FC2ブログ

70cm コロダイ撃沈! 愛媛県・愛南町 / 宇和海 (2日目)







朝イチから丸々肥えた37cm イトヨリダイがお出まし~ ♪


昨夜は美味しい焼き鳥&地酒に癒された後、珍しくほんの少しだけ街中を散策
してからホテルに戻って就寝&午前3時半起床で2日目は始まりました。


あっ、そ~いえば本遠征が平成最後の出撃になりますねぇ。

なんだかあまり実感が無いまま新元号・令和がまもなく始まるわけですが、
どんな時代になるんでしょうかねぇ?みなさん同じかと思いますけど、やはり
災害が無い平和な時代になって欲しいものです。昨夜はそんな話も“O本先生”
とちょこっとしたりしながら飲むも、それより何より最終日でもある今日こそ
なんとかまともな釣果が出て欲しい、、、これが今一番の願いかも?(爆)


今日は昨日とは打って変わって広い範囲で無風&ベタ凪状態となり、戦場も
選び放題!?活アジの釣りオンリーと決めてはいたものの、スケベ心から
少しばかり虫エサも持参していたのでこちらも交えて狙ってみよ~かと。


夜明けと共に予想通り泳がせの方には極太ワニエソの嵐、、、


最悪な場合、ラインを送り込んでいる段階から追っ掛けてきており着底と同時に
ジイイイ~~~っと!水深のある中、時間をかけて送り込んだエサが
一瞬にして外道にやられる、、、何とも腹立たしい。

こりゃエソの群れがどこか行くまでしばらくアジを投げるのはストップしないと
果てしなくやられる一方だと思い、虫エサを付けた仕掛けに集中しながら
ちょこちょこサビいたりしてアプローチをかけていると、

2、3回竿先が大きく叩かれたと思えば乱暴なドラグ音がっ!?


ジイイイッ!





締め込みから本命のアマダイ?と期待するも浮いてきた魚体を見てガックリ
、、、ワニエソに続いてイラん魚、イラと外道だけは水温の上昇と共に
絶好調のよう、、、せめてマダイだったら良かったのにね~。


比較的根掛かりが少ない方向へファイヤ~されてたO本先生の仕掛けには
ネットリとした白い繊維が付着して残ってくるよ~になったらしくおそらく
カワハギの仕業だろうと、早速小針仕掛けも1本導入 まだ肝が大きい状態
のカワハギを撃沈されておられます。

JCAも見習って1本、カワハギ仕掛けを投入しフッキングさせるもサイズが
ど~もイマイチ、、、その上、群れがあちこちに居るってわけでもなくたま~に
回ってきた時に食ってくる程度で基本はトラギスやイソベラなどカワハギ以外の
小さな外道魚がエサをかすめ取っているよう。


昨日と同じく潮が切り替わったタイミングでこれらのエサ取りもおとなしく
なってきたので、再びアジを投げて本命が居ないか?探ってみますがマンダム
、、、約2時間近くろくなアタリも出ないまま打ち返しを続けていると、
やっとこさ竿先をノックするだけの謎のアタリ。


クククッ、クククッ、ク~~~ッ


ず~っとしつこくやっているので一気にアワセを入れてみると、





あれまぁ、昨日も1匹撃沈させて頂いたマトウダイでした。(笑)


グ~~~グ~~~と鳴いてるマトウダイを物珍しそうに眺めるO本先生、、、
過去に一度も撃沈経験が無いらしくカワハギっぽいのにカワハギでもない
謎の魚やなぁ~、、、ぜひ解体してみたいと!?(爆)

職業柄か?どんな魚も必ずバラバラに解体してみたいという願望を持って
らっしゃるよ~で、それは時にして面白く、時にして不気味に思えちゃいます。


カワハギだけはポツリポツリペースではあるもののコンスタントに釣れている
みたく、O本先生もお土産とゆ~点においては満足されているよ~ですが、
やはり一発ドキッとするよ~なドラグ音が鳴らないかなぁ~?

そんな事を言ってる最中、願いが通じたのか?いきなりO本先生の竿から
けたたましいドラグ音が鳴り響いて、





50cm近い立派なイトヨリダイを撃沈されましたよぉ ♪

あくまでアマダイが本命ではあるけど、2日間通してここまでアタリが遠い
コンディションが続いていると普段はお土産魚扱いのイトヨリでもめちゃくちゃ
嬉しく思えますね~っと。(笑)


回収されてくるシンカーを触ってもぬるく、確実に海底付近の水温も上昇して
いる事が窺えるのになぜここまで渋いんでしょう、、、結論を見出すとすれば
この界隈は水温より時期が大切なのかも?気温に関しても太陽さえ出ていれば
半袖で気持ち良く戦える温度ですし、それなのにマンダムってゆ~のが
非常にもどかしく感じちゃいます。







「宇和海」


一生懸命サビいたり、打ち返しをしてても時々相手にしてくれるのはエソか
カワハギのみ、、、次第に本命が出そうな雰囲気すら感じられなくなってきた
2人、とりあえずわたくしめの持ち込んだドカットに入ってた鍋焼きうどんを
昼食で食べて昨日同様日光浴をエンジョイしつつ、ダラけモードでの作戦。

きっと大丈夫とは思うけど、なんせ今は10連休真っただ中ですし帰りの混雑
なども想定したらいつもより早めに撤収がベター。どれだけ遅くとも午後15時
までには松山市内へ抜けたいね~と話してるうちにだんだん気持ちが潔く
なってきて午後13時半には撤収しましょうとなりました。(笑)


2日目は元々少量しか活アジを持参してなかったのでさっさとアジバケツを
片付けて、身の回りの整理整頓&ど~せ残ってもポイなので虫エサも贅沢に
付けてファイヤ~ ほぼ放置プレイに近い状態で忙しなくやっていると、

突然、悲鳴のよ~なスタートダッシュでドラグが高速回転しだし、どこかで
止まるかと思いきや延々に走りっぱなしに!?


ジャア~~~~~~ッ!


巨大アカエイにも似たよ~なドラグの出方ですから途中でドラグを締めて、
面倒臭いなぁ~と思いながらもシンカーだけは回収しようとやりとり開始。

右へ左へと何度も方向を変えながら走り続け、時折もの凄い馬鹿力を出して
一気に底へ突進してみたりとサメでもなさそ~な感じなので間違いなく
相当デカいアカエイ!?そんな事を言いながらO本先生にはシンカーから
下で切るのでタモは要りませんわ~と。


それが水面に浮いてくると白っぽい鯛系のシルエットなんです!





O本先生にやっぱりタモお願いしま~すと言って掬ってもらったのは、

70cm コロダイでしたっ!


まさかコロダイが来るなんて思ってもいなかったのでかなりビックリでしたが、
後々考えてみるとここからもう少し南下するとデカいコロダイが出る実績場も
あったりしますし釣れておかしくない魚ではありますよね。実際、過去に
この界隈でもちょくちょく上がっているのも聞いてますしねぇ。

写真だけ撮ってリリースすべきか否か?迷うもO本先生も食べた事が無いみたい
ですし綺麗な魚体でもあったので久しぶりに持ち帰ってみることに ♪

フィクセル30Lに入れると尾っぽ部がはみ出てしまったのでその場でO本先生に
捌いてもらい三枚おろしにした状態で半分分けしてクーラーIN!(笑)


そして、このコロダイ解体ショーをしているうちに撤収時刻を迎えてしまい
作業終了と共に片付けて即撤収となりました。









使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'12スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ フリーゲンSD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 1本針仕掛け、孫バリ仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 7号
■ 針: がまかつ・キングサーフ 18号、ハヤブサ・強靭ヒラメ親針専用 LL
■ エサ: マムシ、活アジ


「磯臭いんちゃう!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

初日からとんでもない爆風、、、 愛媛県・八幡浜市 / 宇和海 (1日目)


結果論にはなりますが、よく思い返してみるとこの水温が再び上昇&安定し
始める4~5月に訪れた時はあまりいい釣果に恵まれた事が無いかも!?
あはは、そうは言いながらもついついもしかするとデカいのが食ってくるかも?
な~んて期待を毎年持ってしまい気付けば出撃しているってなパターン
なんですけどねっ。(爆)

それに毎年とはいえ美味しい魚を求めてはここ2~3年からで、それまでは
ひたすらイシゴカイを投げての修行の釣りで訪れてましたからこの時期の
データー的にはまだまだ把握しきれていない部分がたくさんあったりします。


ジャアアア~ッ!?


太陽が顔を見せて少し暖かくなってきた午前7時過ぎのこと、





こんなサイズの極太ワニエソが連発、、、

はい、そ~なんです、、、実は今回、ヒラメポイントの開拓をしたいJCAは
虫エサではなく活アジをメインに戦ってみようと思っており、宇和海名物でも
あるこやつらと真っ向勝負中!(爆)


当初の予定では過去にアマダイやマダイなどを撃沈した事のある実績場に入って
アジを投げてみようと考えていたものの、ブリーフィングにも書いてた通り
延々に降り続いた大雨の後とゆ~こともあり今日は朝から北寄りの爆風が
もの凄い勢いで吹いておりどこもかしこもアウト、、、結局、八幡浜界隈を
ウロウロしながら風裏になってた適当な場所に入ってお茶を濁してるって
感じになっちゃってます。(悲)

でもまぁ、こんな八方塞がりの時しかまず目を付けないよ~な場所で思わぬ獲物
が飛び出すって事もたまにあったりしますのでそれを期待してかな?


エソのいやがらせに悩まされる中、相方でもあるSurFreyja“O本先生”
は虫エサメインで鯛系の魚を狙っておられますが、今のところウミケムシが
少々程度で目立ったアタリは出てないよう、、、







「宇和海」


写真で見てるだけじゃ青空も写ってて絶好の釣り日和にも思えますが、背後から
ボワッ!と一瞬にして軽い物を吹き飛ばしてゆく突風混じりの爆風が断続的に
吹いております。なんか真冬に訪れたよ~な感じ、、、

エソの猛攻が途絶えるとお次はアカエイが邪魔をしてきて挙句の果てには
潮が変わった途端に根掛かり連発!想像していたより底はシモリが多く、
かつ急峻なカケアガリも存在しているよう。

そしてこの潮変わりを機に何やかんや外道が邪魔をしてきてたアジの泳がせの
方にもアタリは途絶えてしまいマンダム、、、仕掛けを結構な時間放置して回収
してもアジが元気な状態で戻ってきます全く外敵が居ないのかも。


爆風と対面にならないよう南に向いて簡易チェアに腰掛けてダラ~~~っと
日光浴をしてるうちに時間だけ過ぎてゆき、あっという間に午前11時、、、


ク~ッ、クッ、ジ~~~





これはもしや!?と期待するも43cm マトウダイ、、、

おそらくこの雰囲気じゃこやつが今日唯一のまともな魚になりそ~な気配
なので丁寧に下処理した後クーラーへ。


正午を回った頃に日光浴 打ち返しをロボットの如く繰り返されてた
O本先生から、今日はもう見切りを付けてどこかで美味しい昼食を食べて
早めにホテルにチェックインしません?と提案があり、わたくしめも待って
ましたかのよ~に、はいっ!それじゃさっさと片付けましょうと ♪

その30分後には戦場から撤収 他の戦場を見て回りながらホテルのある
宇和島市内へ走ってランチ&チェックイン シャワーを浴びてスッキリした
後数時間お昼寝をしてからいつものお気に入り焼き鳥居酒屋へ向かうのでした。

GW突入初日とゆ~のもあり、道の駅や他市内の観光スポットはどこもかしこも
人でごった返しておりましたが、釣り場だけはさすがに10m以上の爆風って
のもありどこも閑散としてました、、、





こちらが遠征初日の釣果でございます ♪ (爆)




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'12スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ フリーゲンSD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 孫バリ仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 7号
■ 針: ハヤブサ・強靭ヒラメ親針専用 LL
■ エサ: 活アジ


「凄い風だったよね!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

60、44cm ヒラメ撃沈! 愛媛県・伊方町 / 宇和海 (2日目)


それは初釣りの時の事、、、

昨日の新規開拓ポイントからの帰り道に普段はあまり釣り人の姿を見ないのに
、珍しく小さな突堤で竿を出してるおじいちゃんがおり情報収集兼てここらじゃ
何が釣れますか~?と話しかけたところアジが釣れると!すでにクーラー半分
以上釣られており聞けばすぐ近くに住んでいる地元の方みたい。

ここは時期によって若干渋くはなるものの年中アジが釣れるよ~とおっしゃって
たので、それならヒラメなんかも居ますかぁ~?って聞くと、ヒラメはここじゃ
なくあそこの方がいいんじゃないかと、、、まさにジモッピー情報とも言える
このネタ、、、帰還後即、その場所の航空写真から海図まで一応チェックは
していましたが正直、JCAの中では聞いた事も行った事も無いよ~な超マイナー
場所で果たして本当にヒラメが居るんだろうか?とちょこっと半信半疑でした。


ちなみにそのおじいちゃん曰く、アジ釣りをしててヒラメが掛かってきた or
釣れてるのを目撃したのは5月頃と言ってましたし冬になるとアジが居なく
なるとも伺ったので今調査しに行っても微妙かも?でも、、、さっきの突堤で
アジが釣れるならそれを釣って持って行けば釣りは成立するし、、、





いろんな葛藤が入り乱れるものの、とりあえずアジバケツを持参&更に昨日の
想像以上のエサ取りの猛攻の末、虫エサのほとんどを使い果たしてしまったのも
あり、いっちょこれまた新規開拓?的気分でそこへ行ってみるか~と決めて
帰り道に例の突堤に立ち寄り頑張ってアジを釣って参りました。

足下付近はスズメダイ?ネンブツダイ?ミニチュアサイズのグレ?よく分かり
ませんけど外道だらけでしたが、教えてもらった通りのタナで飛ばしウキで
狙うと結構あっさりアジが釣れてくれましたっ ♪ オキアミレンガのお下劣な
臭いが超~苦手なわたくしめ、、、今回初めてチューブ入りでフルーツ系の香り
がするというアミ姫なる物を使ってみましたが、いい感じかも?(笑)


いつもよりホテルから距離があるけどきっと誰も居ないだろうと午前6時前に
チェックアウトしてちんたら向かうもやはり人っ子一人おりませんでした。


全くお初の場所ですしみなさんどの位置でアジ釣りをしてるのかさえ不明です
から、まずは角付近でやってみようと竿を並べ活きのいいアジ一斉放火!
事前にチェックしていた通り軽く投げて水深は20m無いくらいかな?決して
浅いとは言えませんが、この界隈じゃまだ浅い方です。

エソよ、来ないでくれと祈りながらドラグを設定しアジを泳がせていると
15分程経った頃、一番右のスピンパワーの竿先がゆっくり押さえ込まれて、


ジ~~~~~~ッ







44cm ヒラメ撃沈!


立ち泳ぎ?っぽく暴れながら浮いてきたので一瞬エソ?と思うも水面で横に
泳ぎ始めて本命と確信 ♪ いや~、居るもんですねぇ。

初釣りのアマダイの時もそ~ですが、初めての場所で1投目から本命が釣れて
くれると何とも言えない達成感が味わえますよねっ。こんな場所がまだあったん
だぁ~、、、みたく発見の喜びも伴うって言いますか、、、まぁ、もしかすると
わたくめにとってはお初でも知ってる人は知ってるのかもしれませんけど。


まだ1投目でしたから他の仕掛けも気になるところで、とりあえず全てを回収
してみるといつの間にかイカに後頭部をザックリいかれてる個体もあれば、
海底付近の水温がアジにとっては低すぎるのか?あっという間に弱ってアウトに
なっているなど外道が居ないからと言って長時間放置するのも厳しそうな感じ。

夜明けから雲が多く今日も昨日に引き続き、晴れとは言い難い微妙な晴れ!?
になるのかと思ってると午前9時を回ると次第に青空の面積が増えてきて
太陽も顔を見せてくれました。







「宇和海」


あれからな~んのアタリすら出ないまま、ただただマンダムタイムが過ぎ去って
おり、たまに仕掛けを回収してみるとアジが死んでいる 元気な個体に
替えて再び打ち返しとゆ~単調な作業が続いております。

宇和海ならまずどこでも潜んでるイメージのあるエソでさえ今朝は1匹も見て
ませんし、ぼ~っとしてるのも退屈なんで、着底した位置付近でず~っとアジを
泳がせてるより弱ってくるまでに定期的にサビいて手前ギリギリまで幅広く
探ってみようと戦術変更、、、するや否や根掛かり。(泣)

何度か仕掛けを動かしてくうちにどうやら足下から数メートル先まで敷石が
張り出しているのと、一部シモリ?らしき高確率で掛かる部分がある事を発見。


また全然居ないと喜んでいたはずのエソも午前10時頃から回収時に飛び付いて
きたり、居食いしてたりと数匹水揚げ、、、やっぱり宇和海でエソの居ない場所
は存在しないのかも?(爆)

確保してきたアジは35匹くらいでしたが、そこまでエサ取りは居ないとはいえ
時間の経過と共に減ってきてこの調子だとお昼過ぎにはエサ切れ納竿に
なりそ~な感じ。まぁ、1匹本命をキープできてるわけですから贅沢は言っちゃ
いけませんし、また次回もっとアジを大量に持ち込んでやってみるのもいいかも
なぁ~と考えつつアジバケツからアジを取り出してファイヤ~ ドラグを
少し緩めてしばらく放置してると、


ジイイイッ!?


ジィ~~~ッ


鋭いドラグ音が短く鳴った後、すぐさまラインを引き出してゆくアタリ!







60cm ヒラメ撃沈 ♪


万が一、敷石にシンカーが食われでもしたらアウトなのでフッキングと共に即
底から引き剥がして可能な限り上へ上へと意識しながらリーリングするも、
カレイみたく足下付近までなかなか浮いて来ずラインが左へ走ったりしてた
ので間違いなく本命だろうと予測はしてましたが60cmオーバーでビックリ!

昨日の戦場もそ~でしたが、本命が1匹釣れただけだとたまたまラッキーにも
魚が居た!みたいなケースも考えられるものの、さすがに短時間で2匹出た
となるとここは間違いなくポテンシャルを秘めているはず ♪ 今年は
スタートから新しい発見続きでウハウハでございます。


もう十分過ぎる釣果が出せたので気分的にはいつでも撤収オッケーモードでは
あるけど、当然!エサが無くなるまでは頑張りますよん。ヒラメって戦場に
よっては時合いがハッキリしてて1匹釣れたら続いてもう1匹ってな事が
よくありますから期待できるはず。

ドキドキしながら冷たいブラックコーヒーを飲んでいるともの凄い勢いで
ジャアアア~~~っとドラグが急回転して、アワセを入れると同時にドッシリ
重量感と共に竿をひん曲げられ数秒底にへばり付いた!?と思えば突如
プッツン、、、こ、この一連の流れって、、、もしかしてアレ!?

するとそこから5分も経たないうちにまたっ、


ジ~~~ャアアア!!!





ハァ、、、やっぱり。


1m近くあったんちゃいますかねっ。(汗)

タモなんぞで掬ってランディングさせよ~ものなら玉枠から全て痛んでしまう
恐れがあるのでさっさとハリス部で切ってさいなら~。

もしこやつが先に切っていった個体とは別のエイだったとしたら群れが回って
きている可能性大!アカエイもたくさん居る所では次々とアタってきますから
これ以上粘っても期待薄?あはは、とゆ~より一気に釣れる気がしなくなって
きたので午後12時50分、これにて終了としました。





さぁ~て、今から片付けて帰路につけば午後19時過ぎには帰還できるかな?




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'12スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ フリーゲンSD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 孫バリ仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 7号
■ 針: ハヤブサ・強靭ヒラメ親針専用 LL
■ エサ: 活アジ


「ヒラメも高級魚 ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

50cm アカアマダイ撃沈 ♪ 愛媛県・八幡浜市 / 宇和海 (1日目)





あれ~~~っ、おっかしいなぁ~、、、前回は朝マズメ1投目から本命が釣れて
、更に良型イトヨリダイとめちゃくちゃ活性が高かったのに今朝はサッパリ!?
うんともすんとも言いません、、、まぁ、自然界の事ですから必ずしも毎回
朝マズメにアタリが出るわけはないんですが、ここまでシ~~~ンと静まり
返ってしまうと何だか不安になってきます。

ってゆ~か、新規開拓で初めてここに入ってみた前回があまりにも上出来な1日
で、その印象のみしか頭の中に残ってなかったのでついつい期待しまくって
ましたが、冬の大物投げ釣りってこんなもんですよね。(笑)


変に期待しまくるのはやめようと自分自身に言い聞かせいつも通りのスタイルで
攻撃続投&一方向については潮流の向きによって牽引ロープか何か?に
掛かってしまうケースが頻発するので、そこを避けるよ~にしながら時折
誘いを掛けたりしてると、


ジイイイッ!?





リアクションバイトしてきたイラん魚、イラにドキッとさせられました。(爆)

もう分かったからさっさと海に帰ってくれ!と言いつつ即ポイして再び
気を取り直してファイヤ~。ほんとこやつだけはドラグ音もおもいっきり
けたたましい上、引きもマダイやアマダイに似てる所があるので超~紛らわしい
、、、やる気満々の朝イチから最も現れて欲しくない外道ですわ。

でもまぁ、エソよりはマシか、、、いや、どっちもどっちやなぁ~と独り言を
言いつつ朝食のパンを頬張りながらしばらく放置プレイ。


戦場で立っている時には結構せっせとサビいてみたり、打ち返してみたりと
忙しなく動いているのに、一旦何かに腰掛けてしまうとこれがまた立ち上がる
のが億劫になっちゃうわたくしめ、、、ぼ~っと辺りを見回しながらスマホを
いじっているとあっという間に30分以上経ってしまいました。

だけどあれからドラグ音も一切鳴ってなければ竿先にもな~んの変化も
出てなかったのできっとエサもそのまんま残っているだろうと思いながら
一応、確認の為に仕掛けを1つ回収してみると、


素バリ!


マジっすか!?

慌てて他の仕掛けを回収してみると見事全てのエサがかすめ取られており、
代わりに足跡を残すかの如く白い繊維が針にこびり付いております、、、
これはもう何奴に仕業か即行見当が付きますよねっ。

だからと言って小バリ仕掛けにチェンジしてお土産確保モードに入るつもりも
一切無く、それなら気合いでマシンガンキャストで対抗でございます!


モゾモゾ、、、モゾモゾ


ツンツンやら、コンコンやら、モゾモゾと竿先のみに微弱なアタリが連発。

しつこく突かれて反応が消えると確実に素バリになってるはずなので、その前に
ギュネイ・ガスのよ~に、ええいっ、ファンネルたち!一番熱量の高いミサイル
だ、、、当たれえ~~~!!!とツンツンアタリからアワセを入れていくと、







小さめなカワハギがスレ掛かりしてきたり、カサゴの唇の皮1枚の所で掛かって
きたりとエサ取り連中が次々と姿を現してきます。あと、これ以外にトラギスも
2~3匹スレ掛かり含め水揚げされてきましたわ~。(笑)

こんな感じでエサ取りの洗練を受けながら食べれそ~なサイズのカサゴだけ
キープ&他はポイ!そして気付けば午前10時までに1日分として持ってきた
エサの約3分の2を使い果たしてしまい、このままじゃ午後まで持たないと
クーラーに忍ばせてあった塩マムシも併用しながら攻撃続投です。

どれだけカワハギが多い海域でも必ずアタリが遠退く時間帯があるはず
ですからそれが訪れるのを期待しつつ、あまり仕掛けも動かさないよ~にして
じ~~~っと、、、結局再び放置プレイとなってしまいました。


今日のお天気は早朝はどんより曇り空でしたが、お昼前になると非常に弱い
ものの太陽の光も差し込んできて晴れ?とまでは言い難い微妙な晴れ。







「宇和海」


晴れとは言い難い微妙な晴れって一体どんなんよ~!?って突っ込まれちゃい
そ~ですけど想像して頂ける方もいらっしゃるかも?とはいえ、雲自体多め
なので曇りと言ってしまえば手っ取り早いんですがね~、、、ど~しても
その奥に青空が見え隠れしてるのでこだわってしまう。(爆)


話は変わりますが、

やっぱりフリーゲンSDはよく飛びますねぇ ♪ スーパーエアロの流れを
組んでるだけあってパワーエアロに比べるとかなり軽量設計でキャストフィール
もめちゃくちゃ軽い!ここんとこパワーエアロ系のリールばかり使っていたので
久しぶりに触ると軽さが顕著に分かります。唯一、ドラグ機構に関してだけは
個人的にツインドラグの方が長年使い慣れててしっくりきてるってくらいかな。


午後13時半になっても一向にエサ取りの活性は衰えず生エサを付けた針は
5分も持たずに素バリ、、、

ただ塩マムシの方はそこまで硬く締めてはいないけど残ってくる確率が高い
んです!それでもやはり生エサに勝る物は絶対無いはずですから併用比率は
半々を保ちながらエサが尽きるまで戦うことに。


クッ、クッ、クッ


ジ~~~イイイッ!?


ゆっくりめな助走から次第にスピードアップするドラグ音!







やっと来てくれましたぁ ♪


50cm アカアマダイ撃沈。


時間&エサの残量的にも今日はダメかなぁ~と思い始めた矢先に本命の登場
なんて、もう嬉しくてたまらないですわ~ ♪

初釣りから新規開拓大成功と大喜びしてたのが一変してマンダムのち、エサ取り
地獄となってたのであの時偶然釣れただけか?なんてガッカリしつつある中、
こやつが出てくれたとなれば話は別ですねっ。毎回、、、と言ってもまだ2回目
にはなりますけど今のところ確実に本命の姿を1匹は見れてます。


ちなみにエサは塩マムシに食ってきてました。


JCAは遠征 or 近場問わず、結構予備エサとして塩マムシ、または塩イソメ
などを戦場に応じて少量持参してはいるんですが、最後まで出番が無く終了~
ってなパターンが多いんですよね~、、、そんな中、たまにこ~ゆ~ケースが
出てくると塩エサも忍ばせておく価値アリと実感します ♪


マダイやイトヨリダイなどとは異なり自分の縄張りからそんなに遠くまで
移動せず捕食活動を行うアマダイはエサの鮮度も確かに重要ではあるものの、
何よりその行動範囲内にエサを落としてやる事が最優先。そりゃ分かってるん
だけど、、、あはは、理論を書くのは簡単でも実際にドン深の海域で海底の
ピンポイントに仕掛けを置くのは超~難しいっ!

アマダイ作戦はどれだけやっても奥が深すぎて迷ってしまいます。(爆)





あ~~~、それにしても釣れてくれて良かった、、、




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'12スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ フリーゲンSD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 1本針仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 7号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 16号
■ エサ: マムシ、塩マムシ、アオイソメ


「ポテンシャル高いね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

ドラマは起きることなく、、、 愛媛県・宇和島市 / 宇和海 (2日目)





初日作戦終了後、西予宇和ICから無料のバイパスに乗って午後16時までには
「宇和島市」中心部にあるいつものホテルにチェックインした我ら、部屋に
入ると真っ先に暖房が直撃する位置にずぶ濡れになったライフベストと防寒着
を吊るして乾燥でございました。(笑)


2日目の戦場はここ宇和島市となる為、昨日のうちに市内に入り夜はこれまた
いつものお気に入り焼き鳥居酒屋で乾杯 ♪ 久しぶりとなった“O本先生”
やっぱり美味いし雰囲気がいいよね~とマッタリ中。

もうすでにお風呂に入っていたのでゆっくり飲んだ後は部屋に戻って軽く
シャワーを浴びて寝るだけ、、、

年末同様、初釣りも快適に時間が過ぎていっております。






今朝は昨日からアマダイ狙いに入られ、そのまま夜戦に突入しマダイまで狙って
おられた釣友のお二人組と入れ替わる形で入らせて頂く事になっており、約束の
午前5時過ぎに戦場へGO&しばし釣果報告を聞いた後、陣地を展開です。

ど~やら定番のイトヨリとチャリコ、イラなどは出たものの本命のアマダイは
反応が無かったらしくまた出直すわ~と撤収されていかれました。

まっ、アマダイってそんなポンポンと高確率で釣れてくるよ~な魚でも
ありませんし、これだけは半分運もあるのでとりあえず時間とエサが許す限り
全力投球してみよ~とO本先生が先端部、そしてわたくしめが少し戻った
波止の中央部辺りで竿を並べ午前6時半には攻撃開始です。


全ての竿を投げ終え、エサ取りチェックをすべく最初に投げた仕掛けを回収して
みるも綺麗にそのまま残ってくる状況。これならしばらく放置プレイしてても
大丈夫と打ち返した後、お湯を沸かしてモーニングコーヒーをすすります。


ジイイイッ!?





短いけど強烈なドラグ音が鳴ったと思えば案の定イラん魚、イラでした、、、
サイズもそんなに大きくなかったのですんなり上がってきましたが、エソと
並んで朝イチから見たくない宇和海外道ベスト3に入る魚ですわ。(爆)


まっ、これも税金だと思い再び気を取り直してファイヤ~&飲みかけのコーヒー
をすすりながらO本先生の方を見てると、なんと即行50cmオーバーのマダイ
を撃沈されているではあ~りませんかぁ!!!早いうちからこんな魚を
見せられるとめちゃくちゃ気合い入りますわ~ ♪

聞いてた昨日の状況よりは少しは魚っ気がありそ~な雰囲気ですし、エサ取りが
皆無に等しいなら積極的に仕掛けを動かしてみたりとアピール攻撃に徹して
いると、、、こちらにはまた同サイズのイラ、そんでもって仕掛け回収中に
飛び付いてくる超~極太のワニエソ、、

まさにイラん外道のオンパレードでございます。







「宇和海」


太陽が昇ると昨日とは正反対の快晴ポカポカ陽気 ♪

雨の後なので若干北西風が強く気になる時がありますが、三脚ごとなぎ倒され
たりする程のレベルではないのでコンディション的には非常に釣り易い感じ。


エサ取りに関しても小さな魚系は居ないものの、至る所でワニエソがじ~っと
潜んでるみたく下手にサビき過ぎると見つかってしまい即アタックしてきます。
やっぱり半放置プレイで本命の食いが立つ時間 or マダイやイトヨリなどが
回ってくるタイミングを待つ方がいいのかも?

そう思って戦術を変更しひたすら待ちのスタイルに徹していると、


1時間、2時間、、、4時間が経過し気付けばもう正午過ぎ!?


ちなみにほったらかしにしてた仕掛けを回収してみるも一切触られた形跡すら
なくエサもそのまんま、、、なんせアオイソメなんでまだウニウニと動いてる
状態ですし本当に何も居ないのかも!?普段はイトヨリが定期的に回遊してくる
のでお土産だけは必ず確保できてるイメージがあるんですけどねぇ、、、

昨日の戦場は超~熱かったのにこの差は一体、、、でもまぁ、同じ宇和海
といえどリアス式海岸沿いに無数に散らばるポイントはそれぞれ異なる
特徴を持っており、あそこが釣れてたからここでも釣れるとゆ~
方程式はまず成り立ちません。難しいですよねっ!

O本先生も1匹のマダイ以来、サッパリみたい。


ジッ、、、ジジジッ








音からして潮流に引っ張られてスプールが少しずつ回転してる?と最初は思って
たんですが、上げてみるといつの間にか37cm イトヨリダイが付いてました。


あはは、以上でございます。(爆)


撤収時間に決めていた午後14時まで粘るもドラマは起きる事なく見事2日目は
ド貧果で終わっちゃいました。

冬の宇和海、、、当然ながら毎回好釣果に恵まれるはずはなく時に驚くよ~な
大物が出るけれど果てしなく不毛な海のまま幕を閉じる時も多々、、、むしろ
後者の方が多いかな?でも、今シーズンは昨日発見した戦場がありますから、
その未知数なポテンシャルを信じてしばらく通ってみたいと考えております。




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'12スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 1本針仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 7号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 16号
■ エサ: マムシ、アオイソメ


「初釣りこれにて終了」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR