっしゃる方には超~お勧めでございます。




「こりゃいいわ~ ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR