fc2ブログ

明石の海の幸&シロアマダイ ♪





ボウズ逃れはできたけど、、、何とな~く不完全燃焼な気持ちのまま帰還、、、
この続きは来年の戻りシーズンに賭けるか、、、そんな風に思いながらまずは
持ち帰ってきた釣果を捌いてゆきましょう。

3匹撃沈してきた本命、マコガレイのうち一番大きい個体はパンパンに抱卵
したメスで残りの2匹はオス、、、今夜はこれら2匹と1匹だけでしたが
ぶっとい落ちギスを生食で頂きたい思います。


あっ、そ~いえば冷蔵庫内に昨日から漬け込んであったシロアマダイの切り身
があったのを思い出したJCA。







少し前に何年かぶりに作って超~美味しかった幽庵焼きがまた食べたくなって
早速魚専用ストッカー内にあった切り身を解凍して漬け込み。

幽庵地は濃口醤油、みりん、良質な日本酒を同じ割合で鍋に入れて
一旦沸騰させてから冷まし、続いて出汁昆布と小口切りにした鷹の爪、
輪切りの柚子を加えて作り、最後に切り身と一緒にジップロックの中へ。


できるだけ空気を抜いた状態にして丸1日寝かせてやると準備オッケー!
焦げ付かないよ~に弱火から中火で時間をかけて焼き上げると完成。





明石の海の幸&シロアマダイ ♪


うわぁ~ ♪ 今夜も贅沢なFISH DINNERになりましたわ~。

明石産のマコガレイのお寿司にキスの姿造りとこれらだけでもかなり満足のいく
メニューなのに、これにシロアマダイまで加わると最強ですねっ。(笑)


大皿の中央にデ~~~ンと盛り付けられたキスは26cmありましたから
1匹だけでも存在感がありますよねぇ。身はよりボリューミーに感じ、
堪能できるよう糸造りにしてます。

マコガレイの方は最近よくやってた昆布締めバージョンにしよ~か?と思うも、
捌いてみると2匹のオスは身は一切水っぽくもなくおもいっきり締まってた
上、脂もたくさん乗ってたのでそのままスライスしてお寿司に。









どちらも食べた瞬間に淡泊な白身魚、、、って概念を打ち破ってくるよ~な
特徴のある旨味をしっかり持っててめちゃウマですわ~ ♪

調味料を醤油一択にする事でお味の違いが際立ちます。


あ~~~、こんなに美味しいマコガレイとキスなら確率はかなり低くなって
きても引き続き明石で狙い続けたい!誘惑されまくりのJCAでございますが、
考えてもみればこれからはこやつも気になるターゲット。


そう、アマダイですねっ。

紅白問わず顔を見れるだけでもラッキーな希少魚になるも、アカアマダイと
シロアマダイ、、、ご存知の通り結構棲み分けがあるので、どちらを優先的に
狙っていくかと聞かれるとやっぱり遠方まで遠征する以上遥かに高級な
シロアマダイに傾いてしまいます、、、が、今シーズンはアカアマダイを
意識する日があってもいいかなぁ~とも考えております。







身の霜降り具合いが半端じゃないシロアマダイは焼き物にしたら右に出る者
はいません!加熱する事によって良質な脂はジューシーな香りと旨味になり、
感動を与えてくれるまでのお味に ♪

柚子の風味がたまらない幽庵焼きはまさに料亭の味ですわ。




「い~な~~~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

パッとしないまま終了、、、 兵庫県・明石市 / 東二見


時間が時間だけに戦場に到着すると、、、


あれっ!?誰も居ないやん。(笑)


終盤に差し掛かっているからか?それとも釣れてないからか?見渡す限り
人っ子一人おりません、、、ラッキー ♪

相方のSurFreyja“マダイ師匠”と話しながら釣り座をチョイス。彼は
カレイ作戦と並行して泳がせもしたら青物が来るかも?みたいなノリで
活アジも少々持参されていたので潮通しの良い部分に入られ、わたくしめは
少し手前で陣を構えます。


グウウウッ?


1投目から弱々しいけど何やら締め込みがっ、、、





イイダコ!(爆)


近年あまり見かけなかったマダコ、イイダコですが、特にイイダコは
今シーズンはしょっちゅうカレイの仕掛けに掛かってきて大量発生中?
と思えるくらい。まぁ、タコは明石を代表する海産物の1つになりますから、
数が増えてきているのはいい事ですよねっ。

こやつはマダコと異なり火を通してもあまり身が硬くならないのでいろんな
料理に使えますし、当然美味しいのでキープ。


マダイ師匠はなんと1投目から30cm半ばの良型マコガレイを撃沈されたみたく
1匹お土産が確保できたから、これで泳がせ釣りに専念できるわ~とおっしゃり
ながらせっせと打ち返しをされております。


グゥ~~~ッ!


これはおそらく本命のはず。








36cm マコガレイ撃沈 ♪


わたくしめも負けじとアオイソメをマシンガンキャストしてると、それに応えて
くれたのか?超~肉厚なメスが釣れましたぁ。


グイッ、グイッ、グイ


更にラッキーな事に撃沈した魚を締めてクーラーに入れたりしてる間に
、もう1匹居食いしてたみたく仕掛けを回収しようと持った竿から魚信がっ。





ジャスト30cm マコガレイ撃沈 ♪


あっという間に本命を2匹キープできて無事ボウズ逃れもできました。


あとはエサが無くなるまで打ち返し続けるのみ!朝から青空が広がって
最終戦を飾るには最高のコンディションと喜んでいたんですが、、、

午前8時を回った頃からだんだんグレーの雲が空一面に蔓延り始め1時間も
しないうちに暗くどんよりしたお天気に!?確かに事前にチェックしていた
天気予報では終日曇りでお昼前からまとまった雨が入ってたので逆に
考えれば早朝の青空が異例だった!?


ここで不思議な事がっ!


朝イチから毎度の如くエサ盗りがおもいっきり湧いてて投げても投げても
即瞬殺されてしまう状況だったのが、ちょ~ど曇り始めたくらいから
ピタッと止まってエサが残るよ~になってきました。

空も今となっては完全な曇り空!朝イチのあの青空は一体、、、







「東二見」


おっかしいなぁ、、、最初のうちは一方向のみエサ盗りが消えたと思ってた
のがどの方向へ投げても、どの距離帯に投げてもそのまんま残ってきます、、、
仕掛けを回収した際にシンカーを触ってみるも全然冷たくありませんし、
ちょこちょこサビいたりして誘いを掛けてても反応無し、、、

おまけに潮はまだ全然動いていないのに急にラインにヘドロが絡むよ~に
なってきてみるみるうちにラインが汚れてきました。

このリール、PAスピンパワーに巻いてあったのは初夏のマゴチ作戦時に終盤の
方で巻き替えてまだあと1~2回くらいは出撃できる状態だった物ですが、
あはは、ここまで汚れると確実に即巻き替えですね。


また潮の動きに変化が起きたらエサ盗りの活性を上がってくるかも?もちろん
望まれない活性なのでこのままの方がいいんですが、ほんと厳寒期を越えて
水温が底まで落ちた戻りシーズンの海みたい、、、、

一気に暇を持て余すよ~になってしまったので、マダイ師匠の所に行って
状況を伺ってみるもあれからカレイもアタらなければ泳がせ釣りもうんとも
すんとも言わないよう!水温もまだ温かいのでアジはず~~~っと元気に
海底でいつまでも泳いでいるとのこと。(笑)


グッ、グッ、グッ、、、


しばらくして陣地に戻ってみると何か付いてるかも!?





28cm マコガレイが居食いしてました。


更にお隣竿にも何やら付いてる感じで回収してみると26cmのキスがこれまた
居食い、、、いや、アタリは竿先に出てたのかもしれませんけど、わたくしめが
陣地から離れていたので気付かないまま。(笑)

午前11時になってもエサ盗りの活性は上がる事なく長時間放置してた
アオイソメもそのまま、、、この感じじゃまず持参したエサを全て使い切れない
ので持ち帰って塩イソメにでもしよ~かなぁ~と思ってるとマダイ師匠から
正午になったら片付けようと提案があり、賛成~!


一応、今回で地元における乗っ込みカレイ作戦は終了にするつもりですから
最後まで気を抜かず攻めのスタイルで打ち返して、、、そう自分自身に
言い聞かせながら広範囲を探って、かつ誘いも頻繁に掛けたりしましたが、
結局その後反応は無いまま終了。

釣れただけ良しとしないといけないけど、もう1匹くらい大判が欲しかった!







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'98スピンパワー405BX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・レッドファイター 8号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 4号
■ ハリス: サンライン・トルネードSV-I 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: アオイソメ


「不完全燃焼?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

乗っ込みカレイ最終戦


俺も1回くらいは行ったろうかと思ってんねん!


わたくしめが地元明石へ出撃する度に釣果報告をすると毎回そうおっしゃって
おられたあるお方、、、そしてついに明日に行かれる!って話しになり、
前日 or 当日に電話をしてみると、何だかんだうにゃうにゃしてるうちに
今回はや~~~んぺとなってしまい行ってへんわ~。(爆)

そんな返事が返ってきて、またわたくしめや他の釣友らの釣果を報告すると、


俺も1回くらいは行ったろうかと思ってんねん!


このフレーズに戻って再び似たよ~な過程を経て結局行かずにを繰り返し、
気付けばもう12月になっておりました。


そんな最中、その方とは異なる釣友から今回をラストにもう1回だけやって
おきたいというお誘いを受け気分は次なるターゲットにシフトしつつあった
わたくしめではございますが急遽、明日出撃する事になりました。

早速、俺ももう1回くらいは行ったろうと思ってんねん!と連呼されてた方に
お先に行く事になったんでまた釣果を報告しますね~と連絡を入れると、
頑張ってき~や~というエールに続いて、


→ 俺も来週こそは行ったろうかと思ってんねん!


(爆)


果たして乗っ込みシーズン終了までに彼の出撃は実現するのでしょうか!?

もし予定が合えばコラボしましょうと以前から話してたんですが、ど~やら
一足お先にわたくしめの方が出撃&シーズン終了になっちゃいそう。

あと、少し前から急に仕掛け回収時にヘドロがたくさん絡むよ~になってきて
道糸の汚れ&劣化も著しく特にナイロン2号だと即アウトっぽく思えるよ~に
なってきてる中、さすがに今から新しいラインに巻き替えるのも微妙だし、、、
そんな事を考えてる時にふと目をやったもう1つの近場出撃専用リール、
PAスピンパワー、、、おっ、使いさしのラインが残ってるやん!


午前4時前に我が家にいらっしゃった相方とまずはエサの仕入れ。







釣友のクラックさんが愛用&イチオシのアカイソメにしよ~かな?と悩むも
アオイソメに比べてアベレージサイズが太くて長い特徴が個人的には
少々使い辛く感じてるのと、乗っ込みシーズンは完全に球数勝負って
ところもある為、少しでも数が多くなるいつものアオイソメで。(笑)

今回はかなり遅めの出発になってますから果たして入りたい戦場が空いてるか
ど~か分からないものの、とりあえずこれで地元における乗っ込みカレイは
一旦終了にしよ~とわたくしめは考えております。


その後はすぐ最寄りのICより阪神高速3号神戸線に乗って西へ。







夜中とゆ~よりは早朝って時間帯になってるのでいつもより交通量も多めかも?
と思ってましたが、ガラガラで一気に神戸市内中心部まで到達。明石方面へ
出撃する際には毎回通るこのド派手ネオンが続く急カーブもこれにて
しばらく見る機会も減るかな?


今時期になると産卵モードに入って口を使わないメスも多くなってきてる
でしょ~し、最終戦の今回は高望みはせずとりあえずボウズだけは回避
できたらオッケーとゆ~気持ちでいきましょう。

もちろん釣れてくれればサイズ問わず超~美味しいFISH DINNERの
食材になりますし、少し遅れて接岸してくる傾向にある身の締まったオスが
釣れてくれたらお造りやお寿司など生食でいけますしねぇ ♪











わたくしめ単独や釣友のO本先生と出撃する時は必ず朝食は温かくてできるだけ
ちゃんとした物を食べて行きたいとなるんですが、今回の相方は食べ物より
アルコールだけ切らさず手元にあればそれでオッケーみたいな方なので
恒例の吉野家には寄らずにコンビニで適当に買い出し。

戦場も近くになり、


俺も1回くらいは行ったろうかと思っててん!


いやいや、きっと魚は来て欲しくはありませんよ~!と爆笑しながら突入。
シーズン終盤にしてようやく彼のフレーズが現実となりました。(爆)




「ついに彼の夢叶う!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

サクラマスの炒飯 ♪







ジャジャ~~~ン ♪


今はもう廃番となりシマノのカタログからも消えてしまったキス専用クーラー
、、、キスの引き釣りに必要な様々なアイテムがフル装備されているこちら、
ラッキーにも新品在庫を発見しまして即購入して参りました。

もちろん現行に発売されているクーラー&アクセサリーラインナップからでも
ベースとなる好きなクーラーをチョイスして、それにサイドボックスなど
アクセサリーとして単品ずつ揃えていけば同じ仕様にはできるものの、やっぱり
最初から専用としてリリースされているモデルの方が助かりますよね。

わたくしめも現在9Lと12Lの2種類を所有しておりますが、メインは容量が
たくさん入る12Lなので今回予備用としてもう1つゲットできて超~嬉しい ♪
もしかしたらまたキス専用クーラーの新製品が発表されるのかもしれません
けど、とりあえず予備もあれば当分安心でございます。


はいっ、このクーラーは押し入れに片付けて、

FISH DINNERネタに移りましょう!キッチンに目をやると頻繁に視界に
飛び込んでくる複数個の創味シャンタン、、、以前にも書いてかと思いますが、
1個あれば十分な上にそんな頻繁にも使わない調味料になるのになぜか複数個
、、、古くなる前にできるだけ意識しながら使うよ~にしないといけません。





ってなわけで簡単にちゃちゃっと作るべく小さめのサクラマスの半身を解凍して
塩をして15分、、、ほんとは昨夜のうちから塩をしておく方がより旨味が
アップしたんでしょ~けど、急に思い立ってなので今回は即席で対応。(笑)

身から出てきた水分を拭き取ったらサッと日本酒にくぐらせて魚焼きグリルに
入れて焼いてゆきます。

焼き上がったら皮と骨を取り除いて粗めにほぐしておきます。


次に溶き卵にマヨネーズを入れて少量のサラダ油を熱したフライパンで軽く
炒めてスクランブルエッグを作る要領でまとめ、一旦取り出し&そのフライパン
に再びサラダ油を敷いてみじん切りにしたタマネギを炒めます。







タマネギが透き通ってきたらサクラマスの身と創味シャンタンを加えてペースト
が全体に行き渡るよ~に引き続き炒めます。

そしてご飯と刻みネギ、取り出してあった卵を入れて強火に切り替えてご飯が
パラパラになるまで炒めれば完成。


お味見をしてみて薄味に感じたのなら塩コショウで整えます。





サクラマスの炒飯 ♪


創味シャンタンを使うとなると中華ディッシュがメインとなり、あんかけや
今夜みたいな炒飯がメインになってくるけど逆に炒飯を作る時には
創味シャンタンがあるのと無いのとでは仕上がりが全然違いますよねっ。

ほんとお手軽に誰でもプロのお味に仕上げれるのが魅力。


もちろんサクラマスじゃなく市販のサケを焼いたのでも鮭フレークでも
作れちゃいますし、ご飯と卵、タマネギだけで十分美味しくなるので
忙しい時にももってこい!

早速、アツアツなのを頬張ってみると、







う~~~ん、デリシャス ♪


シンプルだけど炒飯ってたまに食べるとめちゃくちゃ美味しく感じますよね。




「ほんとお手軽ねっ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

シュガークラフト「ハイライト」





デ~~~ンと目の前に登場した立派なオマールエビとアワビ ♪

今夜は久しぶりにちょこっと高級な鉄板焼きのお店に行って神戸牛を
メインにした贅沢なコース料理を頂いてきました。


こ~ゆ~お店って目の前で焼いてくれるのが雰囲気もあっていいんです
よね~。まずは前菜でスモークしたマダイに野菜類ととびっこがコラボした
洋風カルパッチョが出てきて、それに続くかのよ~に初めに見たオマール
エビとアワビの焼き物がっ。

醤油バターソースが絡むアワビはコリコリ食感で噛めば噛むほど旨味が
滲み出てきてめちゃウマ ♪









オマールエビは超~マイナーな地元ネタになっちゃうんですが、阪急電車の
西宮北口駅近くに鉄板ビストロオマールというお店があり、そこで振る舞われる
オマールエビをメインにした料理がとても美味しくたま~に行ったりしてるん
ですけど、そのお店に負けず劣らずのお味で感動 ♪








メインディッシュの神戸牛も言うまでも無く最高で、程良い霜降りのお上品な
ジューシーさが堪能できる絶品でした、、、近年、この神戸牛を食べる為に
来日する外国人も増えてきてますし日本が誇る高級牛肉になりますよねっ。

店主曰く、その分、同じ兵庫県で生産された但馬牛の中でも神戸牛の規定に
達してない肉を神戸牛と謳って出してたり、完全にバッタ物を出すお店も
増えてきてるそ~で神戸牛と書いてるだけではなかなか信用できない所も
あるみたい、、、まぁ、わたくしめはそこまでお味の差が分からないので
とりあえず美味しければそれでハッピーかな。(爆)


コースなので他にもたくさん出てきてデザートを食べ終わる頃には満腹 ♪
ほろ酔いになりながら滅多に乗らない電車で帰宅すると、


北海道からレターパックが届いてるわ~!?







シュガークラフト「ハイライト」


全てウエイトは45gです。

まだ今シーズンが終わったばかり?聞けば網走界隈では未だに釣れてるみたい
ですが、来シーズン用に補充しておきましたっ。

わたくしめの場合、アキアジ作戦では45gをメインウエイトとして愛用しており
、状況に応じて35gなどより軽いルアーや逆に遠投したい時や向かい風の中
戦う際には50gを導入するなど使い分けてきておりますが、基本45gで
ほとんどの戦場において十分カバーできてる状態。


その上、このハイライトは空気抵抗の少ない鋭いシェイプから45gでも
50gを用いる時と同等の飛距離が出せてるので今シーズンから使ってみて
一気にお気に入りになった為、大量に仕入れておくことに。

オホーツク海をメインフィールドに戦うわたくしめにとってはカラーは定番の
ブルピンと食い渋った時用のブラックシェルの2パターンがあればオッケー
と感じておりますので、それらをメインに注文。





特にブルピンは今シーズン、下地がシェル仕様のブルピンシェルとベタ塗り
っぽいマットブルピングローを使い比べてみたんですが、マットブルピンの
方がより釣果が出たので今回はそれを多めに補充&ブルピンシェルの方も
裏面がシルバーではなくグローゴールドなるバージョンが追加されてたので
そちらをチョイスしてみましたっ。


あとは、黒アワビ信者!?にとって絶対外せないブラックシェルと新色の
ミラーブラック、そして同じく新色のセクシーピンクシェルグローとサクラ
サケSPも見ててちょこっと気になったので一緒に ♪

サーフからの作戦だとランディング時でもそこまで傷付いたりとダメージは
少ないものの、いかんせん、わたくしめがよく連れて行ってもらってる戦場の
ほとんどがゴロタ石の浜か完全に岩場 or 岩盤の上からとなりすぐ
ボロボロになっちゃうんですよね、、、







こ~やって美しいカラーリングのルアーを見てると使うのがもったいないなぁ~
、、、なんて思えてきちゃうんですけど、ルアーも消耗品!ガンガン使って
釣ってこそ意味がある!毎回そう自分に言い聞かせてフィールドへ
持ち出しております。(爆)

また来シーズンもアキアジ、たくさん釣れたらいいなぁ~。




「充電期間に突入」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

マコガレイの昆布締め寿司&煮付け ♪





今日は午前中がポッカリ空いてた為、普段乗りの車の空気圧を調整してもらいに
ディーラーへ。空気圧センサーの値をチェックしてると右前のタイヤの空気圧が
若干低いよ~に思えたので覚えてるうちに対処しておこうと!

オーナーズラウンジでは茶~をしながら作業終了までダラ~~~っと、、、
途中からは担当のセールスに気になってる車についてあれこれ詳細情報を
聞いて参りました。


ちょ~ど次に乗り換える際の候補としてこの11月に発表された新型も入っており
、まだ展示車は入ってきてないものの、カタログは到着してると伺ってたので
それを見ながらど~しよ~かなぁ~?と。





結局のところ、現時点での仕様だと後部座席に座ってる人のみがラグジュアリー
で運転席や助手席に関してはそこまで、、、まぁ、おそらく運転手付きの
コンディションを前提に設計されているんでしょ~けど。(笑)

ただ、オープニングのこのグレードでは確かに会社などでの運転手付きという
想定なのかもしれませんが、次回のマイナーチェンジ時におそらく一般向け
、いわゆるアルヴェルみたいな使い方のできる仕様も加わる可能性があると
聞きそれを見てからでもいいかも?

釣りにも使えるように、、、とゆ~よりはとにかく空間の広い車種が希望なので
悩んじゃいますねぇ、、、


さて、昨夜に引き続き今夜のFISH DINNERもマコガレイ!


お寿司用に昆布締めにした1匹の半身が昆布シートに当たったままの状態で
冷蔵庫内でスタンバイしてますから、酢飯だけ用意すればすぐに握れます。





長時間放置すると身の水分が浸透圧で昆布に吸い取られて表面がやや乾き気味?
生ハムチックになっちゃう事があるので大丈夫かなぁ~と心配してましたが
、昆布シートに当てるのを身の片面だけにしていたのもあり1日程度じゃ全く
乾いたりもせずいい具合に昆布風味が乗ってそう ♪


もう1品は以前捌いて煮付け用に真空パック冷凍してあった同じく肉厚な
マコガレイの切り身があったので、煮付けを~。

醤油、みりん、酒、砂糖のお決まり調味料で煮汁を作り今回はアクセントの
ショウガは入れず代わりに若干砂糖の割合を多めに甘辛く仕上げましょう。





沸騰した煮汁に飾り包丁を入れた切り身を入れて落としブタをした上で
更に上からフタを被せて8分間加熱&ダブルでフタをする事によって
これだけの時間でも十分身の芯まで火が通ります。


8分経ったら身だけを取り出して煮汁だけで引き続きお好みの濃さになるまで
煮詰めてゆけば完成。濃いめがいいならしっかり煮詰めてやるとストロング
テイストに!逆に薄めな味付けがお好みの場合なら煮詰めずそのまま
身にかけてオッケー。

ちょ~ど切り身を入れて落としブタをしてから3~4分経ったところで適当な
長さにカットした長ネギも加えてこちらも魚と一緒のタイミングで取り出し。





マコガレイの昆布締め寿司&煮付け ♪


連日明石のマコガレイのお寿司が食べれるなんて改めて思うとなんて幸せ
なんでしょう。昨日あれだけたくさん堪能したのにまだまだ食べたくなる
ディッシュ、、、一度このお味を覚えたら忘れられなくなります。


昨日頂いたのより更に長時間昆布シートに当ててあったのもありしっかり
昆布風味が感じられるとゆ~のはシートに接してた切り身の裏側を見れば
一目瞭然!美しい飴色に変わってました。

ただ、お寿司にしてしまうとシャリに当たる内側に来ちゃう為、表面の方は
そこまで色が変わってませんから分かりにくいかも。

頬張ってみると、、、う~~~ん、昆布の香りを常に感じながら絡み合う素材と
昆布の旨味を独り占めできてる気分 ♪ 文句無しの美味しさです。









肉厚なエンガワが付いてる個体でしたのでこちらはお造りで頂きましょう。


そしてもう1品の煮付け、、、なんですが、あはは、自分では写真を撮ってた
はずなのにど~やら撮ったつもりのまま即食べ始めてたみたく後で
チェックしてあれ~~~!?っと、、、(笑)

こちらも毎度の事ながら大変おいしゅ~ございました ♪




「煮付けは王道や~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

マコガレイの昆布締め寿司&唐揚げみぞれ煮 ♪


わたくしめの近場出撃は作戦問わず基本、午前中のみの短時間集中コース
になる事が多く、今回もまたお昼までにエサ切れを迎えお先においとま、、、

車を発進させた頃には午前11前になっており、お腹が空いてきてたので
帰り道とは逆方向になるけどそこまで遠くもない距離だったのもあり、
久しぶりに加古川市内にある地元名物のかつめしの老舗へ ♪

ちょこっと混んでたものの、待たずに入れたので当然かつめしを、、、





と思いきや、あはは、メニューの写真を見てるうちに有頭エビ、ビーフカツ、
コロッケが乗ったザ・洋食!みたいなロッキー定食が気になり始めて
結局そちらを注文。(笑)


パンパンにお腹が満たされたら眠くなる前に即お店を後にして加古川バイパスへ
、、、いつも通り阪神高速3号神戸線はハーバーランド付近では8kmの渋滞
が入ってたので7号北神戸線に逸れて中国自動車道を経由して宝塚ICより
帰還して参りました。

そしてすぐに持ち帰ってきた魚の下処理まで済ませてからゆっくり、、、





明石産のマコガレイを以前、お寿司にするとめちゃウマだったので今回もまた
同じメニューで~ ♪ だけど、ちょこっと雰囲気を変えて堪能したかったのも
あり今回はまず先に昆布締めにしてから握ってみる事に。

撃沈した2匹のうち大きく肉厚な方をお寿司用にして、五枚おろしにしたら
スライス&握った際に内側になる面、片面だけを昆布シートに当てて
サランラップをしたら軽く圧を掛けた状態で冷蔵庫内へ。


小ぶりなもう1匹の方は頭は落とさずそのままエラ~内臓まで取り除き、
片栗粉を薄くまぶしてたら170℃の油で揚げてゆきます。





お寿司用に使った大きい個体はメスで、ぶっとい卵が入ってたのでこれも
一緒に揚げちゃいましょうか~!(爆)

最後に醤油、酒、みりん、砂糖、だしの素、水を鍋に入れて煮立たせてから
大根おろしを加えて作ったタレをかけてできあがり。


今夜も市販の昆布風味の寿司酢を使って酢飯を作り、せっせと握っていけば
お寿司も完成。想像してた以上にたくさんの切り身が取れて、一度に食べきる
より昆布で締める時間を変えた2バージョンを食べ比べてみるのも面白いかも?
となり、とりあえず今夜は約半分!

昆布締めにして2時間程度の身を使って~。





マコガレイの昆布締め寿司&唐揚げみぞれ煮 ♪


お~~~!豪華なマコガレイ尽くしになりましたねぇ。

お寿司もいつもより多めですしお腹いっぱいになるまで堪能できそう。出撃の
後に美味しいFISH DINNERが待ってるのは本当に幸せな事ですし、
その喜びがあるからこそまたすぐ出撃したくなる、、、あはは、春夏秋冬
美味しい食材を求めてこの繰り返しですね。


表面ではなく裏側のみを昆布シートに当ててたのと、まだ2時間くらいしか
経ってませんからそこまで身自体の色は飴色っぽくはなってないものの、
鼻を近付けてみるとほのかに昆布の香りが感じられる ♪

とてもお上品な印象を受けます。









醤油を少しだけ付けて一口で頬張ると、、、絶品やぁ~ ♪

産卵が近付いて卵に身の栄養素が取られて身自体が若干緩くなりがちな
時期の個体にはなるけど、さすが明石産だけあってまだまだ引き締まってた
上に、昆布締めにする事で更に余分な水分が抜けてちょ~どいい締り具合い
でございます。昆布のお味も軽く乗ってて最高のバランス!


思い出してみれば唐揚げのみぞれ煮も昨年から久しぶりに食べたいと思い
つつ、いつの間にか忘れてしまってたディッシュ、、、たまたま野菜室に大根の
切れっ端が少しだけ残ってるのを見つけてハッと思い出しました。(笑)

甘さがやや強めの煮汁と大根おろしのコラボは食欲を掻き立てるウマさで
カレイの唐揚げと非常によく合いますね。いくらでも食べれちゃうわ~。









卵もこ~やって食べると煮付けとはまた違った感じでGOODですね ♪




「みぞれ煮、好き~!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

2匹でも釣れたので良しと、、、 兵庫県・明石市 / 東二見


先週、宇和海遠征の帰りに残ったアオイソメを使い果たすべく明石に寄り道して
戦った朝の数時間、、、そこでまさかの50cmのマコガレイが釣れてビックリ!

仲間内で場所や仕掛け、エサ、アタってきた状況など詳細情報をシェアしながら
ひょっとして今になって大型の個体が多く接岸してきてるのかも、、、そんな
予想を立ててるうちに居ても立っても居られなくなった相方!

あはは、早速今朝コラボする事になりました。(爆)


逸る気持ちを抑えれない相方ことSurFreyja“クラックさん”は昨夜の
午後21時は戦場に到着してたそ~で気合いの入り方が違います。

そして、わたくしめが戦場に到着した午前5時半過ぎにはまだ真っ暗なのに
すでにタックルを組み始めて即ファイヤ~!逆にわたくしめは極細のアナゴや
ゴンズイなどお呼びでない夜の外道を避けるべくある程度明るくなってきてから
しか攻撃開始となりませんので、ゆっくりセッティング。(笑)


グゥ~~~ッ!


おっ、この締め込みは?







39cm マコガレイ撃沈 ♪


夜明け早々、心地良い重量感と締め込みと共に良型が顔を見せてくれましたぁ。

驚くほどに超~肉厚な個体だった為、ランディングした直後は余裕で40cm
オーバーだろうと思ってたら、実際には1cm足りませんでした。(笑)

ここまで身がパンパンに膨れ上がった体高のある肉厚個体はまさに明石ならでは
で、こ~ゆ~よ~な個体が釣れる時期が毎年乗っ込みカレイシーズンのピーク
タイム!最盛期だとわたくしめは考えております。


何はともあれボウズ逃れできたのと、またお寿司が食べたいなぁ~と思ってた
のでベストサイズが釣れてくれました。


その後、時合いかと思いながら必死に打ち返すも後には続かず、ひたすら
エサ盗りの猛攻、、、まぁ、このエサ盗りに関してはいつもの事なので2人共
慣れっ子ですから気にせずガンガン打ち返し。

クラックさんにも早いうちに1匹釣れてくれたら気が楽になるのになぁ、、、
そんな話しをしている最中、何やら強く締め込みますわ!?となり、あっさり
42cmの立派なマコガレイを撃沈されました ♪







「東二見」


ご覧下さい、この笑顔。(爆)

良かったや~ん、おめでとう ♪ と2人して喜びながら今朝は魚の活性が高い
かもしれないし、まだまだデカいのが出るかも?

めちゃくちゃやる気モードになって次々とアオイソメ、ニヤニヤが止まらない
クラックさんはアカイソメを投入してゆきます。


あっ、そうそう!の写真をご覧になってもお分かりになるかと思うんですが、
クリアーカラーのラインがヘドロでめちゃくちゃ汚れてるんです、、、一昨年は
かなり酷ったものの、不思議にも昨シーズンはシーズン通して皆無、そして
今シーズンも前回の出撃時までは一切付着してこなかったのに今朝は
仕掛け回収時に結構な量が絡んできます。

これって付着するとラインの色も変色すれば、ラインと接しているライン
ローラーを始めリールの至る所に飛び散って汚れるのでうっとうしいんです
よね~。帰還して入念に洗ってやれば綺麗になるもののナイロンラインに
関しては乾くと艶消しっぽくなって即コーティングはアウト、、、近場出撃
とはいえ即行巻き替えたくなります、、、


さっきのクラックさんの撃沈劇から1時間後の午前9時に再び彼の竿が
曲がって今度は良型のイシガレイ。

わたくしめも何年か前にココでイシガレイを撃沈した事はあるものの、大半は
マコガレイで滅多に釣れないイメージがあるんですが、やや細長い典型的な
シルエットと黄土色のボディに、あれ?っと思いました。(笑)


グッ、グッ、、、グ~~~ッ


本命っぽいけどあまり締め込まないなぁ、、、





26cm マコガレイでした。(爆)


そりゃこのサイズなら重さも締め込みも弱いわけですわ。

ただ驚きなのが、やっぱり明石産とゆ~だけあって30cm未満の小ぶり
ながらも体高だけはかなりあるんです!まさにずんぐりむっくりという
表現がベストマッチする個体。


サイズはともかく今朝は超~いい感じちゃうん ♪


本命が1匹釣れるごとに2人して盛り上がりながら時間も忘れてせっせと
打ち返すも、気付けば、えっ、、、エサが終了!?

あはは、釣りに夢中になれてたのは素晴らしい事なんだけど、終わって
みれば2匹のみと盛り上がってたわりにはちょこっと寂しい釣果、、、おまけに
今朝はお持ち帰りできるよ~な外道すら釣れませんでしたし、ひたすら
エサ盗りにエサを与え続けただけ!?(爆)

まぁ、2匹でも釣れたので良しとしないとねっ。







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'98スピンパワー405BX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ サーフリーダーSD CI4+35
■ 道糸: 東亜ストリング・サーフストリングEX 2号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・レッドファイター 8号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 4号
■ ハリス: サンライン・トルネードSV-I 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: アオイソメ


「ついにヘドロがっ!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

そろそろ終盤、、、





あれっ、もしかして雨が降ってた?


天気予報では雨マークなんてどこにも付いてなかったのに、、、ひょっとして
通り雨かなんぞで一瞬だけ降ったのかも?

確か駐車場に車を止めた10時間前には乾いてたはずの地面が、午前4時半には
水溜まりまでは無いけど濡れている、、、車に乗り込んでエンジンをかけたら
まずは暖房をオン!さすがに残暑厳しかった関西圏も夜間の気温は10℃前後か
1桁台かどちらかになってきております。


そして、次は気になる天気予報をチェック。

う~~~ん、やっぱり雨マークは見当たりません、、、とりあえず車を出して
阪神高速道路の乗り場に向けて走り始めます。


パチパチパチ!?







出発してすぐ、神戸ハーバーランドに向けて架かる国道2号線のバイパスを
通過する頃になると急に大粒の雨が落ちてきてみるみる激化!?上には
屋根の如く建造物があるにも関わらずワイパーを動かさないと視界が
見え辛くなるくらいの本降りに。

その後、昔からあるこの辺じゃまあまあ大きい釣具量販店の前を通過して
柳原ICより阪神高速3号神戸線に。


ちょ~ど高速に乗った頃が最も酷くゲリラ豪雨並みの降り方となり、このまま
ずっとこんな感じで降り続くなら嫌だなぁ、、、な~んて思いながらも、
すでに相方は昨日のうちから戦場入りして待ってくれておりますし、
ドタキャンはできません。(笑)











ラッキーにも派手派手ネオンの急カーブを抜けてトンネルをくぐると、
あれまぁ~ビックリ!須磨JCTの手前でピタッと止んでしまいました。

ってゆ~かココは路面が乾いてて降った形跡が無い!?


通り雨的なもので良かった、、、


ホッとしながら第二神明道路に入って真っすぐ西へ。その後も一応、路面の
状態は気にしながら走ってましたが、やはり雨が降った形跡は無し!







終点の明石西ICまで30分かからず走り抜けて下道へ。

まだ午前5時ですから夜明けまで1時間以上もありますし、今朝も余裕で
温かい朝食を食べれそう ♪ あはは、常にこちら方面に来る時はこの
ルーティーンになっちゃってますけど、朝食って大事ですからねっ。


お店に入ると、おはようの次はしっかり朝食を ♪ ってフレーズも流れてます
し今朝もしっかり朝食を取ってから戦場入りしたいと思います。(爆)







毎回メニューを見た瞬間、一瞬悩むも結局いつもの特朝定食に、、、




「鮭と納豆の誘惑 ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

マコガレイの煮付け&シロアマダイのカマ焼き ♪


昨年に引き続き超~ラッキーにも今年も地元明石でゴーマルマコガレイを
撃沈できましたっ ♪ このサイズを北日本ではなく地元で出せた事がとても
嬉しく、そして価値ある1匹と思っております。

今シーズンは開幕戦から4匹釣れて、2戦目で46cmが飛び出したので当たり年
か!?と思いきや、3戦目となった前回は30cm満たない小ぶりなサイズが
2匹のみ、、、また釣友らからの情報でもイマイチっぽい印象なので型狙いは
難しいかなぁ~と思い始めてた矢先でした。





長寸もあれば体高も半端じゃない程ある肉厚な50cmで、おまけにパンパンに
膨れた卵を持った抱卵個体だったのもあり、さすがに生食で頂くよりは加熱
ディッシュの方が美味しいかなぁ~、、、と思い、ベタですけどこのサイズの
カレイでよく作る煮付けにしよ~かと。


火が通りやすいよ~に幅をやや細めにカットして醤油、みりん、日本酒、砂糖
というお決まりの調味料で作った煮汁の中へ。

アルミホイルで作った落としブタをしてから更に上からフタをして蒸し焼き
にする要領で素早く芯まで火を通します。弱火で長時間煮るという手もある
のですが、最近ハマってる作り方では魚は7~8分程度で火を通して取り出し
、煮汁だけを煮付けて濃いめのお味に仕上げております。





あっ、あとこれはその日の気分に応じてになるんですが、今回は濃厚な煮汁の中
にもスッキリした爽快感が少し欲しくてスライスしたショウガも入れてます。


マコガレイの切り身1切れだけでも特大で食べ応えありそ~でしたから、下手に
あれこれたくさん作らないでおこう、、、そう思いつつとりあえず冷蔵庫の中を
チェックしてると、あ~~~!コレだけは早めに食べてしまわないと。

隅の方に置いてあったので忘れてしまうところでしたが、





シロアマダイのカマ。(笑)

サイズ的にもそこまで大きな個体でも無かったのでど~しよ~かなぁ~?と
思うも、やっぱり高級魚ですからもったいないとなり半分に割ってキープ
してありました。シンプルに塩焼きにすると美味しいんですよね~ ♪


こちらは塩を馴染ませてから同量の日本酒とみりんを混ぜ合わせた物に
くぐらせてじっくり焼いていくだけ。

魚焼きグリルから漂ってくる濃厚な香りはまさにジューシーそのもの!ここまで
魚なのに魚っぽくないよ~な風味、そして食味と感じるのはシロアマダイなら
では ♪ 同じアマダイだけどアカアマダイともまた違ってますねぇ。





マコガレイの煮付け&シロアマダイのカマ焼き ♪


ちょこっと分かり辛いかもしれませんけど、マコガレイの身1切れとシロアマダイ
のカマを見比べてみるとカレイのサイズ感が分かりますよね。一応シロアマダイ
も48cmありましたのでそこまで小型ってわけではありませんし。

どちらも美味しそうなFISH DINNERになりました ♪


まずは肉厚なマコガレイの煮付けから頬張ってみると、噛んだ瞬間はフワフワな
食感が伝わってきて続いて程良い弾力が感じられてめちゃウマ!

身自体は芯まで火が通ったらすぐ取り出してますからそこまで煮汁は浸透
してない状態なのでこのお味は素材そのものが持つ旨味と言えます。純白に
近い美しい身を濃いめに仕上げた煮汁で頂くと口一杯に幸せが広がります。







卵には煮汁を少し多めにディップして頂くと、これまた至極、、、

魚卵の煮付けもたまに食べると美味しいですねぇ ♪ 粒が非常に細かい卵
ですから頬張った途端にホロホロ~と溶けるよ~な感じで崩れていくのがまた
GOOD。身と一緒に食べても最高ですしどちらも白いご飯が欲しくなります。


やっぱりポイせずキープしといて良かったぁ~ ♪ できあがってからより一層
そう思えたのはシロアマダイのカマ焼きで、ご覧の通り頭の部分には結構
たくさん身が詰まってて十分食べ応えありそう。







レモンをキュ~~~っと絞って頂くと塩のみで味付けしてるとは思えない
ジューシーテイスト ♪ アマダイは焼いたり、蒸したり、焚いたりとやはり
加熱調理する事により素材の旨味が引き立つ魚だと毎回実感させられます。

薄味に感じた時にと醤油と大根おろしも準備しておりましたが、全く必要
ありませんでした!特にカマ周辺に詰まってる身は引き締まってる上、
脂を含め旨味が凝縮されてますから塩のみで十分。

霜降りのステーキを食べてるよ~な錯覚に陥っちゃうかも!?(笑)




「ステーキ食べたい!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
フリーエリア