FC2ブログ

96cm コブダイ来襲! 愛媛県・宇和島市 / 宇和海 (1日目)





午前4時には戦場に到着してたものの想像以上に外気温は低く、なかなか突入
する気になれず暖房のきいた車内でしばし仮眠をしてから夜明け時刻約1時間前
に突入&1投目をする頃には東の空がオレンジ色に染まってきておりました。


新年早々、それも初釣りからいつかの年末みたく青物のお土産があったから
ド貧果にはならなくて良かった、、、ってな悲しいパターンにはなりたくない
のと今年の運を試す為にも本遠征はあえて活アジは持参せず虫エサのみで
戦う事にします。それに青物はもう十分以上ストックがありますからねぇ。

今回はやろうと思えば3日間はいけたんですが、とにかくお天気が安定してる
のは今日までで明日から一気に下り坂、、、明後日は全国的に終日大雨&爆風の
大荒れ予報が入っており、この界隈も例外ではなく!?いや、風だけでも15m
とかになってましたから断念 2日間集中して戦いたいと思います。


グ~~~ッ、グッ、


ジイイイッ!


最初に2回大きく竿先が押さえ込まれた後、心地良いドラグ音。





45cm マダイがおはよ~っと ♪


上から見てる時は50cmは超えてる?と思って念のためにタモ入れしたけど、
計測してみると5cmも足らずにガックリ。この個体はボディが縦ワイドな
ずんぐりむっくり体型で目の錯覚を引き起こしてくれたよう。(笑)

とりあえず今年の目標として鯛系の魚を意識していくというのを掲げている
JCAですから、サイズはともかく初っ端からマダイ撃沈とはいい出だしかな?

群れが回っているならまだアタってくる可能性はあるので即打ち返しをして
朝マズメを集中しますが、超~微弱なアタリが竿先に出てると思ってアワせて
回収してみると特大ウミケムシの連発、、、この悪の枢軸とも言えるウミケムシ
はいっちょ前に竿先にアタリを出してくるので驚きですよねっ。


本日の戦場は以前いい思いをした事があり一時期好んで入っておりましたが、
その後追い求めるターゲットが異なってきたりでしばらく足が遠退いてた
小場所。久しぶりに来てみるとこのウミケムシの量ですからもしかすると
底のコンディションが大きく変わっちゃったのかもしれませんねぇ。

まっ、ウミケムシの活動に関しては潮の加減によっても大きく左右する
ところがありますからこれだけは何とも言えませんけど、、、


クッ、クッ、クッ、クククッ


ひたすら竿先を押さえるだけで走らないアタリに鋭くアワセを入れると、





47cm イトヨリダイ


ほんまどこにでもおるな~と突っ込みながらも良型ですからキッチリ締めて
クーラーへ。こやつだけは数より型の良いのが釣れてくれる方が個人的には
重宝するので、まだ釣れてくるなら似たよ~なサイズであって欲しいなぁ~
、、、そう勝手にアタリが連発するのを想定してたJCAでしたが、これっきり
アタリは止まってしまいマンダム。


イトヨリダイもこの海域じゃどこでも顔を見せてはくれるけど、やっぱり特に
魚影が濃いエリアってゆ~のはありますよね。

出撃前の時点で、今回は初釣りですし丸ボウズだけは何としても回避したい
、、、そんな事を思う一方、少しでもオカズ釣りを意識してしまうとど~しても
ベタな戦場チョイスになってしまい一発大物の確率が低くなる、、、め~っちゃ
悩み&葛藤した結果、大物投げ釣り師たるものボウズ覚悟の一発当てで
いっとかねばとゆ~よ~な気持ちになり今日明日の戦場に決めました。

要するにアタリが出れば本命の確率が高いものの、元々他の魚を含め魚影自体
は薄い方に属する戦場なのである意味朝イチからマダイとイトヨリダイが
釣れてるだけでもまだ今日は魚っ気がある方なのかも!?


美しい朝焼けと共に1日がスタートしたはずなので、初日だけは絶対釣り日和に
なってくれるものだと思ってたのに、なぜか時間が経過するにつれグレーの雲が
空一面に広がってお昼前にはなっても薄暗いお天気、、、







「宇和海」


まっ、冬の宇和海に絶好の釣り日和を求める方がむしろ野暮で、ちょこっと
雨雲が通っただけですぐ北西から爆風が吹いたりと読めない事から最初から
GOODコンディションは期待できないと思っておく方が賢明ですよねっ。

気合いだけは十分入れてきたつもりですから、たとえどれだけマンダムで
あっても日暮れ時刻までは粘り続けましょう。

空はどんより曇っていても、幸い無風&ベタ凪に近いコンディションなので
簡易チェアーに腰掛けてうたた寝しながら戦う事ができます。少しでもドラグ
音が鳴ったらハッと必ずすぐ目が覚めるJCAなので不意な大アタリが出ても
きっと大丈夫だろうと自信満々で目を閉じて夢の中に落ちるも、1時間経っても
音沙汰無し、、、更に2時間、3時間、、、静かすぎる、、、


午後になってからはアタリとゆ~アタリは一切出ず、リーリング中に時々違和感
があると思えばウミケムシ。ただ、時間帯によっては全く姿すら見なかったり
しましたから、ここのウミケムシにもそれなりに時合いってもんがあるみたい。


午後16時40分を回り夕マズメが近付いてくると、ただでさえ終日薄暗かった
のがもっと暗くなって下手するとあと30分以内にキャップライトが必要に
なってくるかも?まで思えるよ~に、、、これ以上粘っても釣れなさそうな
気がするけど、夕マズメが終わるまでは粘ると決めてますし、とりあえず
即撤収できるよ~に身の回りの整頓から開始~。


ジャアアア~~~~~~ッ!!!


何の前触れもなく突如ドラグが猛スピードで悲鳴を上げます!?


急いで竿を持ってアワせてみるとブリクラスの青物かと思えるよ~な重量感と
引き込むパワー。ただ、スピード的には最初のドラグ音を鳴らした時がピーク
でその後はそこまで速くないけど締め込む力だけはメーター級のエイかサメが
掛かったかの如くズッシリ重たくこまめにドラグを駆使しないと竿ごと引きずり
込まれそうになります。

底にへばり付く感じの抵抗もあり、わたくしめ的にはきっとこれは巨大エイ
だろうと決めつけ適当にやりとり&弱らせて浮かせてくると、


ピンク色混じりの白っぽい魚影がうっすら見えてきました。







96cm コブダイ!?


完全に水面に浮かび上がるまではマダイかもと期待するもでっかいコブ付きの
個体が上がってきてガックリ、、、そ~いえば昨年?いや、年が変わったので
一昨年になるかな?12月の納竿出撃でも90cmオーバーのコブダイが来て
ガックリしたのを覚えているのにまたコブダイかぁ、、、

でも、あからさまに前回よりサイズが大きく見えたので計測してみると実寸で
96cmもありビックリ!?ガックリに続いてこのビックリはちょこっと
大物投げ釣り師としては嬉しいビックリでした ♪ (爆)

それにしてもタモのフレームが折れそうになる中、よく波止の上まで上げれた
もんですわ~。なんせ尾っぽ周りの最も細くなってる部分でも超~極太で両手で
やっとこさ握れてズルズル引きずって移動させるよ~な感じですから。


水中でかなり弱らせておいたのでランディング後はおとなしくなりリリース
できそうになかったのと、この個体だけは記念に魚拓でも取ってもらおう
かなと思い持って帰ることに!





ってゆ~か車載クーラーも35Lのスペーザでしたから当然そのまま入らず体を
無理矢理折り曲げて上蓋も閉めれない状態のままGO、、、あはは、まさか
こんな外道がヒットするなんて夢にも思ってませんからホエールクラスの
クーラーなんて持ってきてませんしねぇ。


超~重たくなったクーラーを先に車まで根性で運んでいくうちに時間も時間
だっただけに本格的に暗くなってきてまもなく日暮れ、、、本遠征はデイタイム
作戦のみと考えている為、ここで打ち切って真っ暗になる前に片付けて撤収。

やや微妙ながらも鯛系の魚が初日から揃いつつある?いやっ、コブダイは
タイってあってもベラ科の魚でした。(爆)









使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ フリーゲンSD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 1本針仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 7号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 16号
■ エサ: マムシ、アオイソメ


「デカ~~~ッ!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

ワニエソの嵐が吹き荒れる! 愛媛県・八幡浜市 / 宇和海 (3日目)


今まで虫エサしか投げた事の無い戦場でアジを投げる!


にこだわって2日間ほぼ泳がせ釣りに専念していると、持参した虫エサがかなり
余ってしまってるのに気付きました。まぁ、アオイソメは余れば塩をしとけば
また春のカレイ作戦時にでも使えますが、マムシだけはそこまでたくさんは
ありませんから何とか使い切ってしまいたいもの。


今朝も宇和島市エリアで竿を出そうと考えていたんですけど、急に今夜、
ちょっとした約束が入ってしまい午前中のみの作戦にはなるものの、少しでも
早く帰還したく帰りは大洲辺りから松山自動車道に乗れる戦場に変更。

暗いうちから虫エサのみで竿を出し、朝マズメを迎える頃に2本だけアジに
チェンジ。この戦場は普段から超~ワニエソが多いのが特徴で虫エサを回収中
にもしょっちゅう追っ掛けてバイト!おそらくここだけはアジを投げるのは
ヤバいかも、、、な~んて思いつつもドラグを設定しアタリを待っていると、


ジイッ、ジイイイッ!


エソではなさそ~な、、、いや、これは虫エサの方です。





あ~、貴方の存在も忘れてましたわ~。(笑)

35cmくらいのイトヨリダイが水揚げされ、そ~いえば本遠征ではアジばかり
投げてたから居たことは居たんでしょ~けどなかなか食ってまでは来なかった
とゆ~わけですねっ。これが塩イワシやキビナゴなんかだと結構アタって
きたりするんですけど。


群れが回っていたのか?クーラーに魚を入れて再び投げ返すとまたすぐに
シャープなドラグ音が鳴り響いてフッキング。

リーリング中の締め込みからさっきよりは大きめな個体?でも、横走りもするし
もしかするとレアな高級魚が釣れちゃうパターン!?めちゃくちゃ期待しながら
慎重~に、慎重~に巻き取ってきたんですが、

見えた魚体を見てガックリ、、、







46cm イトヨリダイでした。


サイズも良型で丸々肥えた個体だったから一瞬レア魚じゃないかと間違えて
しまいましたわ~。こんな簡単に釣れるわけがないのは十分分かってるつもり
だけどどこか期待してしまう、、、そしてイトヨリダイとかイラが浮いてきて
ガックリ、、、宇和海あるあるネタですね。(爆)

この後、時合いは終了したみたく何もアタらなくなり1時間経った頃にお土産に
なりそ~なサイズのチャリコが1匹。


珍しい事に未だアジを投げてる竿からは一切ドラグ音が聞こえてきません!


ワニエソが多過ぎるとゆ~のもあってここも過去に一度もアジを投げた事の無い
戦場。だけど、邪魔なエサ取りがおとなしいとなればひょっとすると本命が
食ってくる可能性もありますし、他に何が潜んでいるかは未知数なので
いいデーター収集にもなります。





「宇和海」


今日はお昼頃から晴れるよ~ですが、午前中は雲が多いです。

あれからしばらくマンダムタイムが続いているので波止の上を歩きながら
足下直下や遠くの水面を観察しながら暇潰し、、、キビナゴ?らしき巨大な
小魚の群れがあちこち気持ち悪いくらい泳いでてまた青物がやって来そう。


そんな事を考えながら陣地付近に戻っていくと何やら竿尻が一度浮いたと
思えば乱暴なドラグ音が同時に2本の竿からっ。

うわっ、これはまさしくアジの方だし青物の登場か!?









青物ちゃうや~~~ん!


突然ワニエソが回ってきたみたく虫エサの仕掛けを回収中にアタックしてきた
個体含めて、ほぼ同時に3匹水揚げ、、、腹立つのでZガンダムのZ
文字を作って一人喜んでいたのは束の間、次々と打ち返した直後にアタり始め
百発百中の確率でワニエソの嵐!

早くどこかへ行ってくれ~と願うも虚しく嵐は止む事を知らず、みるみるアジは
無くなってゆき、、、虫エサも海底にある時点では大丈夫なものの、回収しよう
ものなら即見つかってブルブルブルブル、ガンガン!と食い付かれランディング
or チモト付近でプッツン噛み千切られる始末、、、

はいっ、一気に心が折れてしまいました。


アジが無くなるまでと決めて打ち返し、午前10時までには終了となりました。





おそらくワニエソだけで20匹近くは釣ったよ~な、、、(泣)




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー405BX-T
■ リール: シマノ・'13パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 孫バリ仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 7号
■ 針: ハヤブサ・強靭ヒラメ親針専用 LL
■ エサ: 活アジ


「カマボコでも作る?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

67cm メジロ撃沈! 愛媛県・宇和島市 / 大良 (2日目)





朝からず~っと大粒の雨に打たれ続けた昨日は撤収後すぐ予約していたいつもの
ホテルにチェックイン&癒し系の香りがする入浴剤を入れた熱~い湯船に
浸かって温まってから再び集合して久しぶりにお気に入り焼き鳥居酒屋へ ♪

今回のコラボが2019年ラストになるのもあり、“しゅうさん”とプチ忘年会
を兼ねて一杯飲みましょうとなっておりました。あはは、実は本遠征では釣りも
当然重要でしたが、こちらも飲みもメインイベントの1つであったんですね~。

美味しい焼き鳥を頬張りながら2人で1年間を振り返りつつ、来年はこんな
コラボをしましょうなどいろいろ話し、気持ちよ~くほろ酔いになったとこで
お開き タフなしゅうさんはしばらく仮眠を取ったら先に戦場へ入り竿を
出されるとゆ~ことで一旦解散&わたくしめは昨夜の長距離運転の疲れが
今になって出てきた為、ホテルの部屋に戻って爆睡、、、


2日目の戦場、、、早いうちからしゅうさんと2ヶ所まで候補を絞り込むも、
最終的にどっちにするか?なかなか決まらず居酒屋の開き直前に
決まったよ~なものでした。

2ヶ所あったうちの1つはかなりマニアックな戦場、もう1つは逆に超~メジャー
ポイント!しかし、これらの共通してる点は当たり外れが多いもののどちらも
大型のアマダイが潜んでいるはずの?海域、、、そもそもアマダイ作戦自体が
狙いに行ったからといって必ず釣れるよ~な簡単なものではなく、ある意味
常に丸ボウズの可能性を秘めた博打的要素を含んでいる危険な作戦!





「大良」


ここ2~3年、納竿釣行で愛媛県に訪れた際にはなぜか?1日は入ってきている
超~メジャーポイント、大良にまた来ちゃいました。(笑)

正直、2ヶ所の戦場候補でめちゃくちゃ悩んだんですが、なんだか毎年年末の
恒例行事の如くここに来ているのもあり、今年最後の運だめし?みたいな感覚で
のんびりやりましょ~や~と。なんせもう一方の戦場は大良に比べると遥かに
釣り座が狭い上、投げる方向によっては根掛かりも頻発するいわゆる北海道で
言う、あずましくない戦場に入る為、ど~せどちらを選んでも伸るか反るかの
大博打になるなら広くて根掛かりの皆無に近い戦場にしよ~とねっ。(爆)


夜明けと共に一斉放火となり虫エサをメインに遠投スタイルで投げてゆきます
が、今朝は定番エサ取り、カワハギの姿が見当たりません。イコール、エサは
長時間放置プレイしてても残ってくるわけで考えよ~によっては本命の口に
エサが届きやすいコンディション ♪

魚さえ捕食活動に入れば食ってくるはず!そう信じてアタリを待ち続けるも、
1時間が経過、2時間、、、3時間、、、挙句の果てには4時間経過しても
生体反応は皆無に等しい状態。しゅうさんが夜明け直後にイトヨリダイ+それに
襲い掛かったアオリイカが一緒に釣れた以外、な~んも、、、


あまりにも暇過ぎるので、スケベ心を出して今朝も少量のみ持ち込んだアジを
投げてみるとすぐジャ~~~、ジャ~~~!?っとドラグ音が連発で内外問わず
ワニエソのラッシュ、、、確かに海の中を覗いてみると相当数のキビナゴや
アジといった小魚湧いてますしフィッシュイーターにとってはまさにパラダイス
のよ~な状況と言えます。


ギュイイイ~~~ッ!


外向きに投げていた竿に鋭くスピードのあるドラグ音&締め込みっ!





67cm メジロ撃沈。


やっぱり貴方ですよね~。(笑)

ここんとここやつとのやりとりがやたら多かったので、もう締め込みや抵抗の
仕方ですぐ分かっちゃいましたわ。このスピードと中層をメインに横走り
して足元まで来てもまだ粘るよ~な抵抗は一般的にいう大物投げ釣り対象魚
にはなかなかない感じですからねぇ。

とても綺麗で食べるという観点からすれば最もベストと思えるよ~なサイズの
個体ではないでしょうか?しっかり締めて血抜きをしてからキンキンに冷えた
車載クーラーへ即イン。

ワニエソが連発する中でのメジロは非常にありがたいです ♪


午後になって潮が変わりそろそろ虫エサの方にも何かしら反応があっても
いいのでは?そんな事を考えてる矢先にたまたま回収した仕掛けはエサが
無いっ!?ず~っと残ってたはずのエサが綺麗に消え失せてます、、、







チモトには白くネットリとした繊維が、、、と、ここまで書けばもう何者の仕業
か言うまでもありませんよねっ。

しゅうさんは一部の竿を小針仕掛けにチェンジされ数匹お土産カワハギを撃沈
されておられたよ~ですが、わたくしめは長すぎるマンダムタイムに疲れ果て
いつの間にか簡易チェアに腰掛けて爆睡モード、、、たま~に目覚めて
仕掛けを回収してみるともちろん素バリ、、、こんな繰り返しをしてるうちに
あっという間に時間は流れ夕方が近付いて参りました。


結局、最後の最後まで虫エサを付けた竿からはドラグ音が鳴り響く事は無く
今年の年末博打もハズレに終わりました。

来年からは違う戦場になりそ~な予感?(爆)





最近やたらこの釣果パターンが多いよ~な、、、




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー405BX-T
■ リール: シマノ・'13パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 孫バリ仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 7号
■ 針: ハヤブサ・強靭ヒラメ親針専用 LL
■ エサ: 活アジ


「ありがたい青物様!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

降らないはずだったのに、、、 愛媛県・宇和島市 / 宇和海 (1日目)


今まで虫エサしか投げた事の無い戦場でアジを投げる。


今シーズンはそれをメイン作戦として、その傍ら虫エサでの釣果も出せたら
いいなぁ~って感じで戦ってきておりますが、正直泳がせ釣りに関しては
まだここがベスト!みたいな戦場の開拓までは至っておりません、、、

そもそもフィッシュイーター自体がベイトとなる小魚を追い掛けながら移動
しているケースが多くタイミングってのも重要なら、前回釣れたから今回必ず
まだ居るとも限りません。うむむ、難しいなぁ~。





攻撃開始1投目からカンパチの子供がアタってきて、もしかすると今日も青物
ラッシュが訪れるかも!?と密かに期待するもこの1匹のみで後はひたすら
イカの攻撃に遭いまくり、、、何度もしつこく竿先を軽く押し込んだり、地ベタ
を這うよ~にゆ~っくり出てゆくドラグは全てイカの仕業でございます。

そしてアタリが止まったと思って仕掛けを回収するとアジの後頭部がザックリ
齧られているというお決まりパターン。ここまでイカがたくさん居るのなら
次回からイカの仕掛けも持ってこよ~かな?とまで思っちゃうくらいですわ。


相方のSurFreyja“しゅうさん”と午前5時半に待ち合わせ戦場自体が
小場所なので分かれて入るも、夜明け時刻はとっくに過ぎた午前8時現在、
虫エサメインのしゅうさんにも活アジメインのわたくしめにもまともな魚は
1匹もアタってきません。(泣)

今朝もほぼ新規開拓と言っていいよ~な戦場がゆえ、アタリが乏しいのは
覚悟の上でそこまで気にはならないものの、朝から大雨なんです、、、







「宇和海」


出撃日が近付いてくるにつれ初日は終日大雨予報となったので、最初は2日間の
コラボ予定だったのを初日は中止にして翌日1日だけご一緒しましょうと決めた
んですが、直前になって天気予報が急に曇りに変わったので急遽当初の計画
通り決行 雨さえ免れれば完璧ですね~って話ながらやる気満々で戦場入り
したら即土砂降りの雨、、、終わってますわ。

おまけに午前8時を回ると爆風混じりとなって雨がバチバチと方向から
打ち付けるよ~になりめ~っちゃ心が折れそうになります、、、

わたくしめ、100均傘を2本ロッドケースに忍ばせてきたんですが、急に
襲った突風にやられ1本殉職、、、不意に襲い掛かる突風は時に三脚ごと
なぎ倒してみたり、荷物を吹き飛ばしたりとかなり危険ですよね。


それでも宇和海まで長時間掛けてやってきたわけですし、竿を出してしまった
以上やれるとこまでやるしかない!何度も何度も心が折れそ~になる度に
自分自身に言い聞かせアジを打ち返し。

その願いが通じたかの如く突然竿先が深く押さえ込まれたと思えば続いて
鋭いドラグ音がっ!?


ジイイイ~ッ!


重量感のある音だし絶対エソなんかじゃない!ドキドキしながら上げると、






グ~~~ッ、グ~~~ッ。


WHY!?


水面に見えてくる魚体の色から茶色っぽかったのでもしやと思うと、ポカ~ンと
浮いたのは46cm マトウダイ。(泣)

これまで虫エサオンリーだったから分からなかったけどマトウダイもこの戦場に
居たんですねっ。ある意味新しい発見!?サイズも抱卵しててお腹パンパンの
特大だったのでFISH DINNERネタにキープしますが、気持ち的には
どこか拍子抜けしちゃって雨の中ガックリです、、、


再び沈黙の時間となり2時間が経過しました。


その間、しゅうさんの所まで様子を見に行ったりと暇を持て余しながらただただ
ドラマが起きるのを待っていると、正午前に潮が切り替わったよ~でそれまで
左に流れてたのが右に、、、虫エサで遠投している時は一切気にならなかった
ものの、アジで飛ばせる距離帯なんて知れたもので潮に流されるとことごとく
根掛かり!海底の落ち込みが急峻でおそらくカケアガリになってる部分で
何かにもたれかかる or 障害物に掛かってしまうよう。

シンカーのロストが目立つよ~になってきたのと同じ事を繰り返してても
埒が明かないよ~に思えたので大きく投げる方向を変えて水深はあまり無い
ものの潮流の影響が比較的少なめな港内を探ってみることに。


ズッシリ。


たまたま竿を持ってみると何やら重いだけのモサ~~~っとした感じ?





34cm カサゴが居食いしてました。


カサゴもこのサイズになると頭がめちゃくちゃ巨大なので、上がってきた瞬間
デカっ!?となりますねぇ。お造りにしても十分身が取れそうな丸々肥えた個体
でこれまたさっきのマトウダイと同じくFISH DINNERネタとしてキープ
、、、ってゆ~かやっぱり今回も五目釣りになっちゃってます。

でもこちらの方向は根掛かりもまだマシでやれるんちゃう?と思い早速もう1本
投入してみると即根掛かり!?着底&糸フケを取った時点で掛かってますから
一体どんな海底ストラクチャーになっているんだろうと思います。(笑)

持ち込んだアジの数自体、今朝は少なめだったのでほぼ午前中だけで無くなって
しまい一部虫エサにチェンジして攻撃続投。すると今度は予想がのエサ取りの
嵐なんですわ、、、仕掛け投入から5分も持たずにエサがかすめ取られチモト
付近にはネットリした白い繊維だけ残ってくる → おそらくカワハギの仕業!


カワハギでもそれなりにデカい個体ならラッキーですから物は試しと大針から
小針仕掛けにして狙ってみると、な、なんとどれも超~小さいっ!先日の串本で
リリースしてたチビちゃんらより更に小型でキープしても食べる所無し、、、


正午を回ると雨も小康状態になり、これで止んでくれるのなら夕マズメまで
頑張ってみようという気になれたのに、、、それも束の間、午後13時を目前に
して再び激化&叩き付けるよ~な大雨と突風に!さすがのタフなしゅうさんも
心が折れかけてきたみたく話し合った結果、これ以上消耗戦をするより
晴れ予報の入ってる明日に賭けようとなり超特急で片付けて撤収~。(笑)







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー405BX-T
■ リール: シマノ・'13パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 孫バリ仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 7号
■ 針: ハヤブサ・強靭ヒラメ親針専用 LL
■ エサ: 活アジ


「よ~やるわ、、、」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

88cm ヒラマサ撃沈! 愛媛県・宇和島市 / 宇和海 (3日目)





連泊中のホテルの部屋から何気に外を見ると、いつものお気に入り焼き鳥
居酒屋がっ!久しぶりに行きたいなぁ~って思うと共に、これからまたここへ
訪れる機会が一気に増えるなぁ~、、、と。


3日目最終日の今日は交通量の多い時間帯を避けてスムーズに帰還したい
のもあり、毎回同じよ~にしてますが、午前中いっぱいで切り上げる予定。
昨日に引き続きお天気も快晴の無風&ベタ凪予報ですからどこでも入れますし、
昨夜寝る前に幾つか戦場候補を挙げてよ~く悩んだ結果、初日にシロアマダイ
を釣った同じポイントに決定。

実はこれまで虫エサのみで過去に一度も活アジを投げた事が無いのと、ちょ~ど
一昨日入った時に足下でアジ?っぽい魚影が見えてたのでこれなら現地調達
可能! 虫エサとアジの両刀使い!?でいっときましょう、、、あはは、
でも二兎を追う者は一兎をも得ずとゆ~ことわざもありますから90%は泳がせ
で残りの10%だけいつもみたく虫エサ攻撃って感じにしておこ~かな?(笑)

場所によってもいろいろ傾向があるんでしょ~けど、アジって今時期は朝夕
マズメや明ける前 or 暮れてからの数時間によく釣れる事が多く、今朝も
まだ真っ暗なうちからアジを釣ってシュ~ン、シュ~~~ンと昇天しない
程度にほ~り投げてゆきましょう。


ジイイイッ!?


着底後すぐにやや軽め?なドラグ音が一度だけ鳴り響いて、即アワセ
乗った事を確認して慎重に上げてみると小ぶりなアカエイ、、、朝イチから
こやつの登場ってめちゃくちゃ不吉、、、


もしかしてエイの巣窟になってるのかも!?


かなり警戒しながらも、今日は泳がせ釣りをメインで戦おうと心に決めている
ので男たるものやるしかありません!

再びアジを投入し着底&糸フケを取ってからドラグをややキツめに設定。
あまりにもズルズルフリーにしてしまうとスピードの速い獲物が掛かった時に
バックラッシュを起こしてしまう可能性もあるのと、魚がエサを咥えて走った
際にもそれなりのテンションがある方が個人的には食い込みがいいよ~に
感じているのもあります。


ウイイイ~ン!!!


そのキツめに設定したはずのドラグをいともたやすく引っ張りだしてくアタリ!







88cm ヒラマサ撃沈 ♪


フッキングした途端に沖へ向かって猛スピードで走りだした上、ドラグを駆使
しながら足元まで寄せてきても粘り強く抵抗する、、、これは絶対エイなんか
じゃないと確信してましたが、まさかまた前回みたく青物がヒットするとは
ちょこっとビックリ。

やはり今年は青物の魚影が濃いと聞いていたのは間違いなさそうです。


ランディング直後はブリや~と思っていたんですが、どこかシルエット&雰囲気
が違うよ~な、、、気になりながらもとりあえず血抜きを優先してからクラブの
メンバー他自分でも調べてみるてヒラマサと判明。

例えばクロダイとヘダイ、コロダイとコショウダイみたくパッと見は同じよ~に
見えてもちゃんと見ればすぐ見分けが付いちゃうくらいそれぞれに特徴がある
なら簡単なんですが、ブリとヒラマサって個体によっては結構見分けるのが
難しい、、、まぁ、普段から青物ばかりを狙ってらっしゃる方々にとっては
朝飯前のよ~な事なのかもしれませんけどねっ。

今回はいい勉強になりました!


一段落ついて他の竿先を確認しても微弱に動いてるのもあったりと今のところ
アジも海底で元気にしてるみたい。(爆)

そんなわけでヒラマサを撃沈した竿を再び同じ位置目掛けてファイヤ~&着水
したらシンカーと仕掛けが絡まないよ~に虫エサの時よりややテンションを
強く掛けながらサミング、、、スルスルスルスル、、、


んんっ?こんなに深かったっけ~。


いや、違う!これはフォール中から何者かがアタックして、そのまま走り続けて
いるのでは!?すぐさまベールを戻してアワセを入れてると、


グウウウッ!


強烈な締め込みによって瞬時に竿先が大きな弧を描きます。







67cm メジロ撃沈!


さっきよりは力が弱いものの、似たよ~な走り方&締め込みを見せてたので
やりとりする最中からこやつも青物やなと。

今まさに目の前の海域をこやつらの群れが回遊してたんでしょうねぇ。よく
ルアーマンが目の前でナブラが出たらすぐジグを投げて青物を釣ってるのを
目撃しますし、この鋭く走りまくる引きはハマっちゃうのが分かりますわ~。

前回、ヒラメを狙っていてぶっといのが合計4匹も釣れ、今もなお美味しい
FISH DINNERを食べる事ができているブリを始めとする青物、、、
ヒラメにフラれてもこやつが釣れてくれたら万々歳やなぁ~って
密かに裏本命で考えてたのでラッキー ♪


標高の高い山の向こうから太陽が顔を出し、辺りがみるみる明るくなっていく中
、青物もどこかへ行ってしまったよ~で沈黙、、、たまにドキッとするドラグ音
が鳴ったと思えば極太ワニエソくらい、、、







「宇和海」


少し前から一部虫エサ仕掛けに交換して投げておりますが、アオイソメを付けた
針は長時間放置するといつの間にか無くなり、マムシに関しては一切見向きも
されずず~っと残ってくる状態、、、一昨日のよ~な小魚を含め魚自体の活性が
高い印象は全く受けません。

ただ、魚っ気が無いといえどマダイ、イトヨリダイなんかは一定位置に棲み
付いてる魚ではなく回遊性ですから回ってさえくればアタる可能性もあります
し、アマダイは特に時合いが存在するよ~に思えるのでこちらもタイミング
勝負って感じになるかな?


だけど、時計を見るともう午前9時になろうとしてますし、今日は午前中のみで
撤収しないといけませんから考えてもみればそんな悠長に構える事もできない
かも?ってなわけで泳がせの方はアジが生きてる限り自ら動いて誘いを掛けて
くれる事を期待しながら虫エサの方を時々サビいたりと動かしながらアピール
度を高めていると、

突如けたたましいドラグ音と本命らしき!?締め込み、、、







め~っちゃドキドキしながら回収したのに正体はイラん魚。(泣)


それもでっかい個体ではなくチビちゃんばかりで、立て続けに3匹も釣れてきて
ゲンナリ、、、たまに根に張り付いてみたリ、締め込み方も本命に比べると少々
乱暴にも思えるイラですが、結構本命では!?って騙されるんですよね~。

それでも最後まであきらめず必死に打ち返すも、潮が止まった瞬間ピタリと
イラのアタリさえ途絶えてしまい無の世界に、、、まっ、大物投げ釣り対象魚
としてはイマイチピンとこない青物にはなるけど、朝イチのヒラマサ&メジロ
のおかげでとりあえずクーラーの中も満タンですからここが潮時と考え
潔く撤収を決めましたっ。


いつも通り、車載クーラーとしてスペーザ35Lを持参してたんですが、ブリの
時同様またまた長寸のある獲物を根性で入れてたので釣果写真を撮る頃には
胴体が曲がった状態で硬直&キンキンに冷えて縮んでました、、、(爆)







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー405BX-T
■ リール: シマノ・'13パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 孫バリ仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 7号
■ 針: ハヤブサ・強靭ヒラメ親針専用 LL
■ エサ: 活アジ


「ヒラマサで十分!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR