生体反応が薄い、、、 愛媛県・八幡浜市 / 宇和海 (2日目)


もうすでに外気温は2℃まで下がってしまってますけどほんまに夜釣りされるん
ですかぁ!?って問いかけに平然とした顔をして、俺は全然やるで~と答え夜戦
場で降りていかれた“マダイ師匠”、、、わたくしめはそのままみかんの湯が
あるホテルへ直行したわけですが、部屋で暖房をギンギンにかけてても
なかなか暖まらないくらい外は極寒で、こんな中、朝まで戦われるとは
マダイ師匠はタフ過ぎるとしか言いようがありませんよね!

そして今朝、約束通りの午前5時半にピックアップに向かい釣果を伺ってみると
サッパリだったとの事、、、やはり真冬の夜戦は厳しいのかも?です。


いつものなら夕方頃までみっちり戦って帰還といった感じになる宇和海遠征
ですが、明朝から成田に移動して海外出張に出ないといけないのもあり無理は
禁物とお昼過ぎ頃に撤収予定でおります。マダイ師匠にはポイントはどこに
されるか?朝までに考えてて下さいと昨日のうちに候補を2ヶ所まで絞り込んで
別れており、ファイナルアンサーを伺うと2つ目の方に!

1つ目の方とゆ~のはクーラー内が空っぽのまま帰還するのを避けるべく
何かしらお土産も取れそうな過去に行った事のある戦場でもう一方が引き続き
新規開拓の賭け!やっぱり常に勝負師と言いますか、、、丸ボウズでもいいから
新しい場所を攻めようという考えは出会った頃と変わりません。さすがです!







「宇和海」


宇和海と言えどもめちゃくちゃ広範囲に渡りますし、そのエリア内には良さげに
見える小場所が無数に点在しておりまだまだ可能性を秘めております。

早速カーナビの座標に戦場付近を打ち込んでGO&到着早々ファイヤ~して
いくも想像してたより浅め?いや、海図を見る限り水深はそこそこあるはず
なんですが、、、と戸惑ってるとど~やらマダイ師匠が投げた方向は急深に
なっているみたくちょ~ど大きなスロープの途中にわたくしめらは居るよう。


目立った根掛かりも無く雰囲気的にはいい感じ~とワクワクしますが、1時間
、そして2時間が過ぎてもアタリは皆無、、、リーリングし始めると一気に
襲ってくる定番のエソに数回弄ばれながらひたすら頑張るもドラマは一向に
起きてくれません。マンダムタイムをただただぼ~っと雑談しながら過ごして
おりましたが、さすがに昨夜のお疲れが出てきたのか?





マダイ師匠は波止際で爆睡モードに突入!?


それも寝返りでも打てば海にドボンしちゃいそ~な超~際どい位置で爆睡される
ものですから見てるこちらの方がヒヤヒヤですわ~。マダイが釣れない時は
基本ご機嫌が斜めなわけでして、、、下手に起こしてめちゃくちゃ怒られても
なんですからこのまま放置とゆ~ことで。(爆)

JCAも最初のうちはブラックコーヒーを飲みながら竿先を凝視してたものの
、ここまで沈黙が続くと仕舞いに心が折れ気味になってきてクーラーの上に
座ったままうたた寝開始、、、


ジャアアア~~~ッ!?


おそらくは20分も寝てなかったと思いますけど、急に鳴り響いたドラグ音で
ドキッとさせられて起床&即対応するも、水揚げされてきたのは、





イラん魚イラでした。(泣)


エソにトラギス、トラハゼ、そんでもってイラ、、、この負の連鎖とも言うべき
外道たちを見てここではアマダイ、マダイの魚影が望めるのか?確かに実績場
ではこれらの外道プラス、イトヨリダイなんかが定番的におりますし謎?
とゆ~より疑問は深まるばかりです。

あっ、ちなみにマダイ師匠はけたたましいドラグ音が鳴ったにも関わらず
全くお目覚めになられる様子も無く爆睡モード継続中!(爆)


結局果てしなくマンダムタイムは続きあっという間に午後13時過ぎ、、、


ずっと爆睡されてたマダイ師匠もお目覚めになられ時計を見て、おっ、そろそろ
終わりにしよ~か~とスッキリ&サッパリ終了となりました。

厳寒期はど~しても過去に実績にある戦場ばかり固執しがちですが、この2日間
全くお初の戦場ばかりと大物投げ釣りにハマった頃にマダイ師匠と桜島の
避難港を片っ端から数ヵ月かけて開拓してた頃を思い出し久しぶりにワクワク
しました。原点回帰を謳うならこ~ゆ~よ~な貧果覚悟の新規開拓も
積極的にしていかないと面白くないよなぁ~と改めてねっ。





さてと、渋滞してない事を祈りながら帰還しましょうかねぇ。




「長距離運転やね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR