仕掛け作り?ってほどではありませんけど


海外出張より今朝帰ってきたJCAでございます。

滞在先ホテルにて空き時間を利用して仕掛け作りをしてきましたが、予想に
反してあっという間にできちゃってちょこっと拍子抜け、、、まっ、
よく考えてみると超~単純構造なので即行できて当然!?







なんせモトスラインの片方にスイベルを結び、そこにウキ留め 発砲シモリ玉
フロートウキ 発砲シモリ玉 ウキ留め、そして最後に反対側は
スナップ付きスイベルが来て終了、、、ってゆ~か仕掛け作りというレベルに
まで達してませんでした。どちらかという組み立てって感じ?(爆)

この教えてもらった仕掛けスタイルは戦場に応じてタナを変える事ができる
遊動式となっており、その設定はご想像の通りフロートの上下にかました
ウキ留めで行います。市販仕掛けではウキ釣りではお馴染みの紐状のウキ留めが
使用されている事が多く、他にはゴム製のタイプなど、、、また、地元の方々の
間ではチモト部の装飾を固定する時に使う要領でゴムパイプを薄く切って留める
といったリーズナブルな方法も多用されています。


これらのアイテムは実際に戦場に出る前に注文した物ばかりでして、一応、
いつもの釣具量販店にも行ってウキ留めも事前に揃えておりました。





ただ、この仕掛け形態ではキャストした際に遊動式となっているフロートにも
大きな負荷が掛かる為、それによってフロートの上側のウキ留めが結構頻繁に
設定位置からズレてしまう事が発覚!もちろんその時使わせて頂いた仕掛けも
ゴムパイプで2重に固定してあったもののいとも容易くズレちゃうんですわ。

これは次まで何とか克服しないといけない課題だなぁ~と思いつつ、今回自作を
試みましたが、かなり頑丈に固定できてると思ってもスナップの付いてない方の
スイベルを持ち数回ブンブンと強振を加えていくと徐々にズレてゆくんです!


そこで最初はこれ1個でと考えてた黒いゴム製のウキ留めの外側に更にカット
したゴムパイプをかましたバージョンを作ってみました。

下の写真で黄色のフロートが付いている方が最初に作った物で上のオレンジのが
カットゴムパイプを加えたバージョンになります。





このよ~に二段構えにする事で少々解決された?風にホテルで振っている時は
思えましたが、実践投入するとあれまぁ!?となっちゃうかもしれません、、、
なので先に作った黄色い方をこれから一旦解体&手を加えて強力なウキ留め部に
改良してみよ~かなぁ~とねっ。(笑)


正直なところ、この形態を取る以上、ウキ留めがズレてくるのは必至ですから
ど~しても気になるというのなら上側のウキ留めを取っ払ってそこのタナ専用に
モトスを切って調整しちゃうのが得策とも思えます。

サーフやゴロタ浜からやるのと漁港内とでは水深の差も相当ありますから両方を
視野に入れるならやはりこの誘導式がベスト、、、まずはこれで何度も実践検証
を重ねてみましょう。行き詰ったらモトスからカットの最終手段です!


この先に取り付ける針のジャラジャラ部はそれぞれを連結するだけ ♪





仕掛け作りの工程だけで見れば超~簡単なんですがねぇ。




「ナイロン10号かぁ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR