FC2ブログ

60cm マダイ撃沈! 愛媛県・津島町 / 宇和海 (2日目)


コロナ感染再拡大の為、GoToトラベルキャンペーンが28日から来年の
1月11日まで一時停止措置が決まった今、停止までカウントダウンしてる中の
駆け込みか?普段見た事が無いくらいの宿泊客でごった返していたいつもの
ホテル、、、顔見知りのフロントスタッフに聞いてみるとやはり割引が受けれ
なくなる28日以降はキャンセルが続いており、逆にプランを前倒しにして
27日までに変更された方々でこんな感じになっているよう!?

チェックイン後、再び最新の天気予報を見てみると明日は更に北西風が強く
なって一番酷くなる午前8時頃からは風速14mの文字がずら~~~っと
、、、ここまでくると正直、風裏を探すのも至難の業ですしその前に爆風で
戦場に立った瞬間に即行心が折れてしまいそう。

ど~しようか?悩みながらもとりあえずお気に入りの焼き鳥居酒屋に行って
軽く飲んでから、後は成り行きに任せて就寝。(爆)


こんな時間にチェックアウトなんて今まで過去に数回しかなかった午前5時半に
起床&ホテルを出てブラブラ~っと海岸線を走りながら見て回るもどこも
爆風の影響で白波が立ってアウト。走ってると時折吹いてくる突風で車が
グラッと揺れたりするレベルなのでどれだけ酷いか?すぐご想像が付くかと。





今朝は釣りを成立させようとすると少しでも風裏になっているって事が最優先
事項!何ヶ所か思い当たる戦場を回りやっとこさここなら何とかなるかも?
と思える小場所にイン。

それでも風は背後の山脈に沿って回り込んできて非常に戦いにくい、、、


4本出し終えたら、まずは身の回りの整理整頓 風に飛ばされないように
してから最初に投げた竿を一度回収してみてエサ盗りチェック!

竿を持った時の重量感からは何も付いてなさそうなので、高速でハンドルを
巻いてさっさと回収。水深がある為、ちんたら巻いてるとなかなか上がって
きませんので時間の無駄を少しでも省いて即打ち返しましょう。


んんっ?


この超~不快な回収中での乱暴アタックって、、、

そんな事を考えながら更にスピードを上げてハンドルを巻いてるうちにズッシリ
重く、、、昨日のよ~に青物だったらラッキーと喜べるものの、残念ながら
こやつは違う重量感&締め込み、、、







やっぱりねぇ、、、


それも仕掛けを回収する度に毎回のよ~に途中からアタックしてきて連発!?
昨日の戦場では1匹も姿を見ず、せっかく存在自体を忘れかけていたのに
そうは問屋が卸さないとゆ~ことですかぁ、、、(笑)


戦場入りからず~~~っと、そして今もなお断続的に風が吹き付けてきて
空の色も朝マズメから一向に時間が経ってないのか!?とも思えるよ~な
ダークグレー、、、でもよ~く見てみると太陽の光が分厚い雲の向こうから
弱いながらも確認できる中、午前9時を回った頃に一瞬だけ雲が途切れて
日光が差し込め辺りが明るく~ ♪

あはは、これはほんと偶然の一致なんでしょ~けど、太陽が出た~と喜んで
いるとどこからともなく短いながらも聞きたくて仕方が無かった音がっ!


ジ~~~ッ


えっ、今のドラグ音よねっ!?





ジャスト40cm イトヨリダイ撃沈。


あ~~~、良かったぁ ♪ こやつのおかげでとりあえずはボウズ逃れで
ございます。またしゃぶしゃぶにしてもらおっと!(笑)

もしかすると群れが回ってきてるのかもしれませんから、新しいエサに交換して
おこうと他の仕掛けを回収しているといつの間にか小ぶりながらももう1匹
イトヨリダイが居食いしてました。ランディング直後ですでに動きが停止
しちゃってましたし結構前にアタってたのかも?


戦場が明るくなったのも束の間。


空一面はまたグレーの雲の絨毯に覆われてしまいました。









「宇和海」


時間にしたら明るかったのって30分も無かったよ~な、、、

太陽が隠れてしまうと冬の宇和海恒例パータンでもある爆風のレベルがアップ!
釣果的にはイトヨリダイ2匹だとかなり寂しい気がするものの、一応お土産には
なってるしさっきまでと比べると更に風も強くなって立ってるのも辛いくらい。

昨日はエサ盗り、カワハギの猛攻に心が折れ、今日は風速14mの北西風で
心が折れてとまさに修行の遠征になってしまってます、、、出発直前になって
お天気が急変した時の対処法や逃げ場など今シーズンはもっと効率良く、
かつ有意義に釣りができるよう考えていかないとなぁ~。

とはいえ相手は全て自然だから一切読めない所もあるし、、、(泣)


爆風に打たれながらマイナスな事を考えていると、次第に撤収という文字が
頭の中に浮かんできて次打ち返して何も起きなかったらや~んぺ!気持ちが
定まり、全ての竿を一斉に回収&新しいエサを付けてファイヤ~したら
残りのエサは海へ放流、、、背水の陣でございます。(爆)


同時に片付けれる物から片付け始め、せっせと動いていると、さっきのイトヨリ
ダイの時みたくどこからともなく聞きたくて仕方がない音!


ジイイイ~~~ッ!


振り返ると、左から2本目のスピンパワーの竿先が押さえ込まれて弧を描いた
状態でラインが引きずり出されております。この竿だっ!







60cm マダイ撃沈 ♪


よっしゃあ~~~!

一人で大喜びして即神経締めをしてから血抜き処理 スケールに置いて
写真を撮り、魚をクーラーに入れたら、はいっ、撤収~。(爆)


こんな感じで、最後まであきらめずに、、、ではなく!もう完全にあきらめ
モードになってしまってる中、最後の1投と打ち返した竿にドラマが起きる
、、、滅多に無いけど起きる時もまたあるんですよね~。

それにしても今シーズンに入ってから戦場は毎回違えど結構高確率でマダイが
顔を見せてくれてます。青物同様に魚影が濃い当たり年なんでしょうか?
だとしたら、め~~~っちゃありがたや ♪





2020年はこれで最後かな?




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ フリーゲンTD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3.5号
■ 仕掛け: 1本針仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 7号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 16号
■ エサ: マムシ、アオイソメ


「マダイはありがたい!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

94、89cm ブリ撃沈! 愛媛県・八幡浜市 / 宇和海 (1日目)


まさかたった10匹だけ買ってきたアジが勝敗を左右するとは、、、


はいっ、午前4時前に戦場エリアに到着したものの、すでに北西風が強くなり
だしており候補に挙げていた戦場を見て回るも立地上ことごとく風の影響を
受けてアウト、、、これから冬にかけてはお天気の急変なんぞ日常茶飯事では
あるけど、さすがに出発数時間前に急変ってのは反則でしょ。(泣)

昨日のお昼にチェックした時点では今日、明日と気温も少々高めでかつ
ず~っと強かった風も一旦治まる傾向にあったのが、エサも全て買い出し終えた
午後17時発表の最新予報で突如夜間に小雨が入り 止んだ直後から
風速10m超えの爆風予報、、、

ここでキャンセルするのは非常に難しくとりあえずどこか風を避ける場所を
探して何かしら釣れてくれたら万々歳!みたいな半分あきらめ状態のブルーな
気持ちのままやって参りました。


戦場を決めてセッティングを済ましたら早速暗いうちから攻撃開始&1本だけ
アジもほ~り投げておきましょう。


例年通りならこの界隈ならどこの漁港などでも常夜灯がある所の下ではサビキで
アジを確保する事ができるのに今年は水温の関係か?アジが少ないと聞いており
、アジを求めて夜中じゅう探し回るのも疲れますし今回だけは松山市の釣具
量販店で10匹だけ仕入れ、、、なんせ密かに狙っているターゲットに関しては
活アジが無いと話になりませんからねぇ。


ウイイイ~~~ン!


薄明るくなってきた午前6時45分頃、突如アジを投げている竿からもの凄い勢いの
ドラグ音が鳴り響き、ドラグノブを締めてアワセを入れた次の瞬間フッと軽く
なってラインブレイク、、、

少し沖目に目をやると水面では小魚が追われているよ~でバシャバシャっと
ナブラが立っており、これはひょっとして、、、とすぐさまアジをその方向へ
ファイヤ~!ドラグ設定をしっかり確認した上で三脚に置くと、


ク~~~ッ、ククッ、クッ


ウイイイ~~~ン!!!


竿先にアジが暴れ出したシグナルが出て、その後すぐでした。







89cm ブリ撃沈 ♪


やっぱりあの激しいナブラは青物の仕業でした。

フッキング後、やりとりを開始すると即左へ突進しながら頭を振りつつ鋭い
潜り込み!テンションは保ちながらもラインに負荷が掛かり過ぎないよう
ドラグを駆使して時間をかけてランディング。ブリだけは足下付近まで
寄せてきてもまだ左右どちらへ急に走り出したりするので結構
エキサイティングですよねっ。

密かに狙っていたターゲットとは違うもとても嬉しいお土産確保です ♪


そ~いえば昨シーズンも青物の当たり年で、アジを投げるとどこでも顔を見せて
くれたと思えるくらい魚影が濃かった。今シーズンもまた当たり年なのかな?
同じクラブメンバーも少し前に大阪湾でルアーで青物を結構釣ってましたし、
ベイトの1つとなるアジは少ないとはいえ水温上昇で年々増えてるのかな?


太陽が昇ると一瞬風が治まった感じがしたものの、すぐに北西から断続的に
吹き始め時間の経過と共にだんだん強くなってきました。









「宇和海」


写真にあるみたく、今朝は青空フィールドの上に次から次へと雲の固まりが
流れてきて太陽がそれに隠されると北西風は激化&また日差しが差すと
ほんの少し弱まり、再び雲に隠れると激化ってな変なパターンが成立してます。

ちなみにアジを投げてる竿は引き続き1本のみでメインは虫エサとなり、
ひたすら定期的に仕掛けを動かしてみたり、エサチェックをしてみたりするも
一向に反応が無く長時間放置しててもエサはそのまんま残ってくる状況、、、


だったのが!


午前10時頃を境にカワハギがうるさくなり始めて今度はエサが5分も持たない
状況に、、、打ち返しても、打ち返しても即白い繊維を残して素バリで返って
くる為、嫌になってきてアジの竿を2本体制に。

ただ、やはり青物に関しては朝マズメだけだったのか?完全に明るくなって
からは一切アタリも無く、それなりの時間海底近くで放置&泳がされていた
アジは弱って チ~~~ン、、、新しい物にチェンジしていくうちにあっという
間にあと2匹になっちゃいました。

さすがに10匹のみですからしゃ~ないんだけどねっ。







ラスト1匹をアジバケツに残して、1匹はファイヤ~。

続いてもう1本の仕掛けを回収してみるとこちらもアジはグロッキー状態でした
ので、ラストを付けてファイヤ~、、、今思うと、普段の宇和海なら泳がせを
するとどこでもワニエソが邪魔してくるよ~なイメージがあるんですけど、
珍しく今朝はまだ一度も顔を見ておりません。


相変わらず虫エサの方はほぼ瞬殺の勢いでカワハギにやられております、、、


ラストのアジを投げて40分近く経過したでしょうか?もう絶対海底で息絶えて
るだろうと気にもせず放置&虫エサ仕掛けに集中してたんですが、


ウイイイ~~~ン!!!


何の前触れも無しに突如ドラグが高速回転!?


タイミングを合わせてドラグを締めようと思うも、延々に走り続けているので
ラインブレイク覚悟でグッとアワセてバトル開始!ラッキーにもアワセを入れた
瞬間に頭をこちらに向けてくれたのか?すぐにリールを巻く事ができ、しばらく
してから再び大暴れモード。

この中層付近で横走りする典型的な泳ぎ方からして間違いなくまた青物だろうと
確信しながら、慎重に時間を掛けて弱らせてランディング。







94cm ブリ撃沈 ♪


まさに魚雷でございます。(爆)

こやつは朝イチに撃沈した個体より遥かにぶっとく丸々肥えた美しい魚体。
そんなシェイプだけあって抵抗も半端じゃなくおもいっきり好き勝手に
走りまくってドキドキさせられましたが、何とか撃沈できましたぁ。

しっかり血抜きをしてから車載クーラーに仕舞ってアジバケツを洗って
本日の泳がせは終了。


ここからはメインの作戦一筋で頑張ろうと気合いを入れ直してファイヤ~
してみるも、、、はぁ、、、いつまで経ってもミニサイズのカワハギの猛攻は
止まずマムシだろうがアオイソメだろうがお構いなしに片っ端から素バリ
、、、心が折れますわ。

あと、闇雲にエサを消費?いや、浪費してしまうと明日の分が無くなって
しまいますから本日分として考えてた虫エサを使い切った午後13時過ぎ、
ちゃっちゃっと終了。

まっ、ブリも2匹確保できてますし気分的にはオッケー ♪





結局本命に据えてた鯛系の魚も、アジを投げて密かに狙っていた魚も釣れず
仕舞いでしたけど釣魚用の車載クーラーだけはすでに満タンです。(爆)




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ フリーゲンTD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3.5号
■ 仕掛け: 孫バリ仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 7号
■ 針: ハヤブサ・強靭ヒラメ親針専用 LL
■ エサ: 活アジ


「ブリ大根や~ ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

74cm マダイ撃沈! 愛媛県・宇和島市 / 宇和海 (2日目)


焼き鳥居酒屋へは午後17時半の開店と同時に行きましたのでちょこっと長居を
してしまったとはいえ、決してそこまで遅くにはなってなかったはずの昨夜
、、、“クラックさん”は部屋に戻ると即バタンQだったよ~ですが、

わたくしめは、、、会社のオンライン会議があったのを思い出して結構遅くまで
出席!?なんせヨーロッパと日本では持参がありますから現地時刻でいい時間帯
って日本では夜ってのがほとんどなんですよね、、、(辛)

そんなわけでホテルに宿泊しててもあまり睡眠を取る事ができずめ~っちゃ
眠いままでの起床&出発となりました。


暗いうちから戦場入りして竿を出してゆくも、夜間は一切エサ盗りすらおらず
沈黙で夜明けを迎えてからようやく生体反応アリ!と思えば、







ぶっといトラハゼが付いててビックリ。(爆)


この海域での3大エサ盗りといえばカワハギ、トラギス、そしてこのトラハゼ
じゃないでしょうか?カワハギを除いてトラの付くこやつら2魚種は基本チビ
ちゃんが主体になってくるのでここまでの特大サイズは超~珍しいかも。


おそらく人生で最初で最後となる遠征とまで言い切っておられたクラックさん
ですので、案内役を引き受けたからには何としてもまともな魚をゲットして
もらわないと、、、少し前に下見で訪れた際のコンディションと今朝の風向き
を考えながら慎重に戦場をチョイス&ターゲットは超~レアな魚がゆえに
どれだけ実績場と言っても確実という文字は一切無いものの、わたくしめの持つ
レパートリーの中では最も確率が高そうな場所に入って頂きました。

また今日が最終日で後がありませんし、何かまともな魚が釣れてくれっ!と
ひたすら祈りながらクラックさんと打ち返しをしていると、見事重々しいドラグ
音と共にクラックさんの竿が曲がって本命をゲット ♪ おめでと~~~と
握手を交わしながら心の中で任務終了!(笑)


時刻にしてちょ~ど午前7時を回ったくらいだったでしょうか?あとは自分の
釣りに集中できますから、同じ方向へ投げさせてもらうで~と言いながら
アタリがよく出る方向へファイヤ~!

ここから狭い戦場ながらも2人の陣地をビッチリくっ付けて戦うことに。





予報では北東の風がそこそこ強めな感じでしたが、実際には無風に近く
ご覧のよ~に水面も鏡の如くベタベタでございます。

これがもっと冬になるとしょっちゅう北西風が吹き荒れてどこもかしこも
爆風で悩まされるよ~になるんですよね~、、、一生懸命風裏を探して入っても
釣りが成立しない時もあったりとある意味今朝みたいなコンディションで
やれたクラックさんはラッキーだと思います。


毎回コラボする時には入れて頂く特製コーヒーをすすりながら、本命魚はどんな
食べ方をしたら美味しいかなどあれこれ雑談、、、このままマンダムタイムに
突入か?と思えた午前8時前、


ジイイイッ!!!


急にわたくしめのスピンパワーの竿尻が一瞬浮いて鋭いドラグ音がっ。







74cm マダイ撃沈 ♪


リーリング開始するや否な強く締め込んでいた為、ひょっとしたらJCAにも
本命のレア魚が来たかも!?な~んて期待しましたが、途中から首を激しく
振ったりとちょこっと違う感じで水面に浮いてやっぱり~と。

場所は異なりますけど、下見に訪れた時に似たよ~な締め込みと共に50cmの
イラん魚イラが上がってきたのを覚えていて密かにドキドキしてましたが、
マダイで本当に良かった ♪

これがイラだったら即ポイ&ガックリでしたのでねぇ。(爆)


一応、これで2人共初日は貧果だったものの、最終日でまともな魚を1匹は
確保できたので一安心!エサの残量もそんなたくさん残ってるわけでも
ないし無くなるまで戦って、万が一エサが無くならなかったとしても
お昼過ぎには終了しようと決定。







「宇和海」


終日どんより曇り空だった昨日と打って変わって今朝は快晴 ♪

若干遠くには雲は残っているけれど頭上にここまで青空が広がってくれると
気持ちもフレッシュになります。


エサ盗りも含め何かしら海の中がザワ付いていたのは午前8時過ぎまでで、
その後はマンダムで午前11時前に小ぶりなエイが1匹ちょっかいを掛けて
きたくらい、、、この調子じゃお昼までにエサ切れになる可能性は低く、
余してもど~せポイですからラストスパートで積極的に仕掛けを動かして
こちらからアピールしていく戦術に変更。

サビいては10分程放置して再びサビいて放置 次は回収してエサを
チェックした後打ち返しのローテーションで戦っていると、サビいた直後に
リアクションバイトの如く、


ジイイイ~ッ!


まあまあ良さげな引きと共に水揚げされてきたのは、マダイではなく、







52cm クロダイでした、、、


あ~~~あ、残念、、、と飲み込んだ針を外して即海にリリースすると、完全
グロッキーになって浮いてしまった為、再びタモで掬って久しぶりに持ち帰る
事に。ただ、そこからスケールと置いてサイズを測ってみると50cmオーバー
でしたからちょこっとだけ複雑な気持ちも払拭できたかな?(爆)


続いてクラックさんがお土産イトヨリダイを撃沈され、もう十分満足できたし
撤収しましょうか~? YES ♪ 終わりにしましょう~と終了。

帰りは夜の爆睡で完全回復&本命撃沈の興奮冷めやらぬクラックさんが最後まで
運転して下さり、予定より相当早く帰還する事ができましたっ。人生最初で
最後と言わずまた行きましょう~ ♪







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ フリーゲンTD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3.5号
■ 仕掛け: 1本針仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 7号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 16号
■ エサ: マムシ、アオイソメ


「任務達成!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

釣り場の広さを最優先、、、 愛媛県・宇和島市 / 宇和海 (1日目)


午前6時出船、、、まさしく夜明け時刻を1時間以内に控え、朝マズメと共に
戦場入りするプランでしたので昨夜も午後23時までに出発できれば余裕で
間に合うと思ってたのがブリーフィングにも書いてましたよ~に山陽自動車道
の一部区間通行止めによって結構タイトな状態で現地入りする事になって
しまった相方、SurFreyja“クラックさん”とわたくしめ、、、

今回はご自身がおそらく人生で最初で最後となると語っておられる遠征計画の
案内役を引き受けてしまい何としても丸ボウズだけは阻止せねばと出発前から
かなりプレッシャー!


初日の今日はこちらをホームにする“しゅうさん”も来て頂けるとゆ~ことで
事前にどこの戦場がいいか?打ち合わせをするも、結局のところ3人一緒に
竿を出せる場所 それなりに広い戦場でないと成立しないだろうとなり、
今や超~有名!?ポイントでもあるお馴染みの浮き桟橋に決定。(笑)







「宇和海」


雨予報も入ってなければほぼ無風状態で非常に釣りやすいものの、空の色だけは
朝からず~~~っとどんより曇り空でイマイチスッキリしません、、、


宇和海初チャレンジとなるクラックさん、普段竿を出されている海域と比べて
大きく異なっているのはやはり水深の深さで、まずはこのドン深ポイント
でのラインの送り込みや探り方など戦い方を足場自体が浮いててカケアガリ
などに食われる心配の無いベーシックな戦場で慣れてもらおうと。

夜明け直後から手のひらよりちょこっとだけ大きめのイトヨリダイが頻繁に
アタってくるので、最悪粘って良型が数匹確保 とりあえずボウズ逃れ!
という流れを期待するも、良型が時々ヒットするのはなぜかしゅうさんだけ
、、、聞けば、どうやらこちら愛媛県の一部のエサ屋さんでしか取り扱いが
無いというマル秘エサばかりにアタって来ているとの事!

北日本のエラコなんかと同じでこ~ゆ~ご当地エサって時によってはこれ以外
一切食わないってくらい威力を発揮する事がありますよね。


そんなイトヨリダイの時合いも午前9時までには一段落してここからはひたすら
マンダムタイム、、、積極的にサビいて誘いを掛けても更に小さいエサ盗りに
いつの間にかエサを掠め取られるか、たま~に何か付いてると思えば、





ホウボウやらカサゴ、、、


それも朝イチに連発したイトヨリダイ同様どれもサイズが小さな個体ばかりで
大物と呼べる魚は50~60cm級のワニエソを除けば最後まで顔を見せて
くれる事なくあっという間に撤収時刻になってしまいました、、、

まっ、初日は3人一緒でやれる広い戦場とゆ~のを最優先にチョイスして
ましたし、今回がお初コラボとなったクラックさん&しゅうさんも終始ワイワイ
釣り談義で盛り上がりながら楽しくやれたのでいい親睦会にはなったかな?


丸々肥えたカサゴはキープで、残りのイトヨリダイとホウボウはいずれも
ランディングした時点で昇天しちゃってた個体のみお持ち帰りとしました。





一応、ボウズ逃れとはいえかなりのド貧果!(爆)


撤収後はしゅうさんとお別れした後、真っすぐホテルに直行&シャワーを浴びて
少し休憩してからお気に入りの焼き鳥居酒屋へ行って反省会?いや、明日に
向けての作戦会議となりました。

もうここも何年も通っている為、お店の人たちとも顔見知りであれこれ喋ってる
うちに予想以上に時間も経過しちゃって超特急で部屋に戻ったら即就寝!

といきたかったのですが、、、(泣)







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ フリーゲンTD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3.5号
■ 仕掛け: 1本針仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 7号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 16号
■ エサ: マムシ、アオイソメ


「明日、大丈夫なん!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

70cm マダイ撃沈! 愛媛県・宇和島市 / 宇和海 (2日目)


GoToトラベルのおかげでいつものホテルも通常よりかなりお安く泊まれた上に
2000円分のクーポンまでもらいキャンペーン期間中はもっともっと遠征したい
なぁ~って思っちゃったJCAでございます。(笑)

昨日はチェックイン開始時刻の午後15時キッカリにフロントに到着&一旦
お風呂でリラックスしてからお昼寝!?暗くなるとお気に入りの焼き鳥屋さんへ
行って軽く飲んでから早めの就寝、、、思ってた以上に睡眠時間も確保でき
元気モリモリで2日目を迎える事ができましたっ ♪

あっ、そうそう!宇和島市内に昔からあった24時間営業の上州屋へちょっと
した備品を買いたく行ってみると、なんと閉店してました、、、もうすでに建物
を取り壊すのか?重機も何台か止まっており何だか寂しい気持ちになりました。


さて、2日目の戦場ですが、昨日と同じエリアに入ろうか?と一瞬悩むも、
来たるコラボ遠征に向けての下見も兼ねている事を思い出し、リストアップ
していた幾つかの戦場候補を見ながら違うエリアを選択。


ジ~~~~~~ッ!?


薄暗いうちから戦場入りしてすぐ攻撃開始すると、なんと1投目で、





41cm イトヨリダイ撃沈。


まぁ、今はすでにそこそこ明るくなってきてはいますけど、ほんと夜戦など
真っ暗な中、急に鳴り響くドラグ音っていつ聞いてもドキッとさせられます
よねっ。アドレナリン大放出というかかなり病みつきになっちゃうまさに
大物投げ釣りの醍醐味の1つでもあります。


ササっと魚を締めて再びファイヤ~&糸フケを取って三脚上に置いた途端
に今度は真隣の竿からさっきと同じ勢いのドラグ音が鳴り響いて、

群れで回遊してきてたのでしょうか?





またまた45cm イトヨリダイ撃沈 ♪


幸先良くお土産確保中ですわ~。

この海域ならどこで投げてもイトヨリダイだけは必ず顔を見せると言っても
過言でないくらい非常に魚影が濃く、本命にフラれてもこやつだけはキープ
できたからとりあえず満足!みたいな時が多かったんですが、なぜか
昨シーズンだけは少ない?まっ、たまたまわたくしめが攻めていた戦場だけが
少なかったのかもしれませんけど、絶滅しちゃったのか!?と思えるくらい
釣れませんでした、、、

地球が持たん時が来ているのか、、、心配してたんだけど、ど~やら
今シーズンは例年通りそこそこ魚影も濃いよ~に思えますねぇ。


もうすぐ本格的に開幕する今シーズンの釣果に期待しつつ、また今日の釣果
にも期待しつつアタリが連発した方向へ打ち返し。

只今、潮は下げに向けて活発に動いてる最中な上に朝マズメとゆ~のもあって
イトヨリダイのみならず他の魚が活性が上がってるはず!今のところ
昨日みたいなサバフグが湧いてる雰囲気もありませんし、少し短めの
インターバルでサビいたりしながら積極的に誘いを掛けていくと、

仕掛けを再びステイさせた瞬間にけたたましくドラグ音が鳴って、





チ~~~ン!


お呼びでないって、、、

昨日もあまり見かけなかったから存在自体を忘れていた?いや、忘れてはいない
けど静かなのに越したことはないと思ってた矢先に極太のワニエソの登場。

さっきイトヨリダイについて書いてましたけど、そ~いえばこのワニエソも
定番中の定番外道で普通にエサへ食らい付いてくる事もあれば、フォール中
からエサを追い掛けてきてバイト or リーリングを開始した直後に
リアクションバイトなど厄介者でございます。

どちらの魚もカマボコの高級原材料として重宝されているのは知ってるものの
、イトヨリダイはさておき未だエソだけは持ち帰ろうとゆ~気になれないJCA
、、、やっぱり顔がヘビで体が魚という不気味な取り合わせが苦手。(爆)


めちゃくちゃ酷いってまではいかないけど、太陽が昇るにつれてワニエソの
ヒット回数が格段に増えてきて気軽に仕掛けをサビく事すらままならない
状態に!?放置プレイを決め込まざるを得ません、、、


今日は昨日同様快晴の釣り日和で風もほぼ無風状態 ♪


下手に仕掛けを動かしてしまうと大切なエサがエソの餌食になるなら、
一応、お土産も確保&ボウズ逃れできているのでしばらくの間簡易チェアーに
座って日向ぼっこでも決め込もうと決定。(笑)









「宇和海」


透明度の高い水の中を覗き込んでみるともの凄い数のキビナゴ?イワシか
なんぞの小魚が巨大な群れを作って行ったり来たり、、、これだけベイトが
居れば泳がせをやれば青物かヒラメなんぞも狙えそうにも思えますよね。


のんびり日光浴をしてるうちに3時間近くも経ってしまい時計を見るともう
午前11時前!?あっ、ず~~~っとダラダラしてたわけではなく当然
30~40分間隔くらいで仕掛けを動かしているとか回収&エサチェックを
したり、飛び付いてきたエソを外してポイしてみたりとちゃんと
やる事はやっておりましたよぉ。(爆)

たまにエサが少し齧られた形跡があったりするものの、不思議とココは
エサ盗りがおとなしいみたく放置プレイが成り立っております。

睡眠不足も解消してるしそこまで気にはしてないけど、久しぶりのこちら方面の
遠征。念の為に早めの撤収に心掛けようと思い、どれだけ遅くても午後16時
までには帰路につきたい、、、そんな事を考えながら迎えた午後13時。

朝マズメからず~っと沈黙してた陣地に、


ジイイイ~ッ、ジィ~~~!


突如戦慄が走りましたっ!


アワセを入れると一気に強い締め込みを見せ、ドラグで対応しながら寄せて
くると途中何度もゴンゴンゴンと首を振るよ~な抵抗、、、

これはおそらく、







70cm マダイ撃沈 ♪


おそらくでしたぁ~!

サイズはこやつより小さいものの、ちょ~ど昨日もマダイを撃沈していたのも
あって即分かりましたわ~。鯛系の魚って幾つも種類がありますけど、比較的
マダイは分かり易い引き方をしますよねっ。

昨日の個体よりこっちの方が色鮮やか?とゆ~か、どちらも天然個体では
ありますが、より美しさを感じます ♪


この手のサイズになると群れを作るのではなく単独で回遊しているのがほとんど
になりますから、立て続けにアタリが出るよ~には思えませんでしたが、
とりあえずもう1時間集中~。

完全に反応が途絶えてしまった事を確認した後、午後15時撤収としました。





明日からマダイ三昧ですわ~ ♪




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ フリーゲンTD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3.5号
■ 仕掛け: 1本針仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 7号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 16号
■ エサ: マムシ、アオイソメ


「マダイは嬉しいね ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR