FC2ブログ

7月から延期続きだった作戦、 高知県・宿毛市 / 鵜来島


午後14時40分、渡船屋前に到着してみるとお局社長のおばあさんが
渡船の前でお待ちかねで、挨拶するや否や第一声から、


“風が強くなる予報だからココとココしか行けないけどどないする?”


ええっ!?じゃあ、ここやらあそこは?と入りたかった磯名を挙げてみると全て
風が当たるから無理と、、、最悪や~、前日の電話確認でも大丈夫そうか?
確認してたのに当日急にこんな展開になるとは、、、と全員で嘆いていると
他にも同じくタマミ狙いで大阪方面からいらっしゃってる4人組がいるらしく
JCAら5人がキャンセルするなら向こうも断らないといけなくなるかも
しれないし、、、みたく言われてしまうと、

こちらとしては答えは行きます!としか言えない状況やん。(爆)


そして超~偶然にもその4人組の方々は昨年もここでお会いした釣友御一行様
でした!1年ぶりにまた全く同じ日に会うなんて~とお互い大笑いしながら
磯については今ここで何を言っても埒が明かないので出船してから船頭さんに
交渉しようとなり、まずは荷物を積み込み午後15時過ぎ出船。







あれっ!よく見てみると見た事の無い船頭さんが舵を握っており、今までの
方は?と聞いてみるとどうやら最近辞められたらしく新人船長さんとのこと
、、、磯について交渉するも大丈夫とは思うけど社長が、、、社長が、、、と
結局はなってしまい最初に指定された2ヶ所のみとなってしまいました。

それでも1つの方はハマフエフキが濃い事でよく知られておりわたくしめも
過去に数回上がった事のあるエリア。が、しかしもう一方はこの手の作戦では
あまり聞かない?そこまで人気の無いエリアですが、JCAらSurFreyja
メンバー4人、“しゅうさん”“高ちゃん”“AKBさん”にゲスト参加の
“マダイ師匠”含めた5人はAKBさんが磯投げ自体ほぼお初だったのもあり
二手に分かれて一ヶ所の方は3人で上がれてやれそうな広さがある上、足場が
まだ安全な所希望となると後者のエリアとなってしまい同じ海域だしどこも
一緒だろうとそちらをチョイスすることに~。


うむむ、確かに広いものの磯自体が完全に斜めっておりフラットな部分が無い
磯、、、まずは段差を見つけて荷物が滑り落ちないよ~に固定してから
セッティング開始となりました。





「鵜来島」


海に向かって左端と右端のみ足下付近から落ち込んでおり中央一帯は
相当向こうまで浅瀬が張り出しててこのラインシステムじゃ魚を掛けても
まずその瀬に食われてしまい上げれないのは明白な状況、、、まだ低めかつ
足下から何も無く釣り易い左端に全てがお初のAKBさんに入ってもらい
マダイ師匠とわたくしめは右端でミックス。

どんな作業をするにあたっても常に足下が斜面なので暗くなっても行動範囲に
障害物が無いよ~にセッティングし午後18時過ぎ攻撃開始となりました。


仕掛けを投げ終えた後、急いで忘れていた蚊取り線香包囲陣を設営してると
ウツボにしてもやや乱暴な竿先を叩くアタリが数回、


ゴンゴン、、、ゴンゴン、ゴン!





32cm アカハタさんでした。(笑)


どうやらこの一帯はアカハタがかなり濃いみたくこの1匹を皮切りにマダイ師匠
がアカハタを3匹連発させたかと思うとAKBさんにも念願の磯魚第1号となる
アカハタがっ ♪ こやつは食べても超~美味しい高級魚ですから攻撃開始
早々からみなお土産確保で笑みがこぼれます。

この夕マズメのアカハタ時合いが終わると同時に日は暮れて真っ暗な夜に、、、
月は出てるはずなんですが分厚い雲に覆われてて見えず、その代わりに東の空で
何度も何度もほとばしっている稲光が不気味に一帯を明るくしております。


そして始まったウツボの嵐、、、


どこへ投げても即典型的なウツボのアタリが出て、すぐ上げても竿先が揺れる
のが止まるまで待って上げてもほぼ百発百中でウツボが掛かってきます!でも
今日はAKBさんが釣られたウツボは全部下さいとお願いされてたのもあり、
いつもなら撃沈 即ポイとなるはずが、撃沈 はい、ど~ぞ~ ♪
という流れに、、、これだと一晩でウツボだけでクーラーが満タンに!?(爆)

マダイ師匠からプレゼントされた極太ウツボをハンマーでバシバシ叩いて気絶
させてたAKBさんの背後で彼の竿が急に吹っ飛び、ようやく本命来襲か!?と
人生初のゴリ巻きファイトを見守っていると、





モンツキこと大型のクロホシフエダイ撃沈!

おめでとうございます ♪ と感動で手が震えているAKBさんをカシャっと
記念撮影し、本命と違えどいよいよウツボ以外の魚っ気が出てきたかなと
期待&新鮮なエサに交換して回遊を待ちます。


今回は毎年開催しているクラブのイベントでもあり対象魚はハマフエフキ!
一晩で釣ったハマフエフキの合計長寸で競うルールとなっている為、他の魚が
たくさん釣れても勝算は無いんですよね~、、、今のところ少し離れた位置で
戦っておられるしゅうさんと高ちゃんコンビの方もウツボの嵐オンリーみたい。

そ~いえば来る時に船頭さんが今シーズンは台風だらけで出船自体ができず
運航できた日数は例年の半分以下と言ってたのでウツボも抜かれずゴッソリ
そこらじゅうに居るんでしょうねぇ!?







おばあさん社長が言ってた15mを超える強風予報も気になるので定期的に
気象予報をチェックするも、依然変わらず明朝まで風速2m以下の予報&海は
ベタ凪でこれなら渡りたかった磯へ絶対行けたよね~とみな不満大放出
していると何の前触れも無しにわたくしめの竿が吹っ飛びました!?


バシュッ!


これは本命っぽい ♪ と喜ぶもすんなり寄ってくるんですよね~。





52cm ハマフエフキ撃沈。


やっぱりね~、、、そんなに大きくないサイズだったのでスピンパワーXXX
&ブルズアイXTのゴリ巻きの前、抵抗できずあっさり上がってきました。


気付けばもう日付も変わって午前1時半じゃないですかぁ!?


やっとこさ本命の回遊が始まった!と誰しもが次なる激震を待ちわびるも、、、
ど~やら単発だったみたく後に続かず竿先を揺らしてくるのはAKBさんゆきの
ウツボのみ。数えてませんがもう結構な数がクーラーには入ってるはず!


長過ぎるウツボ&マンダムタイムでついにAKBさんは力尽きて竿を1本上げた
ままでグッタリとアナザーワールドへ、、、マダイ師匠も器用に斜面の上で
クーラーをストッパー代わりにして爆睡しております。わたくしめも何度も
睡魔に襲われて落ちそうになるも腰掛けているクーラー自体がかなり
斜めっておりたえずどこかに力を入れて踏ん張ってないといけない状況で
少し寝たくてもなかなか寝付けません。

ど~もがいても寝れないので根性で立ち上がってひたすらウツボ退治をしてると
何回目かの打ち返し時に着底と共にひったくっていくよ~なアタリが出て、





もう1匹、36cm アカハタ追加。


午前4時を回るとあれだけうるさかったウツボすらアタらなくなりそのまま
フェードアウト。片付けないといけない時刻になっちゃいました。


お迎えが来てみなさんの釣果を伺うと岬を回り込んだ東面で戦ってらっしゃった
4人組のみなさんは渋いながらもハマフエフキの回遊あったみたく1匹ずつ
お持ちだったのに対し、こちらのサイドはわたくしめの1匹のみで他は全員
アカハタ他、お土産魚のみ、、、いや~、本当に渋い夜となりました。

帰りに船頭さんに昨夜は全く風も吹かなかったですよ~と話してると、やはり
そうでしたか、、、でも社長が、、、と同じ応答。まだ慣れない船頭さんみたく
他の渡船屋さんの船頭が先生役として便乗してましたし今後こちら方面に来る
際はよく考えて来ないといけないね~とみんなで話しながら帰還となりました。





これにて今年のハマフエフキ作戦は終了かな?


来年からは時期的にも他にやりたい作戦と被ったりしますから、それぞれを
よ~く吟味しながら優先順位を決めて計画を立てたい思います。




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425XXX
■ リール: シマノ・ブルズアイXT 遠投 9120
■ 道糸: モーリス・バリバス バーマックス石鯛VA-G 24号
■ 仕掛け: 捨てオモリ仕掛け
■ ハリス: サンライン・大物ハリス 40号
■ 針: がまかつ・タマンスペシャル 24号
■ エサ: ヒイカ


「船頭変わったんや」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

78、76、73cm ハマフエフキ撃沈! 高知県・大月町 / 柏島


わたくしめの仕事の関係もあり、午前10時過ぎにようやくフリーに → それに
合わせて自宅まで来て頂いた“マダイ師匠”と即渡船乗り場まで向かうとゆ~
超強行スケジュールの今回、、、、やはり距離がおもいっきりあるので
現地到着は午後17時前になってしまいましたっ。

まっ、あらかじめ船頭さんに電話してこれくらいの時間になるけど大丈夫?と
了解を得た上でしたから気分的に楽だったものの、いつ来てもここは遠いですわ
、、、同じくらいの距離&時間が掛かる宇和海方面の方がまだ楽かも?なんせ
下道に降りずほぼ終点まで高速で行けるよ~になったのでねぇ。


戦場上陸後、直ちに攻撃準備に入り、完了したらマダイ師匠は持参された新鮮な
イカを短冊に~&そしてJCAは陣地周りを蚊取り線香包囲陣でシールドして
午後18時半、攻撃開始となりました。







「柏島」


できれば夜間はまだ涼しかった6月半ばまでに訪れたかったのですが、
台風などのイレギュラー続きで結局月末に、、、


天気予報をチェックしながら今夜は絶対蒸し暑いなぁ~と思いつつも、ここまで
来たからには攻めのスタイルで戦わないと!と自分自身に言い聞かせて
クーラー内でいい具合に半解凍になってたヒイカをファイヤ~していきます。

6月に入ってからはヒイカの水揚げを気にして時々毎年取り扱いのある鮮魚店
などを見てきてはおりますが、今年は全然で一度だけ近くのイオンモールの
鮮魚コーナーで発見するもど~見ても鮮度が悪い個体ばかりだったので断念
、、、そんなわけで昨年にまとめ買いして小分けに真空パック冷凍してた物
オンリーで今回は戦おうと考えております。


真っ暗になってすぐマダイ師匠の竿に2回荒っぽいアタリが連発するもいずれも
エサを咥えて走り その後離してしまったのか?針掛かりせず、、、JCAの
方はずっと静まり返っております。やっぱ鮮度のいいイカの短冊も持参すべき
だったかも?と後悔しても手遅れ、、、それに残念ながら今回は買い出しに行く
時間すら無かったのでしゃ~ないですわ。

沈黙の時間はマダイ師匠と雑談しながら過ごし、そ~いえば今日はまだウツボを
1匹も見てませんよね~と話してた午後20時過ぎ、ようやくマダイ師匠に
63cmの本命が来てタモ入れ、

こちら側にも群れが回って来てくれる事を祈っていると、


ガシャ~~~ン!!!


いきなりスピンパワーXXXが一脚上でシーソー状態になりましたぁ!







78cm ハマフエフキ現る!


半端じゃないパワーで何度も締め込んでたので間違いなく80cmは超えている
だろうと超~期待してましたが、2cm足りず、、、抱卵してお腹がパンパンな
分厚い個体だったのでおもいっきり重量感があったんでしょうねぇ。それでも
1匹目から満足のいくサイズです!

時間を空けず立て続けにアタってきた事からおそらく一緒の群れで行動していた
個体かな?いや、これくらいのサイズになると単独で捕食活動に出ている個体
の方が多いし、、、と時間と潮の動きを照らし合わせながら忘れないうちに
データーチェック。こまめに記録してると今後役立ちますのでねぇ。


ランディング後は観念したのか?おとなしくなった魚の傍にスケールを置いて
写真を撮り、さっさと血抜きをしておこうとナイフを取ろうとした瞬間、真横に
あったもう1本の竿尻が浮いた!

と思えば同時に、


ジャリ~~~ン!!!


尻手ロープにセットしてある鈴が痛々しい悲鳴を上げましたっ!







キタ~~~ ♪

76cm ハマフエフキ撃沈!


今度こそ80cmオーバーと信じて格闘するも、あははさっきのから2cm
サイズアップではなく2cmサイズダウンしちゃいました。(爆)


マダイ師匠の63cmから始まり、ほぼ同時多発テロと言ってもおかしくない
インターバルで合計3匹!確実にアベレージサイズの大きい群れが回って
きていたに違いありません。

まだまだアタリが続く可能性もあるので何よりも先に打ち返しを優先し、即
新しいハリスに交換&アタリが出た付近目掛けて仕掛けを投入と2人共
集中モード。この辺はまさに機械の如く呼吸が揃っててちょこっとおかしく
なっちゃいましたっ ♪ なんせ、わたくしめが大物投げ釣りにハマってすぐ
マダイ師匠と出会いマダイ作戦のいろはは彼から叩き込まれたよ~なもの
ですから今もなお無意識に一緒の動きをしちゃってます。(笑)

しかし、あれだけヒートアップしてた緊張の時間はこれっきり止まってしまい
再び沈黙、、、定期的に欠かす事なくエサのチェックもするも小魚に齧られた
のか?イカの足の部分だけボロボロになっているかそのまんま、、、


でもまぁ、早い時間帯で本命を撃沈する事ができてますから心に少し余裕は
できました ♪ 相当数のビールを飲み干されてるマダイ師匠の横でわたくしめ
、ひたすらスパークリングウォーター。なんせアルコール分を体内に摂取して
しまうと大嫌いな蚊が寄って来やすくなりますのでね。(笑)







2時間が経過しても反応無し、、、


更に1時間、2時間、、、とみるみる時間だけが過ぎてゆき日付が変わって
午前1時台に突入。ちょこっと前からマダイ師匠は磯の上に寝転がって寝息を
立てられておりますしさすがにわたくしめも睡魔に襲われてきました。

あっ、それでもちゃんとエサ交換だけは時間でローテーションを組んで
おこなってきておりますよん!


午前2時半を回り起きてこられたマダイ師匠ともう今夜はこれでおしまいかも?
な~んて言いながら次の遠征予定について話していると何度か竿先にカンカン
とアタリらしき反応が出てる旨、竿の傍に行かれたマダイ師匠、、、その次の
瞬間、けたたましく竿が吹っ飛び、





ファイティング開始!


デカいですかぁ!?というわたくしめの問いかけに、まあまあありそ~やけど
タモ要らんわ~、、、そうこう言ってるうちに上がってきたのは良型のフエダイ
でした。外道とはいえウツボよりよっぽどマシやわとクーラーに入れられると、
またマダイ師匠の竿にアタリが出て似たよ~なサイズのフエダイ、、、
フエダイの群れが回ってきたんでしょうか?

前半戦のパターンだと続いてわたくしめの方にアタリが出て、、、密かにお土産
フエダイのアタリを期待するも、あはは、さすがに今回はこちら側のエサには
見向きもしてくれませんでした。(爆)


30分くらい経った頃でしょうか?JCAの両方のスピンパワーの竿先にさっきの
カンカンという感じではないフ~ワフ~ワ、コンコンコン、、、ってなどこかで
見た覚えのあるアタリが同時に、、、

うわっ、めっちゃ嫌な予感!上げたくないなぁ~。







いつまで経ってもゴソゴソやってるのが止まないので覚悟を決めて2本共上げて
みると最初の竿には案の定ウツボ、、、

が、しかし!もう1本には56cm ハマフエフキが付いてました!?まさかの
居食い、、、最初からデカいサイズが飛び出してたのもあってか?56cmが
やけに小さく見えてしまいます。


ウツボがついに登場したって事は他の竿にもアタリが出だすかもしれません
から、よ~く竿先の動きをチェックしながらあと2時間戦わないといけません。

過去のここでの戦いを思い返してみると、日が暮れ前後から日付が変わる頃
までの前半戦で大体結果が出ているよ~な傾向がある為、おそらく今夜はもう
ドラマは起きないだろうと予想&また眠気も限度に来てたのも重なり少々気を
抜き気味で戦ってた午前4時13分、、、ちょ~どスマホで時間を確認した直後
だったので正確な時間を覚えてました。

何の前触れも無く急に左側のスピンパワーが吹っ飛んで、


ジャリ~~~ン!


静寂を切り裂く音ってまさにこの事を言うんでしょうねぇ。





73cm ハマフエフキ撃沈 ♪


完全に大型個体の来襲はあきらめていた中のアタリにビックリしました。

う~~~ん、やっぱり最後の最後まで気は抜けないわ~と改めて思いつつ、
時間的にもこれがラストキャストと打ち返しますが、こやつは単発だったみたく
後は反応無いまま午前4時半に、、、


片付けたりする時間を考えるとこの時間がデッドラインとなり終了。


今年のハマフエフキ作戦はかなり出遅れた感がありましたが、何とか初戦から
満足できる釣果が出てくれてホッとしました ♪







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425XXX
■ リール: シマノ・ブルズアイXT 遠投 9120
■ 道糸: モーリス・バリバス バーマックス石鯛VA-G 24号
■ 仕掛け: 捨てオモリ仕掛け
■ ハリス: サンライン・大物ハリス 40号
■ 針: がまかつ・タマンスペシャル 24号
■ エサ: ヒイカ


「熱い夜、、、」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

マトウダイの森!? 愛媛県・伊方町 / 宇和海


通い慣れた道のりってのもあり内子PA辺りまで普通にやって来て、トイレ休憩
のストップ時にカーナビに教えてもらった場所をセット&大洲市で下道に降りて
から約40分、、、予定通り真っ暗なうちに戦場に到着し早速先にサビキ
タックル&アジバケツを出してエサのアジ釣り開始です。


聞いてた通りかなり明るい常夜灯があってアジが湧いてそ~な気配、、、夜間は
大体誰かアジを釣ってる人がいるそ~なんですが、今朝は誰もおらずちょこっと
心配になるも仕掛けをポチャンと沈めた途端に心地良いアタリと共にちょ~ど
いいサイズのアジをゲ~ット ♪

確かにアジはほぼ入れ食い状態であっという間に二桁超えなものの、時期に
よってなんでしょ~けど全体的にサイズがエサにするには少々大きめなんです
、、、むしろ人間側で食べる方が嬉しいよ~なサイズが多くとりあえずエサで
使えそうな個体を30匹程確保するまで頑張って終了 → そこからすぐ近くに
ある突堤まで移動してるうちに夜明けを迎えました。





それにしてもこんなほぼ車横付けに近いよ~な所でこうも簡単にアジが釣れる
なんて、、、もっと早くに知ってたら良かったなぁ~。


今、移動してきた突堤も当然わたくしめは過去に竿を出した事が無いお初の場所
になり事前情報はゼロ、、、釣ったアジを泳がせて~と話してるとここを教えて
くれた友人が投げはした事ないけどあそこなら何か大物が居そうやで~と。
その上、ここからそう遠くない同じ町内はマムシやアオイソメを投げてマダイ
、イトヨリダイなど釣った事がありますから基本投げ釣りは成立すると思うし
、新規開拓をしていきたいと思ってる中、いい機会でしょ?


攻撃準備を整えたら早速アジを掛けてファイヤ~!


想像してた以上に水深があってこれならやっぱり虫エサも持参すれば良かったと
後悔しつつも、それはまた今度のお楽しみ&もしかすると底が荒くて場所移動
になる可能性もあるので今は海底ストラクチャーの把握が先決と集中です。

全ての仕掛けを投げ終えてしばらくすると投げたばかりの竿先にアジが
暴れてるよ~な叩く反応が出て、


ジ~~~~~~ッ!


スピードからしてあの忌々しい外道、エソでは無さそう?





ほよよ~!?

45cm マトウダイでした。(笑)


薄い茶色の魚が浮かんできたので一瞬ヒラメ!?と期待したんですがハズレ
でしたぁ。まぁ、こやつが掛かるとなるとそこまで底も荒くないでしょ~し、
それこそヒラメなんかが居る可能性も出てきますからGOODサイン?


久しぶりにグ~~~、グ~~~と鳴くのを聞いて笑いながらキープ ♪

普段から専門には狙わないけど密かにマトウダイって超~美味なんで
いいお土産になります。サイズ的にも丸々肥えた大型ですしこれでボウズ逃れ~
と喜びながら他の仕掛けも一度回収してみますが、ラッキ~にも根掛かりもせず
全て回収されてきますしエサも元気に生きておりますわ~。

再びそのまま投げ返してドラグを設定&朝食のパンを頬張りながら、あ~~~
暖かくなってきたわ~って思ってるとまたまたさっきと似たドラグ音!?


ジ~~~ッ、ジ~~~ッ







また43cm マトウダイが姿を現したと思ってると、その直後にもう1本の
スピンパワーからもドラグ音が聞こえてきてマトウダイ、、、こりゃ確実に
群れが回ってきてるようですねぇ。(笑)


ここからもっと半島の先まで走らないといけないけど、以前シロアマダイを
狙って三崎港へ通ってた時によく地元のおっちゃんがアジを釣ってマトウダイを
狙ってるんや~って話してたのを思い出してましたけど、こんなに魚影が濃い所
があるならあれだけエソの嵐と戦わずして釣れちゃうのになぁ~と。

お初に入ってる戦場ですからもしかすると偶然群れが回ってきてるだけで普段は
サッパリかもしれませんし何とも言えませんが、この底の感じなら次回はぜひ
虫エサも投げてみたいところでございます。それこそマダイ、アマダイなんかも
潜んでるかも!?期待は膨らみつつ今はマトウダイのみ、、、

夜明け直後からパタパタパタ~っと連続して釣れて午前8時までにはピタリと
アタリが止まってマンダムタイム、、、あれは一体何だったんだろう、、、と
今目の前にある静かな海を眺めながらそう思うJCA、、、







「宇和海」


宇和海と書きつつもここは宇和海に属するのか?ちょこっと不明な部分も
ありますけどとりあえず宇和海って事にしときましょう。(爆)

ってゆ~か、ふと足元を覗いてみるとおもいっきりアジの群れがおりますやん!
この大きなワンド常になった一帯のみ溜まる傾向にあるのか?はたまた時期的に
ここらじゃどこでも釣れるのか?ほんと今後こちら側もいろいろ探っていくのも
いいかも ♪ かなり夢が広がります。


マンダムタイムに陥ってから約2時間、、、もう午前10時半になろうとして
いるのにどこへ投げても反応無し!


ちなみに恒例のエソも今朝は見ておりません。


そこで暇潰しと言っちゃなんですが、車内の常備品BOXの中に100均の小型
干し網にペットボトルの水、そして塩締めする際に使う塩を発見したので早朝に
釣ったアジの中で少々大きいと感じた個体をナイフで捌いて一夜干しを作って
みることに~ ♪ ほんといい時間潰しになりますわ~。





さすがにこの時間帯になると太陽もギラギラ&予報通り気温も蒸し暑くなって
きたので適当な日陰になってる場所を探して干してみました。(爆)


一段落ついて再び投げ釣りに集中するも、仕掛けを回収しても外敵が居ない
のか?アジもやはりピンピンしてますし今現在投げている範囲にはフィッシュ
イーターは居ないのかも、、、そんな事を思い始めて2本の仕掛けだけ少々
軽めのシンカーを使ってたのを通常の重さに変更してアジにとっては負担に
なるんでしょ~けど今より更に距離を出して沖を探ってみる事に。

それでも更に1時間はマンダムだったかな?残りのアジの数を数えながら
何時くらいまでやれるかなぁ~と考えていると急に沖に投げてた竿の竿先が
慌ただしくなって、続いて、


ジイイイ~~~ッ!


ようやくまともなドラグ音が鳴ってくれましたぁ。


アワセを入れてリーリングを開始すると、最初のうちに強い締め込みを
見せながら右へ移動していくのでひょっとしてひょっとするかも!?と
めちゃくちゃ慎重にやりとりしてると途中から水面に刺さっているラインが
クルクルと円を描きながら、、、

要するに回りながら浮上してきて、





ハァ~~~。

マトウダイでございました、、、


ランディング後、グ~~~、グ~~~鳴く声も1日の間に何度も、それも
そればかり聞いてると次第に腹が立ってきます。(爆)


その後、こちらはドラグも一切鳴らずに仕掛けを回収しようとしてみると良型の
カサゴが居食いしており唯一マヌケな声で鳴かない魚を撃沈&午前13時まで
にはアジを使い果たしてしまって終了。

FISH DINNER的には美味しいお土産三昧となってますね。





今朝はマトウダイとカサゴしか確認できませんでしたが、水深も足下からドン深
でかつ根掛かりも1回のみで特に目立ったシモリも無さそうな雰囲気ですから
またじっくり攻めてみたい戦場候補の1つになったのは収穫だと思います。


さてと、今日はこれから松山市内のホテルにチェックインしてリラックス
そして明日は友人の結婚式に出席して帰還となります。

時間もありますから久しぶりに市内の幾つかの釣具量販店を回って
物色でもしてこよ~かな?(爆)




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'12スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・'13パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: ナイロン 3号
■ 仕掛け: 孫バリ仕掛け
■ ハリス: クレハ・シーガー船ハリス 7号
■ 針: ハヤブサ・強靭ヒラメ親鈎専用 LL
■ エサ: 活アジ


「グ~~~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

五目釣り ♪ 愛媛県・宇和島市 / 宇和海


約束よりやや早めに「宇和島市」中心部の待ち合わせ場所に到着するとすでに
そこにはSurFreyja“しゅうさん”がいらっしゃいました!

わたくしめがこちらへ来る際は、毎度と言っていい程待ち合わせ場所以外の所で
偶然のタイミングで一緒になるしゅうさん、、、今回もまた偶然が起きて
お互い相思相愛!?な~んて大爆笑しながら戦場へと突入でございます。


平日とゆ~こともあり、完全に夜が明けてからの戦場入りでもガラガラ状態
、、、ど~します?一緒にやってもいいし、分かれてもいいし~?と話し合う中
、せっかくだしお互い広く使えるよ~に分かれてしましょうかと。

全ての仕掛けを投入し終えた後、暇潰しがてらにサビキでアジを拾っていると、


ククッ、ジ~~~ッ!


締め込み方からちょこっと期待しましたが、同じピンクでも異なる、







40cm イトヨリダイが浮いてきましたっ。(笑)


期待外れ?とはいえ超~ぶっとい個体でお土産としては満足のいくサイズ!
一見全長的にももっとありそうに思えましたけど計測してみると40cm。


でもまぁ、前回の丸1日粘って生体反応ゼロ状態に比べるとこ~やってアタリを
見れた事だけでも嬉しいですよね~ ♪ 一応ネット上に掲載されている最新
水温データーによればここらの海域も17℃前後まで上昇してきてるみたい
ですが、実際に回収されてくるシンカーを触ってみるとまだまだ冷たく
そこまで変わったよ~には思えません、、、

まだこんな冷たさじゃそこまで魚の活性は望めないかなぁ~、、、と思いつつも
、とりあえずさっきアタリが出た付近に他の仕掛けも近付けて再びアタリを
待ちます。きっと長時間放置しててもエサもそのまま残っている状態だろうし
マンダムな戦いや~と思ってるとたまたま回収した仕掛けはなんと素バリ!?

まさか!と気になり急いで他の仕掛けも回収してみると全部エサが取られており
、針からチモト付近にかけてヌメ~っとした白い繊維が残ってます、、、
おそらくカワハギの仕業っぽいですねぇ。





早速、エサ取りの正体を暴く為に1本だけ小針仕掛けに変更してみると案の定、
いつの間にかチビちゃんカワハギが入れ食いですわ~!まだ食べる所が
ありそ~な大きさの個体だけキープしてチビちゃんの大半はリリース。

この入れ食いタイムは30分程続いてようやく一段落。


お互い戦ってる様子は見えるものの、さすがに大声を出しても何を言ってるのか
理解できないくらいの距離の位置にいらっしゃるしゅうさんとはラインをメイン
に状況報告。聞けばちょ~どこちらとほぼ同じタイミングでカワハギがアタり
だしたみたく、あちらでは33cmの個体まで飛び出したという!?







「宇和海」


30cmオーバーのカワハギとは超~羨ましいので早速わたくしめもキャスト
する方向を少しずつ変えながら手持ちでカワハギの群れを探すもあれだけ居た
はずの魚影は完全に消え失せておりたま~にトラハゼ、トラギス、イソベラ
なんぞが掛かってくるのみ。(笑)

いつまでもカワハギの群れに固執してても無駄に思えたので、お次は暇潰し
がてらに午前中から拾ってたアジを投げみることに~。


ジャア~~~ッ!?


着底と共にけたたましいアタリがっ。





うわっ、極太ワニエソの嵐ですわ!


思えばここはむしろ極太のエソが数釣れる戦場として名を馳せているよ~な所!
逆に攻撃開始から今まで1匹も掛からなかった事が奇跡のようなもの。大きな
群れで湾内に入ってきてるみたくどこへ投げても即アタリの入れ食い状態、、、
虫エサ仕掛けにも回収時にリアクションバイトしてきて閉口させられます。

元々そんなに数を確保できてなかったアジはみるみる無くなってゆきラスト5匹
ってタイミングでようやくまともな魚が立て続けに2匹 ♪







30cmを超える良型のカサゴマトウダイ


こやつらがアタり始めた頃からエソが若干おとなしくなってきた?感じに思えた
ので、もしかするとエサのストックがあればあと数匹まともな魚が撃沈できてた
のかもしれませんが、残念ながらアジは無くなってしまい終了。

あはは、それならまたサビキで釣っても良かったものの、時間も14時を
回ってましたし撤収時刻を考えるともういいかなぁ~とねっ。(笑)

15分もしないうちにエソの群れもどこかへ行ってしまい静かになったのと
虫エサの方が少々余り気味だったので全部使い切る為に積極的にサビいたり
しながら打ち返し。あまりちょこちょこ仕掛けを動かし過ぎると再びカワハギ
やら他、エサ取りの小魚が邪魔してくるかなぁ~?と思うも何度回収しても
エサはそのままなので今が最も本命にアピールできるチャンス!


ちなみに本命って何?


なんですが、それはみなさんのご想像にお任せするとして片付けていかないと
いけないタイムリミットが刻々と迫り来る中、

最後の最後にそれらしき地を這うよ~な重たいドラグ音!?


ジ~~~~~~ッ





朝イチ同様、ピンク色っぽく見える魚体に一瞬期待させられるものの、水面に
ポカンと浮いたのはこれまた丸々肥えた43cm イトヨリダイ

本命にフラれた時に毎回心を癒してくれるイトヨリちゃんなのでありがたい存在
ではあるものの、心のどこかで期待させやがって~と叫びながらクーラーへ
ポン ♪ でもまぁ、終わってみるとそれなりにバラエティー豊かな釣果?
いわゆる五目釣りができてて良しとしましょうか。

印象的には水温と魚の活性が安定するのにまだもう少し掛かりそ~に
思えましたが、確実に海の中も春になりつつあります。


予報では明日もベタ凪状態と非常にいいコンディションにある宇和海、、、
それなのにここで終了&後ろ髪を引かれながら帰還ってゆ~のはやっぱり
未練が残るので、次回からは最低2日以上できない時は断念 or 延期方向で
考えていこ~と思いましたぁ。(笑)







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・プロサーフ425BX-T
■ リール: シマノ・'13パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 1本針仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 8号
■ 針: まるふじ・シーフォースサーフ 16号
■ エサ: マムシ、アオイソメ、活アジ


「次回に期待やね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

新規開拓虚しく、、、 愛媛県・八幡浜市 / 宇和海 (2日目)


昨夜は前々から存在自体は知ってたものの宿泊するのは今回がお初となった宿へ
早めにチェックインして大浴場でマッタリして就寝 ♪ 口コミ含め常に高評価
を得ている宿だけあって超~綺麗かつ施設も充実してて一気にお気に入りに
なっちゃいましたぁ。次回から空室がある時は積極的に利用したいですね~。

午前4時半に起床&買い出しはすでに前日中に済ませてあったのでそのまま
グネグネ道を走って待ち合わせ場所へ、、、SurFreyja“しゅうさん”
合流して早速2日目の戦場入りでございます。


今日は今シーズンから取り掛かっている新規開拓をメインにチョイスした戦場で
、主に定かではないけど過去にアマダイやマダイの実績があったと聞いている所
や航空地図を見ながら気になった場所を片っ端からしらみ潰しにしていこ~と。
激渋で今すぐに釣果は望めなくとも1ヶ所でも多くデーター収集をしておけば
今後必ず何か新たな発見に繋がるだろう、、、そう信じての長期作戦。

しゅうさんも最近は新規開拓をも視野に入れながら出撃されてるよ~ですし
何か大きな成果を出したいものですよね~。(笑)







「宇和海」


夜明けと同時になだらかに落ち込んでいってるカケアガリ目掛けて一斉に
ファイヤ~&時々サビいたりしながらしゅうさんとワイワイ雑談しながら
戦場で時間を過ごします。

ブラックコーヒーを頂き、その後インスタントのカレーメシ?まで頂き、再び
体を温めるためブラックコーヒーを、、、あとはひたすら話をしながら打ち返す
時間だけが午後15時過ぎまで流れました、、、ちなみに釣果は?

攻撃開始早々に回収し始めた途端に飛び付いてきた極太ワニエソが1匹のみ
、、、それ以外は2人して生命体を見る事はありませんでした。(泣)


このままじゃ気が済まないとゆ~ことで朝からの戦場調査はここまでにして
半島単位で大きく移動して夕マズメ前からマダイの実績が非常に高いという
しゅうさん十八番エリアで2回戦突入となるも水温が落ちる前、2月頭くらい
までは必ず1匹はマダイの姿が見れてたはずという場所も沈黙、、、これまでの
戦場同様回収されてくるシンカー&エサが凍り付いてるかと思うほど冷え冷え。


結局わたくしめは今夜中に帰らないといけない為、午後18時半まで粘って
終了&しゅうさんは引き続き竿先ライトをセットしてわたくしめが高速道路を
吹っ飛ばしてる最中も頑張られたよ~ですがドラマは何も起きないまま終了
となられたそ~な、、、地球が持たん時が来ているのだろうか?

いや、例年には無い程、今年は水温低下が酷すぎると言うのがベストアンサー
でしょうねぇ。再び上昇傾向に入り活性が上向きだすまでしばらく厳しいよ~
に思えますが、とりあえず新規開拓もありますから定期的に通い続けていきたい
と思っております。次は3月に入ってからかな。







「NO FISH!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR