FC2ブログ

マダイのひゅうが飯 ♪


本命アマダイにはフラれちゃいましたが、久しぶりに食べ頃サイズの天然マダイ
を撃沈できましたので早速それを使ってFISH DINNERでございます ♪

一時期年中マダイ作戦ばかりやっており、釣るのは楽しいけどさすがに食べる
のはもう十分!しばらく見たくない、、、って思い、その後釣れても誰かに
お裾分けしちゃったり他の作戦に夢中になりマダイ作戦自体の熱も次第に冷めて
ゆきました。だけど久しぶりに釣るとやはりエキサイティングですわ!

その頃の名残りか?今までも自らマダイが食べたい~って気持ちにはそこまで
ならなかったものの、久しぶりに釣れた事だし久しぶりに持ち帰ってみよ~
かなぁ~とねっ。なんせマダイは足が早く、特に内臓部からすぐ独特な臭いが
漂ってきますので鮮度のいいうちに神経締め 即、エラから内臓、血合い
まで全て取り除いておきましたっ。


ちなみにJCAはマダイをマズイと感じてるのではなく、単に過去にマダイ
ばかり狙ってたのもあり少々飽きただけで魚自体はご存知のよ~に
非常に美味しいお味を持ってます。(爆)





ささっと三枚おろしにして一部焼き物用に冷凍&残りのサクはスライスして
そのままお造り or 鯛しゃぶにして頂こうかと最初は考えておりましたが、
これらは過去に毎回のよ~にやってた定番の食べ方になりますし同じ生で
頂くにしろ今回はちょこっとアプローチを変えてみようと上の写真のよ~に。

何か美味しそうなのないかなぁ?と調べてると宇和島観光協会のHPに
超~良さげなお手軽レシピを発見!

お造り同様にスライスした身を、醤油、みりん、お酒、ダシ汁で作った調味料と
卵を混ぜ合わせたものに入れて味を馴染ませます。卵は1人分に対して1個。







これを炊き立てのご飯に乗せて、残ったタレも少々、、、

最後にトッピングでもみ海苔、刻みネギ、白ごまといった漬け茶漬けの時と
同じよ~な物をまぶしてできあがり!HPには刻んだみかんの皮もトッピングに
書かれており、実際自宅にも大量に頂いたみかんがあったものの農薬を使ってる
みかんの皮はちょっと、、、と言われてしまいこれだけは却下となりました。
わたくしめはそんなの全然気にしないんですけどね~。(笑)







宇和海産・マダイのひゅうが飯 ♪


この鯛めしはひゅうが飯と呼ばれるのは、HPによると伊予水軍の根拠地の1つの
日振島に残る郷土料理で日振島がなまってひゅうがと呼ぶよ~になったと
言われているそ~な!?初めて知りましたわ~。

マダイに卵と醤油ベースダレが絡んだほどよい濃厚テイストは白ごはんに
よく合い、特にお腹が空いてる時に超~食欲をそそるお味 ♪ 噛めば噛む程
マダイの旨味が出てきて久しぶりに食べるとやっぱマダイは美味しいなぁ~と。


そこそこ良型の個体でしたから余ったら後日ごまダレであえてお茶漬けにでもと
思ってたものの、ひゅうが飯がかなり美味しくおかわり~の連続が起きてしまい
綺麗に完食となりました。同じ切り身を使ってても食べ方を少し変えただけで
様変わりするものですね~!?

こ~やって美味しい魚を頂くと、無性にそれが狙いたくなってきます!(笑)




「ひゅうが飯かぁ ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR