fc2ブログ

56cm マゴチを濁りの中から! 京都府・舞鶴市 / 日本海


ココに来るのって何年ぶり!?気になって自分自身の投げ釣り戦記ブログを
見返してみると2007年に訪れて以来ですから16年ぶりとなります。

16年も前となると戦場の雰囲気もほぼ忘れかけており、最新の航空写真を
見ながらキャップライトの灯りを頼りに突入、、、とりあえずまだ暗いうちに
釣り座を確保する事ができたので良しとしましょう。


陣地に着いたら早速三脚を立てるべくバケツで水汲みから始まりますが、


んんっ、濁ってる?


そこそこ高さのある堤防の上からキャップライトで照らしながらですから
確実ではないけど、おそらくこの透明度の低い色といい間違いなく濁りが
入ってそう、、、梅雨真っ只中ですし断続的に雨が降れば濁りも入るかも、、、
でも、この辺に大きな河川など真水が流れ込む所ってあったっけ???





気になるけど今からまた場所移動も不可能ですし、まぁ、エサも前回で余った
塩イワシオンリーで来てますから朝マズメからやってみてダメならさっさと
撤収すればいっか~。(笑)


攻撃開始早々、エサ盗りチェックをしてみるとほとんどが素バリ!?


一体何が居るのだろうと何度か打ち返していると微妙な重さとブルブルする
抵抗と共に水揚げされてきたのは、





フグ!?


こやつだけはどこでもおりますねぇ、、、それもまあまあ大きめな個体で
こんなサイズが群れてたら塩イワシもそりゃ即行盗られてしまいます。

だけど今朝は余ったエサを消費するのが目的な上、量も結構ありますから
マシンガンキャストしてればいい感じで消費できて一石二鳥!?あはは、
フグにエサやりに来てるわけではないので本命も釣れてくれないと
困りますけどねっ。(笑)


太陽が昇るにつれてフグもおとなしくなってきたみたく攻撃開始直後は全ての
仕掛けが素バリにされたりしてたのが、だんだん無傷で残ってくるよ~に
なりました。時刻は午前6時半過ぎ、、、


ジ~~~イイイッ!


突然、スピンパワーの竿先の押さえ込まれてゆきドラグ音。





56cm マゴチ撃沈 ♪


過去にココではマゴチ自体狙った事が無かった為、果たして釣れるか?
心配でしたが、とりあえず1匹撃沈でホッと。

まぁ、ベイトとなるキスを含めた小魚が居て海底が砂地ならどこでも釣れる
よ~な気はしますが、やっぱり自分自身の過去のデーター内に実績が
まだ無い場所はど~しても不安になっちゃいますよね。


それと濁りですが、

想像以上に酷くて透明度もあと少しでゼロになりそ~な色、、、完全に明るく
なり、うわぁ~、、、こりゃ酷いわ!ってなってた矢先に1匹釣れたので
逆に驚きながらもやっぱりマゴチに関しては海のコンディションがそこまで
良くなくても居ればアタってくる魚なんだなぁ~と実感。







「日本海」


午前8時にもなるとカンカン照りになって気温も急上昇!?今日のこの辺の
最高気温は33℃まで上るみたいで、すでにめちゃくちゃ暑い、、、焼ける
よ~な日差しが照り付けて長時間やってると熱中症になりそう、、、

ここまで暑くなるのならむしろ雨に打たれても直射日光が無い日を選んで来た
方が今時期はまだ幾分楽に釣りができますわ。


そんな中、また地を這うよ~な典型的ドラグ音が短く鳴り響くも、それっきり
何の反応も出なくなってしまいしばらく様子を見た後にアワセを入れて
みましたが、スカ、、、何も乗ってませんでした。

朝イチからず~っと潮が動いていたのも午前9時を回ると干底を迎えたみたく
止まってしまい、それと同時に再びフグの猛攻がっ!?


みるみる塩イワシは無くなってゆき、あと10匹程度でおしまいってとこで
わたくしめの方が先に暑さに耐えれなくなって終了。おそらくこのまま粘って
いても無理っぽそ~でしたし、セミの鳴き声があちこちから聞こえる灼熱地獄と
身体じゅうから噴き出してくる汗、、、

ボウズ逃れはできたことですしさっさと帰ってお風呂に入りま~っす ♪







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'98スピンパワー405BX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 孫バリ仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 8号
■ 針: がまかつ・チヌ(黒) 8号
■ エサ: 塩イワシ


「最近暑すぎでしょ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

一旦解凍して再び冷凍って、、、


何としても今シーズン中に自宅のエサ専用フリーザー内に残ってる1年落ちの
イワシパックを全て使い果たしてしまおうと一気にたくさん塩締めしちゃった
のはいいんですが、、、日帰り出撃な上にエサ盗りもろくに居なかったと
なればかなり余らせてしまうのは必至、、、

そんなにたくさんじゃなければ面倒臭いし撤収時に海に放流して帰ってくるも、
さすがに半分以上余ってしまうともったいないので持ち帰って冷凍庫へ。





でも、


よく考えてみると、

冷凍した状態で売られているイワシを解凍 塩で締めて戦場へ持ち出して
余ったのを再び冷凍ってど~なん!?少なくともわたくしめの中では
一旦冷凍した物を解凍してそれを再び冷凍するってのはど~もイマイチな
印象しか無くさっさと使ってしまいたくなってきました。


それなら再びいつもの香住へ?


そんな考えが頭の中に浮上するも、たまには他の戦場に行ってみるのも
新鮮でいいかな~?な~んて気分になりまして、香住より遥かに近いエリア
に久しぶりに行ってみよ~と ♪





あはは、どっちにしても日本海側になる為、高速道路の乗り場はいつもと
変わらず宝塚IC!数日前にこのETCゲートをくぐったばかりなのに
またやって参りましたっ。(爆)


今回予定しているエリアへ行くのは何年ぶりになるでしょう!?

出発するのがちょこっと遅くなってしまったのもあり、万が一先客が居た時の
事を考えて一応2ヶ所の候補地を視野に入れておりますが、ほんと片方の
戦場は10年以上前に行ったきりですからアクセス路やら戦場の雰囲気などが
変わってないか心配、、、


いつも通り中国自動車道から舞鶴若狭自動車道に分岐して兵庫県北部を
目指します。ただ、今までと異なっているのはいつもなら途中の春日ICで
北近畿豊岡自動車道に乗り換えるのをそのまま通過して福知山方面へ。













超~美味しいコロッケが食べれる六人部PAでトイレ休憩、、、今は当然お店は
やってないけど帰りに再び立ち寄ってコロッケを絶対買おう!


自宅からの距離が香住に比べて近いってのもあり、全く眠くならずに第1候補の
戦場まで到着するも、平日なのにすでにキャップライトが5~6個動いてるのが
見えて断念 急いで第2候補地へ車を走らせるも、なんて運が悪い事か!?
こちらもすでに波止の先端部にキャップライトが見えて先客アリ、、、


どうしよう、、、


予想外の展開&状況に困り果てながらも、ここまで来て何もせずに引き返す
のもさすがにアホなんでどこかやれそうな場所を急いでスマホの航空地図で
検索 夜明けまで刻々と近付いているのもあり現在地からそんなに遠くない
範囲内で探して早速移動開始。





出端をくじかれちゃったので、


竿が出せればもうどこでもいいですわ~!(爆)




「先客はエギンガーか?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

マゴチの薄造り ♪







帰宅するとポストに投函されてた茶封筒、、、発送元のロゴが印刷されていた
ので即行何か分かりましたので早速オープン ♪

アキアジを反対から読んだ“ジアキア”というネーミングのサーモンスプーン、
今回仕入れてみたのはジアキア ノーススタイル45LSGのTYPEハーフ
グロー(高輝度/長時間発光モデル)でハーフグローブルーとハーフグロー
ブラックの2種類。

もちろん一度も使った事が無い製品になるも、このグローカラーに以前から
ちょこっと興味があったのでとりあえずお試しに購入してみました、、、って
ゆ~か今年もアキアジシーズンが刻々と近付いてきてますね。


さて、数釣りができたのもあり今夜のFISH DINNERもマゴチに
なりますが、薄造りに昆布締めと生食が美味し過ぎて3日連続でも
食べたい!そんなわけで再び薄造りで頂きましょう。





こんな感じで皮を引いてから一旦ラップに包んで冷蔵庫内で30分程度寝かせて
やると、身から少し水分が出てきますのでこれをキッチンペーパーで
拭き取ってからスライスしていくとより美味しく仕上がります。


この間に引いた皮に熱湯をかけて、すぐに氷水に取り一気に冷やします。

そして流水に当てながら皮目を指でゴシゴシ擦ってやると残ってた細かいウロコ
も全て綺麗に取る事ができますので、この作業をやってから水気を取って
細長く切り分けて湯引きに。


マゴチはまさにフグの如く頂くのが美味しいのでてっさのよ~に薄くスライス
してお皿に盛り付けていけば完成。ポン酢が非常によく合いますから
お好みでもみじおろしと刻みネギなどの薬味を添えて召し上がれ~。





マゴチの薄造り ♪


最近、てっさ用のお皿を入手したのでそれに盛り付けてみるとほらっ、てっさ
みたいな雰囲気になりましたぁ!(笑)

なぜ2皿あるか?って、、、あはは、実は1皿は友人にお裾分けする予定でして
こんな感じになっております。魚釣り自体は全くしない友人ではありますが、
昔から魚料理、特にお造りが大好きなのでたくさん釣れた時はぜひ欲しいと
リクエストが入ってたのでねぇ。


いつも一緒!これと言って変わった所もございませんが、薄造りに皮の湯引きと
安定の美味しさを誇るディッシュが今夜も食卓に並びましたぁ。









薄くスライスされた身で薬味の芽ネギや刻みネギをクルっと包んで
もみじおろしも少々、、、そしてポン酢に浸けて頬張ると、、、


ウマ過ぎでしょ!?


あ~~~、この美味しさ、、、やみつきになるわ~ ♪




「ほんとてっさみたい!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

マゴチの昆布締め&タレ焼き ♪


昨夜はマゴチ尽くしを頂いた後、夜からちょこっと約束が入っており、めちゃ
くちゃ久しぶりに阪神高速に大阪の中心部でもある大阪駅周辺まで、、、

時間が時間なだけに走ってる車は少なかったものの、雨が酷すぎて途中南国の
スコールのよ~になって視界は真っ白な雨一色!スピードダウンしないと
運転するのすら怖くなるくらいになってました。





帰宅する頃には雨雲が去ったのか?だいぶマシになってましたが、先日の
どしゃ降りの戦場といい今年の梅雨は昨年より更に雨が多く、そして各地で
線状降水帯まで頻繁に発生してるくらいですから激しい降り方をしてますね。

灼熱地獄よりは遥かにマシなので、あえて雨天など悪天候を狙って出撃計画を
立てよ~と考えてた今日この頃、、、だけどさすがに昨夜みたいな降り方に
なるとヤバイ!?梅雨時期はお天気が読めませんしこの先の出撃は
どのよ~にしよ~か?悩んじゃいます。


さて、今夜のFISH DINNERももちろんマゴチでございます ♪


カレイ類と異なり長時間寝かせてしまうとちょこっとお味がクドくなってしまう
傾向がある昆布締め、、、程良く昆布風味を乗せて頂くと格別なので、身を
スライスした後片面だけを昆布シートに当てるよ~にして半日以下で。





できるだけ空気を取り除いてサランラップで包んだら軽く重しを乗せて
冷蔵庫内で熟成させます。


と、こんな風にお造りとして頂くのは骨がほとんど入ってない尾っぽにかけて
の部位となり、お腹周りの胴体部は今夜も加熱ディッシュで頂きましょう。

昨夜の唐揚げがかなり好評だったので再び唐揚げ?とも思いましたが、焼きフグ
を真似した焼きマゴチもまた食べたくなって早速濃口醤油、日本酒、みりん、
そして山椒パウダーで漬けダレを作って漬け込み~。

あとは魚焼きグリルの中でタレを何回か重ね塗りしながら焼くだけ。





マゴチの昆布締め&タレ焼き ♪


お~~~!今夜もまさにマゴチ尽くしと言うべきゴージャスなディッシュが
食卓に並びましたねぇ。自宅用に5匹キープしたうち2匹だけカマの部分を
置いておき、昨夜に続いて今夜も姿造り昆布締めバージョンにしてみました。


我が家には主に昆布締めが昔から郷土料理の1つとして愛されてきている
富山県で仕入れた昆布締め用昆布シートを何種類か使い分けており、以前
サクラマスを昆布締めにした際にちょこっと触れてましたが、昆布シートも
メーカーによって塩分がタップリ含まれてる物から気にならない程度の
程良い物まで結構違ってたりします。

今回のマゴチは身自体に旨みが溢れてるのと、サケ科の魚とは異なり塩を
する事によって更に旨味が引き立つ感じでもないよ~に思えてるので
あまり塩分を含んでないベーシックな昆布シートをチョイス。









ほんのり昆布風味が乗って色も昆布締め特有の飴色にそこまでならない
程度に仕上げるのがわたくしめ的には理想でしたのでいい感じ~ ♪

昆布締めだけはポン酢のみならずわさび醤油でも美味しく頂けるので紅たでと
わさびも添えてチョイスを増やして頂きます。あと、こちらは昆布シートで
サンドイッチはしてませんが、美味しいので皮の湯引きももちろん一緒に~ ♪


少し分かり辛いかもしれませんけど、今回は2枚の昆布シートを使っており、
スライスしたメインの身は片面だけ当てて締めて、ちょこっと分厚い切れっ端の
部分などは中で両面からサンドイッチしてみました。





写真で見てる面のみならず中央、そして裏面にもミルフィーユの如く身が
所狭しと並べてあるので遠慮せずパクパク食べれちゃうのが嬉しい ♪


醤油と山椒の絶妙なハーモニーがこれまた焼きフグを思い出させるタレ焼きも
多くを語る必要はありません!ホクホクな身を頬張るとシンプルなのに
超~豊かなお味が広がって美味し過ぎでしょ~ ♪

すだちを少し絞って頂くとフレッシュ感が加わってとてもお上品なお味に。







近場でこんな美味しい魚が釣れるなんて幸せ~ ♪




「梅雨時期の楽しみ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

マゴチの姿造り&唐揚げ ♪





どしゃ降りでも魚の活性はやたら高く、午前中だけで6匹もマゴチを撃沈できた
昨日。1匹をご一緒して頂いたマダイ師匠に贈呈して早速5匹を捌いてゆきます。

マゴチって頭がでっかくて50~60cmもあればオオサンショウウオの特大
バージョンみたく食べる所もたくさんありそ~に見えるも、そのでっかい頭は
ほとんど身が詰まっておらずメインは胴体から尾っぽにかけて。

そのお腹周りも骨が他の魚とは少し違った感じで複雑に入っている為にお造り
などまとまった身が取れるのはちょ~ど肛門辺りから尾っぽにかけてのテーパー
状になってる細長い部分のみ、、、なのでいくら大型とはいえ1匹当たりから
取れる身は想像以上に少なかったりします。


夏のフグと言われたりするくらい今が旬で非常に美味しい魚ですから、当然
新鮮な個体はお造りで食べます ♪


また、胴体の部分はちょこっと見栄えは悪くなってしまうものの、頑張って
変な形状をしたあばら骨を全て取り除いて今夜は唐揚げに~。













以前他の魚で作って超~美味しかったので今回も同様に先に北海道限定のめんみ
に30分ほど身を漬け込んで下味を付けてから調理開始。

漬け込み終わったら表面の余分なタレをキッチンペーパーで拭き取ってから
片栗粉をまぶして170℃に熱した油で揚げてゆきます。


お造りの方はてっさの如く薄くスライスして盛り付け、また引いた皮も熱湯を
かけてから一気に氷水に取って湯引きに。カマはほぼ食べる所が無いので
ポイ対象になっちゃうものの、こ~やって姿造りにしてやれば雰囲気も
出ますし少しは活用できるかな?(笑)





マゴチの姿造り&唐揚げ ♪


さっきも書いてましたよ~に、一見オオサンショウウオに似ているマゴチは
結構グロテスクな部類のルックスにはなるものの、よ~く観察してみると
目はとてもつぶらで憎めない可愛らしい顔をしてます。

またグロテスクな魚ほど美味しいとよく言われる通り、この魚も一般的に
淡泊と言われる白身魚なのに独特の旨味があって一度にたくさん食べても
飽きが来ないのが特徴!


ポン酢と相性が良く、もみじおろしに薬味も数種類あればまさにフグ料理を
食べてるよ~な感覚でマゴチてっさを堪能できます ♪











皮の湯引きもマジ旨!

よくネットでマゴチの食べ方を調べてみると皮を引かずに厚めにスライスして
クッキングバーナーで皮目を炙った焼き霜造りがお勧めであったりするん
ですけど、個人的にマゴチは皮は結構頑丈で硬く、炙って焼き霜にしても
硬さが残る?ややゴリゴリっとした食感がど~も好きになれないんですよね~。

湯引きにすれば噛んだ食感はソフト寄りのコリコリで、どこかプルンとした印象
もあってお味もめちゃくちゃ美味しい。こちらの方がお勧めですねっ。


加熱ディッシュは前回作ったタレ焼きも人気ですが、唐揚げも負けず劣らず
美味しくてやみつきになっちゃいます ♪

下味を付けずにそのまま片栗粉だけをまぶして揚げて、岩塩でシンプルに頂く
バージョンも言うまでも無く最高で、どっちにしよ~か迷ったものの、今夜は
めんみで下味バージョンの方が若干勝ってチョイス!









身のみならず撃沈した全ての個体はメスで卵が入ってたのでそれらも一緒に
唐揚げにしちゃいました。最初は卵だけは煮付けにしよ~かと考えていたん
ですが、途中で面倒臭くなって、、、(爆)

サクッとした衣の下からはフワフワの白身が出てきて、ほんのりめんみの風味が
乗ってこれは絶品です ♪ 卵と交互に頂くと同じ唐揚げでも食感からお味まで
異なっているのでバラエティー豊かで超~美味しい。


夏のマゴチ尽くしで満腹&幸せな気分になれましたぁ ♪




「いいなぁ~!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

60cm マゴチ頭に6匹! 兵庫県・香美町 / 香住





午前4時過ぎにセットしたアラームの音でハッと目覚めると、すでに辺りは
薄明るくなってきておりました。ハンディ扇風機をず~っと回しながら
寝てたので涼しくて超~グッスリ寝る事ができました ♪

夜中じゅう、攻撃をされていたSurFreyja“マダイ師匠”に状況を
伺ってみるとイマイチパッとしなかったとの事、、、とりあえずまだ
わたくしめは竿を並べただけで仕掛けは投入してませんので、虫に警戒
しながらテントから外に出て塩イワシをセット&ファイヤ~してゆきます。


全て投げ終えると超特急でテントの中へ逃げ込み入口のファスナーを
キッチリ閉めて待機、、、すると10分もしないうちにマダイ師匠がついに蚊が
アホみたいに飛び始めたで~!とおっしゃり、メッシュの部分から外を
見てみるとあちこちにヤブ蚊がっ!?

ゾッとするよ~な光景を打破すべくメッシュ越しにキンチョールを散布して
次々と近寄ってくる蚊を退治 しばらく戦っていると気のせいかも
しれませんけど不思議と数が激減してくるんです。


ジ~~~~~~ッ


ドラグ音?







59cm マゴチ撃沈 ♪


遠くで何か音が聞こえたと思えばマダイ師匠からアタったで!という掛け声が
あり、脱いでたモスシールドジャケットを羽織ってテントから出てみるとすでに
プロサーフの竿先は深く押さえ込まれたままの状態で再びドラグ音が
鳴り始めてました。

これはもう乗ってるだろうとなり、即アワセを入れてリーリング開始&重量感
や締め込み方からおそらく本命と。


まだ午前5時10分ですから、今朝はかなり早くアタってきたよ~に
思えます。他の戦場とは異なりココって本命が動き出すのって結構遅め?
な印象があり、わたくしめの中では早くても午前7時以降からアタリが
出始める事が多いよ~な感じ、、、

でもまぁ、早いうちから本命が釣れてボウズ逃れできるとどこかホッと
できるので、とりあえず隣の竿を上げてみてエサがのそのまま綺麗に
残ってる事を確認したら再びテントの中へ!まだまだ油断のできない時間帯
ですからアタリを待つ間は常に蚊をシャットアウトできるテント内が安全 ♪


うわぁ、ついに降ってきたわっ!


30分もしないうちにマダイ師匠が外から教えて下さり、テント内なら天井を
見上げると最初はパチパチ程度だったのがみるみる強くなって
バチバチバチッと!一気に本降りになってきました。

所有する本格的なモンベルのテントなら雨除けにフライシートなども付属
してますが、今朝のは安価&軽量なポップアップテントとなり水が浸透してくる
生地なのでこれ以上は意味が無いと判断し、即行片付けます。おそらくここまで
降れば蚊もまず飛んで来ないでしょ~しねぇ、、、


ジッ、ジ~~~ッ!


外に出て傘を差した瞬間に目の前のプロサーフからドラグ音!?







52cm マゴチ撃沈 ♪


時合いかもしれないのでランディング後、すぐに針を外して新しいエサを
付けたら打ち返し。

仕掛けが着底してドラグを設定&三脚の上に竿を置いた途端再び竿先が深く
押さえ込まれてゆきドラグ音が短く鳴るも、アワセを入れるとあれれっ!?
乗ってない、、、いわゆるスカです。(爆)

マゴチってヒラメに比べて捕食が下手な魚ですから、結構こんな感じで
エサを咥えて走り出すものの、しっかりフッキングまで至らずスカを食らったり
、アワセを入れてこちらから掛けていくと変な所に掛かっていたりも時々
あります。めちゃくちゃ食いが立ってる個体は針ごと飲み込んできますけど
、ど~も個人的な印象では前者のパターンの方が圧倒的に多いよ~な、、、


朝イチの時合いは去ったかな?と思いつつ、激しくなる一方の雨の中、
マダイ師匠と今日は何時頃までやるか?話し合ってると、


ジイイイ~~~ッ!


何回かサビいてかなり手前まで来てた仕掛けに、







56cm マゴチ撃沈 ♪


今朝釣れてくる個体はどれもメスっぽくお腹周りがパンパンで太い!

それにしても、、、快晴で無風&ベタ凪なまさにピーカンコンディションがよく
釣れると一般的に言われたりしてる魚ですから、こんな悪天候じゃダメなん
ちゃう?な~んて最初のうちは先入観から思ってしまいますが、今思えば
過去にも連日の大雨で海はコーヒー色に濁ってゴミだらけだった時でも
数釣りできた日もありましたからあまり関係無いのかも。

むしろこの戦場においては悪天候の方がいい釣りができてる気がします。


冬の冷たい雨ではなく夏ですし、どれだけずぶ濡れになっても風邪は引かない
でしょ~から傘さえあれば余裕、、、降り始める前まではそう話していたんです
が、実際に降り始めて激化していくゲリラ豪雨はかなりキツイ!?

雨雲レーダーを見てみると午前7時を迎えた現在、降水量は21mmの雨!
って表示されており、この状態が少なくともあと1~2時間続く予報、、、
あ、ありえん、、、唯一助かったのは雷を伴う雨雲が近くに発生してない
事でしょうか。一応傘は差しておりますけど、ほとんど意味が無い、、、







「香住」


ザアアア~~~、バチバチバチバチという激しい音が断続的に続き今にも
心が折れちゃいそ~になるんですけど、3匹釣れてますから頑張れるところ
まで頑張ります。(笑)

雨雲の動きによって激雨とはいえ数分間だけ降り方がマシになるタイミング
があり、それを見計らって竿を持って反応をチェックしてみたり打ち返しを
したりと動きに制限がかかるもなんとか攻撃は継続中。

マダイ師匠は最初のうちは傘を差しながら作業をされていたはずが、いつの間
にか面倒臭くなった!?あはは、もうすでに2人共ずぶ濡れ状態なので
途中から傘無しでひたすら雨に打たれながら戦っておられます。(爆)


しばらく沈黙が続き、午前8時半になる頃に、


グッ、グッ、、、


ジ~~~~~~ッ!


ふと目をやった一番端の竿に変化があり、続いてドラグ音!







55cm マゴチ撃沈 ♪


心が折れかけてきてる最中にまた本命が釣れてしまうと一気にやる気が
復活!?さすがに傘を差したままやりとりは難しいのでこの時だけは
傘を置いてになりますが、、、

不思議とこんな時だけは雨が気にならないっ。(爆)


魚をスカリにほ~り込んで新しいエサを付けようとしてると、背後からドラグ音
らしき音が聞こえたよ~な、、、聞こえなかったよ~な、、、気になって
一体どの竿だろうと見回していたら、


ジィ~~~ッ!


今さっきアタった竿と同じ三脚に置いてあったもう1本のプロサーフから!







60cm マゴチ撃沈 ♪


ショートでぎこちないドラグの鳴らし方だったので他の魚か本命でも小型では?
アワセを入れるまではそう思ってたのが竿を持った途端、もの凄い勢いで
底へ向かって突進してラインを引っ張り出していったのでビックリ!?

よく肥えたぶっとい個体はタモに入ってからも相当暴れまくってヒヤヒヤ
させられましたが、無事ランディング。


えっ!?


こ、これはヤバイでしょ!


こやつもスカリに入れて、上った状態だった2本の仕掛けを再びファイヤ~
した直後に南西方向から異様な音を放ちながら真っ白な雨のカーテンが
こちらに迫ってきた!?









急いで近くに置いてあった傘を差して対処しますが、対処しきれないレベル
の雨量で瞬く間に足下は水溜まりの域を超えて川のよ~に流れてます、、、
時刻は午前9時過ぎ。

予報通りこれからが最も激しくなる時間帯で現在の降水量を調べてみると
35mmの激雨!画面に表示された現在地は真っ赤な色に染まってこれが
少なくともあと30分は続く見込み、、、もうここまでなっちゃうと打ち返しは
もちろん、撤収するにしろ片付けをする気力さえ失われてしまいます。

そんな中、


ジイイイ~~~!


マジですかぁ、、、


いや、無理!(爆)

残念ながら今、傘を手放してこのアタリに対応する勇気はわたくしめには
無く放置、放置~。一度鳴って止まったドラグ音は1分以内に強い竿先の
押さえ込みと共に再び鳴り響いておりますが、放置です。

そして20分後に雨が小康状態になったので、すでに沈黙したままの状態の
竿を持ってみると、おっ、ラッキ~ ♪ 魚は付いたままのよ~でリーリング
開始と共に重量感が伝わってきてグイグイ締め込みます。







58cm マゴチ撃沈 ♪


こやつも抱卵個体でお腹はパンパン!先日撃沈した3匹はうち2匹が白子を持った
オスだったんですが、今朝はメスが多いみたい、、、メスはアベレージサイズが
デカい傾向があるのでサイズを狙うなら今かな?


ありがたくも魚をランディングしてからも雨は激化せずパラパラ程度を
キープしているので、今のうちに打ち返して、、、とはならず、あはは、
今のマシな状態のうちにさっさと片付けて撤収しようとなりました!


スカリを上げて魚を神経締め&血抜きをしてからクーラーに入れていざ車まで
戻っていると徐々にまた本降りになってきて、車を発進させた頃には再び
バチバチ打ち付けるよ~なゲリラ豪雨!天気予報でも午前9時と午前11時頃
が最も酷いとなってましたしまさにその通り。

今回は確実に雨に打たれるのが分かっていたので車内に着替えを用意して
あり、着替えてから帰り道に日帰り温泉に寄ってスッキリ ♪ 夏の雨は余裕と
思ってましたが、うむむ、、、やっぱりここまでずぶ濡れになると辛いですね。

とりあえず人間にとっては最悪なコンディション下でも釣れてくれて良かった!







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・プロサーフ425BX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 孫バリ仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 8号
■ 針: がまかつ・チヌ(黒) 8号
■ エサ: 塩イワシ


「梅雨の釣りは辛い!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

確実に雨に打たれる予報だけど!


久しぶりに釣って楽しく、食べて美味しかったマゴチ ♪

コロナや戦争のせいで何でも価格高騰!とゆ~流れに乗っていつの間にか
虫エサを中心に釣り用のエサも価格が跳ね上ってきている昨今、スーパーで
安価で売ってるイワシや干物ですら釣れちゃうこの魚は非常にリーズナブルで
魅力的じゃないでしょ~か!?

あくまで趣味の範囲内で釣りを楽しみながら、撃沈した魚を食べて満足している
スタイルのわたくしめにとってはマゴチ作戦は安上がりで最高。





そして、まだエサ専用フリーザーの奥には1年前にまとめ買いした冷凍イワシ
パックが結構残っており、その存在を意識してるうちに使ってしまわないと
さすがに2年も放置しちゃうと冷凍焼けが広がってまっ茶っ茶に!?

早速残っているパックを全て取り出して塩を振りかけて締めましょう。


塩締めにしたまま、また放置しちゃうと結局一緒?意味が無いのでコレを持って
もう一度出撃しま~っす ♪

ちょ~ど先日、他の作戦の打ち合わせで電話をする中、マゴチが釣れてます
よ~と話題に上げると、俺もマゴチ釣りは久しぶりやし日程が合えば
一緒するわ~!そんな流れとなり、、、まだあれから数日しか経って
おりませんが、早速決行でございます。(笑)

ただ、


確実に雨に打たれる予報なんです、、、







もう高速道路に乗っちゃったので覚悟を決めるしかありませんが、

どの天気予報を見てもちょ~ど夜明け直後、午前4~5時くらいから降り始めて
午前中いっぱい降り続く、、、パラパラ程度なら今時期全然気にならないものの
、降り始めからかなり本降りで午前9~11時頃には降水量が15mm
以上の強雨予報に!?一応、傘は持ってきました。(爆)

メインターゲット狙いだけなら平日ですし、ど~せ誰も居ないので日付が
変わってからゆっくり出発しても余裕だったんですけど、相方は虫エサも
数種類持参されており夜戦からされるよ~なので少しでも早めの出発
が希望ととなり午後22時にわたくしめの自宅に集合&出発。


高速に乗った途端、走行スピードがアップするので即ヘッドライトに向けて
無数の虫が次々と飛来&激突し始め車のフロント前面はもの凄い事に、、、
まとまった雨が降る予報ですからきっとある程度は洗い流せるだろう、、、
そう信じてペースは落とさず一路日本海へ。







電話では普段からよく話してるんですけど、最近立ててた遠征計画がシケに
よって中止になってしまったりとお互いコラボするのは久しぶりなので話しに
夢中になってるうちにあっという間に道のりの半分以上まで来ました。

途中、トイレ休憩とコーヒーの買い出しの為にPAに立ち寄ってあとは
一気に駆け抜けました!


どれだけ粘ってもお昼までと決めていたので、戦場到着前にコンビニで
飲み物と朝のパンだけを買い出して突入。まもなく日付が変わる頃で、今夜は
上弦の月、、、本当なら今頃月光に照らされてるはずなのに空一面分厚い雲に
覆われちゃってるみたく真っ暗、、、

夜明け頃から雨予報が入ってるのであり得ない程湿度が高く、そして今は風が
ほぼ無風状態なのもあって熱気でム~~~っと蒸し暑い!さすがに30℃までは
いってませんから熱帯夜ではないけど、そんな風になるのも時間の問題のよ~な
気がします。あ~、また灼熱地獄の関西の夏が来る、、、

わたくしめはちゃちゃっと攻撃準備を整えるとテントを設営して中へ。





相方は竿先ライトを付けて早速虫エサをファイヤ~されておられます!


夜明け時刻が午前4時53分なので今からだと3時間以上寝る事ができますし、
明るくなってくるとココは半端じゃない数の蚊が出てきますからしばらく
テントの中に籠りたいと思います。(爆)

蚊が飛び始めるのが先か?それとも雨が降り始めるのが先か?




「俺か、俺以外か?爆」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

昌栄「TOOLランディングフレームVer.Ⅱ&ランディングスペアネット」


さすがにこれだけは人によって異なるかと思いますが、わたくしめの場合、
毎年特定の対象魚のワンシーズンが終わる度に一人反省会!?みたいな
感じで今シーズンは何が達成できた?何を新たに発見&学んだ?そして何が
足りなかった?などシーズンを振り返りながら様々な事を考え、すぐに
来シーズンに向けて対策&準備をしていくよ~にしております。

そうしないと年間を通していろんな種類の魚を投げ釣りやルアーフィッシングで
狙う中、時間が経ってしまうと忘れてしまう事も多く頭の中に来シーズン
やりたい事や反省点が鮮明に残ってるうちに全てやっておくのが得策!
そうわたくしめは考えるからでございます。


今年の海サクラマス作戦が終了した今、

もしタモを持参してればあそこにも入る事ができたなぁ~とゆ~場所が
あったり、また来シーズンからは磯からの作戦も考えたりしてるJCA、、、

ランディングシャフトもランディングネットも過去に岩場からのカラフトマス
作戦用に揃えてあり、ただ単に持参するのを忘れただけなんですが、今の
ところタモ(ランディングネット部)は投げ釣りで使っているフレームを
取り付けてる為、それとは別にルアーフィッシング専用のが欲しいと
以前から思っておりました。


そんなわけでこのタイミングで揃えてしまおうといつもの釣具量販店に
行ってあれこれ比較しながら購入して参りました。





昌栄「TOOLランディングフレームVer.Ⅱ&ランディングスペアネット」


やっぱり人気のルアーフィッシング用だけあってランディングネットも多くの
メーカーが種類豊富にリリースしてますねぇ。

お値段も驚くくらい安い物から確かにこんな贅沢な仕様ならこれくらいはする
よね~と思える高価な物まで、、、顔見知りの店員さんからもアドバイスを
貰いながら最終的に決めたのは現在大物投げ釣り用としても愛用中の昌栄の
製品!決してお安くはないけど、この軽さと頑丈さ、絶大な信頼が置ける製品
となると釣りのジャンル問わずやっぱりタモ関連は昌栄がベストのよう。

ほんとトラブルレスで長く使えますからねぇ ♪


チタンの約半分の軽量素材でチタンクラスの強さを持った超々ジュラルミン
素材を採用したランディングフレームでサイズMで重量145g、サイズLで165gと
軽量設計がアングラーの負担を軽減。オーバルシェイプは丸型フレームより
ワンランク上の使用感が得られ、不意のランカーシーバスにも余裕の
ランディングと書かれております。

またパーツ類は全てマシンカットで削り出し、フレームサイズに合わせた
パイプ径を見直して軽さを保ちながら枠としての強度を確立。移動時も
邪魔になりにくい形になっているよう。









サイズはMとLの2種類あるうち、わたくしめは大は小を兼ねるとゆ~
発想からLをチョイス。

上の写真にあるよ~にW:530mm、L:690mmのサイズ。


このフレーム、Ver.Ⅱは折り畳みが可能なモデルになっていますが、折り畳み
のできない一体物のバージョンもリリースされており強度面においては当然
こちらの方が勝るものの、そこまでの巨大魚は想定してませんしコンパクトに
携行できる方がよりわたくしめにとってはメリットになるのでVer.Ⅱを。

一体物には最初からネットも装着されているものの、Ver.Ⅱはフレームのみと
なる為、タモとして使うには当たり前ですがネットが必要となります。(笑)





なのでネットも一緒に購入。

フレームのカラーをチタンで選んだのでそれにベストマッチするよ~に思えた
ネットはこのスモークカラーでした。

トリプルフックの絡みが外しやすくシーバスなどのヒレへのダメージを考慮した
15mm目×10mm目の2段網でベストな網目の設計を施す事でランディング
の際にネットは開いた状態をキープしランディング時のフックの掛かりが
軽減されるよう。素材には60lbナイロンラインを使用。

ソルトウォーターゲーム専用のネットとしてディティールを1から見直した
ランディングネットはフレームとの取り付けループにはレッド、ブルー、
スモークをラインナップで、ランディングフレームVer.Ⅱとのカラー
コーディネイトも楽しめますとちゃんと書かれてますねぇ ♪

深さもサイズMで70cm、Lで75cmとどちらでも十分な深さを確保
されてますからMでも問題無く大型魚にも対応できますよね。


早速、フレームにネットを取り付けてみましょう!







いい感じ~ ♪

ランディングシャフトはシマノの5.50mモデルがありますから新たに揃える
必要はありませんし、これでランディングツールに関してはオッケーかな?

遠征時などの運搬用としてケースはあった方がいいかも。




「オーバルシェイプや」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

マゴチ尽くし、再び ♪





昆布締めもいいし、もう数日熟成させてもいいなぁ、、、いろんなレシピ
案が思い浮かびましたが、結局すぐに食べたくなってきて一昨日と丸っきり
一緒のメニューで頂くことに。(笑)

お造りは尾っぽにかけてのサクが1.5匹分残ってますから全て使って、、、と
考えていたんですが、明日会う約束をしている友人が魚好きなので半身分で
小さな薄造りプレートを作ってお裾分けする事にし、最終的に今夜は1匹分の
サクでお造りを。あとめちゃウマだった皮の湯引きも作りましょう!


骨が入ってる胴体の部分だけは違ったディッシュにしようか?迷うも
焼きフグを意識した焼きマゴチがやっぱり一番美味しく思えてるので
下手にあれこれ変えるより安定の美味しさをチョイス。

一昨日は醤油と山椒がベースの漬けダレで調理しましたが、さすがにタレまで
一緒にはせず少し変えてみよ~となり、梅肉ダレを作ってみました。







種を取ってから細かく刻んだはちみつ梅に醤油、酒、みりん、砂糖を加えて、
ジップロックの中にマゴチの身と一緒に入れてよ~くモミモミしたら1時間
冷蔵庫内でタレを浸透させます。


予熱しておいた魚焼きグリルの上に並べたらジップロックに残った梅肉を
全て身の上に乗せて焼いてやれば完成。

今回は途中でタレを何回か塗る作業も無いので楽チンでした。





マゴチ尽くし ♪


あっ、さすがに今夜のお造りはカマなどの飾りがある姿造りではなくシンプルに
盛り付けた薄造りでございます。

特にマゴチの場合はカマがでっかいわりには身がほとんど詰まってなく
基本、捌いたらポイ対象ですから、何個も姿造りの為にキープしておくのも
邪魔になるだけ!?お店じゃないのでねぇ、、、(笑)


カレイを生食する時などは昆布締めにもよくしたりもしますが、素材の旨味が
ハッキリ堪能できるマゴチはそのままの方が美味しいかも?あはは、そんな事
言いながらも数が釣れたりして続けて食べているとだんだんマンネリ化してきて
昆布締めにし始めたりするんでしょ~けどっ。(爆)









薄くスライスした身は薄っすら透き通ってて見た目もフグそっくり。

ポン酢にいつもより少し多めのもみじおろしを加えて頬張るともう至極
、、、いくらでも食べれちゃいます ♪


ソフトな中にも程良い弾力が感じられる独特な食感もまたフグに似たよ~な
感じがして最高。そんな豊かな味わいの身を堪能しつつ、時々湯引きも
頬張ってみる、、、すると今度はコリコリな歯応えが印象的でこれまた
絶対やみつきになる、、、美味しいよねぇ~。





もちろん先入観もありますが、ほんとフグ料理を食べてるみたい。


梅肉の豊かな酸味とタレの甘味成分によって引き立てられた焼き物も、一昨日
頂いたのとはまた違った印象で新鮮 ♪

マゴチのレシピで検索すると焼き霜造りや煮付け、唐揚げなどが代表的な
メニューとして挙がってきますが、フグのレシピだと同じメニュー以外にも
いろいろアレンジした物もあったりとバラエティー豊かなので今回の梅肉ダレ
アレンジも含め、いつもマゴチを頂く時はフグ料理を参考にしているかな?







ほのかに甘いテイストが白身を優しく包んで美味しい ♪

だけど個人的には一昨日の醤油&山椒ベースのタレの方がより好み
かも?創作料理がお好きな方にはもってこいのメニューですね。




「お造り、ウマいよね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

ガンゾウヒラメのお造り ♪





今日は超~久しぶりに大学時代の友人とランチをする予定が入っており、どこが
いいかなぁ~?と迷ったものの、夏らしい華やかな料理が食べたくなって
お気に入りのハワイアンのお店へ ♪ ココならカフェスタイルなので食べて
からもゆっくりお茶もできますしちょ~ど良かった。

最初のうちは国際貨物の通関手続きなど貿易関係の会社で働く友人と、お互い
ジャンルが似てる仕事同士盛り上がってたものの、なぜか途中から釣りの
話題に!?友人は今まで夏はサーフィンで冬はスノボと同じアウトドアでも
釣りには全く興味が無かったはずなのに数年前からアジングを始めたみたく、
その後ルアーフィッシングをメインにエギもやったり最近ではエリアトラウトも
始めたそ~な、、、ビックリしました。(笑)


来シーズンはぜひ一緒にホームグラウンドへ行こうと話しながら解散し、帰宅
してからはしばらく掛かってきた電話で長話をしてたんですが、ふと冷蔵庫を
開けると片隅で忘れられたかのよ~にひっそり出番を待ちわびていた
1匹の不思議系な顔をした魚が居ました、、、





あっ、マジで忘れてた!(爆)


撃沈してきた3匹のマゴチは帰還後すぐに捌いていたのに、別のビニール袋に
入れたこのガンゾウヒラメは先にマゴチを処理する中、とりあえず冷蔵庫へ
入れておこうとほ~り込んだまま忘れ去られてた、、、あはは、存在感薄っ!

でもまぁ、こやつに関しては元々リリースするつもりが針を完全に飲み込んで
しまっており、それを外そうとしてエラから内臓までゴボッと取れてしまった為
、かわいそうなので持ち帰ってきた感じですからある意味戦場にてすでに
大まかな下処理済!?


そんなわけでちゃちゃっと捌いちゃいましょう!







基本薄っぺらい印象のガンゾウヒラメですからど~やって食べようか?悩み
ながらウロコを取って頭を落としたりしてたんですが、実際に触っていると
結構身に厚さもありますし、これならお造りでいけるんちゃうん?

それに過去にガンゾウヒラメなんて1、2回?くらいしか持ち帰って来た事は
ありませんし、生食で食べた経験も無いよ~な、、、


ネットでお魚図鑑を見てみると、鮮度が良ければ最上級の刺身の材料となり
お味の評価も非常に美味となってましたから、これはぜひ一度生食して
おかないと!気になり始めてお造りにするので決定~。





ガンゾウヒラメのお造り ♪


外道扱いの魚でも捌いてしまうとヒラメやカレイと同じフラットフィッシュです
から、ご覧のよ~に身も他と似たよ~な白身。

見栄えもエンガワが少し本家のヒラメやカレイと異なって印象を受ける以外
、身はこれがヒラメ or カレイと言われても分からないよ~なレベル、、、
違いがあるとすればお味になるので、興味津々ながらもどこか恐る恐る
一口目を頬張ってみます。


まずはわさび醤油で頂き、続いてポン酢でも頂いてみましたが、


めちゃくちゃ美味しいやん ♪


想像以上!?いや、想像を遥かに上回る美味しさでヒラメと比べたら劣る
のかもしれませんけど、旨味がタップリで超~まろやかな舌触りには正直
驚かされましたっ!これは次回から必ずお持ち帰りやわ~ ♪







ただ、エンガワだけは薄っぺらい上に普通なら最も脂と旨味が凝縮されている
部位になるはずなのに、それらがほとんど感じられない、、、特有のコリコリ
食感も無ければお味に関してもむしろ身の部分の方が美味しいかも?


フラット系の魚やカワハギなど淡泊な白身の魚はポン酢でサッパリ頂く方が
わたくしめは好きなんですが、ガンゾウヒラメだけはわさび醬油の方が
旨味がより強調されて美味しく感じたよ~に思えます。

美味しくてあっという間に無くなっちゃいましたっ。(笑)







「新発見!爆」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
フリーエリア