43cm アカアマダイで紅白! 愛媛県・宇和島市 / 宇和海 (2日目)





また前回の如く2日間連続で同じ戦場に?も良かったものの、昨日の午後からの
荒れ様を見てるだけに更に酷くなる予報の今日はまず釣りにならない、、、って
ゆ~よりこれ以上は危険を伴う可能性があるのと、ご一緒中の“秀さん”
今回はできるだけいろんな場所を見たいとおっしゃってたのもあり事前に
立ててた計画から2日目は「宇和島市」中心部を起点に回れる戦場のどこかに
しようと決めておりました。半島が多いので風裏も結構ありますしねぇ!

昨日はあれから一度、松山市内まで戻ってシロアマダイの魚拓を取って頂いた後
クロネコセンターから大阪へ直送 再び宇和島市内へ戻って予約して
あったいつものホテルにチェックインして終了、、、もちろん今回は平日とゆ~
ことでお気に入りの焼き鳥屋さんにも行ってきましたよん ♪

飲み過ぎに注意&ほろ酔いになったとこで切り上げて即就寝、、、


午前4時半に起床 その約30分後にチェックアウトして第1候補に挙げて
いた戦場を見に行ってみるも案の定北西風にやられてアウト、、、そして第2、
第3候補地へ転々としますが、どこも基本北西風の影響を受けやすい立地にある
為、印象的にイマイチで最後の最後にここもあかんのちゃうかなぁ~、、、と
半分あきらめかけてた所でビンゴ!何とか落ち着けたのでしたっ。







「宇和海」


雨は降ってないものの今日もどんより曇ったお天気、、、

ここもあくまで風がまだマシとゆ~だけで突風混じりの爆風コンディションには
変わりありませんから細心の注意を払いながらセッティングをして攻撃開始。

秀さんの昨日の戦場に比べると遥かにマシ!戦い易いと大喜びされてますが、
やはりこの冬の宇和海で味わう風は独特のもので凄いものやな~、、、と連呼
されてます。あと普通に投げて水深30m前後まで軽く到達してしまう海にも!





チビちゃんは大丈夫な場合があってもちょっとでも良型の個体になってしまうと
リーリング時に水圧がモロに掛かってこんな感じですから。(笑)

それでもまぁ、芳しくないのは人間側のフィールドコンディションだけで
イトヨリダイ、カサゴにワニエソとここらじゃ定番連中ですけど暇しない程度に
釣れてくれるので良かったですわ~、、、わたくしめより更に遠い所から
いらっしゃって貧果じゃ申し訳ありませんしねぇ。

中でも元気にちょっかいを掛けてきてくれるのが、


ジジジッ


コクンコクン、、、クッ、クッ


煮え切らない中途半端なアタリばかりですけど、









イトヨリダイ ♪


何だぁ~期待させといてまたイトヨリかぁ、、、とはならず美味しそうな魚
ゲ~ット ♪ と昔みたく心から喜べるのが新鮮かつ嬉しいっ。(笑)

サイズ自体は今朝は小ぶりな個体が多めですが、全長は無くとも丸々と超えた
肉厚なのばかりで酒蒸しや他FISH DINNERネタには最高のお土産です。


ワイワイ雑談しながら戦ってるうちにあっという間に時間は流れ気付けば
午後13時前、ここではよくあるパターンのアタリ午前中集中型だった今日も
午後になるとめっきりアタリが減ってマンダムタイムに突入しております。

これからの1年、どんな風に投げ釣りを楽しんでいきましょうか?などあれこれ
作戦会議をしつつ、定期的にエサチェック、、、アタリがありません。(笑)


時間的にそろそろ片付け始めた方がいいかも?と思い始めた頃、一番岸側に
置いてあったプロサーフが何度も小刻みに弾かれてるのに気付きました!?


ジ~~~~~~ッ


どこでドラグノブを締め込めばいいのか?迷っちゃう程長ったらしい音、







おおっ!イトヨリダイではなく、43cm アカアマダイの水揚げ ♪


昨日のシロアマダイと合わせると今回の遠征で紅白アマダイが揃ったって
感じでしょうか?いやいや、変な達成感があって嬉しいものです。

シロアマダイに倣ってつがいで居るかも?と撤収時間ギリギリまで2人して
集中砲火してみましたが、残念ながら2匹目は拝むことはできないまま
タイムアップ!終了となりました。





まずは少し休憩を取ってから明朝にかけて、、、!?




「紅白揃ったね!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

67、48cm シロアマダイ撃沈 ♪ 愛媛県・八幡浜市 / 宇和海 (1日目)


24時間営業だけど冬季営業期間中がゆえ午前0時に閉店となった「愛媛県」
松山市内の釣具量販店を出発し、コンビニで買い出しをしたり休憩を取ったり
しながらゆっくり向かっても午前3時までには余裕で戦場に到着しました。

先に陣地を確保してからちょこっと仮眠でも、、、と思い早速戦場を見に行って
みますがもの凄い風!?一応、天気予報では北西の風5m以下と表示されていた
ものの、実際にはその倍以上はあるかのレベルで車内に居ても時折吹き付ける
爆風により車体が何度もグラッと揺れるくらい、、、こりゃ風裏になってる他の
戦場を探したほうがいいかも?と思いましたが、とりあえず夜明けまで待って
様子を見てから判断しようとゆ~ことに。

暖房がギンギンにきいた超~暖かい車内で仮眠ですから即行爆睡夢追人に?と
思うも結局、断続的にグラグラ揺れる車内が気になってしまいなかなか熟睡
できないまま夜明け、、、上州よりいらっしゃった“秀さん”も地元でも風は
半端じゃない時はあるものの、こちらの風はまた別物!?と驚いておられます。


キャップライトが完全に必要無くなった午前7時40分過ぎ、再び車内から出て
テクテク戦場へ歩いて行ってみるも一向に風は治まる気配もないままゴオオオ
~~~っと、、、おまけに満潮時が重なっていたのか?あちこちに白波が立ち
一部波止に当たって砕けた波が雨の如く大量の水しぶきを舞い上がらせて
います、、、うむむ、やっぱあかんかな、、、

ほぼあきらめモードで秀さんとどうしましょうか?と作戦会議に入りますが、
いかんせんこちらのエリアで戦われるのは今回がお初の秀さんですし何も
分からない状態だし、仮にどれだけコンディション悪くても慣れてますから
決めて下さいと、、、

前回みたく明浜町や吉田町といった宇和島市方面まで走ればそれなりに風裏
レパートリーも考えられるもどこもイマイチな印象、、、それならわざわざ
時間を掛けてってよりはここでやれるとこまでやって限界を感じたらまた
その時点で考えるのもいいかも?と気持ちが固まり竿を出してみようと。


ク~~~ッ、クッ、クッ、クッ


コンコンコンコンコンッ!?


爆風に逆らって1投目後すぐ2人の竿へ同時にアタリあり!?







お腹を空かせたチビちゃんがたまたま近くにウロついてたのか?それぞれ
1匹ずつ水揚げされてきた後、親玉の登場か!?

続いてわたくしめの竿にジャスト40cm イトヨリダイ


これっきりピタっと止まってしまい沈黙、、、


いや~~~、我ながらよくこんな爆風の中やるわ~と感心しちゃうくらい
荒れまくってて少しでも気を緩めると即行心が折れてしまいそ~になります
、、、だけど、水深がたっぷりある戦場だし戦い辛いのは人間側だけで海の中に
至っては全然大丈夫なレベル!いや、間違いないっ!そう自分自身に言い聞かせ
ながら取っても取っても出てくる糸フケを定期的に管理してると、

風の音に混じってどこかでドラグ音らしき音が聞こえたよ~な???そんな気が
したので秀さんとどこかでドラグ音が鳴りませんでしたぁ~?って言いながら
怪しい竿を探していると、ちょ~ど斜め45度内向きに投げてあったJCAの
プロサーフの竿先がノック、ノック、、、そして、


ジ~~~~~~ッ!


地を這うような重くねちっこいドラグ音が程走り、再び


ジイイッ、ジッ、、、、ジッ


静止しちゃったのでここで大きくアワセを入れると、


乗りましたっ ♪







よっしゃあ~~~!


48cm シロアマダイ撃沈 ♪


もうお気付きかと思いますが、この戦場、、、前回63cmのシロアマダイを
頭に2匹飛び出した場所でして1日で2匹も出たって事は絶対まだ居るはず!と
気になりまくって眠れなかったので(爆)、今回多少コンディションが悪くても
強行してみよ~と。 結果吉と出ましたよぉ ♪ 超~嬉しいっ!

ご覧の通り、ボ~~~っとした顔が特徴のシロアマダイちゃんですけど恐ろしい
程高級魚なので急いで神経締めして動きを封じ&早いうちにエラから内臓まで
取り除いてしっかり下処理をしちゃいましょう。


JCAが作業をしている間にイラん魚ことイラの時合いが訪れたよ~で秀さんに
連発して2匹掛かり、続いてこちらの竿にもけたたましいドラグ音と共に
アタック!こやつに関してはわたくしめは即リリース対象ですから写真だけ
撮ってポイ&大きく投点を変えて仕掛けをほ~り込みます。







グ~~~、グ~~~ ♪


お久しぶりで~す!の、45cm マトウダイさん。(笑)

この子は見た目も可愛らしい上に食べても美味しい白身魚ですのでキープ。

でもこやつってよくヒラメ作戦などの外道でアタってくるフィッシュイーターの
典型ですし、今回はユムシと極太マムシの虫エサ・オンリーで戦っている事を
考えると少し謎!?もしかすると虫エサに食い付いた小魚にバイトしてきたのか
、、、一応チェックしてみましたが、口の中にはユムシの残骸が付いた針しか
見当たりませんでした。まっ、結局は何でも食べるって事でしょう!(爆)


攻撃開始から約2時間、依然爆風は継続中ながらも想像通り海の中は荒れては
いないよ~で魚の活性も高い方と言えますよねぇ。今朝は一切濁りも入って
おらず透明度も抜群!あとはこれ以上風が激化しない事を願うまで、、、







「宇和海」


午前10時半を回ると爆風にバドミントンか卓球なんぞでスマッシュしてる
よ~なバシッ!バシュッ!?といった変則的な突風が混じり始め、相当低く
セッティングした三脚ですら何度かなぎ倒される酷さに、、、とりあえず三脚の
脚の高さを左右極端に変えたりと重心を風上に偏らせながら攻撃続投。

この投げ釣り戦記記事を書いてる今ではもう終わっているので細部まで説明
できてますが、実際には2人共ただただ必死で何とかして爆風に立ち向かい
戦ってたって感じですわ。(笑)





写真じゃ分かり辛いけど確実に激化してきてます、、、


そうこうしてるうちにエサ交換中で竿を置いてなかった秀さんの三脚がバシュ!
っと突風の餌食になってしまい海へダイブ、、、急いで駆け寄りタモで掬おうと
するも水で満タンのバケツの重石が逆効果となってしまい消えてゆきました。

こりゃ~ど~頑張っても午前中いっぱいにして昼から場所移動するのも良し、
どこかでお茶をしながら再び作戦を練り直すのも良し、まずはあと1時間も
すれば片付けましょうと決まった矢先にドラマがっ!!!

JCAのプロサーフの竿先が突如おもいっきり深く押さえ込まれ、


ジ~~~ッ!


ウイイイ~~~ン!!!


重たく鋭い、そして加速するよ~なドラグ音、、、只者じゃないですわ!


一瞬、アカエイ?とよぎるも首を振りながらもの凄いパワーで潜るように
締め込む抵抗、、、前回味わったのと丸っきり一緒のもの!?

秀さんにタモをスタンバイして頂きながら底だけはしっかり切った状態で数回の
突進をドラグで交わしながら水面まで浮かせ、ようやくうっすら海の奥から
見えてきた大型個体の第一印象は、


白いっ!









ラヴリ~~~ ♪


67cm シロアマダイ撃沈!


ご覧下さいっ!ラヴリ~なんて言ってる場合じゃないこのイカツイ顔つき、、、

さすがにここまでのサイズになるとボ~~~っとした印象などこれっぽっちも
無く、貫禄のある立派な顔つきをしていますよね。そのままドシッと置いて
測っても67cmあるので、これはあくまでわたくしめ自身の中ではありますが
、1つの達成になるので記念に美しい魚拓を取ってもらう事にしました ♪

同時に前回のシロアマダイを知っている知人の水産関係で働いておられる方に
電話してみると、ちょ~ど大阪の北新地や京都の料亭に卸しをしている水産業者
が欲しがるだろうしもし食べきれないなら売りさばいてあげるわ~と。





そんなわけでこやつ、、、魚拓を取ってもらった後にクール便で一足お先に
大阪へ直送される事となりました。(笑)


今更ながらですけどこんな熱いポイントが眠っていたとは、、、前回に続いて
アドレナリン大放出でひたすら放心状態、、、これまでの数年間でここも何度か
入ってきましたが、毎回小針にイシゴカイやアオイソメのみってスタイルで
戦ってきてたから巡り合える確率が低かったのでしょうかねぇ、、、

イトヨリダイだけはあいかわらず毎回やたら釣れてくれてましたが。


秀さんはアマダイ自体を生で見るのは今回が初めてになるとの事でマジマジと
観察されておられ明日は1匹仕留めてみたいなぁ~と話しながら正午過ぎ、
初日はこれにて一旦終了となりました。


まずは撤収前にクーラーから全部取り出してカシャっと ♪







「デカっ!!!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

63、57cm シロアマダイ撃沈! 愛媛県・八幡浜市 / 宇和海 (1日目)


真夜中の瀬戸大橋を渡り松山自動車道に合流してすぐシトシト降り始めた雨は
松山ICで下りる頃には本降りに、、、昨年のお正月もそ~でしたがまずは
お馴染み24時間営業の釣具量販店に立ち寄って一部のエサ調達と29円ワゴン
セールを物色 ♪ ほんとまともな金額を出して買ってるのがアホらしくなる
くらいの破格アイテムなどもあったりで長距離運転後にも関わらず超~元気な
“O本先生”とこれは我らにとってささやかなお年玉や~と。(笑)

チェーン店、2店舗をハシゴした後に再び高速に乗って一路「宇和島」方面へ。


戦場によりけりですが、昨年まではこの界隈で投げ釣りとなるとど~しても
宇和島市内中心部を起点に回れるよ~な戦場に足を向ける傾向にあったJCA
、、、しかし今年からは全く違った視点から作戦を組む事ができるので過去の
記憶を辿って超~久しぶりとなる海域へGO!

途中、早めにコンビニに寄り買い出しを済ませ戦場へ向かいますが、朝が近付く
につれ雨は激化する一方、、、初釣りからこんなコンディションってほんま
ついてないなぁ~って話しながらとりあえず目的地に到着&誰も居ない事を確認
するも雨が酷すぎて小康状態になるまで車内で待機しようとなりました。







「宇和海」


結局、夜明け時刻を迎えても一向にマシになる雰囲気すらないのでずぶ濡れ覚悟
で戦場に入ってセッティング&攻撃開始となりましたが1投目となった時点で
2人共すでにドボドボ状態ですわ~。(泣)

まっ、今の防寒レインウェアはほとんど雨を中に浸入させない仕組みになって
いるので濡れているのは手先と頭回りだけになるものの、

やっぱ気分的に重たくなっちゃいますよね。


上の写真をご覧になってもお分かりのよ~に近くに泥混じりの浅瀬&小さな川の
流れ込みがある為、満潮時と雨水の流入によって夜明け後2時間もしないうちに
濁りが入り始めております。でもまぁ、一気に深くなっている海域なだけに
水深約10m前後の足元付近に対し50mも投げれば20mちょこっとまで
落ち込んでおりその境界線付近で濁りがせき止められてまだ戦いが成立します。

つい最近までは小針仕掛け&イシゴカイのみで戦っていたのが今回からは大針&
極太マムシ、アオイソメ、キビナゴといった多彩な大物エサで攻撃中!

まずは定番と言いますか、、、群れが回って来たんでしょうねぇ。


ジイイイッ!


ジャアアア~~~ッ!


宇和海で数回竿を出せば嫌でも慣れ子になる乱暴なドラグ音、







極太エソのオンパレード。


こやつらは税金のよ~な物だから仕方がないと言い聞かせながら積極的に
打ち返しますが、フォール段階から追っ掛けてきているみたく着底と同時に
次々とアタックしてきて閉口させられます。

そんな中、O本先生がユムシで良型のイトヨリダイをゲットされ少々ビックリ
、、、と言いますのもこれはあくまでJCA個人の印象なんですが、宇和海に
関してはど~もユムシはイマイチなイメージがありまして意外だなぁ~と思うと
共にまっ、他のエリアじゃユムシも大物作戦にとっては必須エサですし食って
きてもおかしくないと 即行ユムシにスイッチしてファイヤ~です。


ここの海底ストラクチャーとしては一部でよく見受けられるズド~ンと落ちて
いる急峻なカケアガリは存在せず、どちらかと言うとあくまで面はなだらかな
まま急勾配に落ちて行ってる感じ。ですので回収時に仕掛けが食われてしまう
って事も起きませんし比較的戦い易い方かな。

最初のうちはユムシを付けてフルスイングして定期的にサビいたりとアピールを
してましたが、エソに見つかってしまうと即掛かってくるので途中からはほぼ
静止状態?放置プレイでアタリを待っていました。

すると午前9時を回った頃に、


ジ~~~~~~ッ


スローなものの重たい印象をのドラグ音が鳴り響いたと思えば、スピンパワー
の竿先が抑え込まれたままでクッ、クッ、ク~~~と鋭く叩かれています!?


一体何のアタリだろう?と意識するより先、間髪を入れずに、


ジイイイ~ッ!!!


もの凄い勢いで走りだし、それに呼応するよ~にアワセを入れるとフッキング
&リーリング開始となりますが、ゴンゴン首を振りながら底にへばりつくよ~な
抵抗を見せてたのでもしかすると巨大なアカエイか何かかもしれんわ~、、、と
横で興味津々に見ているO本先生に言いつつ、それでも姿を見るまでは真剣に
やりとりをと慎重に回収してると、

あと少しで力糸が見えてくるって段階になって一気に右へ走ったと思えば、急に
底へ向かって突進!?ドラグを数回駆使しながらしっかり弱らせてた上で最後の
巻き上げを行うと水面の奥からうっすらと白い個体が見えてきました!







ひょえええ~!?


63cm シロアマダイ現る!


急いでタモ入れをお願いして足元に横たわったホワイトに薄くピンク味掛かった
獲物に2人してビックリ!まさか予想もしてなかった展開になっちゃったので
気が動転してしまいましたわ~、、、

こんなんおるんやなぁ~と感心しながらも、過去にシロアマダイの話を聞いた事
の全く無いポイントの発見にドキドキモード ♪ 我に返った途端にまずはすぐ
仕掛けごと新しい物に交換して特大ユムシをファイヤ~!O本先生もアタリが
出た周辺に集中砲火して超~真剣な眼差し。(笑)


いつの間にか断続的に降っている雨の事なんぞ忘れておりました。


続いて、せっかくの超~が付くくらいの高級魚ですし鮮度が落ちないよ~にと
早めの下処理開始。神経締めのプロフェッショナル?なO本先生が暴れる個体
をバシッと締められ、そこからエラと内臓、できる限り血合いも隅から隅まで
綺麗に取り除いてゆきます、、、

大体オッケ~かな?って段階に来たら海水で洗い流してビニール袋に入れようか
と磯クールの蓋を開けると、またまた背後の方からバタン!とゆ~音がして
わたくしめのスピンパワーの竿尻が大きくズレたかと思えば、


ジイイイ~~~ッ!!!


今度はいきなり戦慄が走るかの如く高速ドラグ音、







げっ、マジっすか!?


57cm シロアマダイ撃沈。


さっきのとほぼ同じ投点付近でアタってきたのでもしや?と思いましたが、
やはりこやつら2匹はつがいだったよ~で最初の個体には真っ白な大量脂と共に
卵、そしてこちらには同様に白子がギッシリ詰まっておりました。

それにしても初釣り初日からこんな釣果、、、まさかこれで今年の運は全て
使い果たしてしまったかも!?な~んて不安になっちゃいますわ~。(汗)


目の前の巨大シロアマダイを眺めながらしばし放心状態のJCA、だけど短時間で
2匹釣れたって事は高確率でこの界隈に住処が存在するはずですしラッキ~
だったら粘ってるとまだ出るかも?ですからまずは中途半端にしたままに
しないで最後まで下処理を済ませてから攻撃続投。


午後14時になると雨も上がって所々青空が見えるよ~に ♪


一応、いろいろ試してみるのも重要ですからユムシ以外にもマムシ、アオマム、
キビナゴも混ぜて投げるもやはりエソの餌食になりやすいみたい。

やっとこさ雨が上がったと喜ぶのも束の間、案の定今時期の宇和海特有の突風が
吹き始め、キャスト含め何から何まで影響を与えてきます、、、しかしながら
午後15時になると最後のワンチャンスなのか?それまで途絶えていたはずの
魚の活性が上がって連続してO本先生の竿を抑え込むも、イラにサイズダウン
してしまったイトヨリダイと微妙な流れ、、、





風は分刻みで激化してゆき今日はこれ以上は厳しいと判断 明日またここに
チャレンジしようと決めて撤収準備に入るのでした。


どれだけ早くても調理段階に入れるのは明日の夜中になりますから、真っ先に
氷を敷き詰めた魚専用車載クーラーにこやつら2匹をほ~り込んでしまわないと
いけません!と、その前に釣果写真をカシャっとしておきましょう ♪





感無量でございます ♪




「スゲ~~~!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

珍しくタマミを狙う! 高知県・宿毛市 / 鵜来島


遠くの水平線を眺めているとどこかで潮を吹いてるクジラが見えるのでは!?
な~んて思えちゃう独特のカラーを持った「高知県」の海は南紀と並んで
黒潮の文字が真っ先に連想されてくる温暖なエリアですよね~。

弾丸遠征となった対馬から帰還したのが昨日の夜で、数時間寝たら再び出撃と
なった我ら、、、あはは、今回のお相手も引き続きSurf Étoile“O本先生”
でして行ける時にどんどん行っておこうと計画段階では超~盛り上がってた
2人ですがさすがにここまでタイトにしちゃったのを実際に実行するとなると
もう何が何だか分からない感じですわ~。(爆)

幸い2人共、遠征の疲れも全く出てはおらずワイワイ車内で雑談をしてるうちに
即行「宿毛市」にIN&恒例の大型スーパーで買い出しやら他ちょこちょこした
後、出船時間の約30分前の午後14時半には渡船乗り場へ。


週末なのに想像してたより夜釣り組は少なく、ましてや投げ釣りスタイルで~と
なるとわたくしめらのみ?と思いきや、、、あれれっ!?見覚えのある方が
いらっしゃるではありませんか!早速声を掛けてみるとやっぱり ♪

HANNAサーフのまっさんでしたぁ。随分前になりますがご一緒させて頂いた
事があり物凄い偶然にお互い驚きながら戦場へ向かう船内ではず~っと懐かしい
話で盛り上がりまくり!最近はお仕事がお忙しいよ~ですが毎年この釣りは
しっかりやっておられるそ~です。(笑)


40分近くは走ってたはずなのに話してたせいか?あっという間に戦場エリアに
到着&早速一番手にまっさんとそのお仲間さんらが2組に分かれそれぞれの磯に
上がられてゆきます、、、おおっ、ここはわたくしめも過去に上がった覚えの
ある名磯、、、懐かしいですねっ。







続いて他のみなさんも希望の磯に渡ってゆかれ、最後にJCAらが希望していた
磯へ、、、こちらは離れではなく本島に属すいわゆる地磯って感じでしょ~か?
磯投げ自体がおそらく2回目?となるO本先生ですから足場が良く安全な場所で
、、、とゆ~希望もありこちらをチョイス。

あいかわらず足元の岩肌は直射日光で焼けた状態で超~熱い!?日が暮れる
までのたった3時間程度でさえ非常に辛く感じるのでまずは持参したパラソルを
立てて日陰作り&同時にセッティングをしてゆきましょう。


岩の裂け目にハーケンを打ち込んで一脚~三脚を立てて、、、尻手ロープを
張り巡らせ、、、などどれも超~久しぶりにするセッティングばかり、、、


あっ、そ~いえば昨年に北海道の松前小島でコブダイを狙った際も似た作業
はしたものの、今回のターゲットでメインにこ~してやるのはほんと5年ぶり
でしょうか!?ワクワクしながら引き続きタックルを組み全て整った頃には
太陽も西の空に傾き始めておりました。







「鵜来島」


蚊取り線香包囲陣に今回から導入したヤブ蚊バリア、モスシールドまでしっかり
サンクード対策を取ったら即攻撃開始です!

一般的に夜戦で狙う魚、、、ってなイメージが強い本命ですけど、実際のところ
あまり関係無いのか?魚影が濃い所では群れさえ回って来ればいつでもアタって
きますので暗くなる前に釣れるかもしれないで~ ♪ とO本先生に話しながら
レクチャーしていると、早速彼の竿がいきなり吹っ飛んで、





ジャ~~~ン!


攻撃開始早々に65cmの本命、ハマフエフキを撃沈されましたよん!突然やって
来る大アタリですから何が起きてるのかさえ分からないままとにかくゴリ巻き
されてたO本先生、、、撃沈後はしばし放心状態です、、、でもこれで一度
やってみたいとおっしゃってた夢も叶いましたし、全日本サーフ的にも特別大物
が1号伸びたと大喜びされてます。おめでとうございま~っす ♪


連続してアタってくるかな?と思いきやここから恒例のウツボ地獄に!


この作戦をするに当っては絶対避けて通れないのがこのウツボ地獄、、、特に?
いや、案の定今夜も酷いよ~で、投げて着底したと同時にアタり出す、、、
分かってはいてもストレスですわ~。(泣)

あまり人が入ってないのか?2時間経とうが、3時間、4時間経とうが全然静まる
気配は無くひたすらちょっかいを掛けてくるウツボ、、、極太から極細まで
よくまぁ、これだけの数が居るわ~と感心しちゃうくらいの量です。


そんな中、午後22時前だったかなぁ~、、、突如O本先生の竿が吹っ飛んで
50cm少々の本命が顔を見せてくれたので今こそ時合い!と集中砲火する2人
、、、JCAの竿も吹っ飛びはしてくれるんですが、

あはは、なぜか本命ではない連中ばかり。







アカハタモンツキダイと定番外道はわたくしめのヒイカに興味を示してくれる
ものの、なぜか本命はサッパリ、、、面白いもので逆にO本先生が持参された
種類の異なるイカのぶつ切りには本命しかアタって来ず他の外道連中はサッパリ
、、、偶然なのか?エサによる違いがあるのか?今夜に関してはそれ以上に
酷すぎるウツボの猛攻対処に忙しく考えてる暇も無い状態です。


またこの頃になると風が完全に止まってしまいウツボ対処で汗ダク&2人して
交互にファイヤ~するイカ汁にまみれて最悪な体感コンディション!

お初チャレンジの感想は?と伺ってみたO本先生もこれならどれだけ臭くても
虫エサまみれで夜戦してる方が遥かにマシ、、、とかなり滅入ってますねぇ。
この調子だとおそらく彼にとって次回とゆ~文字ですら無さそ~な、、、(爆)


ガシャ~~~ン!


午後23時を回った頃にようやくわたくしめの竿がらしく?吹っ飛び、







小ぶりですが、53cm ハマフエフキ撃沈。


一応、これで本命のボウズ逃れにはなりホッと、、、もっとデカい個体を期待
してたのもありますけど、久しぶりの作戦ではワガママは言えませんよね。

同時多発テロの如く、続いて隣のO本先生の竿も吹っ飛び今度は50cmに
満たない個体、、、そして再びウツボ地獄と化しました。後で上がってから
まっさんとも話してたんですが、今回は数も少ない上、型がかなり小さいと
、、、まっ、JCAについては近年のデーターが全くありませんから何とも
言えませんが確かに印象的にはもう少しアベレージサイズも大きかったよ~な。


日付が変わった途端に静かになってしまい、あれだけひっきりなしにアタってた
ウツボですら一時休戦状態!?気持ち悪いくらい静まり返ってます。







こ~なってくると必ず睡魔が襲い掛かってきます。


クーラーに座ってると、コクッ、コクッ、、、ハッ!?と目覚めるの繰り返し
となり、その度に状況を打破すべく立ち上がっては打ち返し&しばし雑談、、、
今回は迎えがいつもより早い為、残された時間もそんな多くありません。

悔いが残らないよ~にと必死で最後まで頑張りましたが、日付が変わってからの
3時間少々は何1つアタる事無く午前4時終了。


ヒイカで五目釣りを堪能した夜になりましたっ!





午前5時半には宿毛港に帰港&まだ予定してた日帰り温泉も開いてませんから
とにかく行ける所まで走って途中の黄色い24Hレストランで朝食休憩、、、
その後、満腹になったJCAは完全にノックアウトされて助手席で爆睡夢追人に
なっちゃいましたが、あまり眠くならない超人のおかげで気付けば南国IC
近くの日帰り温泉に到着しており、汗とイカ汁を洗い流してリフレッシュ ♪

わたくしめ単独で運転して来てたらまず夜になってたはずがなんとお昼過ぎには
帰還とビックリ~行きも帰りも超~楽をさせて頂きましたっ ♪ あはは、
ちなみにこの作戦でまたこちら方面に訪れる機会があるのかど~かについては
O本先生次第!?他のターゲットでならありそ~ですけどねぇ。(爆)




「珍しいっ!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

1匹目撃はしたものの、 愛媛県・西予市 / 宇和海 (2日目)


宇和島市内のいつものホテルにチェックイン後、シャワーを浴びてスッキリして
冷えたスパークリングウォーターを飲んだら夕食も食べないうちにベッドの上で
爆睡夢追人に、、、自分自身でも驚きで、よほど疲れていたのでしょうか?
次に目が覚めた時には日付が変わる直前頃になっており、そこから何か食べる物
を買い出しに行って、、、とゆ~よりはそのまま再び目を閉じてアラームが
鳴った午前3時半まで果てしなく寝て過ごした初日の夜でした。

さすがに起きてからすぐお腹が減ってきたので、車でちょこっとの所にある
すき家で温かい定食で腹ごしらえ&コンビニで買い出しを済ませるとバイパスに
乗ってUターンとなりお隣の「西予市」を目指したJCA。

あっという間に最終日となっちゃいますが、2日目の今日は愛媛のカムラン・
ブルームこと“ぱらのいあさん”とコラボする予定になっており、待ち合わせの
場所に到着するとすでに車内で仮眠されておられましたっ。(笑)


その場でちょこっと雑談をしたら再び移動して戦場IN!





「宇和海」


今朝は昨日より更にコンディションが良く、青空が広がっているのは当然の事、
ほぼ無風&ベタ凪で予報にもありましたが真夏日になるよ~で太陽が昇り始める
と共にム~~~っと蒸し暑く感じられる程!


わたくしめの本命は言うまでもありませんが、ぱらのいあさんは完全美味しい魚
オンリーで持参された極太マムシをメインに大型の魚影も濃いイトヨリダイを
狙って攻撃開始となりました。

近くの場所では30cm未満ながらも過去に本命のヨメゴチを撃沈した覚えが
ある海域、、、今朝の戦場も位置は異なるものの攻めるのは同じエリアとなる
ので新規開拓ってゆ~より、この位置からでも狙えるのだろうか?みたいな
検証って感じでチョイスしてみましたが、





わおっ!?


ご覧の通り大きめの針にアオイソメを付けてファイヤーされてたぱらのいあさん
の仕掛けに早速本命が顔を見せてくれましたっ。

サイズ的には以前わたくしめが撃沈したのと似たよ~な30cm未満ではある
ものの、ここからでも実績があるってのが証明されましたし朝から超テンション
上がりまくりのJCAでごじゃいます。(爆)

わしも全日本サーフに在籍している時だったら号数、魚種共に1号伸びたん
じゃが今となっては、、、苦笑いされながらお土産的視点で見るとそこまで
嬉しくもない?外道的存在のヨメゴチをリリースしようとされてますが、かなり
弱って生還は困難と思われたので持ち帰って食べてみるわ~と。


1匹出た!1匹出た!と超~期待に胸を躍らせながら違う意味で?マシンガン
キャストの如く仕掛けを砲火!時々掛かってくる定番外道のトラギスやトラハゼ
をポイポイしながら積極的な攻めのスタイルで臨みますが、


ジ~~~ッ


アタリが出たと喜べば、クルクル回りながら水面に浮いてくる白い物体、







そう、イトヨリダイばっかです。


時合いがはっきりしており、1匹アタるとそんなに時間を空けずに次のアタリが
出る、、、ヨメゴチちゃんもここまで頻繁にアタってくれたら苦労しないんです
がねぇ、、、正午を回ってもあのぱらのいあさんの1匹のみ。(泣)

どんな魚も大体大きなエサには大きな個体が来るって思えるよ~に、今日も
わたくしめが投げる小さく細いエサには若干小ぶりなイトヨリで極太マムシを
タップリ付けておられるぱらのいあさんには丸々太った大きめな個体!

よくもまぁ、これだけエサの大きさに比例して水揚げされてくるもんだぁ~って
感心しちゃう程ですわ~。特にイトヨリダイははっきりしてますねぇ!


午後になると日差しが強く、また気温は30℃まで達してはいないものの風が
無いだけに超~ムシムシと灼熱に感じられて2人とも汗でビッショリ、、、
日焼け止めは塗っているけど大丈夫かなぁ?って心配になっちゃいます。

暑さでちょこっとお疲れモードになられたぱらのいあさん、地ベタに寝転がって
ロッドケースを枕代わりにしばし爆睡夢追人に、、、(笑)





節操の無い釣りスタイルをモットーにされておられるぱらのいあさんは投げ釣り
の合間にジグヘッド?なども操られて上層に居る魚も釣られたりして楽しんで
おられますが、わたしくめはひたすら1匹出た!1匹出た!と念仏を唱える
よ~に打ち返し&打ち返し、、、反応無し。

潮が止まって、再び動き出したタイミングで一瞬外道などの活性が高くなった
よ~に思えたのでここが今日のラストのチャンス?と攻めまくりますが、


ジイイイッ!?


ドキッとさせられるアタリは毎回決まって、







こやつです。

今までだと水面に見えてくる姿を見て、魚体が白っぽかったらラッキ~ ♪
って大喜びしてたよ~に覚えてますが、ここ最近?いや、近年はガックリして
しまう自分自身がもどかしく、またいつからこんなしょ~もない魚を血眼に
なって追い掛けるよ~になっちゃったのか?人間って変わるもんだなぁ~と
これまた感心、、、あはは、頑張りますよん!(爆)

2日目も炎天下、午後16時過ぎまで粘るも2匹目のどじょうは見る事は
できませんでした。だけど、久しぶりにぱらのいあさんとコラボできましたし、
クーラーを開ければお土産用のイトヨリダイが居ましたので満足ですぅ ♪





次回もまた1日はここでやってみようと考えております。




「出口の見えない作戦」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR