FC2ブログ

シマノ「スーパーエアロ・フリーゲン SD」


嫁入りしていったスーパーエアロ・スピードキャストの後継機として少し前
から注文してたリールがようやく揃った旨、連絡があり海外出張に出てくる前に
受け取って参りました。







シマノ「スーパーエアロ・フリーゲン SD」


注文当初はもしかすると次回の生産まで待ってもらわないといけないかも?と
言われてた上、その次回の生産時期自体が今のところまだ未定!?となれば、
今シーズン中の実戦導入は難しいかなぁ~とちょこっと心配になってましたが、
なんとか揃えてくれました。


以前からカレイ作戦、特に北日本遠征における作戦ではスピードキャストなど
ノンドラグの遠投重視設計リールをメインにしてきたJCA、





この「スーパーエアロ・フリーゲン SD」は名前の通りスピードドラグ
なるクイックドラグ機構が装備されたモデルとなりますが、基本設計コンセプト
スーパーエアロシリーズの流れを組んだ遠投重視設計!

あまりドラグも使わないならフリーゲンはフリーゲンでもノンドラグモデルの方
がいい?と考えもしましたがノンドラグモデルは昨年導入したスーパーエアロ
・サーフリーダーCI4と同様、軽量化を図る為にスプールの前面は改造した
ミニ四駆!?の如く、極限まで肉抜きされたデザインで風が強い日など砂塵を
防ごうと思えば付属のサンドプロテクターをスプール裏面から装着させないと
いけない構造なんです、、、

確かに手返し重視と長時間手持ちスタイルとなるキスの引き釣りなら1gでも
軽ければ軽い方がいいでしょうし、それに手持ちだと置き竿に比べるとそこまで
砂塵がスプールの中に入るって事も少ないはず。


しかし、わたくしめみたく完全置き竿スタイルをメインとする場合、常に風が
吹きさらす中、ず~~~っと同じ位置でリールを静止させてるわけですから
サンドプロテクターが無いとみるみる中に砂塵が入ってゆきます!

これは実際にサーフリーダーCI4をワンシーズン使ってみてのインプレですし、
個人的にサンドプロテクターを付けてどうこうではなく、前面に穴が無いタイプ
のスプールが好みなのでこちらSDモデルをチョイスしました。





それに夜戦は別として暗いうちから戦場に入って夜明けまでの1時間ちょこっと
の間、竿先ライトを付けたりするのが面倒!と最近横着になりがちなJCAの
ニーズにも合ってる!?(爆)

明けるまでドラグを緩めておけばジイイィ~~~ッ!って音でアタリを知らせて
くれますし、スピードキャストと同じ感覚で扱え遠投も可能ですしね~ ♪

高級感溢れるこのゴールドスプールも超~魅力的組み合わせ!わたくしめも
以前からスピードキャストにもテーパーが掛かったADTのオリジナルゴールド
スプールを装着したりしてたくらいですからねぇ。(笑)





今回は全て標準仕様にしたのでこれにPE2号を巻いたら出撃準備完了!


糸巻き作業は日本に帰ってからしましょ~かねぇ。




「ゴールドがいいね」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

しばらくカワハギ作戦は封印かな?





これにお湯をかけて、、、


先日撃沈したカワハギ、、、いつものよ~に肝醤油で食べる刺身から今回は
クラブ員お勧め?の天ぷら、そして締めにカワハギ茶漬けとFISH MEALを
堪能させて頂きました。


大変おいしゅ~ございましたっ ♪


新鮮なカワハギってほんと美味なので、これなら何度でも!とまた出撃を立てて
しまいがちですが、ここらでそろそろおあずけにしてかないとJCAの中で
今年中に達成してしまいたい目標に取り掛かる事ができません。

元々、食べて美味しい魚をゲットする為に始めたJCAの投げ釣り、、、
しかしながら一旦、修行の道に足を踏み入れてしまった以上途中で挫折も
したくない、、、そう、やると決めたからにはやるしかありません!


ってなわけで、これから、、、





あはは、これからは海外出張となっちゃいますが、帰国日の18日以降から、
しばらくカワハギ作戦から離れて真剣に修行の出撃を計画していこ~と思って
おります。まぁ、最終的には天気予報と睨めっこしもっての動きにはなって
きますがねぇ、、、

ちょこっとしたら梅雨もやって来ますしど~なることやら。




「雨はイヤよね」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

のんびりカワハギ釣り ♪ 和歌山県・南紀 / 串本


遠征が延期になった事から今回のオフは必要な物の買い出しやら他雑用を片付け
ながら過ぎ去ってゆく、、、と思ってた矢先に近場出撃となっちゃいましたぁ!
やっぱじっとしてれない性分ですわ。(爆)

昨夜、午後23時半にご一緒させて頂く同じクラブ、Surf Étoile“hedai隊長”
神戸パルFC“masaさん”がJCA宅まで迎えに来て下さり、早速高速に
乗って目指した先は「串本」

最初からお二人の間でもこちら方面へとなっていたよ~ですし、それに今時期
ちゃんと釣果が出ている所となるとど~しても決まってきますよね。わたくしめ
としても美味しいFISH MEALネタのカワハギにあわゆくばあのシマシマ魚
も釣れてくれないかぁ~とスケベ心抱いてしまうエリアですし非常に魅力的 ♪


午前3時過ぎに到着すると普段、真っ暗で静まり返っている駐車スペースがRV、
ワゴン車などをメインにごった返して超満員!?どうやらグレ釣りの大会がある
よ~でがまかつ&サンラインというお決まりコンビネーションで固めた釣り人が
ごっそり、、、体系が違うくらいで他はみ~んな同じに見えちゃいます。(笑)
ざっと計算しても80人近く居たかな?


masaさんは先日いい思いをされたという手前の波止からされるという事で、
hedai隊長とわたくしめで夜明けと共に磯に突入です。







「串本」


いつも入る界隈から少々離れた磯、ここでも大型の実績はよく分かりませんが
カワハギも数が釣れ、また、たまに貴重な魚の特大サイズも釣れたりするので
hedai隊長はそれメインで、JCAはサイズこだわらずとにかくお土産の
カワハギ求めて戦闘開始!

しばらく沈黙が続いておりましたが、置き竿でアタリを待ってると知らない間に
エサが無くなってます、、、インディアン柄の定番外道、トラギスが時々
付いてくるのでこやつらの仕業でもあるんでしょ~がマムシの白い繊維部だけが
残ってきたりするのもありカワハギもウロついてはいるよう。

早速、手持ちに替えてサビいてみると、


コツコツコツコツ、、、


グッとアタックが強まったタイミングでアワせてみると、





おりましたぁ ♪


サイズ的にはそこまで大きくはありませんが、ここでのアベレージと言えば
こんなもんかも?まぁ、美味しいお土産ゲットですわ~。(笑)

過去の実績からしても、もっともっと数が出ると期待するのにサッパリ、、、
それどころかな~んもアタって来なくなっちゃいました。おっかしいなぁ~?と
辺りを見回してみると今朝見かけたグレ釣り師が所狭しと両サイド、もちろん
対岸にも並んでおり次から次へとオキアミを撒いているじゃないですかぁ!?

更によ~く目を凝らせて観察すれば、外道でカワハギがコンスタントに掛かって
ますし、どうやらコマセ効果で魚自体が中層から上層部に浮いてしまってるよう
、、、これじゃ完全に底を釣る我らには見向きもしてくれませんわ。(泣)




まだ午前中ですし、hedai隊長と話し合った結果、彼らが全く入っていない
磯へ移動する事にしhedai隊長は特大カワハギの実績がある小場所へ、
JCAはシマシマ魚が欲しいのでもう少し水深の浅い磯に分かれて乗ります。







竿4本のうち3本はシマシマ魚を意識して足元から50m以内の際へ投入して
1本を手持ちにサビきながらのお土産カワハギ釣り。

ここも投げ釣り師の間では人気がある磯なので連日誰かが入っているみたく、
投げ釣り仕掛けやエサにまぶしてあったヒル石にテーパーラインの空スプール
など様々な物が落ちてます。これだけ人が入ってても回遊魚のカワハギはエサを
求めてやって来る、、、アホな?いや、面白い魚です!(爆)


コマセの影響が無い分、やはりこちらの方がコンスタントにアタリが出て退屈
しないのですが、とにかく型が小さい!中にはこれは一体どこを食べたらいいん
だろう?と悩んじゃうくらいミニサイズが居たりするので、20cm以下は全て
リリースしながら食べれる個体のみを拾ってゆきます。


グイイイッ!


20~25cmアベレージの個体でも結構鋭い引きをしますねぇ。









北海道で言うマガレイと同じ感じかな?アレもサイズに似合わずかなり鋭く
刺さってきて釣り応えは最高 ♪

あ~~~、また北へ出撃したくなってきました。(笑)


カワハギって体の色が保護色なので興奮状態などでも白っぽく薄かったり、逆に
黒っぽく濃かったとバラエティーに富んで水揚げされてきますが、最終的に
絞めるとご覧のよ~に硬直して真っ白に!美味しく頂く為なんでごめんね~。

正午頃カワハギのアタリは途絶え、どれだけ入念に底を探ってもエサすら突かれ
ない状態に、、、そんな中、変わったアタリが出たなぁ~と思えば、


や、やったぁ ♪


頬にある腱も1本ですし、結構大きなヨメゴチ!?と思えば、、、





プ~~~ン!


ぎょええぇ~~~、臭ガッチョことヤリヌメリ様でした。(泣)

ただ、サイズは28cm程ありましたし1年前くらいのJCAなら、臭くても
喜んでたのかも?ですが、、、写真を撮ってる間に陣地一帯が生ごみ臭くなって
きたのでさっさと海にお帰り頂きました。


この後はいくらサビいてもダメ、手前に投入してある3本も反応があったと
思えばイトフエフキにイラ、シマシマな模様が入ってたとしてもネンブツダイと
こちらもダメ。この本命に関しては方面は全く違いますが6月頭に予定している
出撃までおあずけかな?(笑)





お土産は10匹キープしましたっ。




hedai隊長、masaさんの方も似たよ~な感じ大型のカワハギはサッパリ
だったよう、、、2ヶ月前くらいからおもいっきりフィーバーしたのでさすがに
下火になってきてるのか?日によってムラが多く生じるよ~になってきてる
みたいですねぇ。

快晴でも風がそこそこあって涼しい1日でしたが、少なからず汗もかいて
気持ち悪いのでお気に入りの最寄り日帰り温泉に浸かってマッタリ、、、


そして帰路に着くのでした。







「この人、陽水?」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

結局、じっとできず、、、


ひょええぇ~~~!


久々の修行の遠征と前からはりきりまくっていたのもあり、今回の延期は未だ
JCAの中でモヤモヤ不完全燃焼状態でしたが、ちょ~ど今さっき遠征先の最新
天気予報をチェックしてみると、な、なんと13mm以上の強雨&風速17mと
ますます悪化中、、、


これできっぱりあきらめがつきましたっ!


全国的に見ても、週明けの月~火曜日あたりはどこも雨マークが入ってる
よ~でここらで近場出撃でも?とちょこっとばかし考えてたものの、
それも厳しそう、、、

となると晴れマークが確実に付いているのは明日のみしかありません!


釣友らに予定を聞いてみるとやはりまだまだ熱い?あの方面に行かれる方々が
圧倒的に多いよ~ですねぇ。そんな中、こちらも急ピッチで話が盛り上がり
出撃を予定されてたお二人に便乗させて頂く事になっちゃいました!

まっ、明日1日だけの日帰り出撃ですのでトラベルライトでちゃちゃっと
準備して行ってこよ~かと思っております。(笑)


おっ、そろそろいらっしゃる時間かな ♪




「どちらまで?」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

来週は飛び飛びで雨マークがっ


GW後半は仕事尽くめで目まぐるしく過ぎ去っていきましたが、ようやくそれも
一段落着き、そろそろシーズン的にも修行の続きかな?と考えてた矢先、


雨予報、、、


出撃を考えてた日にちのみならず来週は北も南も飛び飛びで雨マークが入ってて
お手上げ状態、、、それに小雨ならまだしも本格的に降りそ~な感じだったり、
そうでなくても10mを超える強風予報や高波ととにかくコンディションが良く
ありません、、、あ~~~あ。

まっ、無理に出てもただ辛いだけなんで今回のオフは前回の北海道遠征で
消耗した数釣り用の仕掛けや先オモリ遠投天秤のストックを補充したり、





あっ、そうそう!それと、この数年間JCAの北日本遠征を支え続けてくれた
愛用リール「スーパーエアロ・スピードキャスト」4台が今後カレイ、アイナメ
作戦に力を入れる予定のクラブ員の元へ先日嫁入りして行ったのもあり後継機を
早急に導入しないといけないのもありますねぇ、、、

実はこれはすでに注文してあるんですが、あはは。





それ以外にはちょこっと前にも書いてたよ~に、ドラグ機構なんて付いてる
はずの無い!?(爆)デジカメがあいかわらず電源を入れる度にジ~~~、
ジ~~~と異音を放っていたりとこちらも買い換えないといけませんわ。


ってなわけでひとまず今回の遠征は延期とし、先の予定に関しては天気予報と
睨めっこ!目先の何とかしないといけないこれらの項目から1つずつ片付けて
いきましょうかねっ。




「出ないの?」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

AX、BXクラスへの竿先ライト考察


竿先ライトにここまでこだわるなんてアホちゃう???って思われそ~ですが、
AX、BXクラスの竿をメインに戦っているJCAにとっては夜戦の度にこのネタ
で結構ストレスが溜まるんですよ~。

みなさんも同じかと思いますが、わたくしめも今まで様々な竿先ライトを試して
きましたがどれもイマイチしっくりと来ないんですわ、、、まっ、パーフェクト
な物なんてどの分野においてもなかなか無いのが現実でしょ~けど。それに今回
のネタも竿先が特にぶっといAX、BXクラスならではの問題点でCX以下だと
あまり気にならないケースがほとんどなんですがねっ。


この夜戦には欠かせない竿先ライトですが、わたくしめの場合、昔から定番の
ポキッと折れば約4時間発光する「ぎょぎょライト」から愛用し始め、もう少し
経済的にと竿先にビニールチューブをスレッドで巻いて取り付けた所にやや細め
かつ安価な「ケミホタル」を差し込むってな感じになったりもしました。

しかし半夜だけでポイや数日におよぶ遠征において毎晩、竿数分ポキッ、ポキッ
と使っていくこのスタイルだと持参しないといけない個数も大量、トータル面で
見てもやはり経済的で無くリチウム電池で発光する竿先ライトへ移行しました。




まず最初に愛用し始めたのが、





ING co.,「アイ・ライト」

上のグリーンの方です!

連続発光時間も60時間と長く、使わない時は電池を外せばOKで超~経済的!

また、光力も強力で非常に明るく今も第一線で愛用中なんですが、ちょこっと
ばかし気になるデメリットがあるんです!それは使用する専用電池がすぐ液漏れ
を起こして臭~~~い異臭を出すのと、電池の接触不良が頻繁に起きる事があり
、点灯してみたり、ちょっとした振動で消えてみたり、、、また点滅してみたり
と結構断続的に起きたりするんです。

そしてライト部分の取り外しと電池部分の取り出しエリアが同一ヶ所から左右に
という形式な為か?電池を取り外そうと回してるとライト部分が外れたり、その
逆もしかりと大きく挙げてこれら3点。


ただ、サイズ的にはAX、BXクラスの竿先との相性は良く“3L”サイズなら
比較的スムーズに着脱できるのでこの点はストレスフリーなアイテム。




そして次に導入してみたのが先の写真の下側にあった、





「ぎょぎょライトLED」

ご存じのよ~に、まだ発売されてそんなに経っていない最新版の竿先ライトで、
ぎょぎょライトとネーミングされてはいるものの、ポキッと折って使うタイプ
でなくこちらはLEDで発光する仕様!先のアイ・ライトと同様にリチウム
電池で発光し、連続発光時間も最低60時間以上と経済的。

光力はアイ・ライトに比べるとやや暗めに感じますが、視認性という点では
見えにくいな~んて事は当然ながら無く、また電池の接触不良もほぼ皆無で超~
お気に入り、、、なものの、BXはまだしもAXの竿先に取り付けよ~と試みると
パキン!?とライトの外フレームから完全真っ二つに割れてしまいアウト、、、


新品で初めて取り付けようとして割れまくって何個ダメにしたことか、、、


バトルサーフや同じAXでも竿先にかけてやや細めのデザインとなっている
'12スピンパワーならそ~っと慎重にいくと割れずに取り付けれるんですが、
前モデルの'05スピンパワーやブルーのプロサーフのAX、BXクラスの竿先では
割れる確率の方がかなり高い!と言っても過言じゃありません。

だから、ちょこっと工夫を!と取り付けるスリット部を少々削って大きめにして
試しましたが、確かに割れる率は減ったもののキャスト時に吹っ飛んで行ったり
とまぁ、これに関しては先のぎょぎょライトアイ・ライトも一緒で
1つのスリットへ竿先を押し込んで固定する仕組みになっている以上、
ラインがキャスト時に当たったり、絡んだりするとちょくちょく吹っ飛んで
行っちゃいます。(笑)




そんな中、同じ'05スピンパワーのAX、BXを愛用する鹿児島在住のクラブ員
“パプさん”とコラボした際に何気なく竿先ライトを見てると、あれっ!?
赤色、、、どこの???と気になり見せてもらいながら話してると、ど~やら
BXから始めて、何回も根性で無理矢理取り付けていくうちに馴染んで?いや、
広がって?仕舞いにAXにも付くようになったとな!?(爆)


それがコレですわ!





Hapyson「竿先ライト」


別に新製品でもありません!かなり前から発売されているリチウム電池で発光
する竿先ライトですわ。

元々、パナソニックから長年発売されてたアイテムなんですが、2011年4月
からHapyson(ハピソン)なるブランドに事業譲渡したらしく現在は以前まで
パナソニックって書いてあった所がハピソンという名前に変わっているものの、
仕様内容など全てそのまま。

余談ですが、パピソンって山田電器って書いてあったので、最初はへ~~~!
あのそこらへんにわんさかある家電量販店のヤマダ電機なんや~と思ってたら、
ど~やら全くの別会社だったみたい。(爆)


まっ、雑学は置いといて!この「竿先ライト」、JCAも以前に購入した事があり
AX、BXクラスの竿先には付かなかったんですが、ちょ~ど他に所有している
サーフサイドやタマン竿には付いたのでそれ専用にしたまま、、、また、竿の
使用頻度もスピンパワーなんかに比べると遥かに低いのであまり登場することも
無く眠っているってな感じでした。


●市販のほぼ全ての投げ竿に取り付け可能!


とは説明に書いているので、今ならもしかして!?な~んて思い、改めて
'05スピンパワーやプロサーフの竿先に取り付けを試みてましたが、、、
やっぱり付きません!付くわけありません!

なんせ説明にも取付径(直径:約2.4~3.0mm)以内に収まる竿先用、適合竿径
(先径:1.9~2.6mm)と書いてあるのに対し、'05スピンパワーAX-Tの先径
は3.2mm、プロサーフBX-Tでもカツカツの3.0mmなんですからこの時点で
許容値を超えてますわ。(笑)もちろんこれらは全てT仕様、いわゆる振出の
ケースなわけで並継になってくると同じ'05スピンパワーAXでも先径は3.6mm
と更に太くなるのでアウト!


また、ぎょぎょライトアイ・ライトの竿先をスリット部にはめ込む
タイプとは異なりふたが付いたこちらは竿を挟み込むよ~にして固定する形式。


竿の最先端部に根性で取り付けるならまだなんとかなるかもしれませんが、
出来る限りトラブルレスな取り付け位置 = 発光ダイオードが入ったトップ部
がトップガイドより後ろにある事を条件に取り付けよ~とすると、竿はどれも
テーパーが掛かりだんだん太くなっていってるので更に径が太い部分での
取り付けとなる為、ロック部となるふたに設けられた2箇所の穴にすら本体が
到達しない状態に、、、




そこで!


みなさん似たよ~な事をお考えになるかもしれませんが、JCAもそうでして!
本体の下ケースに設けられた竿を挟み込む部分の径を広げてしまおうと。

まずはよ~く取り付けの仕組みを観察しながらどこが当たっているか?やどこが
キツイか?など割り出して、複数本を使用して何度か試行錯誤するうちに上手く
落ち着いた手順は、





下ケースの内部にある結構硬く弾力があるクッション素材を取り除く、これだけ
でもかなりスペースに余裕がでてきます!それにクッション素材は両面テープで
貼り付けてあるだけなんで即行剥がれますしねぇ。




そんでもって、

丸い棒ヤスリを用いて写真にあるバット側の2箇所のスリット部を広げます。









最後にふたの4つ角内側にある凸部を少々削ってスリットを広げて、





これだけで完成!


JCAの中ではこの方法が最も作業箇所が少なくかつ簡単かな?


他にももっといい方法や便利アイテムが存在するのかもしれませんが、一応、
完全挟み込み形式を取っているこの「竿先ライト」なら吹っ飛んで行く事は皆無
または少なく、光力もアイ・ライトの次くらいに強く、電池漏れも無し!

その上、雨にも強い防水タイプとあるので現時点では最もデメリットが少ない
竿先ライトになってくれそ~な予感 ♪







しばらくメインで使ってみます!




「明るいナショナル ♪」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

最終日は爆風、、、 北海道・せたな町 / 瀬棚北沖防波堤 (3日目)


ビュ~~~、ビュ~~~と昨夜は車内に居ても東から吹き付ける強風?突風に
煽られ揺れているのが分かりました!?

結局宿は取らないままあっという間に最終日になっちゃったわけですが、なんて
言いますか、、、戦場でテントやら近くに宿が無く強制的に車中泊!みたいな
遠征を何年もやってくると車の中でも全然余裕で爆睡できちゃうJCA、、、
慣れなんでしょうか?(爆)

まぁ、それでもあまりの長期間になるとさすがに疲れは溜まってきますが3日間
くらいなら余裕ですわ~!ただし、絶対外せないのはお風呂!これだけは毎日
欠かさず入らないと気持ち悪くて寝れたもんじゃありません、、、後はお酒を
飲んでシートを倒し、「北海道」ならブランケットを被れば即爆睡夢追人にっ。




午前2時過ぎ。


携帯アラームで目覚めると、まだ風はビュ~~~、ビュ~~~と音を立てて
吹き付けているよう、、、これが初日でなくて良かったぁ~とちょこっとホッと
します。最終日の今日は夕方、函館空港からの便で帰らないといけないので
船頭さんにお願いして通常より約2時間早い午前10時の上がり!まさに午前中
の短時間勝負となります。

この風はここらではお馴染みのやませと呼ばれる季節風!東の山側から海に
掛けて吹き付けるのもあり真正面となる超人気の東沖防波堤でもさすがに
今日は釣り人も少ないのでは?と思ってたんですが、、、あはは、すでに1番船
でごっそり上陸されてるみたく今朝もわたくしめは2番船でGO!


正直、今朝はどこへ上がるか?迷っていたのもあり船頭さんに相談するものの、
外海を狙うなら出しの風となる西沖防波堤にもすでに結構上がられてますし
そこから繋がっているゴメのアホみたいに居る島も昨日微妙だったとの事で
結局昨日と同じ「北沖防波堤」となりました。





昨日、JCAと入れ替わりで入られた夜戦のお二人も昨夜からの風でまともな
釣りすらできなかったとかなり苦戦された様子で午前7時の上がりを早めて
わたくしめの上陸のタイミングで撤収されました。確かにこの位置、この風向き
となるとまさに試練ですわ、、、

岸から吹き付けてくるのでわたくしめが投げたいピンポイントに対して真正面
ないし左斜め前からとなる為、果たしてそれなりに距離が稼げるのか?
不安になってきます。


まぁ、ど~せ午前10時までですしやるだけやってみましょう!


潮流により仕掛けをチェンジしたいところですが、どちらにしてもそこそこ
飛距離が求められるので今朝は全て1本針の先オモリ遠投仕掛けにし空気抵抗を
極力減らし遠投&トラブルレスで戦う事を優先します。

この風ですと、普段常に波が打ち付けているよ~なイメージのある先端部右角
一帯がベタ凪となるので昨日探った時点でシモリが点在する事が分かってた
ものの、追い風に乗せておもいっきり振ればまた可能性が広がるのでは?と
ちょっくら試してみましたが、、、







小さいアイナメのオンパレード!

根掛かりも頻発し1時間もしないうちに見切りを付けて、やはり向かい風に
なるけど左角で根性で集中砲火開始です。

むむむ、、、キャストして仕掛けが空中に入ると即強烈な風の力で押し戻されて
なかなか思うように距離が出せません!その上、三脚をアームの左右同じ高さで
セットしてしまうと時々混じってくる突発的な風でタックルごとなぎ倒されそ~
になるので重心を取る為に風上側を低く&竿をそちらに寄せて置いて対処。

なんか冬時期の宇和島界隈でアマダイやらカワハギを狙っているみたいな
感じに似てますわ~。(笑)









撃沈されてきたカレイもご覧の通り、突風に煽られて空中をヒラヒラ~~~と
ホバーリングしてますわ~。(爆)


昨日の快晴、無風&ベタ凪のお天気がウソのよ~です、、、


タブレットで天気予報をチェックしてみると風は1日中そのまま、そして正午
あたりから雨マークが入っているので本当に今回だけはラッキ~でしたよぉ。
この調子ならギリギリ雨にも遭わずに撤収できそうですしねぇ!

でも、この風、、、JCA自身も立ってるだけでも目が開け辛い程叩き付けて
くるのでギリギリ風裏になっているさっきまで投げてた白い小さな灯台の土台横
に避難しつつ、そこからじ~~~っと竿を監視。


また、仕掛けもキャストした時点から風に押し戻されたせいか?こんな所で
根掛かり~!?やら、風の影響で引き起こされる糸フケにより予想してた位置と
ズレた方角から仕掛けが戻ってきたりとなかなか思うよ~に仕掛けが操れません
、、、もちろん竿先は常にビュンビュン揺れている状態ですしアタリなんて全然
取れない状況ですよぉ!

だから定期的に竿の所まで行って仕掛けを回収してみると、







魚が付いてました!

みたいな感じ。


ただでさえ飛距離が稼げてない上、下手にサビいて手前に寄せてしまうと敷石に
掛かってしまうのでキャスト 可能な限り糸フケを取って放置、、、

今日だけはこのパターンしか成す術がありません。




そして午前10時、お迎えの渡船に乗って帰還。


他の沖堤防もど~もイマイチみたく途中で時間を早めて撤収される方も居たよ~
ですねぇ、、、まっ、わたくしめが最も早い上がりでしたが。(爆)





この悪天候の中、短時間アタックでもなんとかそれなりの釣果が出せたので
良しとしましょうかねぇ。


さて、この後からがバタバタで、まずはここ「せたな町」にある最寄りの日帰り
温泉に直行、それからクロネコセンターで荷物を送り返したら約3時間の道のり
を経ていざ函館空港へ。

チェックインしてちょこっとばかしラウンジでゆっくりしたら、あっという間に
搭乗時刻になってしまい午後17時半には離陸!


そこから知らないうちに爆睡夢追人になって、、、次に気付いた時には





関空でした!(笑)




「3日間お疲れっ」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR