FC2ブログ

残り少なくなったパラゴン砂ズリを補充


一昨日の夜に食べたマゴチの唐揚げが超~美味しく、また食べたい!ってゆ~か
、昨年の夏はハマフエフキ作戦にのめり込んでてマゴチ作戦に出る機会が
無かったし、今年はもう少しバランス良く四季折々の魚を狙っていきたいと
思ってるのでもう1回くらいはマゴチ作戦に出ようかなぁ~と考えております。


基本、日帰り出撃になりますので思い立ったら即出れるよう今から準備を
しておこうと、まずは仕掛け類のチェック!

専用仕掛けBOXにはまだギッシリ仕掛けが詰まってるのでオッケー&あと
この作戦特有?とも言うべき砂ズリ部は、、、うわっ!あと10本程しか残って
ないじゃないですかぁ~、、、いつの間に!?(汗)





主に船釣り用のエステル100%で作られたパラゴンを流用して作ったパラゴン
砂ズリ、今や大物投げ釣りでも定番化しつつありわたくしめの周りでも愛用
されておられる方がたくさんいらっしゃいます。

パラゴンは元から編み糸になっておりかなり張りがある為、作りたい砂ズリの
長さでカット&両サイドにリングを作る or サルカンなどを取り付けるなど
連結部を作るだけで完成と非常に簡単に作れちゃうのがメリット ♪ モトスの
上から40~50cmを2本、または3本撚りにして、、、みたくわざわざ手で
撚り糸を作る必要もありませんし、他のラインに比べて格段に強く、くびれ
たり腐食したりしないのもあり繰り返し使えるのも魅力の1つと言えます。


そんな便利アイテムではあるものの、なぜかJCAは普段からあまり使わない
んですよね~、、、それには幾つか自身の強いこだわりがあったりするからなん
ですが、まっ、それはまたいつか書くとして、、、現在、このパラゴン砂ズリを
導入しているのは根掛かりが酷く頻繁に仕掛けロストが多い戦場以外では唯一、
このマゴチ作戦のみなんです!

また面白い事に、マゴチ作戦においては逆にパラゴン砂ズリが無いと絶対ダメ!
って程マストアイテムになっておりこれを忘れてしまうとガ~~~ンとなって
しまうくらい。それには当然必須と言える意味があるんですけどねっ。


ただ、先にも書いてましたよ~に普段は滅多に使わないので必要な釣友らに
ど~ぞ~といった感じであげたりしてるうちにいつの間にか在庫が少なくなって
、さっき気付けば残り10本!?ですからいかに日頃から数チェックなど
してない 全く気にしてない存在ってのが窺えますよね。(爆)

だけどさすがにあと10本だけじゃ困りますので早速、







大量補充しましょう ♪


コロダイ、マダイなど幅広い大型ターゲットに対応させてる方は全ての個所に
おいて強度の高い仕様にされていると思いますが、JCAの場合、ほぼマゴチ
作戦専用みたいなもんですからパラゴンの号数も18~20号、またそれに
取り付ける金具類も上の写真みたいなサイズ設定で可能な限り細めに
仕上げるよ~に心掛けております。

他にもちょこっと工夫を加えたバージョンもあったりしますけど、それは数年前
、真剣にこの作戦に取り組んでた頃の物でとりあえずオーソドックスな仕様で
十分だろうと今回は基本バージョンを大量生産。


一目で区別が付くよ~に20号はブラウン、そしてやや細めの18号はブルーと
パラゴンのカラーを分けて管理。でも両サイドに取り付ける金具類などは
どちらも共通でございます。と言いますのも、特にサルカンは5号までが
わたくしめがパラゴン砂ズリに求める特性を十分に発揮できる限界ラインで
サイズを大きくするのには問題無いものの、これ以上小さくすると
パラゴン砂ズリを導入している意味が無くなってくるので5号で!





これだけ作れば当分の間は大丈夫ですよね。(笑)




「マゴチ専用なんや~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

お手軽に~ ♪ マゴチの唐揚げ







今月の頭に撃沈してきたマゴチはお造りにして頂こうか?と思うも、一緒に
マダイも居たのもありそちらをお造り&ひゅうが飯にしてマゴチは捌いて
また後日、、、って事で冷凍致しました。

ほんとは翌日にお造りで頂けたら最高だったのものの、残念ながら海外出張が
入っており不可能となり三枚おろしにしたら一口サイズにぶつ切りにして
真空パックへ。もしメニューを決めているのならこうしておいた方が解凍して
すぐ調理に取り掛かれるので便利ですよねっ。


そしてようやく昨夜、FISH DINNERとして登場でございます ♪





解凍した切り身の水分をキッチンペーパーでよ~く拭き取ってから軽く塩を
まぶして20分、、、あとは全体に片栗粉を付けて170℃の油で揚げるだけ~。

ここでの注意点はたとえ一口サイズの切り身であっても一度にたくさん揚げて
しまうと油の温度が一気に下がってしまうので3~5個ずつ小分けにして
揚げていくのがベスト!衣がカラッとキツネ色になればできあがり。


塩、片栗粉、揚げ物用サラダ油の3点のみで作れちゃう超~簡単メニュー。







マゴチの唐揚げ ♪


唐揚げはマゴチの定番料理として知られてますし、塩だけで味付けされた
マゴチの切り身は素材の旨味が全面に引き出されて最高!何度食べても
飽きの来ないシンプルディッシュと言えます。

冬のカレイ、夏のマゴチ、、、FISH DINNERにおいてはこれら2魚種は
様々な点で似てますから投げ釣りをしてる限り一年中美味しいお味が堪能できる
って事ですよねっ。あはは、まっ、考えてみればカレイもマゴチも同じフラット
フィッシュの仲間ですから似てて当然か!(笑)




「マゴチ美味いよね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

快晴の日曜日 ♪





六甲山系から甲山まで美しく見渡せる快晴の日曜日 ♪

今朝、午前9時頃に沖縄に記録的な大雨をもたらしていた台風6号が温帯低気圧
に変わりました、、、とはいえ単に構造が変わっただけで巨大低気圧には変わり
なく今後西日本から東日本に接近する予報。(泣)


今週辺りにでも大物投げ釣りの夏の風物詩?とも言うべきターゲットを狙いに
いけたらと考えていたJCAではありますが、急に発生&2日後には日本列島に
接近するとゆ~コースを取った台風6号のせいで全てがおじゃん、、、また日を
改め仕切り直しになっちゃいました。

昨日まで仕事で東京だったのもあり事前にラインの巻き替えなど準備も万端に
してあっただけに本当に残念で仕方ないものの、さすがに台風は自然現象ですし
、それこそこれからのシーズン次々とやって来ますからあきらめてこちらが
合わせていくしかありません。





久しぶりにバーマックス石鯛VA-Gを巻いてみましたけど、この艶めかしい赤色
が何とも言えませんよね~。ミロの必殺技、真紅の衝撃!スカーレットニードル
~って叫びたくなりますわ、、、あはは、なんせわたくしめ蠍座でございます
ので、、、って全く関係無いかっ!アンタレスはしばしお預けですわ。(爆)


今日は朝から晴れてしますし先日の函館遠征を最後にようやく我が家へ帰還
してきた'05スピンパワーを庭で綺麗キレイに洗って、続いてすでに水洗い&
乾燥させてあったパワーエアロ・スピンパワーにオイル&グリスを注入。

前回の遠征は特殊環境対応とゆ~ことで普段あまり使わない5号スプールを導入
してましたが、そろそろメインの3号スプールにもラインを巻いておかないと
いけないので午後からその作業に取り掛かろうかと考えております。









「またすぐ台風では?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

プラスチック製のスプールケース


替スプールといったスプール単体で持ち運ぶ際に傷が付かないよ~にと
大物投げ釣りではリールに付属しているスプールバンドやスプールが2個入る
専用ハードケースを愛用しているJCA、ルアーフィッシングにおいても先日
NEWステラ用の替スプールから'14ステラ、'13ステラSWそれぞれの夢屋
シャロースプールもゲットし、同様の保護アイテムが必要になってきました。


早速、いつもの釣具量販店から他のお店も回ってみるも3000~4000番用
みたく書かれた専用スプールケースは発売されてはいるものの、衝撃を吸収
するナイロンとポリエステルからできているリール本体のケースのよ~な
小型ポーチがほとんど。これでも全然オッケーなんですが唯一素材からして
水に濡れるとドボドボになってしまうんですよね~、、、

個人的にどんなケースでも釣り用の物は防水性能が備わっているタイプを
好みますので、他に何か良さそうな製品ないかなぁ~?と引き続き探していると
ある意味超~理想的な物を発見!







ヘッジホッグスタジオ「スプールケース 55S」


リールメンテナンスやチューニングを手掛ける専門店オリジナルのプラスチック
スプールケースでご覧のよ~にケースはただ被せるだけではなく、スクリュー
構造になっており回転させて締め込むと上フタを持っただけでは絶対開かない
仕組みになっております。

また、プラスチック製ですので当然水はシャットアウトする上、軽量かつ安価と
3点いいとこ揃い ♪ スプールサイズに応じて3種類リリースされているよ~
ですが、3000、4000、5000番のスプールを持ち運ぶJCAにはちょ~ど
真ん中の55S、シマノ3000~5000番対応モデルをチョイス。

3つ同じ物を仕入れて参りましたっ。


ただ漠然と3000~5000番対応と書いてはありますが、サイズとしては
5000番まで入れれる余裕が必要なわけでして写真のよ~に3000番
スプールを入れてみるとかなり遊びができちゃうんですよね~、、、







このままじゃ持ち運び時にケース内でスプールが動き回って気になります。

さすがにプラスチックにガタガタ当たっても傷にはならないでしょ~けど
こ~ゆ~中途半端な遊びがあるのも個人的にあまり好きではないので、
何かいい方法は無いか?と考え、近くの100均ショップに行って物色&
こんな良さそうな物を見つけてきましたよぉ。





「多目的EVAクッションシート」


すでに隣に写っているスプールケースには加工済の物がセットしてありますが、
このクッションシートを若干小さめにカットしてスプールケースにキツキツで
ジャストフィットさせてあるんです。

スポンジみたく柔らかすぎもせず程良い硬さ&弾力を持っているシートですので
、ケースの径よりほんの少しだけ大きめにカットして強く押し込んでやると
両面テープや接着剤など不要でしっかり固定 ♪


先の尖った千枚通しやマイナスドライバーなどを使えばクッションシートは
取り外しせますから万が一汚れてもお掃除も楽チン&劣化してきたら
即新しい物に交換すればオッケー!

超~簡単な作業ではありますけど、納得いく物になりました。





ちなみにシマノの3000番スプールだとケースの上下に1枚ずつ、また4000番
なら片方に1枚のみクッションシートを入れ、5000番は何もそのままで
ジャストフィットといった感じですねっ。


余談にはなりますが、55Sより1つ小さいタイプの50Sというケースも発売
されており、こちらは2000~C3000番用となるので確かに3000番
スプールを入れるとジャストフィットしてくれるんですが、巻いた糸をライン
クリップに留めているなら問題無いものの、もしスプールバンドで留めて
しまうと入らなくなっちゃう可能性があるんですよね~、、、

なのでわたくしめはこの50Sを2000番がメインのエリアトラウト用スプール
のケースに現在使っております。







「超~コンパクトよね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

最高峰、 シマノ「カーディフ モンスターリミテッド DP93ML」


2018年の最新カタログにNEWという文字と共に掲載されている商品
、、、言うまでもなく今年の新製品となるわけですが、このモデルに関しては
調べてもらうとでに昨年の9~10月頃にシマノのHP上で発表&同時に
初回生産も行われていたよ~なんです。

ただ、初回生産のみでその後追加生産は行われておらず、また現在のところ
今後の追加生産予定も未定と、、、その上、シマノの工場自体にも在庫が残って
ないとなると要するに現時点では市場に流通している在庫のみが僅かな望みと
なってきます。それにど~やらわたくしめの地元関西圏では最初から流通されて
ない商品みたくダメ元でシマノの営業マンにお願いして全国の在庫を探して
もらう事となりました、、、確か今年の2月末のこと、、、

いつもの釣具量販店経由で何度か状況を問い合わせてもらうも探しているけど
一向に見つからないという答えばかりでさすがに今シーズンは厳しいかな?と
あきらめかけてた中、ある日急に電話が入り、見つかりましたよぉ~!と。





流通対象としては東北~北海道にかけての北日本市場がメインとなっている
みたく、これも北海道の北の方のお店で1本だけ残っていたそ~な!なんせ
同じロッドでも長さや硬さなどで仕様が幾つかあり、JCAの探していたモデルは
最も人気のある物だったみたく営業マンもまず残ってないだろうなぁ、、、と
ずっと話してたそ~なんです。

これで何とか使いたいと思ってたシーズンに間に合いましたしほんと
ラッキーでした!電話をもらった後、約1週間程で関西まで運ばれてきて
昨日ようやく入手となりましたっ ♪







シマノ「カーディフ モンスターリミテッド DP93ML」


■全長: 2.82m
■継数: 2本
■仕舞寸法: 145.1cm
■自重: 165g
■先径: 1.7mm
■ルアーウェイト: 7~30g
■ライン(ナイロン): 6~16lb. / (PE): 0.8~1.5号



モンスターを獲ることだけを見据えて全ての性能とバランスを突き詰めた、
シマノネイティブトラウトロッドの最高峰。

通称“モンリミ”と呼ばれているロッドでございます。


高強度カーボンを用いた“スパイラルXコア”により軽さと強さ、粘りを昇華させ
、さらに“ハイパワーX”で締め上げることで、さらなるシャープさと切れ味を
創出。さらに“ナノピッチ”製法を採用してより均一な圧力で締め上げることで
真円度を高め高強度化を成し遂げている贅沢仕様。

モンスターリミテッドの代名詞である“レインボーチタンセラミックコート”
(RTC)仕上げはカーボンブランクスの表面に極薄チタンセラミック層を形成
し、その干渉パターンにより虹色に光らせるという高度な技術を採用。
これにより塗装重量がRTCは一般的な塗装の1/10以下という驚異的な
レベルまで軽減可能となり、この大幅軽量化によってキャスト時の振り抜け感は
もちろん、操作性や感度も向上し持ち重り感も軽減するなど数々のメリットが
生み出される美しさもさることながら軽さと高感度に貢献。







バットガイドに新たに搭載された“Xガイドエアロチタン”は、3Dテクノロジー
で段差をなくした軽量チタン中空フレームでシマノオリジナルの特殊表面仕上げ
を施した高強度・高耐摩耗の軽量薄肉金属リングを搭載し、角や凹凸の無い
滑らかなラウンド形状のフレームでラインが絡むトラブルを削減&ラインへの
ダメージを減らしてくれるそ~な、、、斬新な技術!

また、コンパクトなフレームに大口径のリングを搭載することでラインの放出
抵抗とキャスト時の空気抵抗を軽減し、キャストフィールと飛距離を向上し、
軽さ、トラブルレス、キャスト性能を高次元に融合。


グリップに関してはミノーアクションがつけやすいシガータイプのフロント
グリップのTWモデルとオールラウンド仕様のDPモデルの2種類があり、
JCAはミノーに限らずスプーンやバイブレーションなど様々なルアーを
ローテーションしてアプローチできるフレアタイプのフロントグリップ、
DPモデル(DEEP VERSATILE)をチョイス。

先進機能が詰まったロッドにトラディショナルな味わいを醸し出すべく天然木を
採用したメープルウッドリールシートがまたカッコイイですよね ♪









CARDIFFの刻印が施されたスクリューシート部のパーツはリール装着の際に
自由にロゴの位置決めが可能で好みに合わせてもっとも映えるポジションに固定
する事ができると書いてありますねぇ~。これはやはりオーナーの所有している
とゆ~満足感を高める為のシマノのサービスかな?(笑)

移動時の利便性を高める折り畳み式フックキーパーまで搭載されており細部に
至るまでストレスフリー設計。


いや~、これでわたくしめが頭の中で思い描いていた構想を現実にすることが
できますわ~。あっ!当然このモンスターリミテッドにセットするリールは
NEWステラ3000MHGでございますよん ♪







「これで何を狙うの?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

シマノ「夢屋・'14ステラ 4000SSスプール」


厳寒期を利用してトラウトルアーの特訓をすべく管理釣り場に通っていた際に
たまたま隣り合わせになり、かつたまたま住んでいる所も近かったとゆ~ことで
連絡先を交換してた方がおりました。

そして海外出張中にラインが来まして夕食でも行きませんかと。


自営業をされてらっしゃる彼は根っからのエリアトラウトマンで、わたくしめが
大物投げ釣りで日本全国釣り歩いてるかのよ~に彼も日本全国の管理釣り場を
結構回ってらっしゃるそ~な!このGWには北海道へ、また先週も関東の2ヶ所
を回られたりと精力的に出撃されてるよう。

そんな彼、事前に予定を合わせる為にやりとりする中で今は完全にエリア
トラウト・オンリーになってしまったものの、以前はソルトルアーでヒラメや
シーバスなどを気合い入れて追い掛けてらっしゃったみたいなんです!

ちょ~どわたくしめは今年から本格的にルアーでネイティブトラウトを狙い
始めてますのでまさに逆ですね~なんて話していると、もう今後使う予定も
無いからど~ぞとこんな物を頂いちゃいましたぁ ♪







シマノ「夢屋・'14ステラ 4000SSスプール」


しかも購入した直後にエリアトラウトに完全転向されちゃったらしく
一度も使わずそのまま飾ってあったという新品!?

え~~~っ、でもこんな高価な物貰うわけには、、、でしたが、持ってても
全く使わないし使ってくれる人が居るならぜひ!と。また近いうちに時間が
あればエリアトラウトにも一緒に行こうよ~と誘って頂きました。


彼はこれまで様々なルアーを使ってエリアトラウトを楽しんでこられ、最近は
スプーニング、いわゆるスプーンでの釣りにこだわられているよう。JCAも
スプーンを自由自在に操れるようになる事を目標に頑張ってますので、今度
ご一緒した時にはいろいろコツなど教えてもらおうと思います。

あと、ミノーなどのアクションの付け方も ♪


お互い車でしたのでノンアルコールでしたが創作餃子の美味しいお店で
釣り談義で盛り上がり午後21時前に解散&ちょ~ど帰り道にいつもの
釣具量販店チェーンと並んで関西圏では大型チェーンのお店があったので
久しぶりに立ち寄ってみて、







やっぱプラスチック製がベスト!と、こんな物をゲットしてきましたっ。




「スプール、いいなぁ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

無の釣り、、、 北海道・函館市 / 函館沖堤防 (2日目)


明日は出船が午前3時半なので午前2時50分にはホテルまでお迎えに
行きますね~と約束し、そのままチェックイン&即就寝、、、結構早めに
寝たのもあり目覚めた頃にはスッキリ爽快なJCAでございます。(笑)

まだ真っ暗なうちから函館爆釣会“クロちゃん”と合流し、車で先導して
もらいながら昨年の春にも訪れた覚えのある渡船乗り場へ。





お天気は昨日に引き続きやや微妙?な感じですけど週末ですしそれなりに人も
、、、と思っているとめちゃくちゃたくさんいらっしゃるではあ~りません
かぁ~!?聞けば今日は何かの大会が催されるみたくわたくしめら2人除いて
他は全員そのメンバーとのこと。続々といらっしゃいます!

ありがたい事に大会主催者の方からお好きな場所を言って頂ければそこには
うちらは入りませんからと打診がありわたくしめはどこがどんな感じかサッパリ
ですのでクロちゃんが悩んだ挙句、白灯台にしましょうと決めて下さいました。


そして午前3時半キッカリに出船!


まずは定員の問題から赤灯台へ渡られるグループを先に渡し、その後2番船で
残り3ヶ所の沖堤へ振り分け。ここは道南屈指の巨大港ですから沖堤も4ヶ所も
存在し、それぞれ潮通しや海底ストラクチャーなど様々な面で異なっている
そ~な、、、ちなみに昨年連れて行ってもらった所は赤灯台でした。







「函館沖堤防」


今朝は目の前をフェリーやタンカーといった大型船が出入りする航路筋に面した
白灯台先端部からファイヤー!

なんせ先端部周りは一段低くなっている上、至近距離を1万トンクラスの大型船
ばかり通過する為、満潮時や少しでも荒れている時は引き波が足元を時折
洗うスリリングな戦場、、、今日は風も非常に強く少々ウネリも入っている
ものの満潮を迎えるお昼頃までは波が被ってもまだマシでしたよぉ。


航路筋にあたるがゆえ軽く投げてもタップリ水深があり雰囲気的には大物が
潜んでそ~な感じがしますが、立地上潮流の速く動き出すとシンカーごと
ゴロゴロ流される場合もあれば上潮と底潮の動きが異なる二枚潮にもなったり
してて大潮回りだと大変だろうなぁ~と、、、


すぐ近くで大きな渦が無数に形成されてラインが斜め右へ次々と流されていく中
、少しサビこうと仕掛けを動かしてみるとこれがまた即行根掛かりしちゃって
るんです!?そう、ターゲットがババガレイだけに海底は岩や他シモリが多く
点在しているよ~で一時根掛かり地獄と呼んでも過言では無いレベルまでに!





ラインブレイクしちゃったり、たまにおもいっきり重くなって回収されてきたと
思えばホヤや小さなホタテが付いた石の塊、、、2人して海底の掃除をしている
よ~ですねぇ~と苦笑いしながら攻撃は続きます。

朝マズメも一切アタリは無く終わり、午前10時になってもノーフィッシュ
、、、それこそアイナメなんかが居れば必ずアタックしてくるはずなのに
何の反応もありません。ってゆ~か魚っ気が自体が全く無く、エサ取りの
小魚のアタリですら皆無に等しい状態、、、


そんな中、ようやくクロちゃんが手のひらサイズのミズクサガレイを撃沈&ポイ
されたと思っているとわたくしめの竿に超~微弱なコンコンと共に、







ミニチュアサイズのマコガレイとアイナメ。


ちなみに水揚げした魚はこの2匹のみ、、、(泣)

いや~、昨日の時点では良型のマコガレイにアイナメばかりでどれだけ
頑張っても本命が現れない!って文句を言ってたのに、今になって思えば
本命とは違えど魚が釣れててくれただけまだマシでした。


ほんとどれだけ積極的に攻めの釣りをしてても根掛かりだけで生体反応が
見られない無の釣り、、、分かってはいてもここまで渋いと辛いですねぇ。

クロちゃんと打ち返しをしては灯台の基礎の上に腰掛けて雑談会 入港して
くるフェリーを眺めながら仕掛けのチェックしてみたりの繰り返しであっという
間に時間が過ぎて午後13時、、、撤収のお時間となってしまいました。





大会のみなさんの釣果では他の沖堤にはなりますが、投げではなくブラーで
探ってババガレイを撃沈されてらっしゃる方も居たそ~で魚自体はどこかに
潜んでる!ただ、それが自分たちが投げている範囲に居るかど~か、、、と
あとはそれが食ってきてくれるか、、、ああっ、ババガレイ作戦は修行の釣り
だぁ~と改めて実感し2日目は終了となりました。


帰り道は嵩張る荷物など全部クロネコセンターから配送&空港でチェックイン
まで済ませた後、レンタカーの返却時間まで少々時間があったので近くの
ご当地グルメレストランに行って人気のB級グルメ?チーズがたっぷり入った
カレーを食べてから大阪へ帰ってきましたぁ ♪

あはは、もう他のメニューはほぼこれまでに網羅してきますので試した事が無い
メニューとなるとこのカレーくらいだけ?だったので。(笑)









使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 7号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・ファイター 6号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 5号
■ ハリス: クレハ・シーガーグランドマックス 5号
■ 針: まるふじ・シーフォースサーフ 14号
■ エサ: アオイソメ、塩イソメ


「ほんと無の釣りやね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

44、42cm マコガレイは本命ではなく、 北海道・函館市 / 太平洋 (1日目)


レンタカーを借り、まだ道内を長旅中の'05スピンパワー他、荷物をクロネコ
センターで受け取ったら辺りはもう真っ暗!まずは近くのコンビニで買い出し&
駐車場で荷物の入れ替え作業をするもキャップライトが無いと全く見えない状態
で超~面倒、、、おまけに夜間の気温も17℃もある為、光に虫が寄ってきて
「北海道」上陸早々試練が待ち受けておりました。(爆)


荷物の整理が一段落ついた時点でもう午後21時前、さすがに時間的にホテルに
入ってもまたすぐ出て来ないといけないので昨夜はそのまま戦場へ直行し陣地
を確保してから車内でしばし仮眠でも~と。

当初考えていた計画では、今日は椴法華港でやろうと思ってたんですが、
戦場に行ってみるとすでに先端部&手前の実績場には三脚がビッシリ並んで
いてアウト!急遽、来た道を戻って以前戦った事のあるここでやっと
落ち着けたって感じでございます。


ジジジッ!


夜明け直後の午前4時10分、比較的近投してた竿からドラグ音。





早速本命のお出まし!?とドキドキしてると、

38cm マコガレイでした。


心地良い締め込みと共に横へゆっくり泳ぎながら足下まで来ましたので確実に
カレイというのはすぐ分かったものの、そ~いえばここは本命のみならず
マコガレイやイシガレイ、マガレイなども居る事を忘れておりました。


今、アタリが出た位置は昨年初めて来た時には高確率で根掛かりが発生したのを
覚えておりますが、底が変わったよ~で今回は特に問題無くサビいて来れます。

すぐさま同じピンポイントへ仕掛けを投入しドラグをやや緩めると今度はお隣の
そこそこ投げてた竿からドラグ音が鳴り、竿を持ってアワセを入れた途端、
今投げたばかりの竿もガンガン叩かれ始め同時多発テロの如く、







同サイズ、39cm マコガレイを立て続けに2匹撃沈!


どれも良型揃いで外道としては非常に嬉しいものの、やはり本命の気配が
ありません、、、基本、ターゲットはシモリ際に潜んでる事が多いので砂地の
部分を狙っていても微妙か?と思い、アタリが一段落したら根掛かり覚悟で
テトラ際や他広範囲に投げ分けて探ってみよ~と。


決してフラット帯が多い海底ではない為、わざとシモリ際を意識して投げて
いると早速根掛かりが多発し回収できる時もあれば仕掛け部でプッツンしちゃう
時もたま~にありますが、数日前の記事にもアップしてましたよ~に今回の
ラインシステムはナイロン7号の通しな上、シンカーも自作のL型ジェット天秤
および砂オモリを多用し仕掛け部との強度調整もしっかり計算&対策を取って
きてるので回収率も高くそこまで根掛かりしても苦になりません。

カレイ作戦においては、どこの戦場でも常に崩したくない基本スタイルが
ありますからそれを主軸に前回の経験&データーを基にして仕掛けから全て
専用で新規作製して参りました!今のところ非常にいい感じです ♪


おっ、根掛かりしたけど竿を大きく数回煽ると抜けてきた!?と思い仕掛けを
回収してると途中から竿を通じて伝わってくる強い締め込み!


グゥ~~~、ゴンゴンゴン



こやつは重量感もありますしもしかして!?と期待するも、





42cm マコガレイでしたわ~、、、


結構プッツンが頻繁に起きてた部分から、それも最初根掛かっていたのが
抜けてきたって状況でしたから絶対今度こそ本命と思ったんですけどねっ。
でもまぁ、超~肉厚な個体で煮付けにしたらめちゃくちゃ美味しそう ♪
ありがたくキープさせて頂きましょう。(爆)

午前11時まではアタリが出るとほぼ100%マコガレイというパターンで主に
40cmまであと1~2cmという良型ばかり!あっ、数匹30cmあるか無いかの
マコガレイとイシガレイが釣れましたがこれらは全てリリースしましたよぉ。


天気予報では夜明けからず~っと雨がパラついているはずなんですが、ラッキ~
にもどんより曇っているだけで今現在まだ水滴は1滴も落ちてきておりません。





「太平洋」


実際には沖から風が強めに吹き付け、外海はやや波も高めかつウネリも入って
いるみたいですけど、防波堤の高い胸壁&沖堤に囲まれた立地ですので
ご覧のよ~にとても穏やか ♪ こんなコンディション下、朝イチで見に行った
椴法華港はどんな感じになっているのか?よく分かりませんが、函館市内は
降ってるみたいですし今日はここで良かったかも?


この感じなら先程満潮を迎え潮止まり、再び下げに切り替わるタイミングでも
何かしら反応があるだろうと予想していると潮が顕著に動き出した途端、
根掛かり地獄、、、厳密に言えば根掛かりではなくコンブを主体にワカメなど
切れた海藻が固まりになって水揚げされてくるんです。

しばらくして分かった事なんですが、ど~やら沖から帰ってきた漁船が一旦
漁協前で積み下ろし作業をした後、不要?なコンブや海藻類をちょ~どJCAの
戦っている真正面やや沖に再び持って行って海に捨てているよ~なんですわ~。


ズッシリ重~くスローペースで水揚げされてくる海藻類を取っては打ち返し、
時々ガッチリ根掛かりの中、かなり乱暴なドラグ音がっ!


ジ~~~ッ、ジイッ、ジイイイッ


底へ潜るよ~な締め込みはなく首をやたら振ってる、、、もしや、





48cm アイナメ撃沈。


やっぱりあんさんかぁ~と言いつつも味噌漬けにして食べるとすごく
美味しかったのを思い出してこやつもスカリにキープ。

時間は正午を回ってすぐ辺りで、時合い?あまりこの魚に関しては関係無さそ~
ですが面白い事に35cm前後の個体含め4匹もアイナメが連続!?こやつは
そんなたくさんお持ち帰りする気は無いので40cm未満の個体はリリースです。


潮の動きに呼応するかの如くアイナメの食いが立ったとなれば、カレイ類もまた
食い始める可能性も大!集中しながら積極的に仕掛けを動かしたりとアピールを
繰り返していると、またまたけたたましいドラグ音がテトラ際の竿からっ。


ジイイイッ!?


が、しかし、、、また首を一生懸命振ってらっしゃるんですよね~。(泣)







超~メタボな、49cm アイナメ水揚げ~。


ど~せならあと1cm大きく、50cmをクリアーしてればちょこっと満足できた
ものの、朝のマコガレイといい満足のいくガイドラインまであと1~2cm
足りない、、、みたいな惜しい思いをさせてくる個体が多い?あはは、まっ、
退屈しないペースで何かしら釣れてるので贅沢は言えませんね。(笑)

同じ北海道でもマガレイ、クロガシラ、ホッケがたくさん釣れた~って感じでは
なく、苫小牧港、室蘭港などによく似た特殊な釣り?常に貧果と隣り合わせの
博打的要素を含んだ作戦と今回は覚悟してやってきておりますので今日みたいに
美味しい外道が釣れてくれるのは想定外でビックリ ♪


だけど、そろそろ本命も顔を見せてくれてもいいんじゃないかなぁ~と思いつつ
今後の空模様&潮の動きを確認してるとど~やらここもあと2時間少々、
午後15時頃から大雨になる予報!雨雲レーダーで詳細を確認してみてもやはり
確実に雨雲通過ルートに入っているので夕方までやるつもりだったのを急遽、
変更して午後14時に終了&片付け開始に、、、


2時間程前に漁師たちが次々と捨てたコンブや海藻が潮流に乗ってこちらへ
流れてきてるみたく投げる方向問わずちょくちょく針掛かりしてくるよ~になり
、酷く仕掛けに絡んだ物はそこで終了として片付け、

大丈夫な物だけを再びファイヤ~。


ジ~~~~~~ッ


1回のみだけど地ベタを這うよ~な重たいドラグ音が鳴りました!


何度も底へ向けて突進するよ~な強い締め込みを見せていたのでこれはアイナメ
ではない!これは間違いなくカレイだと確信&期待しつつ慎重にリーリング、





44cm マコガレイ撃沈!


水面にお腹の白い部分が見えてきた時、一瞬楕円形の個体!?と思ったんですが
、単なる目の錯覚だったみたく肉厚マコちゃんでございました。


他のカレイに比べ圧倒的に個体数が少なく、修行の釣りが強いられる事が多い
本遠征の本命ターゲット、ババガレイは今日はお留守だったようです。(笑)

その後も片付けを同時進行しながら粘るも、完全に針を飲み込んでしまい
グロッキーになった42cmのアイナメを追加しただけで午後14時半までには
終了 雨が降り始める前に撤収となりました。





戦場から車を発進させた直後くらいからポツポツと大粒の雨が降り始め、
10分もしないうちにワイパーを最速で稼働させててもまだ前が見えない
くらいの集中豪雨に、、、こりゃ、相当降りそう!




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 7号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・ファイター 6号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 5号
■ ハリス: クレハ・シーガーグランドマックス 5号
■ 針: まるふじ・シーフォースサーフ 14号
■ エサ: アオイソメ、塩イソメ


「明日は大丈夫!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

直行便には間に合わず、経由で





午後16時15分、羽田空港にやって参りましたっ。


大阪から1日1便、直行便が運航されているものの、午前中は仕事が入っており
ど~頑張ってもその便には間に合わないので結局東京経由になりました。

もし直行便に乗れていれば到着後も夕マズメまで数時間やれていたんですが、
残念ながら今の経由パターンでは目的地空港到着予定が午後18時50分と
着いた時点で日暮れって感じでございます、、、まっ、午後からの移動となって
ますし作戦は明朝から頑張りましょうか。


そうそう!わたくしめの地元、関西も昨日梅雨入り宣言がされましたねぇ。

例年より2日早い梅雨入りのよ~で、早速西日本の南海上には大きな梅雨前線の
帯が掛かって大雨をもたらしているよう。その前線は今後ジワリジワリと東へ
移動していくわけですが、さすがに目的地付近まで到達するにはまだ時間が
掛かる上、基本毎年そこまで梅雨前線の影響を受けないエリアですから
大丈夫だろう!梅雨の無い場所へ避難しちゃいましょ~ ♪

ってはりきっていると、


な、なんと現地も明日から2日間雨マークでビッシリ!?


ほんと運が悪いと言いますか、、、濡れる事覚悟で行けば問題無いって
あきらめるしかありません。(泣)


羽田で乗り継ぎの為に約1時間、ラウンジで潰して午後17時15分頃次便の
ゲートに行ってみると驚く程にガラッガラ!まさに繁忙期とも言える今時期に
この搭乗率だと果たして採算が取れるのだろうか?と他人事ながらちょこっと
気になってしまう少なさです。

そして定刻通り搭乗開始となったわけですが、







おそらくこの路線だとB737くらいの大きさの機材かな?と思ってると、なんと
この特大エンジンを装備した大型機でした!きっと普段はもっと高い搭乗率が
望めるんでしょ~から今日はたまたまですねっ。


ちなみに本遠征計画自体は相当前から話し合ってきてたんですが、直前になって
悪天候や何やらで2回程延期となった末、ようやく実現?いや、このタイミング
を逃してしまうと次にお互い時間が合う日程では時期的に厳しくなってくるよ~
でしたので半強行って感じでしょうか。(笑)

それでも微妙に予定が合わず明日1日はわたくしめ単独で戦い、明後日コラボ
予定の方と合流致します。


見渡す限り空席だらけのJCAを乗せた便は午後17時45分に羽田を離陸し、
一路最終目的地へ、、、













着陸直前に大きな山が見えてきたなぁ~と思っていると即、都市が目の前に
広がり、午後18時51分ランディング。

まもなく日が暮れます、、、




「夜景が綺麗な所!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

5号スプールにワールドプレミアム7号を


前回の愛媛県から帰還してすぐ持参してたリール、パワーエアロ・スピンパワー
のラインを外しまずは綺麗に水洗い&よ~く乾かしてからオイル、グリス類を
注入してメンテナンス作業、、、

そして今日まで次回の遠征に備えスタンバイさせてありました。







これらは古いラインを外した後の3号スプール。


専らわたくしめの大物投げ釣りではこの標準仕様、いわゆる3号スプールを
メインに使用する事が多く、替スプールとして付属している5号スプールに
関しては専ら特殊な作戦用扱いになりがち、、、とにかく3号スプールの方
だけはすぐ実戦投入できるよ~早いうちにラインを巻いておかないとなぁ~
と思ってたんですが、

あはは、予想外の展開でど~やら3号スプールより先に5号スプールの出番が
訪れそ~な感じなんですわ~。


一般的な感覚でいけば5号スプールにはナイロンラインの5号が200m巻ける
キャパシティーになっているのでその通りにとなりますし人によっては3号じゃ
強度的にちょこっと不安な為、5号をメインで愛用されてらっしゃる方も多く
いらっしゃいますよね。飛距離を正確に把握して戦いたい方などは大物投げ釣り
においても5号4色分けラインを巻いてらっしゃるのもよく見かけます。

JCAもシーンに応じて5号を200m巻いて戦う事もたま~にあるものの、
今回このスプールに巻こうとしているのはこちら、





東亜ストリング「レグロン ワールドプレミアム 7号」


パワーエアロ・スピンパワーは遠征用ですので当然ながらクオリティーから
全てにおいて最も信頼の高いワールドプレミアムを ♪


でもなぜ7号なのか?


それは戦場の海底ストラクチャーを考えての事でして、飛距離的はそこまで
超遠投が求められない or 7号でキャストして届く範囲でかつ場所によっては
根掛かりが多発する恐れがあるとゆ~条件を踏まえ、

通しで使える号数 6~8号の間でどれにするか?少々悩んだ結果、7号で
これまでも先に挙げたよ~な環境下で何度も戦ってきてある意味慣れている
のもあり使用号数を最終決定しました。

実際のところ、6号でも全然問題無かったよ~な気もしますが、一応強度面で
ほんの少しでも安心が欲しかったのと8号だと逆に作戦的に太過ぎる感じが
しますのでねぇ、、、わたくしめの中では6~8号の3つの選択肢って微妙ながら
も結構毎回どれにするべきか?悩んでしまう号数帯なんですよね~。(笑)


5号スプールに7号ラインなので1●●m巻いて、、、みたく緻密に計算して~
なんて面倒な事は一切せず、それこそハマフエフキ作戦の如くスプールに
巻けるだけ~感覚でちゃちゃっと巻き巻き ♪







短時間で作業終了です!


こんな感じで一旦作業を開始するとあっという間なのに、なぜかライン交換
or 糸巻きとなると面倒臭い&時間を要する!ってなイメージがありません?
あはは、わたくしめだけなのかもしれませんけど、ついつい後回しにしがちで
結局作戦当日が迫ってきて慌てて作業に入る~みたいな、、、

ついでに3号スプールにも新しいラインを巻いちゃえば良かったのに、これが
また一段落つくと今度でもいっか~!となってしまい後回し、、、やはりライン
交換だけはいつまで経ってもスタンスは変わりそ~にありません!(爆)

まずは久しぶりの7号通しの作戦、楽しみですわ~ ♪




「通しは便利よね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR