専用ウキ止めゴム?


コレって、、、そこら辺で売ってるウキ止めと一緒ちゃうん!?


現地の釣具屋で初めて見た時の感想はこんな感じでしたが、一応アキアジ作戦
専用!みたいに売り出しているのでゲット&再び手に取ってマジマジと舐める
よ~に観察するもやはりそこら辺で売ってる単なるウキ止めゴム。(爆)





1袋に35個も入ってるってのはお得感がありますし、他の製品でも思うんです
けどささめ針ってパッケージのデザインがイラスト含めいつも熱い!いかにも
釣れそう、、、と言いますか、他メーカーと比べても群を抜いて消費者に
語り掛けてくるよ~なアピール度満点なのばかり。

でも、釣具のみならずどんな分野でもそ~ですが、こ~ゆ~のって大切と
思いません?製品そのもののクオリティーは優れてて当然!あとはいかに
それを上手く宣伝できるかは人の目を引くパッケージデザインだったり、
キャッチフレーズだったりします。

あはは、JCAもまんまとその戦略に引っ掛かってしまいました。(爆)


さて、話が変な方向に逸れてしまいましたが、


まだ始めたばかりのウキルアーなものの、すでに仕掛けにおいてど~にか
ならないものか、、、と毎回思う部分があります。

それは戦場に適したタナを決め、中通しタイプのフロートにそれ以上の動きを
させないよ~制御するウキ止め部!これがまた見事にキャストしているうちに
設定した位置からズレていって最終的に端のスイベル近くまで行っちゃうんです
よね~、、、構造上仕方ないと言えば仕方ないんですけどねぇ。

とりあえず現時点ではチモト部の装飾ストッパー同様、カットしたゴムパイプを
用いて固定する方法、、、それもこれを何重かにして止める事である程度
納得のいく強度を作れてますが、もし今回ゲットしたこのウキ止めゴムの方が
更に強力だったら?ってのを密かに期待してるんですわ~。







なんせ売り文句としても超固定性能!とまでありますからねぇ ♪


毎回ズレが気になるのはフロートの上側のウキ止め部ですから、そこにこの
ウキ止めゴムを3つかましてみました。

1個単体でスライドさせたりするとやはりキャストを繰り返してるうちに動く
のでは?といった印象を受けましたが、3個並べると頑丈に!あはは、
それでも完全固定できる物ではない為、力を加えるとジワリジワリと動きは
しますがキャスト時における衝撃を何度まで耐えれるかについては見ものです。







フロートの下側、いわゆるルアー側はそこまでズレが気にならないので
現行やってますカットしたゴムパイプをひねって通す方法で固定。

まぁ、さっきも書いてましたよ~にウキ止めゴム自体完全固定できる物では
ありませんからアホみたいにこだわりまくっても意味が無い?絶対固定に
こだわるならモトス自体を完全に希望のタナに合わせた長さにしちゃうしか
ありません。ただ、、、いろんなパーツを使ってインプレを得たい!

そんな気持ちからかな?たまに思わぬ発見があったりしますからねぇ。




「大して変わらんで~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR