マトウダイの森!? 愛媛県・伊方町 / 宇和海


通い慣れた道のりってのもあり内子PA辺りまで普通にやって来て、トイレ休憩
のストップ時にカーナビに教えてもらった場所をセット&大洲市で下道に降りて
から約40分、、、予定通り真っ暗なうちに戦場に到着し早速先にサビキ
タックル&アジバケツを出してエサのアジ釣り開始です。


聞いてた通りかなり明るい常夜灯があってアジが湧いてそ~な気配、、、夜間は
大体誰かアジを釣ってる人がいるそ~なんですが、今朝は誰もおらずちょこっと
心配になるも仕掛けをポチャンと沈めた途端に心地良いアタリと共にちょ~ど
いいサイズのアジをゲ~ット ♪

確かにアジはほぼ入れ食い状態であっという間に二桁超えなものの、時期に
よってなんでしょ~けど全体的にサイズがエサにするには少々大きめなんです
、、、むしろ人間側で食べる方が嬉しいよ~なサイズが多くとりあえずエサで
使えそうな個体を30匹程確保するまで頑張って終了 → そこからすぐ近くに
ある突堤まで移動してるうちに夜明けを迎えました。





それにしてもこんなほぼ車横付けに近いよ~な所でこうも簡単にアジが釣れる
なんて、、、もっと早くに知ってたら良かったなぁ~。


今、移動してきた突堤も当然わたくしめは過去に竿を出した事が無いお初の場所
になり事前情報はゼロ、、、釣ったアジを泳がせて~と話してるとここを教えて
くれた友人が投げはした事ないけどあそこなら何か大物が居そうやで~と。
その上、ここからそう遠くない同じ町内はマムシやアオイソメを投げてマダイ
、イトヨリダイなど釣った事がありますから基本投げ釣りは成立すると思うし
、新規開拓をしていきたいと思ってる中、いい機会でしょ?


攻撃準備を整えたら早速アジを掛けてファイヤ~!


想像してた以上に水深があってこれならやっぱり虫エサも持参すれば良かったと
後悔しつつも、それはまた今度のお楽しみ&もしかすると底が荒くて場所移動
になる可能性もあるので今は海底ストラクチャーの把握が先決と集中です。

全ての仕掛けを投げ終えてしばらくすると投げたばかりの竿先にアジが
暴れてるよ~な叩く反応が出て、


ジ~~~~~~ッ!


スピードからしてあの忌々しい外道、エソでは無さそう?





ほよよ~!?

45cm マトウダイでした。(笑)


薄い茶色の魚が浮かんできたので一瞬ヒラメ!?と期待したんですがハズレ
でしたぁ。まぁ、こやつが掛かるとなるとそこまで底も荒くないでしょ~し、
それこそヒラメなんかが居る可能性も出てきますからGOODサイン?


久しぶりにグ~~~、グ~~~と鳴くのを聞いて笑いながらキープ ♪

普段から専門には狙わないけど密かにマトウダイって超~美味なんで
いいお土産になります。サイズ的にも丸々肥えた大型ですしこれでボウズ逃れ~
と喜びながら他の仕掛けも一度回収してみますが、ラッキ~にも根掛かりもせず
全て回収されてきますしエサも元気に生きておりますわ~。

再びそのまま投げ返してドラグを設定&朝食のパンを頬張りながら、あ~~~
暖かくなってきたわ~って思ってるとまたまたさっきと似たドラグ音!?


ジ~~~ッ、ジ~~~ッ







また43cm マトウダイが姿を現したと思ってると、その直後にもう1本の
スピンパワーからもドラグ音が聞こえてきてマトウダイ、、、こりゃ確実に
群れが回ってきてるようですねぇ。(笑)


ここからもっと半島の先まで走らないといけないけど、以前シロアマダイを
狙って三崎港へ通ってた時によく地元のおっちゃんがアジを釣ってマトウダイを
狙ってるんや~って話してたのを思い出してましたけど、こんなに魚影が濃い所
があるならあれだけエソの嵐と戦わずして釣れちゃうのになぁ~と。

お初に入ってる戦場ですからもしかすると偶然群れが回ってきてるだけで普段は
サッパリかもしれませんし何とも言えませんが、この底の感じなら次回はぜひ
虫エサも投げてみたいところでございます。それこそマダイ、アマダイなんかも
潜んでるかも!?期待は膨らみつつ今はマトウダイのみ、、、

夜明け直後からパタパタパタ~っと連続して釣れて午前8時までにはピタリと
アタリが止まってマンダムタイム、、、あれは一体何だったんだろう、、、と
今目の前にある静かな海を眺めながらそう思うJCA、、、







「宇和海」


宇和海と書きつつもここは宇和海に属するのか?ちょこっと不明な部分も
ありますけどとりあえず宇和海って事にしときましょう。(爆)

ってゆ~か、ふと足元を覗いてみるとおもいっきりアジの群れがおりますやん!
この大きなワンド常になった一帯のみ溜まる傾向にあるのか?はたまた時期的に
ここらじゃどこでも釣れるのか?ほんと今後こちら側もいろいろ探っていくのも
いいかも ♪ かなり夢が広がります。


マンダムタイムに陥ってから約2時間、、、もう午前10時半になろうとして
いるのにどこへ投げても反応無し!


ちなみに恒例のエソも今朝は見ておりません。


そこで暇潰しと言っちゃなんですが、車内の常備品BOXの中に100均の小型
干し網にペットボトルの水、そして塩締めする際に使う塩を発見したので早朝に
釣ったアジの中で少々大きいと感じた個体をナイフで捌いて一夜干しを作って
みることに~ ♪ ほんといい時間潰しになりますわ~。





さすがにこの時間帯になると太陽もギラギラ&予報通り気温も蒸し暑くなって
きたので適当な日陰になってる場所を探して干してみました。(爆)


一段落ついて再び投げ釣りに集中するも、仕掛けを回収しても外敵が居ない
のか?アジもやはりピンピンしてますし今現在投げている範囲にはフィッシュ
イーターは居ないのかも、、、そんな事を思い始めて2本の仕掛けだけ少々
軽めのシンカーを使ってたのを通常の重さに変更してアジにとっては負担に
なるんでしょ~けど今より更に距離を出して沖を探ってみる事に。

それでも更に1時間はマンダムだったかな?残りのアジの数を数えながら
何時くらいまでやれるかなぁ~と考えていると急に沖に投げてた竿の竿先が
慌ただしくなって、続いて、


ジイイイ~~~ッ!


ようやくまともなドラグ音が鳴ってくれましたぁ。


アワセを入れてリーリングを開始すると、最初のうちに強い締め込みを
見せながら右へ移動していくのでひょっとしてひょっとするかも!?と
めちゃくちゃ慎重にやりとりしてると途中から水面に刺さっているラインが
クルクルと円を描きながら、、、

要するに回りながら浮上してきて、





ハァ~~~。

マトウダイでございました、、、


ランディング後、グ~~~、グ~~~鳴く声も1日の間に何度も、それも
そればかり聞いてると次第に腹が立ってきます。(爆)


その後、こちらはドラグも一切鳴らずに仕掛けを回収しようとしてみると良型の
カサゴが居食いしており唯一マヌケな声で鳴かない魚を撃沈&午前13時まで
にはアジを使い果たしてしまって終了。

FISH DINNER的には美味しいお土産三昧となってますね。





今朝はマトウダイとカサゴしか確認できませんでしたが、水深も足下からドン深
でかつ根掛かりも1回のみで特に目立ったシモリも無さそうな雰囲気ですから
またじっくり攻めてみたい戦場候補の1つになったのは収穫だと思います。


さてと、今日はこれから松山市内のホテルにチェックインしてリラックス
そして明日は友人の結婚式に出席して帰還となります。

時間もありますから久しぶりに市内の幾つかの釣具量販店を回って
物色でもしてこよ~かな?(爆)




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'12スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・'13パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: ナイロン 3号
■ 仕掛け: 孫バリ仕掛け
■ ハリス: クレハ・シーガー船ハリス 7号
■ 針: ハヤブサ・強靭ヒラメ親鈎専用 LL
■ エサ: 活アジ


「グ~~~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

五目釣り ♪ 愛媛県・宇和島市 / 宇和海


約束よりやや早めに「宇和島市」中心部の待ち合わせ場所に到着するとすでに
そこにはSurFreyja“しゅうさん”がいらっしゃいました!

わたくしめがこちらへ来る際は、毎度と言っていい程待ち合わせ場所以外の所で
偶然のタイミングで一緒になるしゅうさん、、、今回もまた偶然が起きて
お互い相思相愛!?な~んて大爆笑しながら戦場へと突入でございます。


平日とゆ~こともあり、完全に夜が明けてからの戦場入りでもガラガラ状態
、、、ど~します?一緒にやってもいいし、分かれてもいいし~?と話し合う中
、せっかくだしお互い広く使えるよ~に分かれてしましょうかと。

全ての仕掛けを投入し終えた後、暇潰しがてらにサビキでアジを拾っていると、


ククッ、ジ~~~ッ!


締め込み方からちょこっと期待しましたが、同じピンクでも異なる、







40cm イトヨリダイが浮いてきましたっ。(笑)


期待外れ?とはいえ超~ぶっとい個体でお土産としては満足のいくサイズ!
一見全長的にももっとありそうに思えましたけど計測してみると40cm。


でもまぁ、前回の丸1日粘って生体反応ゼロ状態に比べるとこ~やってアタリを
見れた事だけでも嬉しいですよね~ ♪ 一応ネット上に掲載されている最新
水温データーによればここらの海域も17℃前後まで上昇してきてるみたい
ですが、実際に回収されてくるシンカーを触ってみるとまだまだ冷たく
そこまで変わったよ~には思えません、、、

まだこんな冷たさじゃそこまで魚の活性は望めないかなぁ~、、、と思いつつも
、とりあえずさっきアタリが出た付近に他の仕掛けも近付けて再びアタリを
待ちます。きっと長時間放置しててもエサもそのまま残っている状態だろうし
マンダムな戦いや~と思ってるとたまたま回収した仕掛けはなんと素バリ!?

まさか!と気になり急いで他の仕掛けも回収してみると全部エサが取られており
、針からチモト付近にかけてヌメ~っとした白い繊維が残ってます、、、
おそらくカワハギの仕業っぽいですねぇ。





早速、エサ取りの正体を暴く為に1本だけ小針仕掛けに変更してみると案の定、
いつの間にかチビちゃんカワハギが入れ食いですわ~!まだ食べる所が
ありそ~な大きさの個体だけキープしてチビちゃんの大半はリリース。

この入れ食いタイムは30分程続いてようやく一段落。


お互い戦ってる様子は見えるものの、さすがに大声を出しても何を言ってるのか
理解できないくらいの距離の位置にいらっしゃるしゅうさんとはラインをメイン
に状況報告。聞けばちょ~どこちらとほぼ同じタイミングでカワハギがアタり
だしたみたく、あちらでは33cmの個体まで飛び出したという!?







「宇和海」


30cmオーバーのカワハギとは超~羨ましいので早速わたくしめもキャスト
する方向を少しずつ変えながら手持ちでカワハギの群れを探すもあれだけ居た
はずの魚影は完全に消え失せておりたま~にトラハゼ、トラギス、イソベラ
なんぞが掛かってくるのみ。(笑)

いつまでもカワハギの群れに固執してても無駄に思えたので、お次は暇潰し
がてらに午前中から拾ってたアジを投げみることに~。


ジャア~~~ッ!?


着底と共にけたたましいアタリがっ。





うわっ、極太ワニエソの嵐ですわ!


思えばここはむしろ極太のエソが数釣れる戦場として名を馳せているよ~な所!
逆に攻撃開始から今まで1匹も掛からなかった事が奇跡のようなもの。大きな
群れで湾内に入ってきてるみたくどこへ投げても即アタリの入れ食い状態、、、
虫エサ仕掛けにも回収時にリアクションバイトしてきて閉口させられます。

元々そんなに数を確保できてなかったアジはみるみる無くなってゆきラスト5匹
ってタイミングでようやくまともな魚が立て続けに2匹 ♪







30cmを超える良型のカサゴマトウダイ


こやつらがアタり始めた頃からエソが若干おとなしくなってきた?感じに思えた
ので、もしかするとエサのストックがあればあと数匹まともな魚が撃沈できてた
のかもしれませんが、残念ながらアジは無くなってしまい終了。

あはは、それならまたサビキで釣っても良かったものの、時間も14時を
回ってましたし撤収時刻を考えるともういいかなぁ~とねっ。(笑)

15分もしないうちにエソの群れもどこかへ行ってしまい静かになったのと
虫エサの方が少々余り気味だったので全部使い切る為に積極的にサビいたり
しながら打ち返し。あまりちょこちょこ仕掛けを動かし過ぎると再びカワハギ
やら他、エサ取りの小魚が邪魔してくるかなぁ~?と思うも何度回収しても
エサはそのままなので今が最も本命にアピールできるチャンス!


ちなみに本命って何?


なんですが、それはみなさんのご想像にお任せするとして片付けていかないと
いけないタイムリミットが刻々と迫り来る中、

最後の最後にそれらしき地を這うよ~な重たいドラグ音!?


ジ~~~~~~ッ





朝イチ同様、ピンク色っぽく見える魚体に一瞬期待させられるものの、水面に
ポカンと浮いたのはこれまた丸々肥えた43cm イトヨリダイ

本命にフラれた時に毎回心を癒してくれるイトヨリちゃんなのでありがたい存在
ではあるものの、心のどこかで期待させやがって~と叫びながらクーラーへ
ポン ♪ でもまぁ、終わってみるとそれなりにバラエティー豊かな釣果?
いわゆる五目釣りができてて良しとしましょうか。

印象的には水温と魚の活性が安定するのにまだもう少し掛かりそ~に
思えましたが、確実に海の中も春になりつつあります。


予報では明日もベタ凪状態と非常にいいコンディションにある宇和海、、、
それなのにここで終了&後ろ髪を引かれながら帰還ってゆ~のはやっぱり
未練が残るので、次回からは最低2日以上できない時は断念 or 延期方向で
考えていこ~と思いましたぁ。(笑)







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・プロサーフ425BX-T
■ リール: シマノ・'13パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 1本針仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 8号
■ 針: まるふじ・シーフォースサーフ 16号
■ エサ: マムシ、アオイソメ、活アジ


「次回に期待やね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

新規開拓虚しく、、、 愛媛県・八幡浜市 / 宇和海 (2日目)


昨夜は前々から存在自体は知ってたものの宿泊するのは今回がお初となった宿へ
早めにチェックインして大浴場でマッタリして就寝 ♪ 口コミ含め常に高評価
を得ている宿だけあって超~綺麗かつ施設も充実してて一気にお気に入りに
なっちゃいましたぁ。次回から空室がある時は積極的に利用したいですね~。

午前4時半に起床&買い出しはすでに前日中に済ませてあったのでそのまま
グネグネ道を走って待ち合わせ場所へ、、、SurFreyja“しゅうさん”
合流して早速2日目の戦場入りでございます。


今日は今シーズンから取り掛かっている新規開拓をメインにチョイスした戦場で
、主に定かではないけど過去にアマダイやマダイの実績があったと聞いている所
や航空地図を見ながら気になった場所を片っ端からしらみ潰しにしていこ~と。
激渋で今すぐに釣果は望めなくとも1ヶ所でも多くデーター収集をしておけば
今後必ず何か新たな発見に繋がるだろう、、、そう信じての長期作戦。

しゅうさんも最近は新規開拓をも視野に入れながら出撃されてるよ~ですし
何か大きな成果を出したいものですよね~。(笑)







「宇和海」


夜明けと同時になだらかに落ち込んでいってるカケアガリ目掛けて一斉に
ファイヤ~&時々サビいたりしながらしゅうさんとワイワイ雑談しながら
戦場で時間を過ごします。

ブラックコーヒーを頂き、その後インスタントのカレーメシ?まで頂き、再び
体を温めるためブラックコーヒーを、、、あとはひたすら話をしながら打ち返す
時間だけが午後15時過ぎまで流れました、、、ちなみに釣果は?

攻撃開始早々に回収し始めた途端に飛び付いてきた極太ワニエソが1匹のみ
、、、それ以外は2人して生命体を見る事はありませんでした。(泣)


このままじゃ気が済まないとゆ~ことで朝からの戦場調査はここまでにして
半島単位で大きく移動して夕マズメ前からマダイの実績が非常に高いという
しゅうさん十八番エリアで2回戦突入となるも水温が落ちる前、2月頭くらい
までは必ず1匹はマダイの姿が見れてたはずという場所も沈黙、、、これまでの
戦場同様回収されてくるシンカー&エサが凍り付いてるかと思うほど冷え冷え。


結局わたくしめは今夜中に帰らないといけない為、午後18時半まで粘って
終了&しゅうさんは引き続き竿先ライトをセットしてわたくしめが高速道路を
吹っ飛ばしてる最中も頑張られたよ~ですがドラマは何も起きないまま終了
となられたそ~な、、、地球が持たん時が来ているのだろうか?

いや、例年には無い程、今年は水温低下が酷すぎると言うのがベストアンサー
でしょうねぇ。再び上昇傾向に入り活性が上向きだすまでしばらく厳しいよ~
に思えますが、とりあえず新規開拓もありますから定期的に通い続けていきたい
と思っております。次は3月に入ってからかな。







「NO FISH!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

リアクションバイトが3回のみ、 愛媛県・宇和島市 / 宇和海 (1日目)


最近はトラウトルアーもやり始めてるみたいね~ならいいんですが、トラウト
ルアーに転向してしまったのでは!な~んて思われちゃったら困りますから
厳寒期、寒くても出撃ペースだけはあまり落とさないよ~にコンスタントに
海へ出て行こ~と考えております。(笑)

さて、近況情報ではあの悪食なイトヨリダイですらほとんど姿を現さなかった
、、、やら現在の宇和海の海水温は9℃を下回ってるよう、、、など正直、
状況を聞いてるだけでもアウトっぽい印象は受けるものの、やってみないと
分からない!そして今のうちに新規開拓しておきたい戦場候補が幾つかあります
ので当分の間、釣果をど~こ~よりそれらの調査を最優先に考えしつこく
通い続ける予定を組んでいるJCAでございます。







「宇和海」


お天気だけはめちゃくちゃいいです ♪

初日は超~久しぶりとなる“ぱらのいあさん”とのコラボでして、午前6時に
待ち合わせをして戦場へGO。

海図と照らし合わせてみる限り、釣り座から投げて一帯では最深部となる水深
40mラインに届く位置をセレクト。この冬は宇和海エリアも大寒波&大雪に
見舞われ、その影響がモロに出て例年よりダントツ水温低下が著しい中、最深部
を狙うのはある種の賭け?もしそこまで完全に水温が下がりきってしまって
たらもう他に手はありませんけど、少しでも遅れていてくれればもしかすると
魚の活性が望めるかも?そ~いった考えを持っての作戦。


が、しかし、、、


仕掛けを投げてしばらく放置した後、一旦回収してみるとシンカーからエサ
まで氷を触ってるかの如くめちゃくちゃ冷たいんです!?エサ箱の中で元気に
動いてたはずのアオイソメは完全に伸び切ってダラ~ンと動かなくなっちゃって
ますし過去にここまで水温低下が目に見えて起きた事って無い?初めてかも。

こりゃ、いかんですねぇ、、、と話しながらも打ち返し、こまめにサビいて
みたりいろいろ誘いをかけながら様子を見ますが生体反応自体がありません。


何も釣れないマンダムタイムが果てしなく流れ、午後14時になってようやく
仕掛けをサビいた瞬間にまさにリアクションバイトの如くアタリが出て
可愛らしいチビちゃんのイトヨリダイ、、、





宇和海でイトヨリを釣るのがこんなに難しかったなんて!?と水温変化の影響の
凄さを改めて実感しましたわ~。(笑)


どうやらこの一瞬?短時間だけ魚の活性が上がったみたく同じよ~に仕掛けが
着底したと同時にぱらのいあさんの竿にもアタリが出て自己記録となられる
極太のワニエソがヒット!続いてわたくしめの竿にもこれまたサビいた直後に
ノック、ノックが起きてさっきよりもう少しだけ大きめ?なイトヨリダイ。







あはは、イトヨリもチビちゃんならアカアマダイも似たよ~なサイズの個体が
食い付いてきましたわ~。もっと大きくなってまた帰って来いよ~と即リリース
するもすでに水圧で昇天しちゃってて完全にアウトだったので再びタモで
掬ってお持ち帰りする事に、、、

ほんとこの午後14時から午後15時までの約1時間だけが唯一海に変化を
感じられた時間で、その間にパタパタっとこれらの魚が水揚げされて
あっという間にまた沈黙の海へ、、、それでも1日全く何も釣れなかったよりは
こ~やって魚っ気を短時間でも感じられてラッキ~だったのかも?


当初は持参したエサが全然減らないので夕マズメ頃まで粘ってもいいかも~と
話しておりましたが、午後15時を過ぎると急に北西風が強くなりだし少々戦い
辛くなってきたので適当な頃合いを見計らって終了となりました。





ぱらのいあさんはリベンジ?じゃないですけど明後日もグレ釣りに出られるよ~
ですのでまずは爆釣祈願をしながら解散&わたくしめはもう1日戦う予定では
いるものの、ここまで渋いとは思いもしませんでしたのでちょこっと、、、
いや、今からかなり不安でございます。(爆)




「やっぱ渋いねぇ~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

生体反応が薄い、、、 愛媛県・八幡浜市 / 宇和海 (2日目)


もうすでに外気温は2℃まで下がってしまってますけどほんまに夜釣りされるん
ですかぁ!?って問いかけに平然とした顔をして、俺は全然やるで~と答え夜戦
場で降りていかれた“マダイ師匠”、、、わたくしめはそのままみかんの湯が
あるホテルへ直行したわけですが、部屋で暖房をギンギンにかけてても
なかなか暖まらないくらい外は極寒で、こんな中、朝まで戦われるとは
マダイ師匠はタフ過ぎるとしか言いようがありませんよね!

そして今朝、約束通りの午前5時半にピックアップに向かい釣果を伺ってみると
サッパリだったとの事、、、やはり真冬の夜戦は厳しいのかも?です。


いつものなら夕方頃までみっちり戦って帰還といった感じになる宇和海遠征
ですが、明朝から成田に移動して海外出張に出ないといけないのもあり無理は
禁物とお昼過ぎ頃に撤収予定でおります。マダイ師匠にはポイントはどこに
されるか?朝までに考えてて下さいと昨日のうちに候補を2ヶ所まで絞り込んで
別れており、ファイナルアンサーを伺うと2つ目の方に!

1つ目の方とゆ~のはクーラー内が空っぽのまま帰還するのを避けるべく
何かしらお土産も取れそうな過去に行った事のある戦場でもう一方が引き続き
新規開拓の賭け!やっぱり常に勝負師と言いますか、、、丸ボウズでもいいから
新しい場所を攻めようという考えは出会った頃と変わりません。さすがです!







「宇和海」


宇和海と言えどもめちゃくちゃ広範囲に渡りますし、そのエリア内には良さげに
見える小場所が無数に点在しておりまだまだ可能性を秘めております。

早速カーナビの座標に戦場付近を打ち込んでGO&到着早々ファイヤ~して
いくも想像してたより浅め?いや、海図を見る限り水深はそこそこあるはず
なんですが、、、と戸惑ってるとど~やらマダイ師匠が投げた方向は急深に
なっているみたくちょ~ど大きなスロープの途中にわたくしめらは居るよう。


目立った根掛かりも無く雰囲気的にはいい感じ~とワクワクしますが、1時間
、そして2時間が過ぎてもアタリは皆無、、、リーリングし始めると一気に
襲ってくる定番のエソに数回弄ばれながらひたすら頑張るもドラマは一向に
起きてくれません。マンダムタイムをただただぼ~っと雑談しながら過ごして
おりましたが、さすがに昨夜のお疲れが出てきたのか?





マダイ師匠は波止際で爆睡モードに突入!?


それも寝返りでも打てば海にドボンしちゃいそ~な超~際どい位置で爆睡される
ものですから見てるこちらの方がヒヤヒヤですわ~。マダイが釣れない時は
基本ご機嫌が斜めなわけでして、、、下手に起こしてめちゃくちゃ怒られても
なんですからこのまま放置とゆ~ことで。(爆)

JCAも最初のうちはブラックコーヒーを飲みながら竿先を凝視してたものの
、ここまで沈黙が続くと仕舞いに心が折れ気味になってきてクーラーの上に
座ったままうたた寝開始、、、


ジャアアア~~~ッ!?


おそらくは20分も寝てなかったと思いますけど、急に鳴り響いたドラグ音で
ドキッとさせられて起床&即対応するも、水揚げされてきたのは、





イラん魚イラでした。(泣)


エソにトラギス、トラハゼ、そんでもってイラ、、、この負の連鎖とも言うべき
外道たちを見てここではアマダイ、マダイの魚影が望めるのか?確かに実績場
ではこれらの外道プラス、イトヨリダイなんかが定番的におりますし謎?
とゆ~より疑問は深まるばかりです。

あっ、ちなみにマダイ師匠はけたたましいドラグ音が鳴ったにも関わらず
全くお目覚めになられる様子も無く爆睡モード継続中!(爆)


結局果てしなくマンダムタイムは続きあっという間に午後13時過ぎ、、、


ずっと爆睡されてたマダイ師匠もお目覚めになられ時計を見て、おっ、そろそろ
終わりにしよ~か~とスッキリ&サッパリ終了となりました。

厳寒期はど~しても過去に実績にある戦場ばかり固執しがちですが、この2日間
全くお初の戦場ばかりと大物投げ釣りにハマった頃にマダイ師匠と桜島の
避難港を片っ端から数ヵ月かけて開拓してた頃を思い出し久しぶりにワクワク
しました。原点回帰を謳うならこ~ゆ~よ~な貧果覚悟の新規開拓も
積極的にしていかないと面白くないよなぁ~と改めてねっ。





さてと、渋滞してない事を祈りながら帰還しましょうかねぇ。




「長距離運転やね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR