FC2ブログ

焼き物ならやっぱり、シロアマダイの若狭焼き ♪





アマダイと言えばやはり焼き物!過去にお造りや皮目を火で炙った焼き霜造り
など様々な生食ディッシュでも頂いてきてますが、やはり個人的にはアマダイ、
特にシロアマダイに関しては完全に火を通したディッシュの方が魚の持つ上質な
脂分など旨味が引き立つよ~に思えており今回はお造りにはせず焼き物から
スタートでございます ♪

ほんとなら先にこちらのディッシュを作ってド~~~ンとアップしたかった
ものの、いかんせん仕込みに時間を要するのもあり先にカマ&アラをにんにく
酒蒸しにして綺麗に頂いちゃいましたっ。


そして今夜は仕込みを終えたメインの切り身を使ってFISH DINNER ♪


まず最初に身に軽く岩塩を振って1時間程冷蔵庫内で寝かせます。







その後、昆布ダシ、お酒、薄口醤油、みりんを合わせて作った若狭地に身を
浸けて軽く余分な塩を洗い流す感じで優しく通し、取り出してしっかり水分を
拭き取ったら陰干しにします。カラッと乾いてる気候なら干し網の中に入れて
ベランダに吊るしておいたら良かったものの、最近早朝にかけてやたら結露?
ベチャっとなってる事が多いので安全策を取り冷蔵庫内で干しました。

冷蔵庫の場合、逆に冷たくなり過ぎてる環境がゆえ最低でも8時間はそのまま
寝かさないといい感じに乾燥しないと料亭のレシピにも書いてあったのでそれに
従ってまさに一夜干し!?(笑)

寝かせ終えた身に写真のよ~に串を打ってウロコの付いた皮目から強火の遠火で
焼き上げていきます。目安としてはウロコが浮き上がって焦げ目が付いてきたら
~なんですが、やはり家庭のグリルじゃ皮が少しくっ付いてしまったりと
なかなか上手くできませんねぇ、、、


身をひっくり返して反対面も焼きましょう。







この内側を焼く作業時に芯までほとんど火を通してしまうつもりでよ~く焼き
、いい感じになってきたら火力を弱めて再び作っておいた若狭地をかけて
湿った部分を乾かすよ~な気持ちでまた炙ります。

この若狭地をかけては乾かし、かけては乾かしの作業を4~5回繰り返してゆく
うちに身全体がしっとりしてきますよぉ。





一番最後に仕上げとして、再び火力を強め皮目の部分をパリッとするまで炙って
完成!普通の焼き物より遥かに手間が掛かり面倒だけどせっかく超~高級な
シロアマダイを頂くわけですから手間暇惜しまずですよねっ。







シロアマダイの若狭焼き ♪


今年も食べる事ができましたぁ!

一塩の若狭焼きは素材の味を最大限に引き出す最上級な味わいと料亭でも
謳われているよ~で、当然お店で注文したらありえない値段になってそう?
この冬は過去に無い程シロアマダイの流通が少なく各業者、料亭も困っている
そ~ですからこんな年に食べたらもっともっと値段高騰かも、、、

恐ろしや、恐ろしや。(爆)


浮き上がったウロコはパリパリと香ばしく、脂がしたたる白身を頬張ってみると
シロアマダイでしか味わえないお上品な旨味が広がってゆきます、、、いつかも
書いてたかもしれませんが、魚の身とはまた別の高級な霜降り牛を食べてる
よ~な印象。小さく切り分けサイコロステーキみたくアレンジもいいかも?





このウロコの下、白身との間にある脂分が火を通す事により旨味が引き立てられ
非常に美味になるんですわ~。

まだ肉厚の切り身が冷凍庫内に真空パック保存してあるのでしばらくは贅沢な
FISH DINNERが堪能できそう ♪ 一番食べたかった若狭焼きの次は、、、
どんなディッシュにしてみましょうかねぇ?




「贅沢極まりないっ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR