fc2ブログ

マルアジばっか! 福井県・坂井市 / 福井新港


先に24時間営業のセルフスタンドでガソリンを満タンにしてからコンビニ経由で
戦場まで、、、夜間は走ってる車も皆無に等しくすぐ到着できました。

ど~やらまだ先客も居ないよ~なので、再び車内でちょこっと仮眠をしてから
突入 夜明け時刻のちょ~ど2時間前となる午前4時半過ぎからセッティング
開始となりましたが、いつまで経ってもわたくしめのみで戦場は貸切状態!?







セッティングが完了したら即、1投目をファイヤ~!

オレンジ色の電気ウキの灯りを眺めながらしばらく休憩してると、向こうの方
からキャップライトが続々と見えてきてものの30分もしないうちに戦場は満員に
、、、昨年のお会いしたおじさんなどみなさん地元の方かと思いきや、ちょ~ど
左隣に入ってこられた方は静岡県からいらっしゃったとの事。

目の前には緑や赤、オレンジなどたくさんの電気ウキが飛び交い一気に賑やかに
なったけど、アタリはサッパリ、、、いい日は暗いうちからアタってくるので
ひょっとしたら今日はハズレ!?


定期的に打ち返しをしながらぼ~~~っとしてるうちに空はみるみる明るく
なってきて夜明け、、、最も時合いが訪れる可能性が高い朝マズメを迎えても
沈黙、、、周りを見回しても誰一人魚らしきものは水揚げしておりません。

午前7時になるとみなさん諦めて次々と撤収してゆかれあれだけ賑わっていた
戦場は投げサビキの人はわたくしめのみ、、、他にはルアーマンが2人と寂しい
砂浜に、、、静岡から来られた方は港へ移動して行かれました。


スッ!


今日はダメかな、、、わたくしめも諦めかけてた時に、





ウキが沈んでアジが2連で水揚げ!?


えっ、もしかして今になって群れが回ってきた?超特急で打ち返してウキが
立ったのを確認&糸フケを取っていると、

あれれっ!?もう1個のウキが無い。





残念ながらどれも25cm程度で尺には全然及ばないけどとりあえず本命が
釣れてくれただけでも良しとしないとっ。

きっと同じ群れだからなんでしょ~けど、どれも粒揃いで種類もマルアジばかり
でマアジは1匹も混じりません、、、それでも一時入れ食い状態となり打ち返し
たらすぐウキがチョンチョンしだして沈んで行ったり、そこそこ大きめの個体
だと一気に水の中にウキが消えたりと投げサビキの醍醐味はちゃんと
味わわせてくれて超~楽しいっ ♪


まさに午前8時前くらいからハニータイムは始まり30分近く荒食いが続いて
から徐々にアタリが少なくなっていく感じ?


グッ、グッ、グゥ~~~ッ


シュッ!









釣れる、釣れる、、、マルアジばっかりだけど。(爆)


少し離れた所で竿を振ってたルアーマンの1人がランガンしながらこちらへ
いらっしゃり、これだけアジの群れが回ってきているのにフィッシュイーターの
反応は全く無いとボヤいておられました。

やっぱりルアーって難しいなぁ~としみじみ、、、


わたくしめも今回はルアータックルも持参してアタリが無い時間はルアーを
投げて、、、な~んて密かに考えていたんですが、結局直前になって
今シーズンお初となりますし投げサビキに集中しようと決定。(笑)

ただ単に面倒臭くなっただけって話しもあるんですがっ、まぁ~、またやる気が
出た時にルアータックルも持参しましょう。ど~も二頭追う者は一頭も得ずって
感じがする上、どちらも中途半端になってしまいそ~なんですよね~。









「福井新港」


閑散としています、、、(爆)

午前9時になると、さっきボヤいていたルアーマンも撤収されてもう1人と
わたくしめの2人のみに。

それにしても昨日の夕方くらいまで荒れてたとは思えない程の無風&ベタ凪の
海、、、空は青空が広がって気温もポカポカとなれば最高の釣り日和じゃない
ですかぁ ♪ ニュースで今日は快晴になるのもあり、スギ花粉の飛散が特に
酷いと言っておりましたが、今年は早いうちから花粉症の薬を処方してもらって
対策を取っているので全く!

わたくしめは30台半ばくらいだったかな?それまで全くだったのにいきなり
花粉症になってしまい、以来毎年2月中旬から涙に目の充血、くしゃみに
鼻づまりなどスギ花粉の時期のみ悩まされております、、、スギが終わって
ヒノキに移り変わったら一気にマシになるんですけどねっ。

とにかく花粉症の症状が出たら釣りを楽しめませんからねぇ。


さてさて、話しは逸れちゃいましたが、午前9時を回るとアタリも完全に止まって
しまいマンダムタイムに、、、でもさっきの時合いで数も稼げましたし十分
満足できました ♪ 適当に見切りを付けて撤収しようと身の回りから徐々に
片付けていく中、散発ながらも再びアタリが出るよ~に。


グゥ~!


グッ、グググッ、グッ、、、









あはは、相変わらずマルアジばっか!(爆)


この時合いは一瞬で終わってしまい、また戦場は静まり返ってしまった為、
今度こそ終了の合図だなと思いちゃちゃっと片付けて撤収。

帰り際にずっと粘ってらっしゃったルアーマンに声を掛けてみると、1回だけ
アタリはあったものの途中でバラしてしまわれたらしく、その後はサッパリと
、、、しばらく話していると地元のお兄ちゃんみたく、この界隈じゃ結構
ルアーでもいろんな魚が釣れるとおっしゃてました。

むむむ、次回こそルアータックルを持参すべきか、、、(爆)


ご覧の通り、ぜ~~~んぶマルアジで最大でも25cmと大型は1匹も混じり
ませんでしたが、34匹と数は釣れたので良かったです ♪







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'21サーフリーダー450DX-TL
■ リール: シマノ・ブルズアイ5050
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 6号
■ 仕掛け: 市販遠投サビキ仕掛け
■ モトス: ナイロン 8号
■ エダス: ナイロン 4号
■ 針: 新アジ 9号
■ エサ: アミエビ


「次はマアジが欲しい」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

夜食は豚汁定食で~ ♪


今年も釣れ始めてますよ~ ♪ 現地よりそんな情報を貰って以来、行きたくて
行きたくてムズムズしていたJCA、、、それなのに!

あはは、気付けばスキーの誘惑に負けてしまい海ではなく山へ、、、まぁ、
実際のところは戦場が日本海側ゆえにシケてる日が多くなかなかタイミングが
合わなかったとゆ~のもあるんですけどねっ。

そして、ようやく海のコンディション的に明日はいける!と判断したので、







早速、最寄りの尼崎ICより名神高速道路に乗って北を目指します。


名神を使うのって久しぶりやなぁ~と思いながら走っていくとあっという間に
大阪府を抜けて京都府へ、、、京都に入るとすぐ右手に今話題の!?
ダイハツ京都工場が見えてきます。

ココって今は稼働しているのだろうか?巨大な工場を横目で見ながら真っすぐな
道をひたすら走ると即、京都府も抜けて滋賀県に。


この辺まではスイスイ来れたよ~に思えますが、さすがに滋賀県は長く琵琶湖の
東側を延々に北上&外気温も徐々に下がってきます。













やっとこさ辿り着いた米原JCTで北陸自動車道へ分岐すると、いつもの事ながら
走ってる車が一気に減ってガラガラになっちゃいました、、、

しばらく単調なストレートが続き眠くなってきやすい為、音楽のボリュームを
上げて気合いを入れてGO わたくしめにとってはソロモンの悪夢とも言える
懐かしの高月町に入ってヘイシンモーノポンプの水色のネオンサインが
見えてくるとゴールはまもなく!?


いや、ゴールではなく経由地でした。(笑)


宇和海を始めとする四国方面へ遠征する際には必ず立ち寄って必勝肉うどんを
食べてる豊浜SAみたいに、こちら北陸方面でも必ず立ち寄るSAがあるんです
よね~、、、って、これまでも何度もブリーフィングに登場してますから多くを
語る必要はありませんね。

はいっ、いつもの賤ケ岳SAに到着致しましたぁ。







入口では紫式部が出迎えてくれましたぁ。(爆)

なんか最近電車などの公共交通機関を始め、日本全国至る所でこんな感じの
萌え系キャラって言うんでしょうか?女の子のご当地キャラを見かけるよ~な
、、、ココ、賤ケ岳SAではこの紫式部キャラのグッズばかりが陳列された
特設コーナーまでできてましたし流行りなのかもしれません。


買いもしないのになぜか毎回在庫チェックだけはしているご当地フードの
サラダパンは売り切れ&そのまま山小屋食堂の券売機まで進みお決まりの
豚汁定食をポチッと ♪







具材がクタクタになるまでじっくり煮込んである独特な豚汁は夜食には
もってこいの癒し系メニューで最高~ ♪

わたくしめ以外にあと3人、トラックドライバーらしきお客さんがいらっしゃい
ましたが、みなさん同じこの豚汁定食を食べておられ長年愛されてきてるのが
分かります。早速頬張って必勝祈願を、、、うんまぁ~い!(笑)


最初は何も気にせず食べてたんですが、途中であっ!





お分かりでしょうか?いや、分かるわけないですよねっ。(爆)

前回まで鳥インフルエンザなどの影響によって卵の入荷が困難と書いて
約1年間くらいはず~っとお味が微妙なつみれ団子になってた卵焼きが
いつの間にか復活してるではありませんかぁ!?

しょ~もない事だけどわたくしめにとってはめちゃくちゃ嬉しいっ。


温かい夜食でお腹が満たされたら絶対すぐに眠くなってきそ~なので、さっさと
運転を再開して行ける所まで行ってしまいましょう!

最初のうちは目もパッチリでこれなら余裕で丸岡ICまでぶっ通し運転できるわ~
と思ってたのが、杉津PAを越えた辺りから急に眠たくなってきて北鯖江PAに
イン、、、ほんの10分程度仮眠をして、、、って思ってたのが結構グッスリ
寝てしまい午前3時前にやっとこさ丸岡ICまで到達できました。

ココから戦場までは下道でございます。







「1年ぶりやね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

焼きサバ寿司&シロギスの南蛮漬け ♪


魚専用ストッカー内をゴソゴソ物色していると、大量のキスのストックの間に
1つ異なるパックが混じってるのを発見!?コレは一体なんだろうと取り出して
みると三枚おろしにした小ぶりのサバでした。(笑)

おそらく昨年の春に撃沈した物で、とっくに全て食べ終えてしまってたつもりが
1パックだけ残ってたよう、、、

高出力で超~低温急速冷凍できる業務用ストッカーですから今すぐ食べなくても
全然大丈夫とは言えば大丈夫なんですが、またどこかへ紛れてしまって
見失うのがオチですから今食べちゃいましょうか~。





切り身を見た瞬間から焼きサバ寿司が食べたい!って思ったので、早速両面に
塩をしてバットに魚から出てくる水分が底に落ちるよ~にして冷蔵庫内へ。
これで半日以上置いてから調理開始です。










まぁ、簡単に言えばサバの塩焼きを作って、それを使って棒寿司にしていくって
感じでしょうか?粗熱が取れたらサランラップを広げてサバの皮目を下にした
状態で置き、その上に大葉、ショウガの甘酢漬け、酢飯の順で乗せて最後に
ラップで強く圧を掛けながら包んで形を整えてやれば完成。

この状態のまま1~2時間放置する事によってそれぞれの具材がしっかり
馴染んで切り分ける際に型崩れしにくくなります。


次にストッカー内でサバのパックをサンドイッチしていたキスのパックも1つ
解凍してお気に入りの南蛮漬けも作ります。







何がお気に入りかと言いますと、ズバリ味付けの要となる南蛮酢でございます。
これまでいろんなレシピを参考にして南蛮酢を作って参りましたが、どれも
似たよ~な感じのお味で、、、そんな中、この酸味が少なめでダシがきいて
超~まろやか南蛮酢レシピに出会って久しぶりに感動 ♪

キスに片栗粉をまぶして180℃の油で揚げるところまではいつもと一緒、野菜は
千切りにしたシイタケとニンジンだけで十分!以前、南蛮漬けの定番野菜でも
あるタマネギやピーマンも入れて作ってみましたが、ど~もこの南蛮酢とは
イマイチな感じがしまして、、、

以来、シイタケとニンジンだけになっちゃいました。(爆)


いろんな野菜もタップリ入れて作りたい時は酢がしっかりきいた一般的な南蛮酢
で作る方がいいかと思います。





焼きサバ寿司&シロギスの南蛮漬け ♪


存在すら完全に忘れ去っていたサバが偶然出てきた事によって今夜は
美味しそうな焼きサバ寿司が食卓に並びましたぁ。


これまでも酢漬けにしたり醤油ベースのタレに漬け込んで焼いたりとサバを
使って棒寿司自体は何度も作ってきてますが、塩焼きにしたので作るのは
初めて!?ある意味最もシンプルで絶対過去に作ってそ~な気もしますが
、、、あはは、忘れてしまいました。

塩を打ってラップをせずに冷蔵庫内で寝かせる事によってソフトな一夜干し
みたいになり、焼くと表面はパリパリ&ジューシーな旨味が中に封じ込められ
てる感じになりめちゃウマでございます。美味しい焼きサバに酢飯がコラボして
アクセントに大葉と甘いショウガが来れば言うまでも無く絶品!







パクパク食べているとみるみる無くなってゆきました。(笑)

久しぶりにサバを食べましたが、やっぱり昔からサケなどと共に食卓の定番の
魚だけあってとても美味しく、そしてまたすぐにリピートしたくなるお味、、、
寒くなって釣り物が少なくなってきたらまた狙いに行かないとねっ!


酸味に混じる奥深いダシの風味が何とも言えない南蛮漬けは、何度食べても
やっぱり一番シックリ来るお味かも ♪ 好みだけは人それぞれなのであくまで
わたくしめ的評価になっちゃいますが、

今のところこの南蛮酢がダントツ1位ですねっ。







幾らでも食べれちゃいます!




「サバも狙うの?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

シュガークラフト「ONEFOR90U」


ここまで暖冬だとわたくしめの地元近くのゲレンデはほとんど雪が無くてアウト
、、、まともな雪山を目指すなら一番近くても滋賀県まで行かないといけない
状況下、面倒臭いのでまとまったオフを取って北の大地まで行っちゃう手も
アリ!?当然ながらそんな風にずっと考えてはいたんですが、まだ今シーズン
からスキーを始めて特訓中の相方が居るので、

もう少し近場で数をこなして経験を、、、









まさかココがこんなに重宝するなんて夢にも思いませんでしたけど、常に雪が
あってナイターなら人も少なくていい特訓になります ♪

コース自体は小規模で北海道や他大きなゲレンデに慣れてる人にとっては絶対
物足りなく感じるものの、自宅から車で40分かからないアクセスの良さは魅力!
相方も一通り斜面を滑って下りれるよ~になってきたのでそろそろ本格的な
ゲレンデデビューかな?


あはは、こんな感じで相変わらずスキーに熱中している今年の厳寒期、、、一応
出撃プランも立てたりはしてきてるんですが、気象条件がなかなか許してくれず
爆風だったり大雨予報だったり、、、

日帰り出撃も含め何度か延期を余儀なくされてきております。


それでもちゃ~んと来たる作戦に向けて準備だけは着実に進めており、今回も
お気に入りのルアーメーカーから新製品がリリースされたので早速気になる
カラーを仕入れてみましたっ ♪





シュガークラフト「ONEFOR90U」


現在、わたくしめが愛用しているジグミノーの1つで、海サクラマスを想定した
専用設計が特徴。たくさんの釣り人に使っていただく為に、バルサだった
オリジナルモデルの素材をウレタンに変更してより手軽に使えるジグミノー
として生まれ変わったとのこと。

全長90mm、自重30gに設定し、強い風の中でも遠くまでキャストでき、
アクションはオリジナルモデルと同様スローでロール、ファストで力強く
ウォブンロールして様々な状況に対応できる仕様。フリーフォール中は
バックスライドしながら小刻みにロールするため、フォールアクションでも
しっかりと魚に対してアピールできます。


海サクラマス作戦においては定番と言われているメタルジグよりジグミノーの方
がより使い易く、愛用する傾向にあるJCAにとって、このワンフォアは第一線で
活躍中のジグミノーの1つ!

昨シーズンも好釣果を叩き出してくれたのでもっとカラーバリエーションが
増えないかなぁ~と思ってた矢先に登場したので即買いでした。(爆)

ワンフォア90Uの“U”はウレタンという意味っぽいですねぇ。





使い方はタダ巻きが基本でリトリーブスピードの調整やストップ&ゴーで緩急を
付ける方法も効果的。またロッドワークを使って任意のタイミングでアクション
を入れる使い方も有効で海サクラマス狙いだけでなく湖のトラウトやヒラメ狙い
などにもお勧めとあります。


今回ウレタン仕様でリリースされたのは7色でわたくしめは鮭稚魚、24カタクチ
、マグマ、ラッキーブロッサムピンクの4色をまずは購入してみました。

いつ見ても超~美しいカラーリングでいかにも釣れそうじゃないです!?







あ~~~、早く出撃したくなってきましたわ~。(笑)




「もう釣れてるで~!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

アカアマダイの昆布締め寿司&潮汁 ♪


美味しい魚ってすぐ無くなっちゃう、、、

数が釣れる魚ならいいんですけど、アマダイとなると1匹釣るのも至難の業、、、
そりゃまぁ、運がいい日は複数匹出たりしますし船釣りならそんな釣果も頻繁に
出たりするよ~ですが、投げ釣りではまず滅多にありません。







う~~~ん、程良く脂が乗ってるが特徴ですねっ ♪

大半は昨夜頂いちゃいましたが、今夜の分もちゃんとキープしてありました
ので、早速身をスライスして昆布シートに当てて昆布締めに~ ♪

アカアマダイは獲れたて新鮮な状態から熟成バージョンまで一通り堪能しました
が、よく考えると昆布締めはまだやってない?あはは、過去には何度かやって
ますけど直近ではしてないよ~な気がしたので。(笑)

今回はしっかり昆布風味を乗せて頂きたかったので、午前中のうちに昆布締めに
して冷蔵庫内で最低6時間以上と結構長めに寝かせてからお寿司にしてゆきます。





捌いたアラも取っておいてお決まりの潮汁を。

こちらも超~簡単にできるので驚くほどの美味しさに仕上がるのはアマダイ
だからこそできる業!水と一緒にアラを入れて炊いていくのがコツ。


沸騰してくると共に真っ白なアクがタップリ出てきますからこれを根気よく
丁寧に取り除いて汁が透き通ったら塩を加えて味付け。塩だけでも十分
美味しく仕上がりますが、お好み応じて我が家では醤油をほんの少し垂らして
風味付けしてます。





アカアマダイの昆布締め寿司&潮汁 ♪


身はとても柔らかいけど他の白身魚と異なり脂の含有量が多く、水分自体は
そこまで含まれてないアマダイなのであまり長時間昆布シートに当ててると
浸透圧で必要以上に水分が取られてしまってやや乾き気味?っぽくなって
しまうかなぁ、、、少し心配してましたが、いい具合に仕上がってました。

今回は内側ではなくお寿司の表面に来る方を昆布シートに当ててたので
ご覧の通り、身はほんのり飴色になって昆布締めらしい雰囲気に ♪


お寿司を口元に近付けると昆布の風味が漂ってきてとてもお上品な印象!
その香りを堪能しながら頬張ってみると、、、あ~~~美味いわぁ~ ♪
しみじみと深みのあるお味を楽しみます。







アカアマダイ特有の甘味に昆布の旨味がプラスされて非常に高級なお寿司を
食べてる気持ちになるお味 ♪ 後から心地良い脂のまろやかさが追い掛けて
くる感じでたまりませんわ~。

ってゆ~か、高級なお寿司を食べてる気持ちって、、、あはは、実際に
高級魚そのものを使った料理なので当然と言えば当然ですねっ。


アツアツの潮汁をすすれば素朴なのに濃厚過ぎるダシが身体をほっこり
温めてくれますし、お寿司とほんとよく合いますね ♪





いやぁ、、、ほんと美味しい魚ってすぐ無くなっちゃう。




「次はいつ食べれる?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

アカアマダイ尽くし ♪





アタリが出たと喜べばひたすらイラん魚、イラばかりで、それがようやく
治まったと思えば何も釣れない、、、初日からそんなスタートを切った
今回の遠征。2日目で何とか本命含めまともな魚が釣れてくれたので
結果オーライにはなってくれましたが、やはり厳寒期の釣りは難しい!

持ち帰ってきたこれら2匹の貴重な釣果のうち、イトヨリダイはたまたまマダイ
師匠がいらっしゃったのもありお裾分けさせて頂き、アカアマダイの方だけ
我が家でFISH DINNERに。


シロアマダイと異なり生食にしても程良い甘味と脂の旨味が堪能できる
アカアマダイですから、今回ももちろん生食をメインで頂きたいと考えており
、三枚おろしにした後、お造りとお寿司用に身を切り分けてから余った切れっ端
を集めてタレに30分ほど漬け込みます。







タレは薄口醤油、みりん、日本酒で作った物で漬け込み終えたら洗って水に
しばらく浸しておいた米2合分と一緒に残りのタレを炊飯器の中へ、、、続いて
2合の目盛りになるまでダシ汁(約300ml)を注いで軽く全体を混ぜ合わせたら
身を並べてゆきます。

以上で鯛めしの準備は完了 炊飯スイッチを押すだけ~ ♪


サイズも前回撃沈したのと同寸の50cmありましたらカマもそれなりに大きく、
捨てるのはもったいないので半分に割って今夜は酒蒸しに。





器にスライスしたショウガ1片と出汁昆布を敷いて、その上にカマを置き、
サイドに豆腐や三つ葉など適当な付け合わせを並べたら最後に良質な日本酒、
赤酢、薄口醤油、みりんを混ぜ合わせた物を注いでふんわりラップをします。

このまま電子レンジで蒸すのでもオッケーですが、今回は器より大きいフライ
パンに水を器の1/3程度の高さまで入れて加熱&更にフタをした状態で
20分近く蒸します。1つの目安として20分と書きましたが、魚の目の色が
白くなってきたらほとんど火が通ってるかと。


そして、半身分の背身は今夜お造りにするのでそのままスライスしてお皿に
盛り付けてゆき、もう半身は明日以降にお寿司にしましょう。





アカアマダイ尽くし ♪


ここんとこ宇和海遠征に出る度に大漁はないけど本命のアカアマダイの釣果に
恵まれて、帰還後の食卓には贅沢なディッシュが幾つも!


また、生食も最近お寿司ばかりで食べてたよ~に思えたので、今夜はお造りで
楽しもうと。アカアマダイの身はすだちよりレモンでフレッシュ感を与えて
やった方がより旨味が引き立つよ~に思うのでレモンスライスを添えて。

わさび醤油で頬張ると、口の中に一気に優しい甘味と脂の濃厚さが広がってゆき
めちゃウマ~ ♪ このいつまでも舌に残るまろやかなテイストがクセになります。









とろけてゆくよ~な食味はアカアマダイならでは!


何とも言えないプレミアムなお造りに癒されたら、次は他の加熱ディッシュ
2品も堪能してゆきましょうか~。

前回は興味本位で煮付けにしたものの、やっぱりアマダイ系のカマは酒蒸しに
限るかも!?わたくしめの中にそんな先入観があるだけなのかもしれませんが
、良質な日本酒で蒸してやると魚自体の旨味が最大限に引き立てられて
とてもお上品なお味に感じられますねぇ ♪

カマに凝縮されている脂タップリな身は独特な甘さを纏い少量ずつ頬張って
ても非常に食べ応えのある逸品。ジューシーですわぁ!









鯛めしは最近マダイの身でよく作っていたのとまるっきり同じ調味料&配合に
してどれだけ違うか?食べ比べができたら、、、な~んて思ってましたけど、
あはは、さすがにアマダイと言うしかありませんねぇ、、、

そのお味の差は歴然 ♪


頬張ると共にマダイとは全く異なる甘味が感じられる独特なお味と超~きめ細か
になった純白の身がご飯に散りばめられてる感じでウマ過ぎ、、、昔に
シロアマダイで作った時もヤバい美味しさでしたしここまでしっかり違いを実感
できるのはさすがアマダイだなぁ~と。参りましたっ。(笑)




「絶世のウマさ ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

50cm アカアマダイ撃沈! 愛媛県・伊方町 / 宇和海 (2日目)


午前6時過ぎに鳴り響いたアラームで起床、、、昨夜はめちゃくちゃ早く就寝した
のもあって10時間近く睡眠を取る事ができました ♪

それで今からホテルで朝食バイキングを食べてからゆっくり出発とゆ~プランを
組んでますので2日目は超~楽チン、、、ってゆ~か、昨日があまりにも
釣れなさすぎて完全に心が折れちゃってる状態ですので、変に悪あがき
するよりこ~なりゃのんびり適当にお昼まで釣って帰ろうや~と。(爆)


相方の“O本先生”と食後のコーヒーをすすってからそろそろ行きますかぁ~!

今回はほんと直前でホテルを押さえたのもあり、いつもの宇和島市内ではなく
またまた大洲市内のホテルとなりました。そんなのもあって2日目の今朝は
わざわざ宇和島市方面まで戻るのではなくココからアクセスが近い場所に
しよ~と考えておりました。

週末なのと、こんな時間からの戦場入りですからとにかく人がまず来てない
だろう場所を優先して、今回も結構歩くけど以前まあまあの釣果が出た
あそこまで行ってみよ~かと!





車を止めたらクーラーは持たずに超~軽装備でゴロタ浜を歩き始めます。

延々にゴロタ浜なら根性出せばクーラーも持参できるものの、いかんせん途中で
大きな岩場を登って越えていかないといけないのもあり、その高低差を考えると
やはり無い方が楽、、、


ホテルを出発した時点で完全に夜は明けてしまっており、昨日に引き続き今日も
快晴予報がゆえに浜を歩いてる段階から早々と太陽も昇って青空が広がって
おります ♪ 予報通り気温も暖かくてちょこっと蒸し暑いくらい!?

戦場に到着したら前回と丸っきり同じ位置でセッティングを開始しすぐに
ファイヤ~してゆきます。お互い勝手が分かってるので行動が早いっ!

気合いを入れて2日目の作戦開始となるもアタリは皆無、、、水温もシンカーを
触る限りぬるくて全然大丈夫っぽいけど魚は薄いよう。


攻撃開始から2時間経過、、、


ようやくここでO本先生の竿から鋭いドラグ音が鳴って良型のマダイを撃沈され
、続いてわたくしめの竿からもドラグ音が鳴り響くも、アワセを入れると
乗ってない!?スカ食らっちゃいました、、、

や、やはり唐揚げ丼の祟りか、、、(爆)


ジ~~~~~~ッ


その10分後くらいに再びドラグ音が鳴り、今度はフッキング!







42cm イトヨリダイ撃沈。


本命っぽいドラグ音だったのでめちゃくちゃ期待して慎重に巻いてきたのに
、、、それも42cmとそんなに大きくもない、、、って思ってたらパンパンに
肥えたずんぐりむっくりな体高ある個体でビックリ!

お土産にはありがたい1匹です。(笑)


イトヨリダイって個人的にあまりやいやいドラグは鳴らさずサイズ問わず常に
ぎこちないアタリの出し方をする印象だったんですが、もしかするとさっき
スカ引いたドラグ音の正体もこやつだったのかな?あはは、こやつであった
だろうとO本先生と言いながら次なるアタリを待ちます。

気温も上昇してるし徐々に魚の活性も上りつつあるはず、、、そう信じながら
基本全くエサすら盗られない状況下、雑談をしながら待つ事1時間、次に
ドラグ音が鳴ったのはO本先生の方で結構強い締め込みを見せてたので
そこそこの大物!?な~んて期待するも、

チ~~~ン、、、黒い斜めストライプ入りでした。(爆)









「宇和海」


防寒着を脱ぎ捨てて長袖をまくってちょ~どいいくらいまで蒸し暑くなってきて
今年の2月は異常やわ、、、天気予報で群馬県だったかな?26℃まで上る
予報が入ってましたし、この冬は確実に水温もそこまで冷たく下がらずに
夏に向かうんやろうなぁ、、、2人して日向ぼっこをしながらダラダラ。

午前11時を回ると潮が急に動き始めてラインが流されるよ~になる中、
今まで一切居なかったエサ盗りが湧き始めたのか!?なぜかO本先生の方だけ
頻繁に素バリに、、、返ってきた針には白くネットリとした繊維状の物が残って
ますからおそらくカワハギの仕業。

そうこうするうちに1匹スレ掛かりで水揚げされてますし相当居る!?


ただ、、、すぐ真隣と言っても過言で無い所で竿を出しているわたくしめの方
にはサッパリ、、、スケベ心出して1本をわざわざ小針仕掛けに変更してるのに
エサはそのまま残ってきます。エサも一緒のを使ってるのに不思議、、、

正午が近付いてきてそろそろ撤収時刻やねと話す中、わたくしめのスピンパワー
の竿先が何やらモゾモゾ!?そんな気がしたので、

凝視してると数回ノックしたかと思えば深く押さえ込まれいって、


ジ~~~~~~ッ


さっきのイトヨリダイと一緒のドラグ音?







50cm アカアマダイ撃沈 ♪


ど~せイトヨリやろ~って完全に思い込んでたのもあり、適当に巻いてきたん
ですが、水面に浮いた魚体はもっと赤みが掛かってオレンジ色にも見えるよ~な
魚!?うわっ、一瞬焦りながらもタモを入れてもらい丁寧にランディング。

シロアマダイだとどこか物足りなく感じるサイズだけどそこまで大きくならない
アカアマダイになると50cmあれば立派に感じますねぇ ♪

何はともあれ最終日にて本命の顔を見る事ができてホッとしました。


1匹本命が釣れたとなれば当然ながら延長戦決定となり、エサが尽きるまで
頑張ってみようとなりましたが、午後13時を過ぎてもエサはそのまま、、、

そこから1時間、そして2時間が経過した午後15時半になってもエサは
盗られる事無くそのまんま、、、一瞬、O本先生側でカワハギがウロチョロ
してたのにそれもいつの間にか止まってしまい結局午後16時になっても反応が
無い為、エサ切れする事すら叶わず見切りを付けて終了としました。





長時間頑張りました、、、




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'12スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ フリーゲンTD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 1本針仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 8号
■ 針: ささめ・サーフ真鯛 L
■ エサ: マムシ、アオイソメ


「唐揚げ丼の御利益!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

この海にはイラん魚しか、、、 愛媛県・宇和島市 / 宇和海 (1日目)


この週末は土日共に雨マークも強風予報も一切無しの快晴のよ~なので戦場も
どこでも好きな場所でやれそう ♪

とまぁ、コンディション的には完璧だけどいかんせん週末ですし、一級ポイント
は誰かしら人が居そうな気がする上に一級ポイント 釣れる!という方程式
よりは、わたくしめの中では一級ポイント 釣り荒れして魚が残ってない
、、、って見なす傾向にある為、再び崖を下って難所へ?と提案。(笑)

がしかし、相方SurFreyja“O本先生”は前回チャレンジしてもう
あそこはキツイわ~!という返事になり、それなら先日わたくしめが雨の中、
アカアマダイを撃沈したあのお手軽ポイントでもいっとく~?と決定。


ただ、ここで問題がっ!


今回はわたくしめの釣り専用車ではなくO本先生の大きな長距離エクスプレス
なので、戦場への入口の時点でつっかえてしまい結局そこに車を止めたまま
テクテク歩いて進入する事に、、、前回みたいに足場がぬかるんでいたりは
しないけどヘビー級のタックルを持って距離を歩くので一苦労。

釣り座に到着したら攻撃準備に取り掛かり次々とファイヤ~してゆきます。


ジイイイ~ッ!


攻撃開始から1時間経った頃、いきなりドラグ音が鳴ったと思えば、





イラん魚、イラ、、、


いつもなら撃沈したら即針を外してポイってパターンになるんですが、
何やらO本先生がこのイラに味付けをしてこんな風に料理したら、、、みたいに
道中興味深そうに話しておられたのを思い出して早速贈呈!(爆)

クーラーが重たくなるからとその場で捌いて身だけにして片付ける彼、、、


まさにその最中に再びわたくしめのスピンパワーの竿先が一気に押さえ込まれて
、さっきと丸っきり同じよ~なドラグ音!そしてリーリング中の抵抗も全て一緒
な感じで水揚げされてきたのは予想通りの、





黒い斜めストライプ!


もちろんこやつも水揚げ後即、O本先生ゆき、、、(爆)

するとイラのアタリが彼の方にも転移したのか!?立て続けにドラグ音が
鳴り響いてイラのオンパレード、、、大事な魚やろうしタモいれまっせ~ ♪
とスタンバイするも、イラだけに要らん!と返されて大爆笑。


それにしても今朝はイラしか居ない!?いやいや、前回も確かにイラが連発した
時間帯もありましたから全然おかしくない展開ではあるんでしょ~けど、現時点
で2人で撃沈したイラはすでに5匹となっておりちょこっと多過ぎちゃう?(笑)

本命は出なくてもせめてイトヨリダイくらいアタってくれたらいいのにね~
と話し合いながら一気に見飽きてしまったイラが次々と処理されていくのを
ぼ~~~っと、、、さすがのO本先生ももう要らんとおっしゃってます。

特に掛かるよ~な部分も見受けられないフラット底なはずなのに不思議だなぁ
、、、図鑑などでイラの習性を読んでると群れを成すのではなく単独でいる事が
多いと書いてあるのに、今朝みたいに結構アタり始めると連続で複数匹
アタってきたりするので謎、、、


ジャアアア~~~ッ!


ハァ、、、





もうこれ以上イラは要らんし!


や、やはり昨夜、定番の肉うどんから浮気して唐揚げ丼にしちゃったのが
この負のイラ・スパイラルを招いているのか!?

あ~~~あ、やらかしてしまったぁ、、、な~んて話すも、考えてみれば
わたくしめのみならず必勝肉うどんを食べてたO本先生もそれなりにイラを
水揚げしてますからただ単にイラの大群が押し寄せてただけ?あはは、
そんなのってありえるのか分かりませんけど、とりあえず午前中のうちに
2人で合計7匹撃沈&全てO本先生のクーラーに収まっております。(爆)


まもなく正午となりますが、ここまでで釣れたのはイラのみで他はウミケムシを
除いてエサ盗りは皆無。海の中から戻ってきたシンカーを触ってもそこまで
冷たくもなく海水温の著しい低下も見受けられないとなると、やはり魚影が
薄いって事かな?厳寒期らしい修行の釣りになってますわ、、、







「宇和海」


雲一つ無い美しい青空を見上げると遥か彼方にうっすら月が見えてます。

早朝はかなり冷え込んでたんですが、太陽が昇ると共にみるみる気温も上昇して
20℃に迫るポカポカ陽気に ♪

ここ数日間はずっとこんな感じで2月とは思えないよ~な暖かさで、外で楽しむ
釣りにおいては非常に心地良い環境ではあるものの、同時にスギ花粉の飛散が
もの凄くて花粉症のわたくしめは相当辛い、、、

目は充血して涙は出てくるわ、鼻水にくしゃみと見事ほとんどの症状がっ、、、
例年通りなら3月頭くらいから本格化する印象だったのでまだ薬など対策を
取る前だったので今シーズンは不意打ちでした!とりあえず帰還したら病院に
行って花粉症の薬をもらって来ないと。


初日の今日はホテルで宿泊するだけなので午後からもゆっくり好きなだけ作戦を
続投できます。だけどこの雰囲気じゃ夕マズメまでみっちり粘ったとしても微妙
そ~なので、ホテルのチェックイン開時刻でもある午後15時に間に合って
入れるよう大体1時間前の午後14時くらいまでやってみてイマイチだったら
潔く見切りを付けようと決定。

午後からは何としてもイラ以外のまともな魚が釣りたいと小針仕掛けまで
混ぜて積極的に攻めの釣りをした、、、つもりですが、







努力虚しく釣れたのはこれら2匹のみ、、、(泣)


O本先生の方も似たよ~な状況で1つの針にウミケムシが2匹付いてたと嘆いて
おられてたのが印象的でした。

前回初めて入ってみて予想もしないくらい素晴らしい釣果に恵まれた場所のはず
なのに、、、潮が悪かったのか?魚が居なかったのか?あはは、釣り人ならでは
の貧果時における言い訳をタラタラ言いながら午後14時、撤収となりました。


身も心も!?いや、特に心の方が初日からドッと疲れてしまった為、今夜は
さっさと夕食食べて早めに寝よ~や~という流れとなり、チェックイン後は
O本先生リクエストの大阪大将でアルコール無しでちゃちゃっと食べて温泉に
ゆっくり浸かって就寝となりました。(笑)


あ~~~、肉うどん食べなかった祟りかも!?







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'12スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ フリーゲンTD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 1本針仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 8号
■ 針: ささめ・サーフ真鯛 L
■ エサ: マムシ、アオイソメ


「ド貧果中のド貧果!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

誰しもが納得する暖冬がゆえに


今年は誰しもが納得する暖冬がゆえに水温変化も例年とは異なり最低値に到達
しないまま、すでに再び上昇し始めております。

毎年、シーズンインするとほぼ毎日のよ~に宇和海エリアの水温をチェックして
いるわたくしめですが、厳寒期となる2月から3月にかけては場所によっては
12℃台まで落ちちゃてる水温が今年は14℃台まで落ちたかと思うと今は
もう16℃に向かって上昇中!?

そんな中、今週末は相方ともしお天気と水温的にまだいけそうなら宇和海方面へ
、、、厳しそうなら違う方面へと出撃計画を立てており直前までどこに決定
するか分からないのもあって宿なども予約せずにおりました。


が、これなら当初の予定通りでいけそ~じゃない?


2日前にようやく最終決定&急いで宿を押さえて出撃でございます!







午前0時キッカリに自宅へ迎えに来て下さった相方の長距離エクスプレスに
乗り込んでいざ宝塚ICへ&何やらトラックとバイクの大事故があったみたく
ついさっきまで通行止めだったよ~ですが、ラッキーにもわたくしめらが
高速に乗る頃には解除されてました。

あのHシステムって今もほんとに動いているんやろうか?オービスの前を通過する
時のみ景色もまだ綺麗に撮れるんですが、あはは、それ以外はもう、、、(爆)


車内ではリベンジに燃える相方と初日に入る予定をしている戦場について
あれこれレクチャー&他、いろんな釣り談義で盛り上がりながら長距離
トラック群を次々を追い抜かしてゆきます。















うわっ、あっという間に岡山市内中心部近くまで来た~と、ここまでの所要時間
にビックリしてるや否や即行分岐点のある倉敷JCTまで到達し、引き続き
あ~だのこ~だの雑談してるうちに大橋を渡って四国入りですわ。

確か、、、前回彼とコラボした際はいつの間にか助手席で爆睡してしまい大橋を
渡ってる事すら気付かなければ毎回ネオンサインを綺麗に撮ろうとチャレンジ
しているホテル京都前も気付かず、、、今夜こそは絶対そ~ならないよ~に
頑張って起きてました。

あはは、頑張って起きてて京都前で運転席の相方とネオンサインのコラボ写真を
写そうと試みるも、、、走行スピードが速過ぎて連写したのに全てブレまくり
、、、わたくしめのスマホではスピードについていけませんでした!(爆)


ようやく車が停止した所はもう経由地の豊浜SA。


脂の部分が増えてダシの味すら変わってしまってる感じの必勝肉うどん、
ど~する~?と2人で悩みながらも相方は一応ゲン担ぎやしコレにしとくわ~と
肉うどんをチョイス&他のメニューをチェックしていたわたくしめは店内仕込み
の美味しい唐揚げ!みたいに掲載されてた唐揚げ丼が無性に気になって、
ここにきてついに浮気しちゃいました!?







が、しかし!(爆)


コレって下手すると肉うどんの肉より脂っこいんじゃ、、、苦笑いしながら早速
頬張ってみると、美味しい ♪ 、、、けどおもいっきり脂っこい!

見るからに脂っこいやんと突っ込まれながらも食べましたが、さすがにこの時間
の夜食には重た過ぎて半分くらいでギブアップ、、、これなら肉うどんに
しとけば良かったと思っても後悔先に立たずです!

でも、相方も食べ終わるや否や胸焼けが、、、と。(爆)


ついに揺るぎない信念を曲げて必勝肉うどん以外のメニューを頼んで
しまったJCA、、、今回はド貧果に終わるんちゃうん!?相方に脅かされながら
かなり不安な気持ちで豊浜SAを後に。

不安な気持ちなはずなのに走り始めると即行気持ちよ~くなって爆睡、、、
気付けば宇和島市内中心部のセブンイレブンに到着してました。




「唐揚げ丼は吉と出る?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

久しぶりにサクラマス尽くし ♪


な、なんでそんな何個もあるの!?


キッチンの調味料などのストックを入れてある棚を整理整頓 or ふと目を
やる度になぜか創味シャンタンのカンカンが2個と粉末タイプの袋が1つ、、、
いつの間に同じ物ばかりこんなにも買ってしまってたんだろう!?

あまり中華風のFISH DINNERって我が家では登場しませんし、今
考えても炒飯やあんかけなどに用いるくらいでこんなたくさんストックする
必要は全くありません、、、これは間違いなく無くなってしまったと勘違い
して新たに購入しちゃってた確率が高いわけで、、、だからと言って使って
いかないと減りませんし、賞味期限もありますからなおさら意識しないとっ!


そんなわけで今夜はますのすしが食べたくなってサクラマスを解凍してあった
ので、それの付け合わせに早速創味シャンタンを使ってもう1品作ろうとなり
、同じサクラマスのハラスをピックアップ。







サクラマスの身は半解凍の状態で薄くスライスしてよ~く水分を抜いてから
合わせ酢に漬け込み。そしてますのすし用の円形の型に熊笹を並べたら酢飯
酢漬けにした切り身の順で敷き詰めてフタをしたら重石で圧を掛けて
押し寿司にしてゆきます。

ますのすしはちょくちょく作ってますから詳しいレシピは割愛します。(笑)


続いて問題の創味シャンタンを使ったディッシュになりますが、正直あまり
たくさん思い付く物が無くベタだけどあんかけにしよ~と。

ゴマ油を熱したフライパンの上に小さな角切りにしておいたショウガを入れて
油に香りを移し、そこへ千切り&スライスにしたタマネギ、ニンジン、ピーマン
、赤パプリカを入れてしんなりするまで炒めます。





水と創味シャンタンを加えてシャンタンが溶けてとろみが付いたら火を止めて
あんのできあがり。一旦この状態置いておきます。


お次は解凍してから塩コショウをまぶしておいたハラスに薄く片栗粉をまぶして
もう1つフライパンを用意して表面にほんのりキツネ色の焼き目が付くまで
焼いてゆきます。魚の切り身ならサラダ油を敷きますが、ハラスはおもいっきり
脂が凝縮された部分になるので油はほんの少しフライパンに塗る程度で。

あまり多く入れてしまうとギトギトになっちゃうので要注意!焼いてるうちに
ハラスから脂が滲み出てきていい感じなります。







表面に焼き色が付いたら先に作っておいたあんを入れて加熱&煮込みながら
ハラスによ~くあんを絡めてゆけば完成!


圧を掛けたまま涼しい場所で半日以上寝かせたますのすしはちょ~ど食べ頃
を迎えており、熊笹の上から切り分けて、

今夜のFISH DINNERの2品が揃いましたっ。





サクラマス尽くし ♪


おおっ、和風と中華風ディッシュのコラボって感じかな?

見慣れたますのすしとあまり見慣れないあんかけ、、、いや、同じサクラマスを
使ったディッシュで庄内地方名物のニラ鱒あんかけだったかな?それは
何度か作ったりしてきてますが、あのあんは砂糖がおもいっきり入って
甘いみたらし団子のタレのよ~なあん、、、さすがに創味シャンタンは不要の
別物!ってゆ~かニラ鱒の方がマイナーですね。(爆)


不動の美味しさを誇るますのすしは今回も例の美濃有機すし酢1本だけで
サクラマスの身の酢締めから酢飯まで作っちゃいました。このすし酢は非常に
風味も良くもしますのすしを自宅で作ってみよ~かな?って方にはもってこい。

下手に調味料を配合しながら合わせ酢を作るより遥かに美味しいますのすしが
作れると思います。密かにお勧め~ ♪









ウマい、ウマいと頬張りながら早々に1切れ完食!(笑)


ますのすしも過去にサクラマスのみならず、ニジマス、カラフトマス、
アキアジと釣ってくる様々なサケ科の魚で作ってみましたが、酢締めにした
時の旨味、脂の乗り具合などダントツでサクラマスって結論に至ってます。

だけど、脂が乗り過ぎてないニジマスならそれなりいい感じのが作れるかも?
スーパーなどで販売されているお刺身用のトラウトサーモンの切り身で
できるだけサシが少ない物、、、サシが入り過ぎてると合わせ酢の乗りが
かなり悪くなるのでねぇ、、、見た目もまだら模様っぽくなりがちだし。


美味しさの隠し味として有名な創味シャンタンですから、さすがいい仕事
をしてる!コレを混ぜて作ったディッシュは美味しくないわけがないってくらい
美味しいですねぇ。野菜タップリあんが絡んだハラスは頬張った途端
とろけていくゆ~で、あ~~~、まろやか ♪







あっという間に完食しちゃいましたが、創味シャンタンを使ったディッシュを
もっと研究して消費していかないといけませんわ~。

課題ができました。(笑)




「シャンタンDX!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
フリーエリア