FC2ブログ

イトヨリダイで漬け茶漬けを試す ♪





超ラッキ~にも今年もデカいシロアマダイを撃沈する事が1月の宇和海遠征、
高級料亭でもほんの少しの切り身でしか出て来ない高級&貴重なシロアマダイは
自宅で捌くのではなく近くの鮮魚店にお願いして捌いてもらいました。

ただ同時に釣れたお決まりのイトヨリダイは自宅で捌きますので、帰り際に
さっさと戦場でウロコ、エラから内臓、血合いに至るまで綺麗に処理して
持ち帰ってきました。特に鯛系の魚はウロコがギッシリですからいつも戦場で
落としてくるよ~にしてます。


イトヨリダイは非常に身が柔らかい魚ですから専らシンプルに酒蒸しで頂く事
が多く、時々唐揚げにしたりと他の魚に比べると我が家では圧倒的にレシピが
少なめ。まっ、酒蒸しが最も手軽かつ美味しく感じてるってのもありますけど。





しかし今回は少し前より一度試してみよ~と考えてた事がありまして、思ってた
より小ぶりな個体しか撃沈できなかったのでど~しよ~?か迷いつつも
とりあえずチャレンジです!

と言っても何も特別な事をするわけでもなく、お造りを作るのと同じ要領で
捌いて最後に醤油ベースの漬けダレに漬け込むだけ ♪







イトヨリダイの漬け茶漬け ♪


実は秋にイシガレイなどで試した際に思い付いたんですが、イトヨリダイも
冬場の宇和海遠征では定番の魚で結構数が釣れる事が多いんです。さすがに
毎回、毎回酒蒸しばかりじゃちょこっと飽きてきますし保存がきき美味しくかつ
一気にそこそこの量が消費できる漬け茶漬けにしたらいいんじゃない?と。

ほんとは前回の初釣り時に試してみるつもりが撃沈したイトヨリダイは全て
引き取り手がありそちらにお裾分け&ようやく今回チャレンジとなりました。


ご存知のよ~に淡泊な白身魚ですし絶対漬けに合うんじゃないかな~と思って
ましたけど、予想以上にベストマッチ!これまでマダイ、ハマフエフキ、カレイ
類など様々な魚で試してきましたがイトヨリダイはまさにトップクラスですわ。





身が柔らかいがゆえ短時間でもしっかり芯まで漬けダレが浸み込み、アツアツの
ダシをかけると美しいまでのミディアムレアになります ♪


そして何よりもトップクラス、他と別格に感じたのはその食感!


柔らかい魚だし食べても柔らかいだけやろ~、、、とゆ~想像に反して、程良い
弾力がありモッチリとした食感なんです!?これには驚きましたわ~。
大げさではなくほんとにモチモチな身は非常に食べごたえがあり、かつシンプル
な漬けのはずなのに素材の味が前に出て超~お上品なお味に ♪

漬けにしてしまえばどれも一緒ちゃうん?という固定観念が覆されました。(笑)


ご覧のよ~にお茶碗1杯分ずつ小分けにしてサランラップで包み → それらを
ジップロックに入れて冷凍しておけばいつでも食べたい時に解凍して漬け茶漬け
が頂けます。サイズにもよりますけどだいたい10切れ前後で1杯分かな?





白いご飯にふりかけや他、梅干しなど普段からトッピングされる事が多いなら
ぜひともこの漬け茶漬けもお勧め~ ♪ 一緒に刻んだ大葉やネギ、白ごまを
ちょこっと振るだけで更にアクセントが出ますし簡単にできる贅沢ディッシュ。

当分、我が家ではイトヨリダイはこの食べ方が主流になりそ~です。(笑)




「試してみよっと」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR