FC2ブログ

お盆期間中に遠征に!?


平日にオフがあったりする勤務体系がゆえ、誰かと約束していない限り週末や
祝日、連休の出撃は可能な限り避ける傾向にあるJCA、、、毎年お盆期間は
仕事がビッシリ入れられてる事が多くあんまり出撃してるイメージは少ないん
ですが、なぜか今年は急なスケジュール変更に巻き込まれたのもあって
お盆期間中にまとまったオフがもらえてしまいましたっ!?

ど~せどこもかしこも人で混雑してるだろうし地元でゆっくり過ごすべきか?
それともせっかくの数日間のオフですから出撃すべきか?


結構悩んだ結果、出した答えは!





やっぱ誘惑に負けて出てきちゃいました。(爆)

いかんせん全ての手配が直前になってからだったので往復の航空券はなんとか
押さえれたものの、現地空港からのレンタカーがどこの会社も見事に満車状態
!さすがお盆期間と言いますか、、、いつもなら空港前に5~6社もレンタカー
会社がありますのでどこかで1台くらいは空いているのにここまで混んでるとは
、、、改めてお盆の恐ろしさを知りましたわ~。

一応、各社電話でも確認してみるもやはりアウトだったのでど~しよ~か
途方に暮れていると、最後にかけたちょくちょく利用しているレンタカー会社の
スタッフがコンピューター上で見る限りもしかすると駅前店なら1台キャンセル
が出てるかもしれませんよ~と!

早速電話で聞いてみると超ラッキーにも1台空車があり確保&ようやく本遠征が
成立することになりましたっ ♪


午前9時前に搭乗開始のアナウンスが入りいざ機内へ。


あれっ!?と一瞬驚きましたが、あ~~~なるほどね~と納得して着席、、、

何に驚いたか?と言いますと、わたくしめの座席、、、窓側をチョイスして
はずなのにな、なんと窓が無いんです!(爆)







飛行機って機種によってたま~に窓枠がズレた席という表現を使ってこ~ゆ~
窓側席が存在してるんですが、大体はズレててもなんとか外を見れる状態なのに
今日の機種は完全にアウト!今思えば、あと数席しか残ってなかった便で人気の
窓側席が2席ポッカリ空いてるっておかしな話ですよね~、、、

まっ、この繁忙期にギリギリで予約できただけでも運が良かった事ですし
行きは外の風景はあきらめてひたすら爆睡しときましょ。


フライトタイム約2時間、一度も起きる事無く現地空港に到着 到着ロビー
を出たとこに到着便に合わせてスタンバイしてた市内中心部行きの市バスに
乗って駅前へ 下車してすぐのお店でレンタカーを借りてGO!

なんせわたくしめ、、、釣りの遠征に来てるはずなのに本日の荷物はリュック
サックのみ!?どこから見ても決して釣り人には見えない恰好でございます。
身軽に来れるってやっぱり楽チンだなぁ~と思いながらカーナビ無しでも分かる
慣れた道を走り、途中またお決まりの釣具が置いてるお店やコンビニを経由して
1時間半程度で戦場エリアに到着。


そうそう!駅前を出発して海岸線に出るとほらっ、







もうこんな季節なんですねぇ~。




「ブッコミ!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

サーモンロケット、2018年新色モデル





北海道遠征から帰還するとこれまた同じ北海道からこわれものと書かれた
小さな段ボール箱が届いておりましたっ。

発送元を見るまで一体何が届いたのか分かりませんでしたが、そ~いえば
少し前に2018年バージョンのあのダイワカタログを見ながらポチっとしてた
のを思い出しましたわ~。(笑)


おそらく現地の釣具店などではそろそろ並び始めているはずの2018年
新色モデルの遠投用ルアー、







ダイワ「サーモンロケット 50g」


これはウキルアーによるアキアジ作戦においてメインで愛用しているルアー
ではなく、写真にも書いてある通り近くに群れがおらず遠投が求められる際のみ
に登場させる秘密兵器的な物で、

重量は40、45、50gとあるうちわたくしめは主に50gを使用。


確かにこれは飛距離という面においては群を抜いており、投げ釣りの如く
おもいっきりフルスイングするとウキの付いた典型的スタイルのウキルアー
仕掛けですら軽く100mを超えて飛んでゆきます。

あとこれらと同じデザインに加えレインボーブラックなる黒を基調にキラキラが
入ったルアーがアキアジクルセイダーWの方のみリリースされてましたが、先日
帰り道に立ち寄った釣具店で実物を見てみるとど~もそこまで個人的には惹かれ
なかったので今シーズンもダイワのはこのサーモンロケットのみでいいかなと。







サーモンロケットはアワビゴールドにサーモンピンクの2種類。


アワビ貼りの方は光を乱反射させて非常に良さげに思えちゃうのに対し、
サーモンピンクはデザイン自体はまさにホネホネロック!(爆)

イマジネーションを膨らませていくとインディアン首飾りにも葉っぱにも見えて
しまう謎多きデザインではあるもののこちらは夜光仕様になってるみたく
まだ暗いうちに活躍してくれるかも?ただ、あくまで遠投が必要な時のみの登場
ですからそ~ゆ~シチュエーションがシーズン中に何回訪れるかは不明ですが
、まぁ、暗いうちだけに限らず曇った日にも有効っぽいのでせっかくゲット
しましたし積極的に導入していけたらとねっ。


今年も超~美味しいイクラの醤油漬けをたくさん作りたいなぁ~ ♪




「アワビは良さそう!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

1トラウト作戦に対してタックル2セット構想


例えばわたくしめのメイン釣法となる大物投げ釣りでは一度に最低でも2~4本
は竿を並べる事がほとんどとなります。

そんなのもあり戦っている最中にもし竿が折れたりリールが壊れた、はたまた
竿が船やエイ、爆風によって海にダイブした、、、など絶対起きては欲しくない
もののトラブルが起きてしまった場合でもとりあえず竿が複数本あるので
攻撃続投は可能&帰ってから修理など対処をしようで乗り切れるかと。


だけどもし、これが基本竿1本で戦う事が多いルアーフィッシングにおいて
起きてしまった場合どうでしょう?


予備タックルが無いとそこで強制的に作戦を終了しないといけなくなり、近くに
釣具店があれば買うなり誰かから借りるなり何とかしてタックルを調達しないと
それで全てがアウト!ましてや遠方へ遠征してる時に起きてしますとほんと
最悪な事態です、、、


実はそんな事態が昨年のアキアジ・シーズンに起きてしまったんですわ!?


購入したばかりのダイワのモアザンAGS 121XH カムイトゥクシーで
ウキルアー仕掛けをキャストする最中に突如違和感を感じたので竿先にかけて
チェックしてみると、な、なんとAGSが見事に割れてしまってたんです!?
しかしその時は予備タックルを持参していなかったのでそのまま使い続けて
いると数時間後についに鈍い衝撃と共に竿が折れちゃいました。

それからは言うまでもなく作戦は即中断を余儀なくされてしまい、行ける範囲内
にある釣具店などあちこちに電話して代替品となる竿があるか?確認、、、
その時はラッキーにも似たよ~なスペックのシマノのコルトスナイパーBB
S1000Hがすぐ見つかったので何とか翌日から作戦を再開する事が
できましたが、もしあの時何も見つからなかったら遠征自体がそこで強制終了
になってた可能性も無きにしも非ず!

ちなみに帰還後ダイワへ原因調査&修理依頼で出すと、最終的には原因解明
不可能チックな答えと共に保証書無しのまま新品交換になりましたけど、、、
やはりこ~いった予期せぬトラブルも起こりうるって事を身を痛感しました。


このよ~な経験から今シーズンより、ルアーフィッシングにおいても1作戦に
対し最低2セットのタックルは持参しようと決めております!







これらは先日のカラフトマス作戦時に導入したラインナップで、

メインとなるタックルはシマノ・モンスターリミテッド DP93ML&
'18ステラ 3000MHGで、何かトラブルが起きた際の予備タックルに
昨シーズン揃えたシマノ・エクスセンス S903ML・MH/F&エクスセンス
CI4+ C3000HGMのコンビネーション。


JCAの場合、ルアーフィッシングといっても現在のところトラウト系のみ!


となると、他に海アメ&海サクラ、そしてアキアジの3魚種に対しての
予備タックルも充実させていく必要があります。

まっ、すでに竿かリールのどちらかが揃っているものもあれば今後揃えたいと
考えているタックル構想もあったりしますので急ぐ必要はありませんから
よ~く熟考しながら揃えていこ~かなと ♪


あっ、そうそう!


リールに関しては使用したステラのみメンテナンス&ショックリーダーの
巻き替えなど作業が必要だったので持ち帰ってきて参りましたが、上の写真に
ある竿2セット&ランディングシャフトが入ったロッドケースは現地に置き去り
にしてきたままなんですわ~。(爆)




「なぜ置き去りに!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

カラフトマスのハラス塩焼き&鱒子醤油漬け ♪


1年ぶりの作戦で果たして1匹でも釣果を出せるのか?めちゃくちゃ不安なまま
臨んだ先日の遠征、トラウトルアーの特訓として冬場に管理釣り場に通ってた
経験が少しは生きたか?スプーニングをメインで戦うカラフトマス作戦では
3日間で8匹撃沈する事ができましたっ。

魚は毎日作戦終了後、即戦場にてエラから内臓まで処理し 関西へ直送!
可能な限り鮮度の良い状態を保てたかなと思っております!


帰還と共に送られてきた魚を超特急で捌いてすぐに食べないストック用の
切り身は真空パック冷凍&真っ先に食べたいと思ってたハラス部の切り身と
鱒子はそのまま引き続いて下準備に取り掛かりました。





ハラスに関してはシンプルに塩焼きで頂くのがベストですから特にこれといって
特別な事はせず岩塩を振って寝かせるだけ~。


あと、豊漁年はオスの個体数の方が多いと言われているらしく今年は豊漁年
なのか?たまたまなのか?わたくしめが撃沈した8匹のうち7匹がオス、1匹のみ
メスでお腹には筋子、、、いや、小粒の鱒子が詰まってましたのでこちらは
アキアジの時の同じよ~に醤油漬けに。

アキアジとは異なり魚のサイズ自体も小さいカラフトマスですから鱒子も
ミニサイズで小さなボウルで簡単に作業ができます。







切り身ももちろんなんですが、実はこの鱒子を一度食べてみたかったんです!

毎年カラフトマスからアキアジまで一体何匹釣っているの!?と突っ込みたく
なる現地のよっしー曰く、アキアジのイクラより鱒子の醤油漬けの方が遥かに
美味しいですよ~ ♪ そんな話を昨年から聞いてたのもあり今年こそは
何としてもメスを撃沈して食べてみたいなぁ~と楽しみにしておりました。


両方共、仕込みを済ましたら一晩寝かせましょう。


FISH DINNERでと思ってたのが待ちきれずにお昼に頂くことになり、
早速塩をしたハラス部をグリルで焼いていきます。

基本、ハラス部は脂が多いものの最近はサクラマスを食べてたりしてたのも
あってか脂の乗りはほんのり具合に思えちゃいます!あはは、なんせ
サクラマスは超~ジューシーですからねぇ。







カラフトマスのハラス塩焼き&鱒子醤油漬け ♪


非常に香ばしい香りを漂わせながらできあがりましたよぉ!

塩が足りなかったら食べる時に調整すればいいわ~とやや控えめに振ってたはず
でしたが、カラフトマスは日本産のトラウト類の中では最も味の濃い魚と
言われているのもあり一口食べた瞬間に、

あっ!塩はほんのちょこっとで十分やわ~と感じました。


良質な脂分が身にタップリ含まれているハラスは噛めば噛むほど濃厚テイストに
変わってゆき最高ですわ!サクラマスと比べるとやはりジューシーさが少々
足りない?よ~にも思えますが、身のお味自体がハッキリしててとても美味 ♪







お腹が一番空いているお昼に食べたのもあり2切れなんてペロリといけちゃい
、まだまだ食べれそう ♪


白いご飯が進む中、忘れてならないのがある意味今回のメインディッシュ
でもある鱒子!こちらはアップで撮ってる写真じゃ分かり辛いかもしれません
けど、アキアジの筋子と比べるとかなり小さいので地元のみなさんはイクラ
みたくほぐして粒にするのではなく、そのまま塩水で洗って漬け込むそ~です。

一応、卵を覆っている膜のまま漬け込むとゆ~ことで、全然生臭くも無かったん
ですがお酒の割合を若干多めに~。漬け込む時間もイクラの場合は長くても
90分前後なのに対し鱒子は膜があるので最低一晩は寝かせた方がいいと
伺いそのよ~にした後、水切りして完成。

小さな鱒子醤油漬けはちょこっとずつかじりながらご飯と一緒に頂くのが
定番みたく、JCAも最初のうちは別々に食べておりましたが、途中から
イクラの如く贅沢にドバっとご飯に乗せていただきま~っす ♪







いや~~~、正直驚きましたっ!


めちゃくちゃ美味いっす!絶品の一言 ♪

アキアジのイクラも最高ですが、鱒子はまた違った風味があり粒を噛むと
プチッと中から超~濃厚な独特な旨味が出てきてこれはクセになるお味!
実際に食べてみないと分からない?文章で表現するのはなかなか難しい
ものの、確実に全くイクラとは別物ですわ。

これはもっと食べたい!と思うも、残念ながらメス1匹分でしたのであっという
間に無くなってしまいました、、、(悲)


今回の遠征で接岸したて銀ピカのオスの切り身ストックはたくさんできました
から今度はメスが釣りたくなってきたかも ♪




「カラフトマスかぁ ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

少しでも涼しさを求めて、 シマノ「マックスデュラウェーダー WA-052R」


トラウト&サーモンのルアーフィッシングにハマりだしてから一気に着用する
機会が増えたウェーダー、これらの作戦においてはほぼ100%着用していると
言っても過言ではありません。一部、磯からなど無くても大丈夫な戦場も
あったりするものの基本、ウェーダーはこの手のアングラーにとっては
必須アイテムになっております。

こちらは現在愛用中のお手頃価格の釣具をたくさんリリースしているお馴染み
P社のチェストハイ・ウェーダー。





ウェーダーは一般的に水の中へ入っていけるアイテムとして重宝されており、
その素材はPVC防水加工のナイロンやポリエステルといった水を通さないが
メインで安い物では4000円前後から入手でき、高価な物になるとその10倍
近くになったりとクオリティーによって価格が大きく異なっているのが特徴。

そのクオリティーの違いとゆ~のはやはり使われている素材にあり、単に定番の
ナイロン&ポリエステルだけなら比較的お安く、水を防いで水蒸気を通すという
防水、防風、透湿性を兼ね備えたゴアテックス素材などが使われていると
高価になってきます。これは他のウェアなどでも同じでよね。


JCAの場合、今のところ管理釣り場を除いてトラウト&サーモンはいずれも
北海道でやってますからゴアテックス仕様じゃない安価なウェーダーでも夏場も
そこまで汗も気にならず、それ以外の季節ではむしろウェーダーを履いてる方が
暖かく感じちゃうくらい、、、特に朝夕は冷え込みがキツイですのでねぇ。

また、酷使していくうちに破れたり、ブーツ部に穴が開いたり、ソールが
すり減って滑るよ~になったりとウェーダーに関してはあまり高価な物を使う
よりある程度の物でダメになったら買い替えるスタンスの方がいいですよ~と
同じクラブのよっしーのアドバイスもありお手頃価格の製品を使っておりますが
、特にトラブルも無く全然快適に使えております ♪


ただ、現在のところ最もオーソドックスな胸部まで覆えるチェストハイタイプ
を使っているものの、出撃する戦場環境においては腰までのウエストハイでも
全然いけるんじゃないかな?とも思ったりしてたので、いつもの釣具量販店に
行った際に興味本位でウエストハイタイプもゲットしてみましたっ。







シマノ「マックスデュラウェーダー WA-052R」


この中丸ウエストハイタイプはフロントで調整しやすいウエストベルトが装備
されている文字通り腰までのウェーダーで普段着用しているフィッシングウェア
のパンツとほぼ同じよ~な感覚で履く事ができます。

だけどやはり深い所まで立ち込みが可能で汎用性の高いのはチェストハイタイプ
ですので、どちらかと言うとウエストハイはマイナー派?(笑)


頻繁に着用するよ~になってからまだ1年足らずのわたくしめにとってはど~も
胸までウェーダーで覆われ、その上からジャケットなどを羽織るスタイルが少々
動きづらく感じたりするんですよね~、、、また立ったり、しゃがんだりを
繰り返してるうちにインナーシャツが徐々に上にずり上がってきたりする事も
あったりと普段とは異なる違和感、、、

それがこのウエストハイタイプだと全く気にならない!となると、やはり戦場
環境が許してくれるのであればこちらを使いと思うのは誰しも一緒かと。

脱ぎ履きしやすいクロス型ショルダーベルトと共に内側を見てみると、





内側はドライ感のある快適なメッシュ仕様となっており、さすがにゴアテックス
には敵いませんけどそれなりに汗によるムレ感も軽減してくれます。

ウェーダーって長時間履いてると気付かないうちに内側はムレムレ状態に
なってて、脱ぐと中のパンツはお漏らししたみたいに濡れちゃってたりと、、、
結構そんな経験ありません?(笑)

まっ、もし真夏にわたくしめの地元、関西圏などで長時間ウェーダーを履けと
言われると今のモデルじゃ中は汗でドボドボになって耐えれませんので
ゴアテックス必須になってきますが、北海道限定である限り全然このメッシュ
仕様で快適に過ごせそうです ♪


ブーツ部は特殊PVC素材を採用して剛性感とソフトな履き心地を両立されて
おり、ソールは屈曲性とグリップ力を可能にするかっと溝を施した12mm
フェルトソール。またすり減り易いかかと部は2重構造になっています。





PVCブーツとフェルトソールに縫製加工を施したステッチダウン製法を採用し
、より高い安全性を追求してあるよう。


せっかくもう1着増やすならゴアテックス仕様のXEFOの物でも?と一瞬
思うも、そのほとんどがチェストハイタイプとなっており今回欲しかった
ウエストハイタイプは無し、、、まぁ、まだどちらがいいのか?自分自身でも
分かってない状態ですからまずは両者を履き比べる事から始め、特徴が
分かってきてからワンランク上のモデルへでも遅くないかなぁ~と。

ムレなどを放出してくれるゴアテックス仕様の方が非常に快適そ~に見えますし
魅力的なのは確かなんですが、、、フレッシュウォーターならまだしもソルト
ウォーターメインになってきますからお手入れなどしっかりしない適当な時も
多いJCAの場合、安価な物の方がウェーダーに関しては合ってるかも?(爆)




「少しは涼しいはず」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

女満別空港からバイパスに乗って10分


海サクラ、海アメ用のジグなんかもそ~ですけど、やはり対象魚そのものが
居ないのもあってか?わたくしめの地元関西圏ではまず取り扱いが無く
入手不可能な物ばかり、、、それは仕方がない事なので専らネットショッピング
に頼っているものの時に実物を見てみたい物もあったりで最寄りの釣具店に
無いのが非常にもどかしく思えたりもしてます。

そんな中、ちょ~ど今回北海道へ遠征したのと、また帰りの女満別空港へも
予定より早く戻って来れたのもありちょこっとお隣の美幌町まで10分ドライブ
してこの辺じゃ大きめな釣具店で物色。





まっ、主にカラフトマス作戦時に愛用しているスプーンの補充になっちゃい
ましたが、例えば北海道じゃホームセンターでさえ取り扱いのあるBUXの
スプーンでさえ関西圏じゃまともな品揃えがありませんのでねぇ、、、発売元
メーカーのアングラーズシステムの製品自体は管理釣り場用の超軽量スプーン
なら結構地元でも見かけたりしますが。

トラウトフィッシングとゆ~カテゴリーも全国的に見ればやはりエリアトラウト
の方がメイン?広く楽しまれている上、ネイティブトラウトとなると釣り自体
できる場所が限られてくるので今回ゲットしたアイテムもマイナー商品に
なるのかも、、、一応、遠征に出る前に大阪駅へ出る用事があったついでに
関西圏はもちろん国内外多くのお客様に御利用頂いているというバス、トラウト
から近海のライト~遠征ビッグゲームまでのルアー専門に扱うご存知の店で
在庫をチェックするもエリアトラウト含めスプーンそのもののコーナーがほんの
一角に少しだけあるといった感じで置いてあったのもエリア用のみ。


三菱のマークじゃありませんけど、







アワビ貼りのスプーンも実績が高いよ~で、すでに数個は所有しているものの
ロストしたり塗装が剥げてくる事を想定して持っていなかったヤマメパターンを
ゲット。これらのアイテム現地のお店じゃ大量に陳列してありましたからまた
必要と思った時には立ち寄って仕入れて来ようかと ♪

なんせ今後、アキアジ作戦も控えてますし訪れる機会もまたあるだろうと
思いますのでねぇ。(笑)


そして再びバイパスを10分走って女満別空港へ戻りレンタカー返却 関空
ゆき直行便にチェックイン 正午キッカリに出発となりました。







しばらくのお別れです!




「ご当地アイテム!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

52cmカラフトマスで終漁、 北海道・斜里町 / 知床半島 (3日目)


午後23時過ぎ、車内が寒過ぎて目が覚めました!


今回の遠征は宿を取ったとしても1日における滞在時間があまりにも短く
なってしまう為、車中泊で過ごしているJCA、、、そ~いえば車内でビールを
飲みながらショックリーダーを新しいのに結び替えた後、いつの間にか
眠りに落ちてしまってました。





引き続きやって来るアキアジ作戦に備えて今のうちから置き荷物に詰め込んで
おいたフリースと厚手のブランケットが早速大活躍しております!それらを
羽織っていてもまだ寒いので暖房をつけて車内を暖めながら再び眠りに、、、
とはいえもうあと2時間ちょこっとで起床しないといけない時間となります。

疲れが溜まっているってのは考え方によってはありがたい?側面もあり、環境が
変わったからといって寝つけない事も一切無く、まさにのび太君の如く目を
閉じれば即行夢の中へいざなわれます。(爆)


そして今度はしつこく鳴り響くアラームの音で目が覚めて昨日同様出撃準備を
整えたら“よっしー”との待ち合わせ場所へGO。





今朝もほぼ無風&ベタ凪でございます ♪


ほんと今回は最終日までお天気に恵まれて快適に過ごせており、今まさに千葉県
辺りに台風13号が来襲しているなんて想像も付かないくらいです!?


午前3時45分キッカリから攻撃開始となってますが、1時間経っても2時間
経ってもアタリが無いまま、、、しかしアタリが出ないのはルアーにだけで
ウキを流して釣るフカセの人たちはちらほら撃沈されているのが確認できますし
よっしーと2人で群れは居るのになんで我らの釣法には見向きしないんだろう?
と悩む中、誰よりも早く大きな群れを発見したよっしーが何度も何度もその周辺
に集中砲火してようやくスレ掛かりながらも1匹ゲット ♪

続いて同じ群れを追い掛けもう1匹撃沈とウキフカセとはいえ決して活性が高い
とは言えないこの激渋コンディション下で釣るのはさすがですよね~!

ただ、よっしー曰く昨日までの群れとは全く異なり魚が古いとの事。すでに
早い時期からこの界隈に接岸して汽水域をウロウロ行ったり来たりしてる個体
みたく、ほとんどウロコが落ちてブナ掛かってきているよう。


この群れの魚は汚い!と嘆くよっしーの横で、古い個体でもいいので何とか
1匹撃沈して3日間ボウズ無しで終わりたいと願うJCA、、、その思いが
ついに魚にも届いてくれたのか!?

必死にキャスト&リトリーブをしてると、


コンコン、


ジリリリッ!





52cm カラフトマス撃沈 ♪


これで目標達成!?3日間何とかボウズ逃れでホッとしましたぁ。(爆)

1匹釣れるともう1匹釣れるのではみたいな気持ちになりますが、ついに時々
アタってたはずのウキフカセ組にもアタリが途絶えてしまったよ~で徐々に
あきらめた人たちは撤収し始め戦場は閑散と、、、


となると昨日の夕方パターンみたくプレッシャーが少なくなって魚の群れが
再び戻ってくる可能性も期待できるんですが、なんと最終日の今日は
わたくしめの帰りの飛行機が女満別空港を正午発とゆ~のもあり片付けて
魚を送ったりした後、女満別まで走ってレンタカーを返却してと一連の行程を
考えるとどれだけやれても午前7時前後までが限度!







ちょ~どよっしーの出勤撤収時刻と一緒なので今朝はそれまでをタイムリミット
に設定し一生懸命引き続きキャスト&リトリーブをしましたが、、、


最後まで一切生命の息吹を感じられる事も無く終了。(爆)


冒頭にも書いておりましたが、この数日間、お天気には超~恵まれて快適な釣り
が楽しめましたが魚の活性に関しては全体的に見てもかなり渋かったよう。
なかなか全部がGOODコンディションになるって事はありませんよね。

ただオスが多い年は豊漁年とも言われておりますし、これまでよっしーが撃沈
した魚もほとんどがオスらしく、またJCAがこの3日間でキープした魚も
1匹メスが混じってた以外は全てオスだったのを考えればまだまだこれから
期待できるのかも?そんな気がしました。

たった1週間違うだけでブナ掛かった個体の数が相当増えてくるとの事ですから
ある意味今回はシーズン初期の銀ピカ個体を釣る事ができましたしラッキー
でした ♪ もちろん今回の分はお裾分けには回らず全て自宅用にキープ!







使用タックル&仕掛け

■ ロッド: シマノ・カーディフ モンスターリミテッド DP93ML
■ リール: シマノ・'18ステラ 3000MHG
■ ライン: シマノ・ピットブル12 1.2号
■ リーダー: サンライン・システムショックリーダーナイロン 25lb.
■ ルアー: アングラーズシステム・BUX 6.5g CZ(G)


「ほんと銀ピカよねっ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

59、58cm カラフトマス含め4匹 ♪ 北海道・斜里町 / 知床半島 (2日目)





昨夜は“よっしー”とサクッと夕食に出て早めに就寝。

本当はアルコールありで乾杯~といきたかったものの、お互い仕事の疲れが
溜まっているのもありここで飲んでしまうと絶対朝起きれないだろうとなり
あえて我慢してノンアルコールで!その分、ご飯はしっかり食べようと
サクラマスの焼き魚定食を頼んで北海道の味を満喫しました ♪


同じ日本と言えども緯度的に午前3時半にもなれば薄明るくなってきますので
戦場までの移動時間も考えると起床は午前2時前、、、そんでもって日暮れ時刻
は関西と変わらず午後19時頃ですからほんと短い夜と言えますよね。

午前1時45分から5分おきに数回設定したアラームで何とか起床&超~
冷え込んだ車内を暖房で暖めながら出撃準備を整え待ち合わせ場所へGO!
すでによっしーは到着していたのにはビックリで、シーズン中は仕事があるにも
関わらず毎日このよ~な釣り三昧生活をしている彼に脱帽でございます。(爆)





一応、下弦の月なんですが、、、写真で撮るとど~もイマイチ分かり辛いです
ねっ。特に夜間の月明りのみで写すこ~いった撮影はコンパクトデジカメだと
なかなか上手く撮れません!だからといって一眼レフにしてしまうと嵩張るし
、、、薄型、防水、タッチパネル他いろいろ求めてしまうがゆえ未だにずっと
同じデジカメを使い続けているJCAです。


今朝も午前3時45分頃によっしーの開始~の号令と共に一斉放火となりますが
、珍しくよっしーにも全くアタリが無い激渋な環境下、10分もしないうちに
1匹掛けるもやりとり中にバラシ!更にもう1回アタリがあるもスレだった
みたく即行外れてアウト、、、めちゃくちゃ悔しい思いのまま朝マズメは
終わりを告げて魚の群れもどこかへ行ってしまいました、、、(泣)

今朝は群れは居るのに昨日より更に渋く、また食いも非常に浅いよ~で
常連さん含めほとんどがボウズのまま午前7時撤収。

わたくしめはよっしーが出勤した後も少し居残り特訓をしていたものの
ド干潮タイムと重なってしまい潮があり得ない程引いて魚の気配すら
感じれられなければ釣れそ~な雰囲気も無かったので早々にあきらめて
気分転換兼ねて少々遠いんですが、お気に入りの道の駅へ~ ♪





まずは併設している綺麗な日帰り温泉で汗を流してからレストランで地元の鶏
&野菜をふんだんに使った人気のスープカレーを頂いてマッタリ。

アキアジ・シーズンだと午前中のうちにそれなりの釣果に恵まれる事が多かった
為、ここからは買い物したり車内で仮眠したりと1日ダラダラ過ごす事ができる
んですが、今日は別でよっしーが午後14時頃から3時間もお昼休憩があるシフト
だったみたく朝のリベンジに行きませんか?とのお誘いを受けてたんです!

ですので、昼食後は即出発となり午前14時ジャストによっしーと合流&
再び戦場へ向かう事に。


戦場に到着するとやはり常連さんらも朝がおもいっきり渋かっただけに
何としても釣ろうと勢揃いしており平日の昼下がりとは思えないよ~な
混雑風景!?潮位もだいぶ上がってきて雰囲気的にはいい感じです。





「知床半島」


デイタイムはそれなりに気温も上昇しますのでこれで十分!とよっしーは
超~ラフな格好で釣りをしてますねぇ。ウェーダーも履かずにズボンの裾を
まくっただけ&クロックスで苔がたくさん付いたゴロタ場へ入っていく
のですから強者ですわ。(爆)

しかし、よっしーが再び仕事へ戻る午後17時までみっちり3時間頑張るも
誰1人釣果を出せないままタイムアップ!先に来られていた常連さんらは
今日は魚自体がほとんど居ないわ~と言いながら1時間程前に全員撤収されて
ますしよっしーが居なくなるとわたくしめ一人になってしまいました、、、


さてと、あとどれだけ粘るべきか?


暗くなってくるとこれまたヒグマがよく出没する時間帯に突入しますし、
やれてもあと1時程度かな?と思いながら頻繁に背後を警戒しながら
キャスト&リトリーブを繰り返し、たま~に息抜きがてらに岩に座り込んで
ぼ~~っと水面を眺めます。

2日目は見事にボウズ決定やなぁ~と思いつつお茶を飲んでると、ちょこっと
沖目にはなりますが一瞬ボワッと魚らしき黒い影が見えたよ~な!?







ここからだと届かないので急いで水の中へ入り、影が見えた周辺をじ~っと
観察してると水面にモヤモヤモヤ~っといわゆるモジリが出たんです!

すかさずその方向へ目掛けておもいっきり軽量スプーンをフルキャストして
スローリトリーブしてくると案の定魚の群れに当たったよ~でコツンコツンと
2回くらい魚が当たった?みたいな感覚が伝わってきた後に、


ガツン!!!


グイイイッ!


アタックしてきましたよぉ ♪





58cm カラフトマス撃沈!


午後17時40分、ようやく1匹目をランディングする事ができましたぁ。

管理釣り場でもよくあるパターンなんですけど、多くの釣り人によりずっと
掛かってたプレッシャーが人が少なくなる事により和らぎ再び魚の群れが
戻ってくる、、、もしかするとカラフトマスも同じパターンでプレッシャーが
掛かっていたのかもしれません。


影が見えたのは1匹では無かったので即同じ方向へ打ち返すと今度は何の前触れ
も無くドスン!と重量が加わったかと思えば一気にこちらへ向けて走り出した
のか?フワッと軽くなったよ~に思えるも高速リーリングをすると次第に重量感
が伝わってきて足下からあと5~10mの距離で強烈な横走り!


ジイイイ~~~ッ!!!


ここまで来るともう無我夢中で、下手に走らせるより少々強引なやり取りで
頭をこちらに向かせてランディング!





59cm カラフトマス撃沈 ♪


背中部が微妙に盛り上がり始めている立派なオスでもっと大きいかと思って
ましたが、スケールに置いてみると60cm未満、、、やはり最大でも65cm
までと言われているトラウトだけあって弩級サイズはそう簡単には出ませんね。


いつの間にか太陽も傾き始めてオレンジ色になりつつあったのでこの戦場に
おいてはマズメ時に絶大な実績を誇るカラーにスプーンチェンジするも反応が
無くなってしまいました、、、

変にアタってるカラーからチェンジしなかった方がいいのか?急にそう思い始め
数投した後、再度さっきまで投げていたゴールド調に赤&オレンジのヤマメ
カラーに戻してキャストしてみると即アタックしてきて、







50cm、45cm カラフトマス撃沈!?


こんなドラマのよ~な連発劇ってどんな釣りにおいても滅多に起きるよ~なもの
じゃありませんし、JCAもただただ唖然としてしまいました。

あとどれだけ魚が近くに居るのか分からないものの、最初のヒットから2匹目、
3匹目へと徐々に岸寄りしている事が窺えたので時間が許す限り重点的に攻めて
この夢のよ~なタイミングを無駄にしたくない!と頑張りましたが、さすがに
5匹目と言うのは贅沢な話だったのか先に太陽が水平線に沈んでしまい終了。

これ以上一人で戦い続けるのは危険ですのでねぇ!


2日目は粘り勝ちって結果になりましたっ。(笑)







使用タックル&仕掛け

■ ロッド: シマノ・カーディフ モンスターリミテッド DP93ML
■ リール: シマノ・'18ステラ 3000MHG
■ ライン: シマノ・ピットブル12 1.2号
■ リーダー: サンライン・システムショックリーダーナイロン 25lb.
■ ルアー: アングラーズシステム・BUX 5.1g PL(G)


「ドラマが起きたね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

58、55、45cm カラフトマス撃沈! 北海道・斜里町 / 知床半島 (1日目)





灼熱の関西を離れ降り立ったそこは午後13時でも気温はなんと16℃ ♪


空港から外に出た瞬間、心地良いそよ風が吹いてきて半袖でいるとちょこっと
ヒンヤリする最高の環境!わたくしめの地元からだと普段は羽田空港か
新千歳空港を経由しないと辿り着けない女満別空港も毎年8月1日から
2ヵ月間だけ直行便が運航されてて超~便利。早速今年もこの便に乗って
「北海道」はオホーツク海を望む道東エリアまでやって参りましたっ。

現在日本の南海上には台風13号が発生しており、9日の朝には東京エリア、
そして翌10日には今わたくしめが居る道東エリアにも来襲する予報にある
ものの、今のところ帰還予定は9日の朝ですのでよほどスピードアップしない
限りおそらくお天気は穏やかなまま持ってくれそ~な感じ、、、今回の遠征は
タイミング的にも非常に恵まれてるよ~に思えます ♪


昨日は先に買い出しておきたい釣具アイテムがあったり、すでに送ってあった
荷物の整理他、結局移動と準備などで1日を費やした形となり、日付が変わって
午前2時半にSurFreyja“よっしー”と待ち合わせていざ戦場へ!





この日の為に買い揃えてあったタックル、カーディフ・モンスターリミテッド
DP93MLとNEWステラ3000MHGと共に寒い中、陣地を確保しつつ
夜明けをひたすら待ちます。

信じられないかもしれませんが、昨夜は日が暮れたと同時に気温は一気に10℃
近くまで下がり、車内でフリース&ブランケットまで被って更には暖房まで
一時付けたくらい!?真夏の8月とは思えない程の寒さになっております。


次第に明けてきた午前3時45分、攻撃開始!


1年ぶり、、、それも昨年から始めてこの作戦自体は2回しかできなかった
のもありど~やって狙うんだったっけ~?状態ですが、冬の間に管理釣り場に
通って特訓をしてきた感覚を思い出しつつスプーンを水面から約10~15cm
下というのを意識して一定速度でリトリーブ、、、

まだ微妙にキャップライトが無いと手元が見えない時間帯ですから当然ラインも
常に目視できず、手に伝わってくる水の抵抗を受けてブルブル動くスプーンの
感覚だけを頼りにキャストし続けていると突然、


ガクン!?


ジイイイ~ッ


何かに体当たりされたかのよ~な重量と共に竿がグンニャリ曲がります!





55cm カラフトマス撃沈。


今シーズン初ゲットでございます ♪

カラフトマスってこんな銀ピカだったかなぁ!?と驚いてしまうくらいギラギラ
シルバーに輝く個体は足元で暴れてウロコがボロボロ剥がれ落ちています。
春に撃沈したサクラマスみたいなイメージ ♪

よっしーに聞けば、シーズン初期の個体はどれも銀ピカで時間の経過と共に
遡上を控え何度も河口付近を行ったり来たりしていくうちにウロコは剥がれて
背中の部分が緑?薄い抹茶色っぽくなってくるとのこと。更にオスは背中に
デカいコブができてセッパリマスと呼ばれる典型的なフォルムになるそ~な。

ちなみにFISH DINNER的観点から見れば、まさに今の接岸したての
銀ピカな個体が脂がたくさん乗って非常に美味らしく、お味に関しても
時間の経過と共に落ちていくよう。


やっと数匹定置網に入ったという情報から始まり、実際によっしーがルアーで
毎朝出勤前に接岸状況をチェック 釣果が出た!という合図と共にやって
来てますので間違いなく今が最も綺麗な個体が多いはず!


また、よほど大量に群れが居ない限り朝マズメの短時間のみ食いが立つパターン
みたいですので撃沈後スケールと並べて写真を撮ってる暇など無く即打ち返し。

着水直前にベールを戻して糸フケを最小限に抑えながらスルスルスル~と
スローリトリーブ、、、まもなく回収って距離でいきなり、


グイイイッ!?


強烈な締め込み!





45cm カラフトマス


これくらいがアベレージサイズでしょうか?群れによってやや大きめな個体も
混じってはいるものの基本トラウト類の中では小ぶり、そこまで大きくならない
種がカラフトマス。当然、サイズによって引きの強さが異なってはきますが、
今戦っているゴロタメインの戦場の場合掛ける位置によってもやりとりの
難しさが大きく異なってきます。

特に波打ち際近くだと水深が全くありませんのでフッキングと共に魚は横走りを
する事が多く、大小様々なゴロタの間を縫うようにして暴走する為、不意に
ラインが岩で擦れる恐れもあれば逆にあまり強引にやりとりしてしまうと口が
柔らかいカラフトマスはすぐに口が切れて外れてしまう、、、正直難しいです!


なのでタックルチョイスが一概に反発力が強い硬いものが良いとも言えなければ
、逆に柔らか過ぎるのもトルクが半端じゃないのでのされ続けてしまい微妙
、、、ちょ~ど中間点をチョイスし後は人間側のやりとり技術でカバーする
、、、よっしーからそうアドバイスをもらうも、

なかなか実践するには経験が必要ですねっ。(笑)





「知床半島」


さすが世界遺産登録地だけあっていつ来ても壮大な景色が広がっております。

結局朝マズメは2匹撃沈し、もう1匹掛けるも波打ち際のやりとりでバラして
しまいました、、、毎年カラフトマス~アキアジシーズンまでの数ヵ月間、
キャンピングカーなどで来られ住み込んでやっておられる常連さんらも
今朝はバラシ続発で食いが浅いとのことでした。


彼は大体朝マズメの数時間だけ戦って一旦基地へ戻られまたお昼前に2回戦で
やって来られるみたく午前7時までにほとんどが撤収されてゆきました。
そしてよっしーも出勤しないといけないのでそれから30分後くらいに撤収
、、、JCAはもう少しだけ居残り特訓でございます!(爆)


なんせ1年ぶりのカラフトマス作戦な上、まだまだ感覚が思い出せない?って
ゆ~より掴めないのでひたすら打ち返してキャスト~リトリーブ~回収に至る
までの一連の操作をもっとスムーズにかつ思い通りにできるよう特訓が必要。

午前8時半を回るとわたくしめ以外誰も居なくなりどこへでも投げ放題の環境
にはなるものの、同時にクマが出ないか心配になってきます!?ここらは
鳥獣保護区に指定されているので普通に野生のヒグマが出没するんです。







と言いながらも太陽も昇って気温も暖かくなり超~気持ちいいので岩に
腰掛けての~んびりリラックスモード ♪

着込んでた厚手のウェアを脱いで半袖Tシャツ&モスシールドのスパッタ
メッシュジャケットのスタイルでちょ~どいいくらいの気温。18℃前後
でしょうか?わたくしめの地元、関西圏では今日も朝から余裕で30℃超え
みたいでまさにここは天国と言えますわ~!


ただ、、、アタリも完全に遠退いてしまい跳ねやモジリといった群れが居て
そ~な兆候すら見られませんねぇ。特訓をしたくても魚自体が近くにおらず、
ましてやフッキングができなければやりとりに慣れる事もできません。

最後にバラした1匹はあと数メートルでランディングってとこでしたし悔しくて
たまらないので、とりあえず今日の目標としてはあと1匹キープできたら
終了にしよ~と決めて頑張りましょう!





再び気合いを入れて攻撃開始。


同じ場所でず~っと打ち返しててもその先に魚が居ないと絶対釣れませんので
偏光サングラスをかけて水面の変化を見つつランガン。ほぼベタ凪に近い
コンディションですから何か変化があれば慣れないJCAでも察知できるはず?

1時間程ランガンしていると突如目の前に波紋が幾つか出ているのに気付き
すかさずその少し向こうへキャスト&スプーンをユラユラさせながら表層を
引いてくると、ガツン!とアタックしてきたと思えば、


バシャバシャッ!


魚が跳ねてその後ドラグが急回転!?


竿の反発力を生かしつつ、ある一定以上の重みが掛かるとドラグによりライン
が出てゆきを数回繰り返しながら魚に負荷が掛かり過ぎないよ~にして
慎重にやりとり ランディング成功!





今日最大の58cm カラフトマス撃沈 ♪


おもいっきりメタボな美味しそうな個体じゃないですかぁ!

足で魚を抑えながらナイフで締めている間もあちこちに銀色の細かいウロコが
飛び散ってほんとサクラマスを思い出します。


確実にあの波紋は1匹ではなかったのでまだ何匹か近くに泳いでいるはずと
即打ち返して探っているとすぐアタックしてくるも一瞬重みが伝わった直後
バラシ、、、食いが浅いとゆ~事であきらめるべきなのか?それとも単に
フッキングまでさせれないわたくしめの腕が悪すぎるのか?あはは、自分自身
では後者のよ~にも思えますがその後はどこへ投げても反応が消えてしまった
ので午前10時潔く初日は終了。

戦い方自体、まだ試行錯誤中ながらも今日の戦いからJCAが今使っている
タックルに合ったドラグ設定は少し分かったよ~な気がしますから明日は
それを実践しつつ少しずつスキルアップできればなぁ~と考えております。





これから斜里町中心部にあるクロネコセンターまで走って新鮮な魚を自宅へ
発送してからお風呂 昼食 寝不足なので仮眠をして夕方よっしーと
待ち合わせて飲みに行く予定でございます ♪




使用タックル&仕掛け

■ ロッド: シマノ・カーディフ モンスターリミテッド DP93ML
■ リール: シマノ・'18ステラ 3000MHG
■ ライン: シマノ・ピットブル12 1.2号
■ リーダー: サンライン・システムショックリーダーナイロン 25lb.
■ ルアー: アングラーズシステム・BUX 6.5g CZ(G)


「カラフトマスや!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

8月だョ!関空集合~!?


8月と言えば子供たちにとっては夏休み ♪ また我ら大人にとっても海水浴に
花火大会、お盆休みとあこれレジャー関連ネタが思い浮かんで参りますが、
わたくしめにとって8月と言えばやはり避暑遠征!特に今年の夏はあり得ない
程の猛暑ですのでオフはできる限り涼しい所へ逃げたいと考えております。

わたくしめの仕事はお盆休みなど全く関係ございませんのでレジャーシーズンの
8月だからまとまった休みと取ってど~こ~と特別変わった計画もありませんが
、もし涼しい戦場に行けるのであれば積極的に出撃し、オフの日程的に不可能
なら自宅や他クーラーのギンギンにきいた所でゆっくり過ごそうと。(笑)


そんな事を考えながら昨日、急遽駆り出された海外出張より帰国したJCA、、、
時差で少々疲れているのでゆっくりしとけばいいものの、今朝は午前6時に起床
して空港リムジンバスに揺られながら関西空港にやって参りましたっ。







いつも最寄りの伊丹空港ばかりでたま~にしか訪れる機会が無い関空。

でもよ~く考えてみると毎年8~9月の2ヵ月間だけはちょくちょく訪れている
よ~な気がします!ってゆ~のも夏限定、この2ヵ月間だけ普段ならどこかを
経由して行かないといけないとある空港まで直行便が運航されているんですわ。

まさに、ザ・ドリフターズの8時だョ!全員集合~っぽく、


“8月だョ!関空集合” ってなノリ ♪ あはは、古いっすね、、、


今朝も離陸した午前9時25分の時点で32℃まで上昇していた灼熱の関西圏
から脱出し、約2時間かけて涼しい場所へ ♪







外に出ると熱気と湿度に締め付けられて息苦しくさえ感じる地元エリアも
空調のきいた機内から見下ろせば非常に美しい風景ですよね。

今日は若干霞んでますが青空で明石海峡大橋も綺麗に見えております!


何て言いますか、、、嵐の前の静けさ?ではないですけどあと数日もすれば
また台風13号が本州にやって来ますし、この影響に巻き込まれないよ~に
上手く帰って来ようと計画を組んでは来ておりますが、いきなりスピードを
速めたり、急な進路変更をされちゃうとアウトになる恐れもあるかも!?


あはは、だけどもう出て来ちゃってますから後はなるよ~にしかなりません!


右手に富士山が見え始めた辺りまでアイスコーヒーを飲みながら起きては
いたんですが、さすがにカフェインを取っていても強行スケジュール&時差
には勝てずここから夢の中へ、、、











飛行機利用の遠征では毎回一緒?似たよ~なパターンになってしまって
申し訳ありませんが、今回もやはり着陸前のシートベルト着用サインの点灯音
&アナウンスで目が覚めて外を見えればもうそこは目的地近くの景色。

窓の外に見えている湖がどこかさえ分かればわたくしめがまもなく降り立つ
空港の名前もすぐ分かるはず!(笑)




「どこの湖?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR