FC2ブログ

116cm クエ撃沈! 高知県・宿毛市 / 姫島





終日曇り予報 ♪ 最高~ ♪


午後14時半、片島港を一斉に出港した渡船たち、、、途中までお互い追行し
合ってたのが20分程経過した所で並行となり、それぞれの磯割りエリアへ
散らばってゆきました。


我らが目指すは沖の島本島周りの磯で海の上にポツンとある小さな磯や
ここは絶対投げ釣りでは厳しい?できればやりたくないなぁ~と思えるよ~な
絶壁磯に次々と上物師たちが渡礁して行かれ最後に我らがリクエスト
していた本島側の磯へ。

実は沖の島本島周りとなると幾つか波止もあり、事前に参加メンバーそれぞれ
の希望を聞いていくとSurFreyja“O本先生”“マダイ師匠”はすでに
今シーズンいい思いをしているので足場の良い波止でテント張ってのんびり
やろうや~ ♪ で、“しゅうさん”“高ちゃん”はガチンコ磯を希望。

偶数ならペアで渡礁できたものの、今回は5人と奇数だった為、わたくしめも
同じく波止組に混ぜてもらってテントを張って夜間はゴロゴロ~、、、そう
船頭さんに伝えていたんですが、実際に目的の波止に行ってみると、な、なんと
すでに先客がっ!?更に磯の方も他の渡船が渡したのか?すでに先客アリで
ことごとく断念せざるを得なくなってしまいました、、、(泣)


どうしようか?船頭さんに相談する中で、ハッと思い付いたエリアについて
聞いてみると最近はそこまで多く人が入ってないしいいんじゃないかな?となり
急遽場所変更&磯なら俺は一人で上がるわ~とおっしゃり小場所にマダイ師匠、
その両サイド少し離れた磯に残りはペアで上陸!









「姫島」


最初から波止のつもりでやって来て急に場所変更となってしまったものの、
過去に2度ほど?連れて来てもらった事のある戦場でしたのである程度勝手が
分かるのが不幸中の幸いって感じでしょうか?

とりあえずセッティングに取り掛かりましょう。


ほんとは少し前に記事にしていたオールステンレスのオリジナル一脚を使って
みたかったんですが、いかんせん今回は波止予定でしたから三脚のみを持参&
シーズン中にもう1回チャンスがあればそこで使ってみたいと思います。

上陸前に蚊がめちゃくちゃ多いで~と船頭さんが言ってたのでセッティングが
完了したから次は陣地周りの蚊対策!蚊取り線香包囲陣を設営しつつ、先手必勝
のヤブ蚊バリアスプレーを散布しつつ、キンチョールも手元に置いて万全な体制
を作るも今のところ程良く風が吹いててそんなに気になりません。このまま
朝まで吹き続けてくれるとありがたいのですが、、、


全ての作業が終わってもまだ午後17時前。


日暮れ時刻まで2時間以上ありますし、当然今からすぐに攻撃を開始しても
オッケーなんですが、いくら曇り空で風があるとはいえ湿度が半端じゃ
ない上、気温もそれなりに高いので動いているとみるみる汗が吹き出してくる
状態でまずは一服してからゆっくり始めようとなりました。





前回、わたくしめが着用しているのを見て即購入されたという空調服をまとって
おくつろぎ中のO本先生、、、携帯扇風機も大活躍で、しばしクーラーに
腰掛けながらキンキンに冷えたスパークリングウォーターを飲みながら一服。


30分近くくつろいだでしょうか?汗もひいて落ち着いてきたのでそろそろ
始めていこうか~と話しながら、まず明るいうちはアカハタなどハタ系のお土産
を狙ってアジを投げてみることに。ちょ~どスーパーにいいサイズのアジが
売ってたのでイカと一緒に1パックのみ仕入れて参りました。

仕掛けを投入するや否や1本の竿に即行典型的なウツボのアタリが出始めて
、、、エサだけ盗ってどこかへ行ってくれと期待するも、しばらくすると
竿尻までズラしてこりゃもうフッキングしちゃってるわ~、、、







はいっ、超~極太なウツボの水揚げ。


久しぶりにこんな極太個体を見ましたわ~。

あまりにも立派だったので一応、O本先生にも要る~?と伺うも、即答でいらん
と返ってきた為、ポイ!ど~も長物だけは苦手でして、唯一ウナギ?それも
ちゃんと調理された物は大好物なんですがねぇ。(爆)


約1時間、マンダムタイムとなり、わたくしめのアジはもとよりヒイカを投げてる
O本先生の竿にも一切反応が出ません、、、結局ウツボも一番最初にアタって
きたさっきの個体のみでそれ以降はだんまり、、、

この状況じゃおそらく日暮れまでは何も期待できないかも?引き続きクーラーに
腰掛けながらそんな話をしてると、どこからともなく、


ジャリ~~~ン!


ストン!?


あれっ、、、もの凄い勢いで竿が吹っ飛んだはずなのに次の瞬間にはシーソーの
原理で再び竿尻が戻ってスカ。

竿を持ってみても軽く、回収されてきた仕掛けには頭から下が食い千切られた
無残なアジがっ、、、泳がせをする時みたくアゴ部分に針を掛けていたので
見事下にかけて持っていかれました。でも、丸飲みできないとなればそこまで
大きな魚でもなかったんでしょうねぇ。

気にせず再度アジを付けて同じ投点へファイヤ~!ただし、今回はアゴではなく
胴体中央部くらいにザックリとタマン針を貫通させた状態にしてみました。


ハマフエフキ作戦なので当然ながらドラグは相当力を込めてフルロックにして
ある上、尻手ロープをセットして竿が海にダイブしないようなセッティング。
潮は断続的にトロトロ左へ流れている状態で、三脚の上に竿を置いてからも
何度か出てくる糸フケを取ってクーラーの上に戻ります。

また一気に汗ダクになったので飲み物を飲みながらO本先生と雑談してると、


ドンッ!!!


突如、さっきの竿が重く鈍い音を立てて吹っ飛んだと思えば三脚上で海に
向かって突き刺さっております!?

すぐさま竿を持って起こそうとするも半端じゃない重量が加わっており全然竿が
起きません、、、更にキツく締めたはずのドラグはキイイイ~~ッと悲鳴を
上げるかの如く高音の回転音と共にどんどんラインが出てゆきます!

そしてやっとこさ竿を起こす事ができたと喜べば、すぐ強烈な締め込みを伴い
ながら右へ向かってゆっくり走りだしXXXが怖いくらいグンニャリ弧を描き、
引き続き何度も何度もリールが巻けなくなりドラグの悲鳴が続きます。


この時点で巨大なウミガメか何かだろうと思い、最悪切れてしまってもいいし、
とりあえず姿を見るまでは頑張るわ~と言いながらタモを持ってスタンバイして
くれてるO本先生の横で根性のゴリ巻き!すると急に右から左に進路を変え、
そのタイミングで一瞬隙ができたか?若干軽くなった場面があり急いで
リーリングしていくと見えてきたシルエットは、

ウミガメではなく白っぽい魚らしきもの?


うわっ、クエや!?







80cm枠のタモで頭部から入るまでをネットインするも、重すぎて無理矢理
引き上げようとしてるとフレームが曲がって 折れてしまいました、、、
超特急でその上からわたくしめの同じく80cmタモで掬うも再び引き上げ
チャレンジ虚しくこちらもフレームが曲がってポキッ!

あっけなく2つのタモが壊れてしまい、当然ギャフなんぞも持ってませんから
どうしようか?めちゃくちゃ悩むも、ラッキーなことに時間的に干潮を迎えて
おり潮位も低く満潮時には水没してるはずの一段低い磯が剥き出しに ♪
そこへ魚をゆっくり移動させてからO本先生が降りてネットごと引きずり上げ
&最後はわたくしめと2人がかりでランディング!


なんちゅう重さや~、、、







116cm クエ撃沈 ♪


磯の上で暴れられる前にO本先生が神経締めをして下さり、動きを止めてから
スケールを置いてみると、


1mスケールでは足りない!?


お借りしたもう1つのスケールと連結させて計測してみると余裕のメーター
オーバーの個体で、帰還後、魚屋に持ち込んで専用の大型魚計測器で測った
もらうと重量はなんと24kg!

今思えばよくもまぁ、こんなタックルで上げれたもんですわ。


わたくしめにとっては今回がお初のクエ撃沈、、、手の震えは止まらないし、
魚はホエールに入らないしで実感が湧くまで少々時間が掛かりました。

O本先生のご好意で彼のクーラー内にわたくしめのクーラーに入ってた全ての
物を一緒に入れて頂ける事となり、クエを2人がかりで無理矢理尾っぽ部に
かけてひん曲げながら押し込みクローズ!氷も隙間に入れたのでこのクーラー
はロックを掛けて明朝までこのまま置いておこうとなりました。


気付けば夕マズメ。





まもなく日が暮れて真っ暗になろうとしている時間帯から、驚く事に本命の
ハマフエフキラッシュ!?群れで回ってきているよ~でアベレージサイズ
50~60cmの個体をO本先生が次々と水揚げ ♪


えっ、JCAは?


と言いますと、クエ撃沈後、変な感じで放心状態となっており竿を全て一旦
上げた状態にしたままクーラーに腰掛けてぼ~~~っと。(笑)

それと、実は夕マズメに突入するやこのラッシュですから、もし2人してたくさん
釣ってしまうとただでさえO本先生のクーラーに食料など入れさせてもらってる
のにスペースが無くなってしまうのでは?かなり悪い気がして躊躇してる
所もあったりしました。

でも暗くなると気温もやや涼しくなってきてキンキンに冷えた飲み物が無くても
大丈夫になったので、まずはクーラーからわたくしめの飲み物類を全て取り出し
スペースを確保してから再びイカを付けて攻撃再開してみることに。


シュパ~~~ン!


投げて5分もしないうちに竿が吹っ飛び、







58cm ハマフエフキ撃沈。


ちょ~ど隣でジャスト60cmの個体が水揚げされてたので、ひょっとして
こやつも同じくらいあるかなぁ~?と期待するも2cm足らず。


打ち返した途端に合計3本が同時に吹っ飛ぶ、同時多発テロまで起きたりして
夜を迎えた戦場は大忙し!釣った魚を全部キープしてるとクーラーは即満タンに
なってしまいそ~な勢いでしたから50cmギリギリ無い個体やモンツキなど
の外道は全てリリースしながら大型が現れるのをひたすら待ちます。

が、しかし、、、アタリが途絶えて1時間程静かな時間が流れた後に再びやって
きたラッシュでもアベレージサイズは変わらず一向にビッグワンは出ません。







53、51cmハマフエフキを連続撃沈した午後21時でO本先生の方はすでに
2桁に迫る釣果を叩き出しており、これ以上は確実に入らなくなるので
わたくしめはここで終了する事にして、片付けれる範囲まで片付けてから
大物が来た時のランディングサポートに徹する事にします。

なんせクエを撃沈した時にそれぞれ持参していたタモは完全に壊され使い物に
ならない状態になっちゃってますから、もし竿でぶり抜くのが困難な大物が
来たら相方がラインを持って引きずり上げるしか選択肢が無いんですわ。


ラッシュは治まっても投げれば必ずどれかの竿にアタリが出る感じでず~っと
釣れ続き、午後23時にはO本先生も疲れてきたと全ての仕掛けを上げて休憩&
2人して数時間仮眠を取ろうとなりました。(笑)





磯のフラットに近い部分を探してブルーシートを敷いてゴロンと寝転べば
あっという間に夢の中へ、、、

途中、目が覚めても聞こえてくるのは波の音か空調服のファンが回ってる音
のみ、、、また目を閉じて眠りにつき、O本先生は午前2時頃には起床されて
攻撃再開されてたよ~ですが、わたくしめはガッツリ午前4時前まで爆睡!

まだ放置状態にしてある竿があったので数投だけでもやってみようかな?と
思うも、ず~っと戦われていたO本先生曰く、アタリは途絶える事無く出る
けどどれも似たよ~なサイズばかりで60cm前後までが限界、、、それを
聞いて再び打ち返しはせず片付ける事に決定。


午前5時より数分早めにやってきたお迎えの渡船に乗り込んだらマダイ師匠
しゅうさん&高ちゃんペアの順に回収 ここからちょこっと走って他の
上物師らも拾って午前6時には片島港へ帰還。


わたくしめは予期せぬクエの登場でクーラーが1匹で満タンになってしまった
為、ハマフエフキに関しては3匹のみ釣って終了にしましたが、残りのメンバー
のほとんどは2桁撃沈!一番大きかったのはマダイ師匠が釣られた67cmで
他は50~60cmくらいとサイズはイマイチ伸び悩むも、稀に見る数釣りと
なり全員満足の釣りができた模様 ♪

高ちゃんなんて2桁と言っても10匹ではなく20匹近く釣ってましたからねぇ!?





まだ、あの強烈な締め込みと重量感が忘れられません。(笑)




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425XXX
■ リール: シマノ・'14ブルズアイ 9120
■ 道糸: モーリス・VARIVAS バーマックス石鯛遠投VA-G 22号
■ 仕掛け: 捨てオモリ仕掛け
■ ハリス: モーリス・VARIVAS 大物ハリス 40号
■ 針: がまかつ・タマンスペシャル 24号
■ エサ: アジ、ヒイカ


「超~弩級やな!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

75、66cm ハマフエフキ撃沈! 高知県・大月町 / 柏島


連日降水量の多い雨予報が入ったり、消えたりする中、今日の予備日を含めて
2日しかお互い予定が合わせれなかった6月。正直、時期が時期だけにそんな
限られた条件下で再び磯上がりできるとは思いもしませんでした。

日頃の行いがいいからやわ~とおっしゃるSurFreyja“O本先生”!?
うん、確かに最前線で戦っておられる医療従事者ですからそう言う
資格ありますよね~。(笑)

数年前に一緒にこの界隈に訪れた際には磯が半端じゃないくらい焼けてて
空からは照り付ける太陽、足元からはムンムンと地熱が襲い掛かって攻撃準備
を整えてる段階から体力が奪われていったのを覚えておりますが、今回は
ラッキーにも曇りでそこまで暑くありません。


急いでセッティング作業をするといくら体感温度はマシとはいえ汗が噴き出て
くる上、入念にしておかないと魚が掛かった時にトラブルが起きる場合も
ありますからゆっくり時間をかけて攻撃態勢を整えてから仕掛けを投入。









「柏島」


大型の数釣りができた前回からすでに数週間経ってしまってるので、何かしら
魚っ気は感じられるとは思うけど、あの時と同じよ~なドラマは期待しない方が
いい?あはは、おもいっきり期待しまくりながらやって参りましたが、期待を
大きく持ちすぎるとハズした時に立ち直れないのでほどほどにしときましょう。

どんな作戦にしろ攻撃開始時のワクワク感と期待はたまらないもので
テンションも最高潮に達していますよねっ。


徐々に暗くなってきて夕マズメを迎えますが今のところ反応無し。


蚊取り線香包囲陣を作り蚊対策を万全にしてから、一旦回収&新しいエサと
竿先ライトを付けて打ち返し!活性が高い時は暗くなる前からアタってきたり
するものの、基本は夕マズメ以降の暗くなってからが本番なのでここからが
勝負タイム。ドキドキしながらアタリを待ちます、、、


シュッ!?


風を切るかのよ~な乾いた音と共に竿がシーソーになったと思えば、





48cm クロホシフエダイ


日暮れ後早々からアタリとは今夜も爆釣!?そう言いながらリーリングを開始
するもそこまで強い締め込みも無くポンっと引っこ抜くとモンツキ、、、でも
久しぶりのご対面でどこか懐かしい気持ちになれました。(笑)

時刻は午後20時半過ぎとファーストヒットとしては遅い?いや、前回も魚の
アタリが多く出始めたのはこれくらいからでしたし魚っ気は出てきてるのかも?


少しすると再びわたくしめの竿がシュッとさっきと似たよ~な音を立てて
吹っ飛ぶもアワセを入れるとスカ、、、エサだけかすめ取られてしまいました。

ってゆ~かエサだけ無くなっちゃうとは上手に咥えて走ったもんやなぁ~と
話してると打ち返した途端にまたまたシュッと竿が飛んで、今度こそと
大アワセを入れるもスカ!?これって本命じゃないかも?仮に本命だったら
かなり小さい個体ちゃうか~?フッキングまで至らない事に疑問を抱きながらも
正体が知りたくてたまりません。


連続してアタリが出た位置へもう一度仕掛けを投入しアタリを待ちますが、
それっきり音信不通となり1時間、、、マンダムタイムでございます。


シュッ!


そんな中、連続アタリ&スカを経験してた同じ竿に再び同じアタリ!







57cm フエダイ撃沈。


ず~っとスカばかり食らわせてくれてたのはこやつの仕業かぁ~。

まっ、必ずしもこやつとは限りませんけど本命にしては少し違うよ~なアタり方
にわたくしめの中ではそう決めつけて、ようやく正体を暴いた~と大満足 ♪
フエダイは外道ではあるものの、ある意味本命以上に美味しい魚ですから
嬉しいお土産でございますわ~。


この頃からこちらは嬉しくない外道のウツボがうるさくなり始め、O本先生の
竿先をフ~ワフ~ワと揺らしてみれば、続いてわたくしめの方にもカンカン、
カンカンとエサのイカを必死で齧りまくってるのが視界に飛び込んできます。

ちょっかいを出してる間に下手にアワセを入れてしまうと高確率でフッキング
してしまう為、しばらく放置プレイとなり、たま~に本命が横取りしにくる時も
あるのでそれを期待しながら竿先と睨めっこ、、、


あと10分で午後23時。


あれほどうるさかったウツボのアタリはいつの間にか消え、、、いや、あれから
ず~っと放置してたからとっくに掛かって仕掛けごとグルグルになってる
可能性の方が高いかも!?

打ち返すべきか?ちょこっと億劫になってきたのでもう少しこのまま夜空を
見上げて黄昏るべきか?(爆)


ジャリ~~~ン!!!


まぶたもほどんど閉じてうたた寝状態に近い中、目の前にあったスピンパワー
が一瞬で吹っ飛んで尻手ロープに付けてある鈴が悲鳴をっ!?


この悲鳴はほぼ間違いなく本命のはず!







75cm ハマフエフキ撃沈 ♪


突然やってきましたわ~。

前アタリなど一切無く瞬時に竿が吹っ飛ぶスピード感溢れるアタリはこの魚特有
のもの!竿を起こしてリーリングを開始すると同時に伝わってくる強烈な
締め込みも一度味わうとやみつきになっちゃいますよね~っ。

サイズ、アタってきた時間からして群れが回遊してるのではなく単発のよ~な
気もしますが、油断してると思わぬ連発劇が起きたりもしますからネムネム
モードから集中モードに切り替えて全ての竿を打ち返し。


バタン!?シュッ


一度竿尻が浮いて再び戻った途端に竿がシーソー!







55cm フエダイ撃沈。


連続してアタってきましたから本命かと思うも、ハンドルを巻いているうちに
これはちゃうなぁ、、、水面に浮いた赤茶っぽい魚体を見てガックリ、、、
そしてランディングしてラッキー!?えっ、どういう意味?

あはは、磯の上からではモンツキに見えてたんですが、実際にはデリシャスな
フエダイちゃんで評価が一転したってわけです。(笑)


入れたはずのナイフが見当たらなくなってしまったわたくしめ、今夜撃沈してる
魚は全てO本先生ご自慢の超~切れるナイフでグサッと血抜きをしてもらって
おり、現時点でまだウツボ以外のアタリが出ていない彼に申し訳ないなぁ~
と密かに罪悪感、、、まだ5~6時間はあるし絶対何か来るから頑張ろう!と
言いつつ、アタリが出てなくても定期的に新鮮なエサに交換して最後まで
悔いの無いよ~にします。





ず~っと右に流れてた潮が日付が変わる頃に一旦緩んで、今度は左に強く流れ
始めた午前2時、ウツボのアタリは皆無なのになぜか仕掛けを回収すると
素バリになってる事が多い?

竿先には何も反応が出ないまま掠め取られていく状態ですからおそらくフグか
ツマリマツカサみたいな小さめの魚が湧いてる可能性があります。

面白い事にイカのみならずスーパーで買ってきた小ぶりなカマスを投げても
気付かない間に素バリなっちゃうんですよね~、、、めちゃくちゃ正体が
知りたいけど、アタリが一切出ないとなるとどのタイミングでアワセを入れたら
いいか分かりませんし、、、それにそんな事をしてる暇があるならマシンガン
キャストの如く次々と打ち返していく方が得策のよ~な気もします。


午前3時半を回り、持参したエサもだんだん底を尽きてきました。


迎えの時刻まであと2時間半しかありませんし、タックルなど片付ける時間
含めての計算なので実質1時間半程度でしょうか?

サイズを選びながら投げてたヒイカも残りはかなり小ぶりな物ばかりとなり、
余らせてもど~せポイするだけだし適当に3匹まとめて掛けてファイヤ~!
着底後、糸フケを取って一脚上に竿を置いて尻手ロープをセット、、、

あとはクーラーに腰掛けてアタリ待ち、、、と座ろうとした時です、


ジャリ~~~ン!!!


えっ、今投げたばかりの竿ですやん!?







66cm ハマフエフキ撃沈 ♪


1匹目の75cmの個体より更に強烈な締め込みを見せたのでこやつも確実に
70cmオーバーだろうと確信してたはずが、、、ランディングしてみると
あれまぁ、70cmに満たない個体でした。

それでも十分立派なサイズですし、何となく魚体が美しい?写真じゃ分かり
にくいと思いますけどゴールドと水色のコントラストがバランス良くて
これぞタマミや~~~って感じ。(爆)


O本先生の竿にはまたウツボがちょっかいを出し始めており、ここでわたくしめ
の持参したエサも残り少ないけど全部使ってや~と渡してタイムリミットまでの
1時間を共に戦う事に、、、といっても2人してひたすら竿先を凝視しながら
魚が回ってきてくれる事をただただ祈るだけなんですがっ。

ウツボのアタリも一度きりで、その後はシ~~~ンと静まり返る戦場、、、
次第に辺りは薄明るくなってきてキャップライト無しでも竿が見えるよ~に
なってきた午前4時40分、奇跡が起きましたぁ ♪





ついにO本先生の竿がもの凄い勢いで海に向かって突き刺さり、剛竿が
グンニャリ!わたくしめがタモ入れをした個体はなんとジャスト80cm。


おめでとうございます ♪


誰も居ない磯で2人でやったぁ~!と握手&大喜びして終了。

最後の最後に2人共満足のいく釣果を叩き出す事ができ、気持ち良く片付けて
お迎えの渡船に飛び乗ったのでした ♪

やっぱり必勝肉うどんの御利益?そんな話題で盛り上がりながら日帰り温泉
お気に入りの和風朝食を頬張り、帰りもほぼノンストップで帰還。







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425XXX
■ リール: シマノ・'14ブルズアイ 9120
■ 道糸: モーリス・VARIVAS バーマックス石鯛遠投VA-G 22号
■ 仕掛け: 捨てオモリ仕掛け
■ ハリス: モーリス・VARIVAS 大物ハリス 40号
■ 針: がまかつ・極太タマン 22号
■ エサ: ヒイカ


「笑顔の帰還 ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

77、76、73、72cm ハマフエフキ撃沈! 高知県・大月町 / 柏島


日に日に気温は真夏まっしぐらな中、今日は超~ラッキーにも曇り空&やや強め
の風が断続的に吹いており戦場入りとなった午後15時前、1日で最も暑くなる
時間帯でも結構涼しいんです ♪ 過去のハマフエフキ作戦においてこんな
人間にとってコンディションが良い日は数えるくらいしかなかったかも!?

ヘビー級の荷物を運んだのもあり、まずはキンキンに冷えたスパークリング
ウォーター、相方のSurFreyja“マダイ師匠”はお決まりのビールを
飲み干してリフレッシュしてから攻撃準備に取り掛かります。


この作戦は全てが最初のセッティングにかかってるといっても過言で無い部分が
ありますから、時間を惜しまずに1つ1つ入念にチェックしながら一脚を立てて
、タックルを組んで尻手ロープをセットしてゆきましょう。


2年ぶりとはいえすぐに感覚が戻ってきたのか?あっという間に攻撃準備も整い
、風が止んだ時に備えて蚊取り線香包囲陣など陣地周りの防御を完璧に
するまでちょ~ど1時間程度で終了。







「柏島」


午後16時過ぎに再びマダイ師匠と冷たい飲み物を飲みながら簡単な作戦会議&
日暮れ時刻までまだ3時間近くもありますし今からど~しましょうか~?と。

まっ、ターゲットは夜行性とはいえども決して暗くなってからしかアタって
こないわけではなく、群れが回ってさえ来れば明るいうちからでも全然アタック
してきますので早速ファイヤーしておこうとなり、持参したエサのうちさっき
スーパーでゲットしてきた小アジをメインにほ~り投げてみます。


しばらくな~んの音沙汰もありません。


マダイ師匠はイカをメインに投げられておりますが、全く同じなので今のところ
ウツボなど定番外道は少なそうな雰囲気?なんせわんさか潜んでる時は着底後
すぐにちょっかいを出してきますからねぇ。(笑)

ウツボがおらんならハリスもグチャグチャにされずに済みますし、今日は
海の中もめちゃくちゃコンディションがいいんちゃうん ♪ 常に前向きな話を
しながら日が暮れてくるまでダラダラ戦っていると、潮が緩み始めた途端に
わたくしめの竿先に何度も何度もしつこく小突く典型的なウツボアタリがっ!?





そうは問屋が卸さないかぁ、、、(泣)


放置してたらエサだけかすめ取ってどこかへ行ってくれないかなぁ~って
期待してる最中にマダイ師匠が連発で極太ウツボを水揚げ、、、あきらめて
わたくしめもアタってた竿を回収してみるとズッシリ重たい塊となって
団子状に絡まったウツボがっ、、、

本日初の獲物がウツボなんて、、、まぁ、覚悟の上?いや、税金みたいな物
ですから避けては通れない道ではあるけど心底ガックリさせられちゃいます。


かなり日も傾いてあと30分以内に暗くなるだろうといった午後19時10分、
いきなりマダイ師匠の竿が吹っ飛んで65cmの本命を撃沈!

い~~~な~~~ ♪ 久しぶりに見る魚体は抱卵してて超~肉厚。まさに
夕マズメに時合いが訪れるか!?おもいっきり期待しながらイカにアタってきた
とゆ~ことでわたくしめもヒイカに変えてファイヤ~。

太陽が西の水平線に消えて暗くなってくると再びマダイ師匠の竿が飛んで
さっきと全く同サイズの65cmを撃沈されます。投げてる方向がわたくしめ
とは異なる為、もしかするとこちらにはまだ回ってきてない?それとも
パッケージに2018年と表記された2年前の古いヒイカが原因か?


午後20時半を回り、マダイ師匠はあれからもう1匹50cm台の個体を追加
されて合計3匹。わたくしめは極太のウツボを4匹水揚げしただけでまともな
魚はゼロ、、、だんだん不安になってきました。


ゴツン、ゴツンッ


ス~~~ッ!?


数回ノックした後、ゆ~っくり竿が一脚の上でシーソー。





52cm ハマフエフキでした。


アタリも引きも控えめでポンっとぶり抜けたので大型ではないと思ってましたが
、案の定可愛らしいサイズ、、、ただ、もしかするとこやつ1匹のみで終了
となる可能性も十分ありますから当然キープでございます。

よく考えてみると、52cmでも渋い日によっては非常にありがたいサイズに
なりますしお造りにして頂くなら最も美味しいサイズ!でも~~~、、、
早いうちからマダイ師匠の65cm連発劇を目の当たりにしてるのでやっぱり
物足りない感がありまくりなんですよね~。


結局、超~期待してたはずの夕マズメは何もアタらず暮れてからわたくしめの
55cmが1匹釣れたきり沈黙。徐々に緩んできてた潮は完全に止まって
潮止まりを迎えたよ~です。


ここでもなぜかわたくしめの陣地前は投げるとすぐにウツボのアタリが頻発し
始めるのに、マダイ師匠の方は皆無、、、ほんの少ししか離れてないはずなのに
そこまで海底ストラクチャーが違うんでしょうか?

いいや、そんなはずは無いっ。







ほんまそっちはウツボだらけやなぁ~とおっしゃるマダイ師匠、エンドレスで
ビールを飲みながらかなりの時間放置プレイされてたんですが、ふと
立ち上がって仕掛けを回収されていると、うわっ!その声と共に全ての
仕掛けにウツボが付いてましたっ。居食いってやつ!?(爆)

ど~やら攻撃開始直後の予想はおもいっきりハズレて目の前の海域には
相当数のウツボが潜んでるよう、、、潮が動いている間はおとなしかったのが
潮止まりになった途端急に活性がアップして次々と竿先に見たくない典型的
アタリがっ、、、ってゆ~か入れ食いやん!(泣)

連発するウツボのアタリにひたすら対処する時間が約1時間以上も続き、
こんなに釣れるなら来る道中のSAにプレゼントしてあげたら黒潮丼いらん程
できるんちゃうん?など言いながら2人共苦笑い、、、


ふと時計を見るともう午後22時40分。


自然が相手ですから何が起きても不思議ではないものの、今までの経験では
日付が変わるまでにまともなアタリに遭遇できなかったらその日は貧果に
終わってしまう確率が大!そんな思い込みがあるからこそタイムリミットは
あと1時間20分と焦ってしまう自分がおります。


ガシャ~~~ン!!!


その時は突然やってきましたっ!


ぼ~~~っと岩場に腰掛けてスマホを見てると何の前ぶりもなく一瞬で竿が
吹っ飛んで一脚上で海に向かって突き刺さる感じで静止中!?急いで竿を
起こしてゴリ巻きモードに入ると、半端じゃない強烈な締め込み。


これは間違いなくそれなりのサイズはあるはず!







76cm ハマフエフキ撃沈 ♪


足下近くまで寄せてきてもなお強い締め込みが続き、ようやく水面に浮いたと
同時にマダイ師匠にタモ入れして頂きましたっ。

やはり産卵の為に岸寄りしてる個体たちなのか?どれもお腹がパンパンに膨れて
おり体高のみならず超~分厚いのでトルクが半端じゃありません!


これで何とか格好付いたなぁ~とホッとしながらしっかり血抜きをしてから
クーラーの中へ。数年前にスーパーで購入してそのまま冷凍してあった
ヒイカにアタってきてますし、食い気のある魚さえ居れば鮮度はそこまで
関係無い?小ぶりなヒイカ2匹掛けでした。


新しいハリスに交換してアタリが出た方向へファイヤー&尻手ロープをセット
して再び腰掛けるといつの間にか無風状態になってメッシュのモスシールド
ジャケットの下で少々汗をかいている事に気付きました。夢中でパワーファイト
してるとそりゃ汗もかきますわねぇ。(笑)


シュッ!?


せっかく持参してるので空調服を羽織ろうと思ってた矢先に背後で風を切るか
のよ~な音が聞こえた途端、


ジャリ~~~ン!!!



鈴を付けてある尻手ロープが宙に浮いて竿が突き刺さりましたっ!







72cm ハマフエフキ撃沈。


今打ち返したばかりの竿ではなくその隣のやや右方向へ投げてたスピンパワー
にアタってきましたよぉ。

計測してみるとまたまた70cmオーバーの大型でこやつはオスでしょうか?
お腹周りはパンパンではあるけどどこかシャープ感の漂うスタイリッシュな
フォルムをしております。


ここに来てまとまった群れが回ってきたみたく、わたくしめが魚を外して処理を
している間にマダイ師匠の竿がシーソーとなギリギリ50cm無い個体を撃沈
即リリース。そしてついに同時多発テロが起きちゃいましたぁ!?

魚の血抜きをしながら同時進行で仕掛けを打ち返して竿を一脚に置いた瞬間に
、隣の竿が発射して、それの対応に取り掛かったタイミングで今打ち返した
ばかりの竿までジャリ~~~ンと甲高い鈴の音が鳴り響いてシーソー状態に!







57、55cm ハマフエフキ連発!


爽快~~~ ♪


同時多発テロなんて何年ぶりに経験したでしょう?

あはは、まっ、その前にここ数年間は他の作戦で忙しくハマフエフキ作戦
自体1年にやっても1、2回程度で全くの年とかもありましたから当然と言えば
当然かな?こ~ゆ~経験をするとまたハマっちゃいそ~ですよねっ。(爆)


マダイ師匠も続けて似たよ~なサイズの個体を釣られ、これ以上はクーラーが
満タンになるから60cm以下の個体は全てリリースするわ~と早速ボチャ~ン
と撃沈後すぐ海にほ~り投げておられます。時刻はすでに日付が変わって
まもなく午前1時になろうとしてます、、、まさかこの時間帯に連発するなんて
想像するしなかったのでビックリ!

わたくしめも所有する中で最も大型の60Lホエールを持参してるものの、
丸々肥えた個体ばかりで中のエサや食料など全て出したとしてもあと1匹
入るか入らないかの状態!?同じく60cmに満たない個体はリリースして
いかないとダメかもしれません。


同時多発テロ後は一旦アタリが遠退いた感じで、また1本の竿先にウツボの
アタリだけが出始めております。


ヒイカを何度も何度も噛んでいるのでコツン、コツン、コツンとしつこく続き
時折竿先を押さえ込んではバネの如く戻ってきて再びコツン、コツン、、、
ど~せアワセを入れてしまうと針掛かりしてしまいますし、エサだけ取って
いってくれる事を祈って放置プレイにしておくことに。

あ~~~しつこいなぁ、、、竿先を見つめながら思うこと10分以上、延々と
続くウツボのアタリに疲れてきた時です。


ガシャ~~~ン!?


いきなりその竿がもの凄い勢いで吹っ飛んだんです!


不意の出来事でかなり動揺しながらもすぐさま竿を持ち上げてリーリングを開始
すると確実にウツボではない重量感!?その上、ゴリ巻きしてるのに途中で
2回もハンドルが回らないくらい強烈な締め込みがあってそれを耐えてようやく
ランディングさせたのは、







73cm ハマフエフキ


激アツな夜ってゆ~のはきっと今夜みたいなのを言うんでしょうねぇ ♪


タモ入れてして頂いたマダイ師匠も65cmを2匹はキープしてるも
まだ70cmの壁を超す事ができてないから何としても1匹は確保したいと
おっしゃってた数分後に竿がロケット発射!

途中一旦根に潜られてしまいうんともすんとも言わなくなってしまったものの
、しばらく置いてると再び出てきたのか?今度こそ彼のパワーに負けてしまい
グロッキーで浮上、、、お次はJCAがタモ入れさせて頂きました。





水面から引き上げる際にめちゃくちゃ重たいなぁ~と思ってると73cmある
立派な抱卵個体でした。

これで2人共ナナマルという壁は突破できた事になりますが、こ~なると
ついつい欲が出てきてお次はハチマル、、、な~んて言い出すよ~に。(爆)


真っ暗な磯で力と力の勝負をしてると身体もアツい!?いや、実はあれから
風量を最強にした空調服を纏っており超~快適 ♪ 長袖ジャケットですから
天敵の蚊が襲ってきたとしても安心!これを考えた人はほんと凄いですよね~。

ハチマルという野望を抱くも現実問題もうこれ以上クーラーに入らない状態
、、、この調子じゃまだアタってきそ~ですし、だからと言ってキープしてある
魚と入れ替えるわけにもいきませんし、、、何とも贅沢な悩みを抱えてる最中、


ガチャ~~~ン!?


今までで一番激しい激突音にも近い衝撃と共に竿が突き刺さりましたっ。







77cm ハマフエフキ撃沈!


竿を起こすのさえ相当な力を要したこやつ、さっきの個体も更に強烈な締め込み
を見せ重量感も増してたので絶対80cmは超えてるだろうと予想してたん
ですが、、、数センチ足りませんでした。

そして竿を退けた後の陣地に残されていたのはいつぞやに似た光景、、、一脚の
土台となってるピトンがご覧の通りに!まぁ、基本岩の裂け目などに打ち付けて
いるのもあって力の掛かる方向によっては傾く可能性もありますけど、、、
そう簡単には動かないよ~に打ち付けてたはずなんですが、、、


時刻は午前2時ジャスト。


たった1時間の間でもの凄いラッシュでした!

マダイ師匠は夜明けまで根性で作戦を続投されるとアルコールをエネルギー源に
気合い入っておられますが、わたくしめはもう十分、、、クーラーのフタは
完全に閉まらず半開きになってますし、明朝撤収後また長距離運転が待って
ますからここで終了と決め、さっさとタックルなど全て綺麗に片付けてから
磯のフラットな部分にブルーシートを敷いて数時間仮眠を取る事にしました。


午前5時にスマホのアラームが鳴って起床した時にはマダイ師匠はちょ~ど
片付けてる最中!あれからど~でした~?と伺うと、俺もあそこで止めて
寝たら良かったわ~と、、、どうやら数匹釣れはしたもののどれも50cm台の
個体ばかりだったそ~な。サイズだけは運もありますから仕方ないですよねぇ。


テトリスのよ~に無理矢理クーラーに詰め込んできたのはこれだけです ♪







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425XXX
■ リール: シマノ・ブルズアイXT 遠投 9120
■ 道糸: モーリス・VARIVAS バーマックス石鯛遠投VA-G 22号
■ 仕掛け: 捨てオモリ仕掛け
■ ハリス: モーリス・VARIVAS 大物ハリス 40号
■ 針: がまかつ・タマンスペシャル 24号
■ エサ: ヒイカ


「ナナマル祭り ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

61cm マダイ撃沈! 愛媛県・宇和島市 / 宇和海 (2日目)


早朝のうちに好釣果に恵まれた事もあり、正午を待たずして撤収となった昨日。

あれからはまずエギングの方で満員御礼で入れなかった今回第1候補に挙げてた
戦場へ再び移動&夜通し戦われる予定の“マダイ師匠”だけ突入されJCAは
予約してあったいつものホテルへ。

フロントのみなさんも顔見知りとゆ~のもあり相当早くに到着しちゃったものの
すぐチェックインさせてもらいまずはシャワーを浴びたら即お昼寝 自然に
目が覚めた午後19時半にマダイ師匠に電話を入れてみるとエイが1匹来ただけ
でサッパリあかんわ、、、そんな状況を聞いてから夕食を食べて再び爆睡。


ジイイイ~!?


キタ~~~ ♪ と思えば48cm クロダイ、、、





チ~~~ン。


1投目から即ファーストヒットでめちゃくちゃ期待したのに赤色ではなく
黒色とは、、、かなりテンションダウンですわ~。(泣)


午前3時のアラームで起床してチェックアウト&コンビニで朝食だけ買い出して
マダイ師匠の待つ戦場へ向かうと、なんと昨夜電話した直後にドラグが
けたたましく鳴って60cmオーバーのマダイが釣れたとのこと!その後も
食べ頃サイズの個体がもう1匹追加と満足のいく夜戦ができたみたく、
わたくしめも朝マズメからにはなりますが、何とかして今日もまともな魚を
1匹は撃沈したいもの。

昨日は早くから満足のいく釣果が出たから午前中のうちに撤収できたのに対し
、最終日の今日は仮にド貧果であっても帰還しないといけないので午前中メイン
の戦い、、、まっ、いつもの事ではあるんですが、毎回何か1匹釣れるまで
ドキドキ&ヒヤヒヤな気分でいっぱいございます。(笑)

風もほとんど無ければ昨日同様、気温も太陽が昇り始めると共に上昇して
超~気持ちいい朝 ♪ でもこれ以上暖かくなるとわたくしめの天敵でもある
蚊がわんさか出てきますから今くらいまでが限度でしょうか?







「宇和海」


ここはシロアマダイが潜んでいる本遠征でも第1候補に挙げてた本命ポイント!

ブリーフィングでも書いてたよ~に、先月末にクラブのAKBさんをエスコート
した際にも初日から入るも、いかんせん足下から少し先の所に大きなカケアガリ
が存在しており常に遠投を意識して戦わないといけないコンディション、、、
残念ながらちょこっとAKBさんにはハードルが高かったみたくあの時は
シンカーのロスト数を考え途中で場所移動という判断となりました。

一応、今シーズンは非常にシロアマダイの魚影が濃いと思えている海域に
なりますし、次回単独ないし誰かと訪れる際は必ず1日はここでやろうと
決めておりました。2月から冷え切っていた水温も16℃近くまで完全回復
しており本命に出会える確率はそこそこ高いのでは?と。


午前8時を回った頃、マダイ師匠の竿から鈍いドラグ音が短く鳴るも、アワセを
入れられた途端にギュ~~~っと竿先が大きく弧を描き良型のイトヨリダイ
を撃沈されます。めちゃくちゃ丸々肥えた美味しそうな個体 ♪





い~な~~~!


現在のところわたくしめの方はサッパリ、、、エサ取りも居ないので昨日セーブ
しておいたエサもこの調子じゃ余ってしまいそ~な予感、、、

全てほぼ同じタックル&ラインシステムで戦っているのもありよほど運良く
背後からの風が吹かない限りフルスイングして届く距離には限界点とゆ~もの
があります。手前にカケアガリがある事からここでは常におもいっきり振っては
いるものの、マダイ師匠曰く、さっきのイトヨリダイはカケアガリに食われない
範囲ギリギリまでサビいてきてた位置でアタったらしく、わたくしめもそれに
従ってファイヤ~&着底後、ズルズルサビいてステイさせてみます。


しばらくすると超~短いけど強めのドラグ音が鳴ったと思えば、





28cm カワハギ


えっ、ここでカワハギはあまり見たことないよ~な、、、トラギスにトラハゼ
などトラちゃんコンビは常連ではあるものの、珍しいエサ取りに少しビックリ&
そ~いえば昨日の戦場でも同サイズを撃沈しましたし水温の関係もあったりで
増えてきてるのでしょうかねぇ。

こやつも昨日の個体同様肝パンですからお造りネタ2匹目ゲ~ット。(爆)


これでボウズ逃れはできたけどカワハギと聞くとど~してもエサ取りという印象
の方が強いですから、他のエサが急に気になってきて一旦全て回収&エサ
チェック やはり群れがど~こ~ってわけでもないみたく他は残ってます。

おそらくカケアガリ部は岩礁混じりっぽくこの辺に居付いてる or そこに
沿って回遊している群れだったのかもしれません。

あはは、正直、カワハギ狙いで遠征してきてるわけでもありませんから良型が
釣れたからといってそれにシフトしよう!って気持ちにもならず、再び遠投
メイン&着底付近から下手にサビかないよ~にして今狙える範囲で最も遠い
位置に仕掛けをステイさせる事を意識しながら戦います。


ジィ~~~ッ


ゴンゴン、ジイイイッ!


午前10時過ぎに念願のまともなドラグ音がっ ♪







61cm マダイ撃沈!


長かった、、、あはは、まだ時間で言えば午前10時と攻撃開始から4時間
ちょこっとしか経ってないものの、あまりにもアタリが遠くカワハギ1匹のみ
しかキープできてない、おまけに撤収予定時刻が正午頃となるとかなり
プレッシャーを感じておりました。(爆)


これであとは本命からのアタリを待つだけ?


1~2月の間では出るなら早いうち、日によっては夜明け前から釣れた事も
ありこれまでのデーターと照らし合わせるとすでに何かしらシグナルが出てても
おかしくない時間帯、、、まぁ、水温変化や潮回りにも影響されるでしょ~から
寒かったあの頃とはまた違ってるのとは思いますが。


午前10時半、午前11時、、、午前11時半と約30分おきに仕掛けをサビいて
みる、または回収するなど反応を窺うも結局あれからは一切エサすら突かれる
事なく正午を迎えてしまいました、、、

マダイ師匠もイトヨリダイ撃沈以来サッパリみたくず~っとお昼寝?されて
ましたし、もしかするとここでシロアマダイを狙おうとすれば3月いっぱい
まで?おそらく次は晩秋のシーズンからとなりそ~ですね。


正午過ぎに片付け始めて予定より1時間遅れの午後13時に戦場を出発&
帰路につくのでした、、、







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・'13パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3.5号
■ 仕掛け: 1本針仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 7号
■ 針: ササメ・サーフ真鯛 L
■ エサ: マムシ、アオイソメ


「マダイ釣れたやん」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

56、43cm アカアマダイ撃沈! 愛媛県・宇和島市 / 宇和海 (1日目)





なんとか暗いうちにセッティング完了!


1週間も経っていないのにいつも超~新鮮な気持ちで食べれる豊浜SAの
肉うどん、、、ちゃんと必勝祈願もしましたしはりきって戦場へ乗り込もうと
走り出すも、あはは、即行睡魔に襲われてしまい桜三里PAで1時間も爆睡!?
いつもより早く出発したのもあり夜明けまでには到着できるもすでにエギングの
方が数名いらっしゃり第1候補の戦場には入れず、第2候補地まで走らざる
を得なくなってしまいました、、、

消波ブロックの配置などもありご一緒してるSurFreyja“マダイ師匠”
は少し離れた位置に入られ、わたくしめも夜明け時刻の30分前キッカリに
攻撃開始となりました。


水温も余裕で15℃台まで上昇してきてるので魚の活性も前回よりあるのでは?
な~んて期待しつつ1投目から約10分、エサ取りチェックの為に1本だけ
仕掛けを回収してみるとシンカーはめちゃくちゃ冷たい上にエサも一切触られた
形跡無し、、、水深がかなりあるので表層から中層くらいまでは水温が上昇
してても底付近はまだまだ冷たいみたいですねぇ。

他の竿もとりあえずほんの少しずつサビいて何か付いてないか重量感をチェック
した後、どれも気になる点など無しで再び放置。


もしかすると今回は想像以上に厳しい戦いになりそ~かも?そんな事を
考えながらマダイ師匠に電話&状況を伺ってみるもあちらもサッパリとの事
、、、一応今日は快晴予報で気温も結構上昇するよ~なので太陽が昇って
くるとちょこっと状況も変わるかもと前向きトークをしてた矢先に、

突然左から2本目のスピンパワーの竿先が深く押さえ込まれて、


ジ~~~~~~ッ!


また掛け直します!と電話を切って即アワセを入れてみると乗った!







56cm アカアマダイ撃沈。


うおおお~~~!またしてもラヴリーなドラマっ ♪

それもまだ太陽は山の向こうの朝マズメと呼べる時間帯からの撃沈劇、これは
間違いなく必勝肉うどんの御利益!?あはは、遠征初日の早朝から超~幸せな
気分になれましたぁ~。

アカアマダイに関しては潮が止まってる時より止まる寸前 or 動き始める
タイミングで食ってくる事が多いよ~に思えますし、今朝もそのタイミング
にピッタリ当てはまってました。


東に連なる山の頂上付近がぼんやりオレンジ色に明るくなり始め、まもなく
太陽が顔を見せるであろうという頃、ここで一旦全ての仕掛けを回収して
エサの状況をチェックしてみると、あれまぁ!?いつの間に、、、





綺麗に残っているエサもあれば、素バリもあり、そんでもってお決まりの
エサ取り、トラハゼも掛かったりしてました。

ドラグは鳴らなくてもせめて竿先に目で確認できる程のアタリが出てくれたら
もっと効率の良い戦いができるのに、、、トラギス、トラハゼなどトラちゃん
らはどれもアタリが微弱過ぎて少なくともAXのわたくしめのスピンパワーの
竿先には全く反応が出ません。(泣)


たとえエサ取りがうるさくても回遊性の低い本命たちは食いが立ってる時に
集中砲火して狙っておかないとまず複数匹出ないよ~にも感じている
今日この頃、短期集中型スタイルで初日分のエサは惜しまず投入!
トラハゼと真っ向勝負でございます。


下手にランダム回収&打ち返しをしてるとこの竿は投入してからどれくらい
経過した?など分かり辛くなりますから、全て同じタイミングに回収して
打ち返し、そして同じタイミングでサビいて 回収といった戦術で
効率良く戦っていると、

このローテーションを3回くらい回した頃に、


あれっ、この竿だけなんか重いかも?


グゥ~~~ッ!?


大きく竿を煽った後、リーリングを開始してみると重さがドンドン増してきて
途中から何度か底へ突っ込んでいく生体反応。







43cm アカアマダイ撃沈 ♪


タモに入った瞬間の安堵と感動って特にアマダイは格別なものがありますよね~
、、、レアな魚だけに何回掬っても新鮮な感動があります。


午前中のうちにまたもや2匹も本命撃沈で大満足なJCA、潮の雰囲気も
徐々にダラ~~~っと変わりつつありますし、これにて一旦マンダムになる
だろうと思いマダイ師匠の所まで散歩がてらにテクテク歩いていくことに ♪

太陽が高く昇るにつれ気温も急上昇してあっという間に20℃超え。


こちらでは良型のマダイが上がったみたく、それからず~っとマンダムとの事
、、、朝早くはわたくしめの方と同じでトラハゼが付いてきたりしてたものの
今は居なくなったよう。しばし雑談しながら明日の戦場について打ち合わせ&
途中でエサ交換の為に仕掛けを回収されるマダイ師匠 なんと特大の
ウミケムシが次々と!?


嫌な予感、、、


気になってわたくしめも陣地に戻って放置してあった竿を持ってみると微妙~
に重い、、、早速回収したら案の定こちらにも特大ウミケムシがっ!こやつら
にも確実に時合いってものが存在しますから他の仕掛けも全部回収
ウミケムシ トラハゼ 白い繊維だけ残った素バリ、、、







「宇和海」


時計を見るとまだ午前9時過ぎ。

外道を外してポイ&新しいエサを付けてファイヤ~を繰り返してると蒸し暑く
なってきて長袖Tシャツ1枚でも汗ばむ陽気、、、おまけにまともな魚が釣れる
よ~な気配が全く感じられません。このまま次訪れるかさえ不明な時合いを
待つべきか?それとも現時点で十分な釣果を得れているので明日に備えて
さっさと終了 エサをセーブしておくべきか?

再びマダイ師匠に電話をして相談すると、あちらもイマイチっぽいしとりあえず
ボウズ逃れはできているからあと1時間、午前10時半まで頑張ってみてここは
見切りを付けて明日の戦場へ移動しようとなりました。


こ~ゆ~よ~なマンダムタイムの最中にあと1時間!みたくタイムリミットが
設定されると気持ちもスッキリ潔くなって頑張れたりしません?(笑)

竿数を減らしてマムシはもったいないのでこれ以上の投入は止め。量のある
アオイソメをメインにラストスパートをかけましょう。すぐ近くにエサ取りが
居なかったとしてもどのみち放置してしまうとウミケムシにやられますから
頻繁に仕掛けを動かす攻めのスタイルでやろう!

そう思い竿先に視線を固定して微弱なアタリも見逃さないよ~に戦っていると
、ツンツンツン?なる小突くアタリが出て 即、鬼アワセ!(爆)





あはは、こちらのアワセのスピードの方が速かったのか?唇の皮1枚に見事
大きな針が引っ掛かって28cm カワハギ撃沈。

お腹もパンパンでまだギッシリ肝が詰まってそ~な個体ですしこやつはお造りの
ネタ決定ですね~ ♪


ナイフでブスッと締めて表面の色が真っ白に変わったのを確認後、出てきた
血を洗い流してクーラーへ。時間的にもゆっくり片付けていった方が良さそうに
思えたのでこれにて打ち返しを止めて仕掛けを回収した竿から片付け、、、
設定通り午前10時半キッカリに戦場から撤収となりました。





今から明日の戦場へ移動しますが、わたくしめは釣りはしませ~ん!?




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・'13パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3.5号
■ 仕掛け: 1本針仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 7号
■ 針: ササメ・サーフ真鯛 L
■ エサ: マムシ、アオイソメ


「いつもの宿へ?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR